夫の浮気発覚

テレフォン人生相談
夫の浮気

テレフォン人生相談2015年3月4日(水)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
  • 相談者:47歳女性 夫47歳 婚姻期間26年 娘25歳と24歳 独立&別居 実母80歳同居 3人暮らし

相談内容

  • 主人の浮気について相談したい
  • 半年くらい前に浮気発覚、毎日会社の帰りが午前2時,3時 携帯に疎いのにLINEを始めた 携帯にロックをかけていなかったので浮気発覚、内容はラブラブな内容 相手は会社のお客さん
  • 何度か帰りが遅かったので車で後をつけていった 同じような家の前に行っていたので相手を特定 主人に「浮気してる?どこどこに住んでいる女でしょ」と言ったら,「何でわかるの?」馬鹿正直に色々教えてくれた
  • 浮気相手、年齢42,3歳 半年前にご主人が亡くなられて、中学3年生の一人息子がいる
  • 主人が言うには、私は家族で相手の女性は彼女で好きになった
  • 私の前で堂々とLINEをしていた 夜に主人に電話しても繋がらない 女の携帯番号を知っていたので電話すると出なかったが、主人からすぐに電話がかかってきて「何で電話したんだ」
  • 居ても立っても居られなくなって女に二度ほどメール 「私は別れるつもりは全然ないので一日も早く別れてください ご連絡がなければ法的措置をとりますので連絡ください」 主人のLINEを覗くと女が「私は連絡をとりたくないので主人の方から別れたよということを奥さんに伝えて」と書いてあったが、別れてはいない
  • 泣き落とし、死んでやる とやった 女から慰謝料もとれるし 主人からそんなことやったら二度とここへは帰ってこない、お前には喋り過ぎたと携帯にもロックをかける 前はお前はこんなんじゃなかった・・・から以前も浮気していたと知る 前は気づかなかった 信じていた
  • 半年位このまま、とにかく毎日帰りが遅すぎる 主人の体の事も心配 食事は帰ってから食べる ご飯も食べずに会っている
  • このままこうやって過ごしていて、私の所へ帰ってくるのかな? どんなふうに主人と接すれば前のようになるのかな 離婚をする気は毛頭もない あなたのことは大好きだから早く別れてと主人に言っている


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と違う感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

今回はパンドラの箱を開けてしまったことから始まる相談です

離婚したくない、大好きならば携帯なんか見なければいいのに
見てしまうから、電話することになってしまう

これに懲りたら二度と旦那の携帯なんか見ないことなんです

相談者は主人の浮気について相談したいということでしたが
本当は違います 

下ネタっぽく書きますが
プレイ方法は決めてあるんです

慰謝料を請求・・・別れさせるためのただの脅しでする気なし

私の所へ帰って来る?・・・帰ってくると言って欲しい

食事は帰ってから食べる・・・私が本命、私の事が好きだからと言って欲しい

etc・・・

こんな感じで、筋書は心の中で決めていて
戻ってくるための愛情表現を続ければいいのか(行ってらっしゃいのチュー)
ということを肯定して欲しい

旦那は、あなたの事が好きだからという言葉を
今井通子さんや、マドモアゼル愛先生から引き出したいだけ

相談したのも筋書に不安があるから
肯定するような言葉を引き出したいんです

マドモアゼル愛先生がキレ気味になっているのは

何もしなくても戻ってくるということへの不安と筋書通りでないから
「どうしたらいいんでしょうね」に繋がって
相談者が納得しないのです

かと言って、慰謝料を請求するようなことはしないと決めているものですから
修羅場を覚悟するつもりなんか当然ありません

自分の中で決めていることに対して
なかなか愛先生が言いだしてくれないので
「どうしたらいいんでしょうね」を連呼するんです

今井通子さんが最後の最後に

「本当に好きなのはあなたのことだと思います」

これで安心したのか
筋書を少し修正して、これまで通りにしようかなと考え始めました

ドMはドMなりの満足するプレイ方法にこだわりがあるという
なんとも面倒臭い話です

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.