テレフォン人生相談

勝野洋&大原敬子のテレフォン人生相談2015年3月18日(水)は、4、5年前から嫌な事ばかり言うようになった夫、話をしたら喧嘩になるのでだんだん主人のことが嫌いになったという相談者。離婚を口にすると夫は別れないと言う。休みの日は朝昼晩と料理を作ってくれる夫に友達は別れない方が良いと言うが、大原敬子が回答。夫婦の関係について諭す。

パーソナリティ:勝野洋
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:65歳女性 夫56歳 子供いない 婚姻期間35年 恋愛結婚

スポンサーリンク

大原敬子が羨ましがる9歳年上の女房でも帰ってくる真面目な夫

  • 9歳年下の夫との関係がぎくしゃくしている。嫌な事ばかり言う、優しくないし思いやりもないので、どう対応したらいいのかわからない。
  • 結婚して35年、以前は優しかったが、この4~5年、話をしたら喧嘩になる。だんだん主人の事が嫌いになり、別れたいと言っているが夫は別れないと言う。
  • 料理が上手な主人は、仕事から帰ったら食事を作ってくれる。お酒もタバコのやらない真面目な夫は、休みの日には朝昼晩と食事を作ってくれる。
  • 家庭内別居状態で、食事を作ってくれて食べたら別の部屋へ行く。話をしたら喧嘩になるので会話もない。
  • この関係をずっと我慢して何十年もいくのか、この関係をどう修復できるか、いっていいのか。

YouTubeテレホン人生相談


テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

管理人のちょっとひと言

これは一体、どういった相談なのでしょう?

かまってくれない夫に対する不安を
優しくないし思いやりがないと表現し
愚痴を言っていたとういうことなのか

9歳年上の65歳
夫は56歳、脂ものっていい感じの年齢
不安で不安で仕方ない気持はわからなくもありません

離婚したいと言うのは、夫の気持の確認と
捨てられるより、捨てるという
気持の上での優位性を保ちたいというプライドなんでしょう

大原敬子先生を誤魔化すことは
できませんでしたね(笑)

優しい大原先生は
勝野さんに花を持たせます

ここのところ、放送では
総括部分の発言が、ほとんどありませんでした

言っているのかもしれませんが
編集でカットされてしまったのか
あっさり終わっています

今回は、しっかり話せたようですが
残念ながら、インパクトのある言葉を
残すことはできませんでしたね

今回、覚えておきたいのは
大原先生が言っていた賢く生きるということ

夫に対しても、子供に対しても
感謝の気持ちを持って接すれば
幸せな老後を迎えられるような気がします

多分ですが

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.