覚悟をはっきりさせる

テレフォン人生相談
親子関係

テレフォン人生相談2015年4月15日(水)

  • パーソナリティ:ドリアン助川
  • 回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
  • 相談者:52歳男性5年前から単身赴任 妻52歳 長男25歳大卒独立 次男大学3年生21歳 三男小学生9歳

ニキビが原因で性格が変わってしまった息子

  • 子供が3人いるのですが、次男の大学生にの事についてどのように対応したらいいのでしょうか
  • この5年間、単身赴任の相談者、自宅には妻と大学3年生の次男と小学生の三男の3人が暮らしている。大学2年生の最初の頃に就職はしないで声優になりたいと言っている。相談者と家内も自分の好きなことをやるということであれば、大変なことでも頑張れるであろうから、頑張ってやりなさいと、ただし大学を卒業するような年齢であれば、親の方からは経済的な援助はできない。自分で独立して独力でやって欲しいと伝えてある。自立をして欲しいと願っている。
  • 相談者の提案として、とりあえず就職して仕事をしながら学校へ通うのも手じゃないのか。
  • 問題は、大学2年生の最初の頃に同じ大学のクラスメートから「お前の顔は気持ち悪い」と言われた。その頃から顔のニキビが目立ってきた。気にしているそういう状態になっている。あと、授業の一環でグループ活動で調べ物の発表をした時に、自分一人だけ「君はただいてくれればいいから」と言われて相手にされなかったらしい。それ以降、ニキビを治すために皮膚科に通院していて、相談者から見れば完全には治っていないが少しは良くなってきたと思うのだが、本人はまだ気にしている。ニキビが治らないとアルバイトをする気にもならない。そういうことを言っている。
  • 今の状態は、無気力と言っていいのか、何も自分から行動をしない、できない状態になっていて、例えば就職活動をしないでアルバイトに精を出して一生懸命お金を貯めているような姿を見れれば、それはそれでいいとは思うが、そういう姿が見えないので心配している。
  • ドリアン助川より、何か自分の人生を創造していくエネルギーですとか、大成にならなくても社会に向かって何かをしていくものがみられれば、お父さんとしてはもっかの悩みは消えていく。
  • 前向きに生きていけば、辛いこともあるでしょうが、それに向かって目指すものがあれば、それでいいとは思う。それすらも今は無い状態。
  • ニキビが原因で変わったと思う。というのも小学生の時は比較的活発で、3人の子供達の中でも一番明るい活発だったと家内とも意見が合うし、中学校や高校ではある運動部に入っていて、副キャプテンとか主将をやっていたので、昔からそうではなかった、むしろギャップがある。
  • ニキビについて、人生を作っていくエネルギーについて、息子と会話したかとの問いに、単身赴任なので、いつも一緒という訳ではないが、ここ数カ月は機会をみて話をしている。ようやく2週間ぐらい前に父親に打ち明けてくれた。
  • アルバイトをしたいというのはわかっているんだけれども、今それに行けないのはニキビがあって人からまた気持ち悪いとか、そういうことになるんじゃないかという心配が根底にあるようだ。
  • 家内から聞いた話だけれど、友達と言われるものもあまりいないのじゃないか。当然、彼女もいない。という話っぷりと本人がしていたとのこと。これはニキビのせいだと思います。
  • ニキビがきっかけで、性格が替わってしまったと思っている。
  • 人生、前へ進めていくエネルギーみたいなものが、今子供から無くなってしまっていると、ひとえにニキビによって内向きになってしまった。どういう風にしていったらいいのか。アルバイトでも何でもいいから、まず行動を起こして前向きに生きて、生活していってもらえればいいと思っているのだけれど、子供にとっては人生初の挫折というか大きな壁にぶちあたってしまっている。

7分35秒あたりから三石由起子さんの回答が始まる

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

「お前の顔は気持ち悪い」と言われ萎縮してしまったのか
ショックだったのだろう事は想像できます

ただ、そのことでいつまで経っても
声優になりたいという行動を起こせなくなる
というのがわかりません

別に息子を庇うつもりはありませんが
人間は、何が原因で萎縮してしまうかは
千差万別、個人差があります

他人にとっては、なんともないことが
自分にとっては、どうにもならないこと
なんて、たぶん誰にでもあるでしょう

それがニキビだったということなんでしょうが

もしかしたら、もしかしたらですが
最近の声優は、メディアへの露出も多いので
そこそこ顔に自信があったのか

若しくは、逆にそこがコンプレックスで
指摘されちゃって、ショックみたいな感じなのかな?

と言うなら、ニキビを治したいというのは
わからなくもないですけれど
そんなの、学校へ行きながら治せないのかな?

ただ、友達がいないとか、彼女がいないとか
ニキビが原因とは考えられないです
そもそも、言われる前からのこと

とすると、高校生の時ぐらいに
何かあったんじゃないでしょうか?

ニキビも確かにきっかけかもしれませんが
原因は、もっと違うことのような気がします

どちらにしろ、引導を渡してあげるのも
重要なことだと思います
覚悟を決めさせなきゃいけません

子育ての最後の機会とは
上手に言ったものだと思います

巣から飛び立とうとしない息子
いつまでも餌を運んであげるわけにはいきません

どうしても巣から出ようとしないのなら
餌を届けるのを親が止めるしかない
そういうことです

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.