暴言が怖い

テレフォン人生相談
親子関係

テレフォン人生相談2015年3月30日(月)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:大原敬子(幼児教育)
  • 相談者:47歳女性 2年前離婚 子供(長男7歳・次女9歳・長女15歳)長女の子1ヶ月 長女の彼27歳

加藤諦三氏の〆の言葉なし

娘の彼氏の暴言が怖くて、家を出る羽目になるかも

  • 15歳の娘、中学3年で妊娠し出産。赤ちゃん1ヶ月。娘の彼氏27歳、娘と知り合った時は結婚していて子供3人。離婚した後で娘は彼のアパ―とで一緒に住んでいたが、家賃滞納で行くところがないからと娘から頼まれて3DKのアパートで同居することになる。
  • 子供3人分の養育費は払っていない彼、子供にも会っていない。
  • 働いているので給料明細を見せてくれないかと言ったら貰っていないと言う。
  • あと、何か月かしたらアパートを見つけて、娘と赤ちゃんを引き取って3人で暮らすと言っているが、信じていない相談者。
  • お宮参りは終わったのだが、自分達でしないといけないので、ちゃんとしなさいと言ったところ、そういうのは行かないと言うので相談者が連れて行った。彼のお母さんに来て欲しかったので何度か連絡をするも折り返しの電話がない。彼の方に連絡をとって相談者に連絡を入れてくれないかと頼むと、「親に何の話か!」と突っかかってきて「おめぇ、うるせぇ」と言われた。
  • 彼に出て行ってもらいたいが、出て行かないのでどうしようという相談。
  • 後ほど、大原敬子先生に「たまたま家に入れた人間が、だんだんと力をつけてきて、今わたしたちが家をでるような羽目なんですけど、どうしたらいいですか?」という相談ではないですか?に、あっさりと肯定。

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

編集でカットされた部分次第で、感想も変わってくるのだと思います
例えば、1ヶ月の赤ちゃんが男の子だったとか
放送された部分からは、そうとれるのですが、違う解釈もあるかもしれません

このゴールデンコンビの2人が揃うと
相談者の内面に迫っていくのですが
今回の加藤諦三氏の内面は、解決からかなりかけ離れた話です

大原敬子先生の、相談者が出て行く
もしくは、波風をたてないでおく
というのは、どうなんでしょう

娘の彼氏が前の結婚で、どうだったか
何となく想像がつきますよね

仕事にしても、給料明細をもらえないような仕事
家賃滞納して、住まいからでなければならなくなったこと
養育費を払ったことがないこと

別れてから、子供に会っていないこと
実の母親と連絡がとれないこと

彼の環境もそうですが
責任感が乏しいというのは明白です

今でこそ、住むところがなくて転がり込んで来た為
しばらくしたらアパートを借りて
娘と赤ちゃんと3人で暮らすと言ってますが

相談者も怪しんでいる通り
そんな気はないでしょう
居心地が悪くならない限り、居続けると思います

寄生虫みたいに

そうであるならば、回答者は
大原先生ではなく、弁護士の先生にすべきだったと思います

大原先生の指摘がけして悪いわけではないですが
娘の彼氏から離れなければならない
というのは私も同感です

アパートを解約したくても、居続けられては
解約の手続きがとれません
明け渡せませんから

真剣に解決しようと思うと
かなり難解なことだと思います

この手の問題は、時々事件になったりします
暴力で支配されて、幼い子供達にまで
害が及ぶことも考えられます

大原先生自体も、指摘されていますよね
力関係の逆転を

どうしても、そういうことを危惧してしまいます

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.