テレフォン人生相談

テレフォン人生相談
子育て
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年1月26日(月)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:大原敬子(幼児教育)
  • 相談者:40歳女性 離婚して約10年 娘20歳と2人暮らし 高校中退引きこもりの息子17歳 子供2人の親権は別れた夫

加藤諦三氏の〆の言葉「ほんとの自分を裏切り続けた最後は、怒りと憂鬱です」

相談内容

  • 離婚して約10年、子供2人で小学生と幼稚園の時に離婚し親権は別れた夫、大学受験と同時に娘と一緒に生活 息子は高校を1週間で辞めて引きこもり状態、週1で顔を出していたがブラブラして仕事もしないときつく叱ると連絡がとれなくなる
  • 息子は肌身離さずどこへ行くのでもパソコンを持ち歩いており、同じような引きこもりの子と遊んでいる
  • 離婚理由は、実家が家業を営んでおり、別れた夫に仕事を手伝ってもらおうとなってから夫婦生活がおかしくなった
  • 両親と好きな旦那との間に立って庇っていたら板挟みになり、どちらも失ってしまう
  • 箱入り娘で育った相談者が、世間知らずだったのが一番の問題だったと振り返る もう少し踏ん張りが効く女だったら切り抜けられたかもしれないと悔恨
  • 当時は夫からの暴力沙汰とかで家に入れてもらえなかったりした
  • 相談したいのは、半分引きこもりのようになってしまった息子をどうしようかということ

管理人のちょっとひと言

はっきり言って、よくわからない放送回です
かなり編集でカットされているので、よく聞いてください

元夫への未練を大原敬子先生が問い掛けると

「何の未練もないですよ」と相談者は言っています
本人の声が、喜んでいるのか
それとも、図星だったのか。。。

「気持ちの整理して、もう一回向き合ってみます」

こう、なんというか
元夫の話になると、艶っぽい声をだすんです(笑)

それでいて、息子の話に戻ると
たどたどしかった口調も、はっきり明瞭になります

元夫への未練が、息子への不満として置き換えられていた
そういうことなのかと思ったら
加藤諦三氏が言います

あなたの居場所がないんです

あああああ、何を言っているんだろう?
相談とどういう関係があるのか?
でも、相談者はこう言うのです

間違った居場所に無理しています

おたまじゃくしが蛙にならないみたいなもの
おたまじゃくしが蛙になってね、手が出る足が出てくればいいんだけど
おたまじゃくしが陸の上に居るようなもの

これに相談者は「陸に上がったおたまじゃくし、まさにそれですよ」と納得

なんでしょう?
仕事も向いてないとか言われているし

編集でカットされているとは思うのですが
勝手に想像するに
蛙になれてないってことは、大人になりきれてないってこと

さらに、蛙になろうにも
水の中でなく、陸にあがってしまっているので
どうにもこうにもならないってことじゃないでしょうか

結果、元夫に未練のある
40歳の女性が
本当の自分の気持に気が付いた

ということです(笑)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.