相続問題

テレフォン人生相談
相続関係
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年1月23日(金)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:大迫恵美子(弁護士)
  • 相談者:53歳女性 夫64歳 子供なし 母83歳 58歳で他界した姉 姉の娘31歳 再婚した姉の夫60歳

加藤諦三氏の〆の言葉「何かあげた時に隠された要求があるとトラブルの元になります」

相談内容

  • 母、姉の子、姉の再婚相手の三者が、姉の名義の預金の相続の件でもめている
  • 姉の名義になっている預金800万から1000万は、母親が精神的な病気の姉の為、自分自身が亡くなった後で自由に使えるお金と思い準備したもの
  • 姉は一度も働いたことなく収入は無かった
  • 再婚相手と姉の子は、3分の1づつ相続することを了解しているが、母親は気持ち程度しか渡したくないと言っている
  • 31歳の娘は姉の最初の夫との間の子、裁判で親権が元夫となり1歳の頃から会っていない

管理人のちょっとひと言

申し訳ないけど、相談者と母親には同情できない

娘の為に準備したお金ということ
その裏付けが、「姉は働いたことがない」

明らかに贈与です
母親が先に亡くなった時用の対策を講じています

贈与であることが明らかなのに、「姉は働いたことがない」
母親が準備したお金であるから、姉亡き後は母親に帰属すべき預金である
そう言いたいと伝わってくる

そうでなければ、敢えて姉が働いていないということを言及する必要などない

つまり妹である相談者も、この相談で
姉名義の預金は母親に帰属すると言って欲しかったと思われます

大迫恵美子弁護士は、分が悪いという表現をして
贈与と認められ、母親に相続の権利がない
そう言っています

そもそも、姉の子と喧嘩までした相談者
何を言ったのか、想像つきますが
まったく相続の権利もない人間が、何を言うのかってこと

加藤諦三氏も甘い
みんなの行動が立派と言っている

私からすれば、母親は駄々をこねているだけだし
相談者は、筋の通らない怒りを、姉の子に向けている
大馬鹿者です

むしろ、姉の子が裁判を良しとせず
3分の1を母親(祖母)と分けると言っているなんて
きっと父親の育て方が良かったのでしょう

相談者は、放棄して当たり前と思っていますが

父親に親権が行くということは、1歳の時点で既に母(姉)は心の病だったのでしょう
とすれば、そんな状態で面会交流なんてさせられません

だからこその30年振りに会うということになったのでしょう

「縁を切りたい」とは、代襲相続として姉の子が
母親が亡くなった時の相続人になってしまうから
それを排除したいという思いが、ビンビン伝わってきます

遺言書を書いても
遺留分があります

問題の原因は、母親が贈与したことから始まります
その時、リスクがあることを無視した結果が今の状態
何もかも、自分たちの都合の良いようにはならないのです

それを、喧嘩するなど
大きな間違いです!

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.