親の年金

テレフォン人生相談
親の年金

テレフォン人生相談2015年3月3日(火)

  • パーソナリティ:勝野洋
  • 回答者:坂井眞(弁護士)
  • 相談者:52歳男性 独身一人暮らし 施設に実母 二十数年付き合っている82歳女性 女性の息子52歳

相談内容

  • 付き合って二十数年の82歳の女の人、その息子52歳が今まで付き合ってきたらか面倒を看ろと言ってきた
  • 要介護3で足が不自由なので最近は行き来はない
  • 相手は息子と一緒に住んでいて、息子は仕事をしていない、女性がもらっている遺族年金から8万円もらって暮らしている
  • 働いていない理由はわからない
  • 息子に会ったら籍を入れて面倒を看ろと言ってきたので、籍を入れて面倒を看ると言ったら女性の方から遺族年金が打ち切られるので入籍は断られた 籍を入れないんだったらどうするんだ!と息子が言ってきた
  • 警察や市の福祉課で話をしてきたが、警察は違法行為等があったらなんとかなるが、まだ違法行為もなにもないから自分で処理するしかない
  • 脅しがあった、軽い脳梗塞があった それも相談者の責と言ってきた 情勢は卵巣癌や心筋梗塞とかで入院してあまり体がよくない
  • 月に1回10日前後、介護施設に行っている それで先月からゴタゴタ言ってくるようになった
  • 弁護士を頼んだ方がいいのか、このまま毅然とした方がいいのか、成り行きに任せた方がいいのか


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

これは、親が永遠に死なないパターン

親の所在を確認に行くと
布団の中で寝たきり

ミイラ化

息子からしてみると、必死なんでしょう
親が心筋梗塞に卵巣癌、入院とか繰り返して
いつ亡くなるかわからない状態ですから

次の寄生先を探すのでターゲットになってしまった相談者
それが、思うようにいかないから
暴れてしまう

なんか、駄々っ子のようです
というか、大人になりきれなかったから
親の年金で生活している

母親も、息子がそうであるからこそ
入籍して遺族年金が打ち切られることを恐れた

当たり前ですが、相談者が
息子を扶養してくれるわけがないですから

う~ん
母親が他界したら
必ず、相談者に難癖つけるでしょう

なんか、鬱陶しささえ感じます

その挙句に
こういう輩が生活保護を受給することになるかと思うと

もの凄く納得いかないんですが

取り越し苦労ですかね?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.