中学生とスマホ

テレフォン人生相談
子育て

テレフォン人生相談2015年3月24日(火)

  • パーソナリティ:勝野洋
  • 回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
  • 相談者:45歳女性 夫45歳 中学2年生の娘14歳 実母77歳 4人暮らし

中学生の娘がスマートフォンにのめり込み、やめると自暴自棄になる

  • 中学生の娘がスマートフォンとどのような使い方で付き合っていけばいいのか、親はどのように見守っていけばいいのか。
  • 今年の始めから娘にせがまれてスマホを与えた。夜の9時半で終わりにするとか知らない人とメールや通話をしないといった約束事を交わし、フィルタリングをかけておいたがコミュニケーションツールとして無料通話やメールができる無料アプリを入れたいと頼まれ、主人も相談者も利用しているのでフィルタリングを解除した。
  • 結果的に、友達の友達の友達といった風にどんどん広がっていき知らない人と通話している。約束と違うことを指摘すると「ネットの友達のどこがいけないのか」「名前はニックネームで登録してある」ので所在を明かさないという約束を追加して認める。
  • さらに、新たな電波が繋がると不特定多数の人と通話できるアプリを入れたいと言ってきた。駄目だと言うと反抗期なので自分の思う通りいかないと暴れる。
  • 普段はとても素直で無遅刻無欠席で勉強もちゃんとやる子なのだが、スマホに関しては所在を明かさないのだったらいいでしょと言う。理由を聞くとストレスを溜めない為に話をしたい時にしたい。と朝から晩までスマートフォンのことで喧嘩ばっかりで疲れてしまって、駄目だと思ったが認めてしまう。
  • たまたま家を一晩不在にした時があった相談者。朝、一人で起きれるか心配だったが大丈夫とのこと。信じていたのだが、起きれないなら寝ないという選択をして一晩中通話をしていたとのこと。
  • スマホを取り上げるのが難しい状況で、自暴自棄になったり、自分の思い通りにならないと自分で自分を傷つけたりといった自傷行為がある。
  • やめさせるわけにはいかないので、やめない状況で、どのように付き合っていけばいいのかアドバイスが欲しい。

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

ちょっとマドモアゼル愛先生の話で納得できないのは

型にはめようとしているとは思えないということ
むしろ使う上でのルールを教えていると思います
ただ、何でこのルールなのかが抜けている気がする

スマートフォンはコミュニケーションのツールとして
必要不可欠な物になりつつあるようで

無ければ無いで問題ないのですが
無いなりに、得られる情報が遅かったり
届かないことの覚悟は必要でしょう

そういうことに無頓着であるならば
なんの弊害もありませんし
気にしなければいいだけの問題でもあります

ただ、誰もがそうではないという事実から考えて
使う時、使い方、問題点を教える必要は
親の責任でもあるはずです

勝野洋氏の奥様、キャシーさんのように
間違ったら自分がひどいめにあうんだからほっとこうよ
信じていたんですよ、帰ってくると

という考え方を、勝野氏自体は肯定していませんよね
だって木刀持って家の周りをウロウロしていたわけです

子供を信じることと、ルールを守らせることは
違うと思いますけれど

相談者の娘は、明らかにルールを破っています
ストレスを溜めないようにしてると言いますが
ストレスを溜めないようにしている人が

思う通りにいかないと自暴自棄になったり
自傷行為をするでしょうか?

これは禁断症状に近いものです

ストレスなんか発散されていないし
信用とか信頼とかとは別次元の

もはや依存ではないでしょうか

依存の原因は、確かに母親にあったかもしれませんが
それはまた違う話で
いかにこの依存から解放してあげるか

そういうことですよね

そういう意味では、携帯の約束よりも
温かいスープには納得です

こっちには、リアルであたたかな物があります
それこそが

母は最後の砦、母は波のない港

今、必要なのは母と娘の
何気ない会話ができる状況を作ることですよね

「あったかいんだから」
と思ってくれたら戻ってきたってことかな

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.