和解離婚

テレフォン人生相談
和解離婚

テレフォン人生相談2015年2月27日(金)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:中川潤(弁護士)
  • 相談者:55歳女性 元夫56歳 独立した子(長女30歳・長男27歳・次女24歳)婚姻期間29年、離婚して1年

相談内容

  • 離婚して1年ほど、結婚して29年前で離婚する 元夫とはできちゃった結婚
  • ずっと離婚を言い続けていた相談者、主人は離婚してくれなかった 早期退職した主人、退職金が手元に入ると遊び放題遊んで女性をつくって、逆に離婚してと裁判を起こされる
  • 離婚してローン引き継いだという相談者 毎月の支払い30万円、預金もなく年齢的にも大変 精神のコントロールができない状態になり、今からどう生きていけばいいのか
  • 夫の相手の女性から毎日のようにメールで離婚して別れなさい、あなたは好きではないと言っていると執拗に届く 話し合いにならないと応じなかったら裁判をおこされた
  • 離婚の条件は、住んでいる所はそのまま住んでいい(結婚して土地50坪購入し建物30坪を建てた)
  • 結婚してパートタイマーで働いており8年前から自営業になった相談者
  • 退職金は、主人が持っていった 預貯金の蓄財はなく子供達の大学の費用に全部使う ローン以外は引き継いでいない 完済まで残り10年 慰謝料100万円は弁護士費用として使ってしまう
  • 早く裁判を終わらせたいのでローンを引き受けてもらうとか慰謝料をもっともらうとか自分の立場を確保することなく和解離婚する
  • 離婚した後、退職金が入って金が入るとお払い箱なんだと思ったら悔しさがこみ上げてきた 相手はお金があって裕福で何故私だけが毎月のローンやらで苦しまないといけないかの悔しさをどうすればいいのかわからない
  • このまま自営業でローンを払い続けて歳をとることが不安 どのようにすれば不安がなくなるのか、心の整理のもっていき方を教えて欲しい



管理人のちょっとひと言

相談者の日本語、おかしくないですか?
最初は、どこの地方なんだろうって思ったんですが
もしかしたら、外国の方だったかもしれません

そう考えてみると、なんとなく合点がいきます
放送の中では言及されてませんので
あくまでも憶測です

ただ、そう思って聴きなおしてみると
違う視点から状況把握ができるので、
想像を膨らませて聴きなおしてみてください

いくつも、理解不能な箇所があります

そもそも、有責配偶者からの離婚請求ですよね?
弁護士を立てた時点で、嫌がらせのメールを止めるようにさせるとか
ローンの引き継ぎは止めた方がいいとか

アドバイスとかないのですかね???

弁護士がいて、この内容って
どうなんでしょう?

下衆の勘繰りですが、もしかしたら
本当に外国の人だから・・・

年間返済額360万円のローン
年収に占める割合は、900万円の人で
40%になります

実際、この金額が可能かどうか考えてみると
あと10年はこの基準をクリアしたいところ
そう考えると、かなり頑張らないといけません

借入基準というのがあります
年収どれだけに対して、どの位まで貸してくれるという割合です

多くは、年収400万円未満で30%まで
400万円以上で35%
このあたりが目安になるかと思いますが

ほとんど、ご主人の年収だけで考えますので
妻が働くと、その分は上積みされることになり
実質の負担割合は減ることになります

そのため、相談者のように一人だけで返済すると考えるなら
マイナス5%以上は考えておきたいところ

そうするとMax30%
年収は1200万円必要になる計算です

55歳の自営業
残り10年これをクリアするのは、難しくないですか?

そもそもこのローンは
夫婦が揃っていて可能なこと
離婚する時点で、手放すべきと考えなければ

一時の感情で和解離婚してしまいましたが
こういった時こそ冷静にならねばなりません

惜しむらくは、親身になって相談する相手が
いなかったということかもしれませんね

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.