口出しする

テレフォン人生相談
子育て

テレフォン人生相談2015年2月28日(土)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
  • 相談者:67歳女性 夫72歳 共働きの娘43歳 婿40歳 娘の長男14歳 娘の長女11歳

相談内容

  • 車で30分くらいの所に住んでいる娘夫婦の長男の事で相談がある
  • 赤ちゃんの時から相談者の事が大好きだったという孫、14歳受験生になって落ちこぼれて勉強はしないで万引きしたり寝静まった深夜2時から3時くらいに出て行って夜遊びしている 学校へは休まずに行っている どういうふうに娘達がこの子供と接すればいいのかという相談
  • 娘が困っちゃうと再三電話がかかってくる 電話があるのは夜遊びしたり万引きしたりという時
    万引きはこれまでで3回 夜遊びも半年位前から始めて、毎晩ではなく次の日が休みの時とか夜遊びをしている
  • 孫と電話で話すと返事はいいが娘に対してば罵声をとばして、お父さんは怖いようでお父さんの前では謝っていた
  • 友達のグループ何人かで分かれて万引きしている
  • 娘にはあまり怒らずに無視しなさいと言っている どうしても娘は本人の顔を見るとカッカきて言わざるをえない 反抗の時代で過ぎれば大丈夫になるからあまり強く言わないで信じてるよと言って弁当だけ作ってあげれば愛が通じるよと言っているが、感情的になって娘は駄目、娘が孫と接するのとどうしたらいいのか知りたい


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

相談者は、自尊心の高い方です
「赤ちゃんの時から私のことが大好き」

私は孫に好かれている
私は孫のよき理解者
孫は娘より私の方を頼りにしている

表だっていうことはないでしょうし
自分で気づいているかどうかわかりませんが
心の奥底では、こう思っていることでしょう

それが、余計なアドバイスに繋がっています

今井通子さんは、その辺りを取り上げて
「ババ、何しに来たの?」
という言葉に焦点をあてています

ババ、勘違いしてますよー
という事なんですが

三石先生は、そんなことより
関係ない人間が関わるなと言ってます

なかなか面白いところですね

意見が食い違うということでなく
スタンスの違いでしょう

私は他人の事に口出しすることも
他人に口出しされることも
大嫌いです(人生相談を聞きながら「何をやってるんだよ!」というのはよく言ってますけれど)

責任を負えない人間は、口を出すべきではないから

相談されれば、自分はこう思うとは言いますが
こうしろとは言いません

いつも周りくどいと言われますが
いくつかの考え方を述べて、選ぶのはあなたです
そういうスタンスです

選んだ人間は、選んだ自分自身に対して責任を負う

責任のないババは、自分の娘に対してのみ
心折れたり、過剰なストレスから過激な行動をとらないよう
支えになってあげることに気を配って欲しいです

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.