男と女の関係

テレフォン人生相談
夫婦関係

テレフォン人生相談2015年4月16日(木)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:中川潤(弁護士)
  • 相談者:34歳男性 妻30歳 共働きで子供なし 婚姻3年目

加藤諦三氏の〆の言葉「依存心を、愛情と合理化している人は多いです」

脅しのつもりの離婚届、見た瞬間に冷めたと家を出ていった妻

  • 奥さんが2ヶ月弱くらい前に出て行った。たまにメール連絡はあり。
  • 出ていった理由は、始めは些細な喧嘩という相談者に対し妻の言い分は、頭に血が昇った相談者が離婚届をもらってきて、彼女の直して欲しいところを直してくれないと離婚するぞと本当は離婚する気はないが、脅すつもりで離婚届を出したところ、見た瞬間に気持ちが冷めてしまった離れてしまった。と言って出て行ってしまった。
  • どちらかと言えば、妻の方が相談者にべったりだった。相談者がいないとダメだみたいな感じだったのに、今となっては180度変わってしまった。実は相談者の方が妻にしがみついていた。
  • 些細な喧嘩の内容は、大雑把、がさつな妻は家事が不得意。相談者から細かい掃除のやり方とか言ってはいるができない。出て行った時の喧嘩の内容は長電話。妻の夜の電話の時間は1時間から1時間半、初日は電話してもいいかと聞かれてOKを出したが、それが2日、3日と続き、相談者が家に帰ってきて2人きりの空間の中で、別の部屋ではあるが長電話をするのは失礼ではないか、電話の用件なんか5分、10分じゃないかと怒った。その場はわかったと言った妻だが、次の日に同じことをしたので頭にきて、その翌日に離婚届の件となる。
  • 自分は短気という相談者に疑問を投げかける加藤諦三、関心が欲しい。

脅しのつもりで離婚届を持ってきたら、奥さんが家を出るきっかけになり、それがもう2ヶ月弱になる。戻って来て欲しいがどうしたらいいのだろう。相談者自身は離婚するつもりはない。

中川潤弁護士の回答

  • 5分50秒あたりから
  • メールでの連絡の内容確認、「体調はどう?」という心配するようなメールが届く。「そんなに心配なら戻ってきて欲しい」と返信すると、「気持ちは変わらないから戻れない」
  • 本当に脅しのつもりなら、離婚届を出す時に本気だと思わせなけれ効果がない。その為、妻は本気だと思い、それで熱が冷めたなら自業自得。
  • 大雑把、がさつな所を直さないとと言った。掃除のやり方ががさつで、やり方を教えるけれどそれができないと言った。家事の得手不得手はあるし、好き嫌いはある。どうでも直せと言っても直らない。そういう性格だけれども、お互いに必要と思い、尊重し一緒に暮らす覚悟があって、初めて夫婦じゃないのか。
  • 長電話を1時間話しているのなら、あなたが好きなことをしていれば。夫婦で一緒に暮らしていくことからすれば、続きようがない。
  • 2週間位前に、実際に家で会って話をした。今までのことを謝り、戻ってきて欲しいことを伝えた。しかし奥さんは家を出ていってしまった。
  • 男性の方から別れると口にだしたら、それはおしまい。人の性格は基本的に変わらない。そうは言っても、そこまで一旦やられているから、相談者と一緒にやっていけるかどうか、正直自信がないのだと思う。
  • 相談者が今できること。本当に奥さんが好きで別れる気は毛頭ないのなら、繰り返し繰り返しメッセージを送り続けて、彼女が改めて振り返ってくれるかどうか、それにかけるしかない。でも難しいことかもしれない。

加藤諦三のまとめ

  • 10分40秒あたりから
  • 脅しの内容は「愛情要求」私をもっと愛して。
  • 家事をしてくれない、掃除の仕方云々、これはお母さんのような掃除の仕方や家事をして欲しいのではないか。
  • 短気な性格ではなく、甘えん坊。お母さんのような女性を求めていた。離婚の脅しはその愛情を要求した。
  • 離婚届を見た瞬間、気持ちが冷めました。と言った彼女の内容は、あなたの正体が見えましたということ。
  • これから僕は大人になる努力をして頑張ります。そう言うアプローチの仕方しかないのではないだろうか。
  • 彼女も寂しかった、べったりしたかった。彼女が求めていたのはおそらく男と女の関係で、相談者はまだ男になっていない。
  • 私はあなたのお母さんじゃないよということで出て行った。だからお母さんじゃなくて、これからは一人の女性と生活を築いていきたい。
  • 女が一旦冷めたら、元に戻らない。
  • 戻ってきても、戻ってきてくれなくても、相談者にはいい経験。「見た瞬間、気持ちが冷めました」という彼女の一言で、俺は男になるんだ、そうして人生を出発してきて、今日の幸せがあると、50歳の時に思えるかもしれない。

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

中川先生、いいこと言ってます。
繰り返しになりますが(ちょっと脚色します)

誰にも得手不得手はあるし、好き嫌いもある。直せと言っても直らない。
そういう性格でも、お互いに必要と思い、尊重し一緒に暮らす覚悟があって初めて夫婦。

ちょっと、酔ってしまいそうですw

それと、テレフォン人生相談のリスナーなら
あたり前になっている珠玉の言葉
言い回しが毎回異なりますが、覚えておきたいこと

男性の方から別れると口にだしたら、それはおしまい

女が一旦冷めたら、元に戻らない

これは、参考になる相談がつい最近あったのでご紹介しまう

すぐに離婚だ離婚だと繰り返す妻

女性が、離婚だと何度言っても
男性側は、別れるという結論を
簡単に出すことはありませんが

女性側は、一度別れるという言葉を聞くと
スイッチを簡単に切り替えてしまいます

これは、男女関係においては忘れちゃいけないことです

例え本気でなくても、そのルールを破ってしまったのですから
自業自得を言われても仕方ありません

そんな法則、知らなかったと言っても
後の祭りです

それと基本、男性はマザコンですから
どうしても、奥さんに母親を投影してしまいます
これは、避けられないことじゃないんでしょうか?

だから、そこは指摘されても
注意する以外、どうしようもないと思います
男の通常仕様は、マザコンってなってますから

ちなみに私は嫁から
「マザコンのマの字もない、冷たいやつ」
となじられることが多いですけれどw

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.