礼を尽くす

テレフォン人生相談
家族問題

テレフォン人生相談2015年4月17日(金)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
  • 相談者:55歳女性 夫60歳 息子30歳と27歳 父81歳で他界 後妻72歳 30年ほど前に離婚した実母80歳 弟53歳

後妻に対する感謝の気持と母の感情との板挟みで、どうすればいいだろうか

  • 半年前に亡くなった父の後妻との今後の付き合い方についての相談
  • 実母と父が離婚したのは30年ほど前、後妻と父が結婚したのが26年ほど前、離婚した原因は父と母の間に後妻が割り込んできたことで、それは相談者が高校生の頃から始まり当時の状況を修羅場と表現する。
  • 相談者は、実母に育てられ、父親は新しい家庭を作った。
  • 後妻との付き合いとは、今後、父の1周忌3周忌を迎え、その都度に盆正月がくるので、後妻とどこまで付き合っていけばいいだろうか。また、後妻と行き来することは、実母が喜ばない。
  • 後妻に対する感情を不思議と表現する相談者。父親を一生懸命看病してくれ、最期の入院の時も、商売をしていた父の後を受けて商売を続けながら入院先に通い、一切の面倒をみてくれた。葬儀も出してくれて、父が金銭的にピンチな時も後妻が助けてくれていたようである。贅沢したりする人でなく、凄く地味だった。父は「ありがとう」と言って死んでいった。
  • 後妻に対する感謝の気持ちもあるし、父親の法事くらいは手伝いをした方がいいのではないかと思っている。ただし、母の気持を傷つけることはしたくない。後妻とも母ともうまくやってというようなことは気持ちとしては難しい。
  • 弟は我関せずで、一切なにもない。父の葬儀に顔も出していない。母親の面倒をみているのは弟で、母親べったり。
  • 主人は、後妻は良くしてくれたんじゃないのか、でも気持としては母親を大切にしなさいと言ってくれる。
  • 後妻は再婚で前夫とは死別しており、前夫との間に3人の子供がいるので老後の面倒をみる必要はない。

後妻との付き合いをどうしたらいいのか、という相談。このまま知らないフリをしていればいいのか、それともある程度、折々を持ってご挨拶に伺うのとかした方がいいのか悩んでいる。

マドモアゼル愛の回答

  • 6分42秒過ぎ
  • 時間経過の確認で、一番辛かった高校時代からの10年ほどを思い出して泣き出す相談者。
  • 父親のことは、どちらかと言うと好きだったと言う相談者。
  • 母親と相談者との関係が自然であったならば、こういった悩みは生まれなかったのではないか、と述べるマドモアゼル愛。
  • 本当の意味で母親と安心できて自然で、母親の気持がわかって味方につけられる関係であったなら、まずこういったトラブルは生まれない。
  • 弟も後妻とのことは頑な、一切触れようとしない。これはある意味、53歳という年齢からすれば、もう少し柔らかく対応できてもいいはず。それができないのは、母親からの感情的な命令で、子供が縛られてしまっている可能性がある。だから苦しい。
  • 弟は父方の思いを捨て去る態度に出ているが、本当はそれすらも苦しいはず。
  • 感情の中身は個々で整理して行かなければならない問題。ただ、現実の見える部分の後妻との関係については、自然に行ってきたので、思いの丈を語る必要もないし、何かあった際には自然な礼を尽くす。例として、葬儀を一生懸命にやってくれて大変だったと思うのならば、ありがとうございましたの礼状をお菓子を添えて一回ぐらい出しておくといった、自然な礼の尽くし方があると思うので、弟のように頑なに拒否するのは変。これまで後妻はおろか、父親とも会っていなかったのに、これを機会に交流が始まるのも変。母親を傷つけることになる。だからと言って、母親の気持に縛られたまま、礼を尽くさないというのは却って後ろ髪を引かれるような思いを残してしまうのではないだろうか。これは不自然。
  • 母親は感情的にしかとらえられない立場。父親や関連していることを恨み通すことで生きるエネルギーにしている面もある。憎むのもエネルギー。でもそれは苦しいこと、母親のロボット化した弟も、相談者が人間的に大きく成長することで、わだかまりを解いていって、安心の芽を見えてくるプレゼントを家族の中にもたらされるといいと思っています。

自然な礼を尽くして、感謝しながら、母にもできるだけのことをしていってやりたいと思っています。

今井通子のまとめ

  • 13分24秒過ぎ
  • 今までの話を聞くと、ご主人が一番バランスのとれた考え方だと思います。
  • ご主人に色々聞いて、これはした方がいいかしら、これはしなくてもいいかしら。と多分割と常識的に判断してくれるのではないでしょうか。

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

今回の相談は、スッキリ落ち着きましたね
相談者も感謝していました

自然な礼を尽くす

こういったことばかりじゃなく
いろんな事に繋がる
深い言葉じゃないですか

しかしこの相談、結論としては
今井通子さんが言う通り
ご主人が一番バランスがとれていて

回答を先取りしています

後妻は良くしてくれたんじゃないのか、
でも気持としては母親を大切にしなさい

身近な人だからこそ、軽んじてしまいましたね

感情に支配されると、弟のように頑なになってしまいます
それを避けるには、利害関係のない第三者で
冷静な人のアドバイスがあるといいです

時々、友人とかに相談する人がいます
特に女性の場合なんですが
友人までも、感情移入してしまい

客観的な意見がもらえないことが多いので
注意してください

アドバイスを受ける場合も
バランスというのは大事です

感情が支配すると、ごく当たり前のことが
見えて来なくなります

自然な礼を尽くす

なんか、THE日本人って感じで
とても、気に入りましたw

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.