上から目線

テレフォン人生相談
家族問題

テレフォン人生相談2015年4月18日(土)

  • パーソナリティ:勝野洋
  • 回答者:坂井眞(弁護士)
  • 相談者:46歳男性初婚 妻50歳再婚 妻の連れ子23歳の息子 婚姻期間10年 同居の義父80歳 義母76歳認知症

上から目線で物を言う義父に我慢の限界、親が原因で別れる夫婦もある

  • 義理の父親と11ヶ月前からずっと喧嘩していて未だに続いている
  • 義理の父親は何でもかんでも上から目線で物を言う人、妻と結婚して10年位ずっと上から目線の視線に我慢していて、11ヶ月前に爆発して喧嘩になってしまった。
  • 現在5人で住んでいるが、義父とは顔を合わさない状態で喋りもしない。
  • 長距離ドライバーの相談者は、週に1回ぐらいしか帰れない。帰ってもそのまま「ただいま」も言わずに2階に上がっていく状態。
  • 喧嘩した理由は、何でもかんでも上から目線ということで、「お父さんは何でそうやって、いつもいつも上から目線なの」と言った。義父が酔っていたこともあったかもしれないが「なんや俺が悪いのか」「悪いとかそういうことじゃなくて、何であなたは人を人とも思わんような発言をするの」と言った。「俺が気に入らんのやったら殺せ」と、相談者が義父を殺せと言われた。「そういう話じゃない」「冷静になろう」と一旦はおさまったが、今度は相談者の悪い事ばかり言ってくる「お前は常識がない」とか「こんな簡単な漢字も読めないのか」とか。
  • 妻から前の旦那の話は聞いていたので、とにかく明るくしなければいけないと家族の中でピエロになっていた。何を言われても「ごめん、ごめん」と言っていたのだが、上から目線に耐えれなく、つい最近も喧嘩状態が続いているので、帰ってきて「ただいま」も何も言わない、言いたくない、顔も見たくない声も聞きたくないと2階に上がって行くと義父が怒っている、「あいつは、ただいま言わずに上がっていきやがる」とか、妻にも「もう、我慢の限界にきている。何とかならんのか」と話をしていた。
  • 妻からは、「あの人は昔からあんな人」どうしようもならん。相談者自身も我慢はしてきたが、もう限界。だから「お前には悪いけれど別れてくれ」「俺一人になりたい」と自分の意思は伝えて、離婚届は渡してある。妻はまだ書いていない。
  • このままピエロを演じて、仲直りをしたらいいものなのか、親が原因で夫婦が別れた方がいいのか。誰に相談しても我慢するしかないと言う。
  • 義理の母親は認知症が入っているので、妻に「何日に帰るからご飯を用意しておいてね」と頼むと、ご飯は用意してあるのだが、義母が「腐っている」と思い捨ててしまう。
  • 夫婦仲が悪くなって離婚する夫婦もあれば、親が原因で別れる夫婦もたくさんある。うちは親が原因で別れようと言っているのだから、別れようと妻には言っている。

仲直りしたらいいのか、義理の父親が亡くなるまで我慢してピエロを演じなければいけないのか、それともこのまま別れた方がいいのか。

坂井眞弁護士の回答

  • 6分15秒過ぎ
  • 結婚したのは奥さん、奥さんの両親と結婚したわけではないが、前の旦那の話を聞いているので、明るく振る舞おう、奥さんの両親も大事にしていっていい家族、家庭にしよう。そう思っていたわけだが、区別をした方がいい。
  • 惚れあって結婚して11年ぐらい(冒頭では10年と言っているが)、それだけの時間をかけてきた。別れるのは簡単ではないが、別れてしまえばそれでおしまい。35歳の時から一緒に過ごしてきた人との時間が続いていかなくなる。だから簡単に別れるということを考えない方がいい。
  • 結婚した相手と上手くいかなくなれば別れるしかないが、奥さんと上手くいっていないという話ではない。義父に腹がたつのは、そういうこともあるかなと思うが、どうしてそれが離婚とくっつくのか、他に方法はないのか。お義父さんと上手くいかないから、問題のない夫婦が離婚するというのは合理的だと思えない。
  • 上から目線の言い方がいいとは思わないが、他人に迷惑をかけなければ自分の考えで生きていく自由がある。お互いに意に添わない同士が無理に関わりあることはないので、たまたま娘と結婚したという関わりだけで、どうしても反りが合わないのだったら、できるだけ接触を少なくするということを考えればいい。
  • 頑張って、みんなが上手くいくことを考えてきたのは立派だが、どちらかがどちらに合わせなければいけないことはない。これはダメだ、合わせるのは止めたというのは間違っていない。ただそれ以上に、だから妻と離婚するんだというのは筋がズレていませんか。
  • 惚れて一緒になって11年間、いろんなことがあったのに、80歳の義父が訳が分からないからと言って、親のせいで別れるぞというのは、釈然としない。もう少し、その辺りを分けて考えた方がいい。
  • 無理する必要はない、夫婦関係を守っていくことを中心に考えていくのがいいんじゃないか。

勝野洋が熱くまとめるが・・・

  • 10分54秒過ぎ
  • 義父に振り回されてはダメ。育ちも違えば家も違う、考え方もしきたりも違う、結婚は二家族が結びつくこと。結婚する時に妻を幸せにすることを誓ったはず。その時の夢、人生のテーマは何ですか? 相談者は家庭円満と答える。勝野洋は、明るくするために色々とやってきた。けれども11ヶ月お義父さんと仲が悪いのを悲しんでいるのは妻であり、自立している息子である。
  • 影響が大きい、感情に流されない方がいい。義父は大先輩、2倍近く年齢が違う、2倍いろいろ生きて戦ってきている。義父を相手にすることは、逆に義父の術中にはまること。あなたなはその上をいかなければならない。
  • ピエロみたいに自分がやってきたのなら、もっと上をやってきたらいいと思う。そうすれば義父は空回りをするので止まる。
  • 義父が亡くなるまでピエロを演じろということではなく、今まで明るくしようとピエロを演じてきた、ところが結婚から家族を守ろうとしてきたことは演じてきたことではない。家族を守ろうとする使命。その中でもっと大きく心を持って包んであげてください。と言っている。
  • ものは考えようで、あなたのありかたが問題。状況ではなく、その時にあなたがどうあるのか、そこをもう少し大きく、同じ土俵に立たない。争いでは絶対に収拾がつかない。
  • 奥さんを愛しているのなら守べき、義父との関わりは別のこと。もう少し大きく考えてみてください。

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

坂井眞弁護士の冷静な回答の後を受けて
なんと勝野洋氏が3分強も熱く語ります

すみません、当初は嬉しくなって
「熱く語る」って、twitterなんかでも流しちゃったんですが
繰り返し聞いてみると・・・

内容は、精神論
具体的な、方策は示されていません

せっかく、坂井弁護士が回答した内容を
曖昧な物にしてしまいました

義理の父親とは、無理に関わっていくことなく
夫婦関係を守っていくことを考えましょう
と、別居できないか?とか、離れを建てられないかとか

そういった方向でまとめているのに

あなたのありかたが問題
状況ではなく
もっと大きく心を持って包んであげてください

いやいや、帰ってきたら喋りたくない、顔も見たくない
大きな心で包めなくなったから
喧嘩しちゃったんだからさ

否定しちゃダメじゃない
状況が問題だから、夫婦関係を守る方向でって
回答してるのに

溜まっていた物が噴き出して
我慢できなくなった人に対して

大きな心で包んであげてください

なんて言われても
それができなくなったから相談の電話を
かけてきたんじゃないですか

精神論を否定するつもりはありませんが
相談者自身の思いというのは、電話の口調から

親が原因で離婚してもおかしくないですよね?

誰に聞いても我慢しようよって言われちゃうんです

そういうことじゃないですか
だから坂井先生が、ズレている
そう言っているのに・・・

私からもひと言

人生、長く生きているからと言って
経験が豊かで、
有意義な人生を歩んできたわけじゃないです

勝野さん

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.