不貞行為

テレフォン人生相談
不貞行為

テレフォン人生相談2015年4月22日(水)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
  • 回答者:坂井眞(弁護士)
  • 相談者:31歳女性 夫37歳 息子1歳 実家の父母59歳 妹29歳 妹の夫37歳 結婚3年目で子供なし

海外で不倫する妹、妹の夫と一緒に懲らしめたい

  • 妹夫婦のことについての相談。現在、妹は家に帰っている。妹夫婦は結婚してからずっと別居。結婚する前に1年間一緒に住んでいた。結婚したと同時に妹は、日本語教師としてシンガポールへ行く。シンガポールへ行くことは、承知の上で結婚。旦那は日本で会社員をしていた。
    2年で帰ってくると、実家の両親、夫の両親へは言っていたが、二人の間では皆を安心させるために2年と言っておこうとなっていたとのこと。
  • 2年経つと妹はロシアへ行く。ロシアへ行くと同時に旦那は、日本の仕事を退職し、妹が紹介したシンガポールの会社へ転職する。旦那は昔から海外で仕事をしたいという夢があり、妹は海外で仕事をしてきたので憧れを抱いていたようだった。ただ、日本に居た方がいいのか、海外に行った方がいいのかは、悩んでいたようで、気性の激しい妹から、どうして海外へ行きたいと言っていたのにやらないんだと責められて続け、結果として妹の知り合いのシンガポールの会社へ転職した。
  • 旦那が転職すると同時に、妹はロシアへ渡ったので、二人は一緒に生活はしていない。
    妹はロシアでも日本語教師をやっていて、その任期が終わったので、日本に帰ってきている状態で、旦那はシンガポールに居る。
  • 今度、妹は東南アジアへ行くつもりで、日本に居るつもりはない。
  • 旦那から聞いた話、妹はシンガポールへ行って半年でマレーシア人の彼氏ができた。その彼は結婚していることを知っていて、ずっと離婚してくれと言っているらしい。2年の任期が終わった時点で、離婚、離婚と五月蠅いことと、色々面倒臭くなってロシアへ逃げたというのが真相。
  • ロシアでも彼氏ができ、相手はフランス人で、今でも好きとのこと。
  • これらの事実を、妹と旦那の共通の知り合いに話をしていて、あまりにもひどい、旦那さんが可哀想だということで、旦那に教えてくれた。
  • 旦那はこれまで、妹のことを相談者に相談してきていた。離婚したい。慰謝料を請求したい。だが、彼氏のマレーシア人もフランス人も海外にいるので、相手の男に請求できるのか、それから妹に対して、旦那はシンガポールに居るので、東南アジアのどの国に妹が行くのかもわからない。どのようにこれらの話を進めていけばいいのか。
  • 妹の旦那から調べて欲しいと頼まれたし、妹のしている行為が許せなくて、妹の旦那と一緒に作戦を練って、どうすれば妹を懲らしめられるかと話合っている。客観的にみて、実の姉なのに妹のことを、そんなふうにしてどうなのかという気持ちもある。
  • 外国人へ慰謝料が請求できるかどうか、妹と旦那が別々の国に居る状態で、妹に対する慰謝料はどうなるのだろう。旦那は妹が不倫をしたということに対する、けじめとして慰謝料が欲しい。

法律相談、坂井眞弁護士の回答

  • 7分3秒過ぎ
  • 不貞行為はどこで行われたのか、その時、不倫をされた旦那がどこに居たのかが関係してくる。どこの法律が適用されるのか、どこで裁判ができるのかは、「法の適用に関する通則法」平成18年に改正された、第17条(不法行為)が該当する。不法行為によって生ずる債権の成立及び効力は、加害行為の結果が発生した地の法による。ただし、その地における結果の発生が通常予見することのできないものであったときは、加害行為が行われた地の法による。
  • 夫婦の一方が浮気をして、その配偶者が慰謝料請求するのは、(慰謝料とは、心が傷ついたことを、慰謝する、埋め合わせるお金)旦那が居たところが該当するのではないか、旦那がいなくて外国のどの場所で浮気をしたのかは、難しい問題。坂井眞弁護士が、今ここではっきりとは回答できないので、本人が専門家に相談する方がいいだろう。

三石由起子が回答

  • 9分30秒過ぎ
  • 夫婦には色んな夫婦があっていい。姉の倫理観で許せないにしても、夫婦はそれぞれが特殊なので、どんな夫婦であってさえ、妹の主人が可哀想ということで、頼りにされて引き受けているのが問題。
  • 旦那が離婚したい、妹も離婚したい、そこに何故、姉が出てきて引っ掻き回すのか。やっていることが理解できない。
  • 姉としてより人として、一緒に力を合わせて懲らしめようなんて無駄な、馬鹿なエネルギーを使うことがわからない。
  • 姉と妹は、まったく価値観や倫理観が違う。だから意地悪の限りを尽くしても、何の効果もない。
  • 妹はこの先も、楽しい人生をずっと過ごしていくだろう。ただ、姉から見て、どんなに不幸に見えようが、妹は幸せだと思う。
  • 目の前にいる1歳の息子を見ていなきゃいけない時に、どうして大嫌いな妹の、今別れようとしている旦那を見る必要があるのだろうか。
  • 妹の旦那から頼りにされて、法的な知識もないのに引き受けて、それも親族でなくなる人からの相談を受けてもダメ。
  • 両親も、もの凄く心配して言ってくるので、間に立たされているという姉に、呆れていればいい、何かしようとすると間違える。妹のすぐに居なくなる。帰ってくるか来ないかもわからない妹のことを考える必要はない。目の前の子供を見なさい。そうでないと間違うよ。

今井通子のまとめ

  • 13分21秒過ぎ
  • 泣きながら、わかったという姉。
  • あなたは、独立した、一戸の家庭の大黒柱。しっかりしなさいと三石先生は言っている。

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

外国での不貞行為に関する、
外人に対する慰謝料請求の件

「法の適用に関する通則法」に関する内容は、
坂井眞弁護士の回答に書いておきましたので
確認しておいてください

坂井弁護士が、軽々に解釈しないぐらい
難しいことみたいなので
頑張って、ご自分で理解しましょう

私は、なんとなく
わかった気になっていますw

さて、妹の旦那と一緒に作戦を練って
妹を懲らしめたい
客観的に見て、実の姉がこんなことするなんてどうなのか

よほど妹の事が嫌いだったんですね
もしかしたら編集でカットされた部分に
その理由があったかもしれません

知りたいw

テレフォン人生相談に電話するぐらいなので
リスナーさんだと思うのですが
何で、法則発動させちゃったんでしょう?

他人のことに首を突っ込まない

これは、デフォです

私も、個人的に嫌いです

ただし、聞くのは大好きです(爆)

これはもう、説明の必要もありません

三石由起子さんが、相談者の言い訳にかぶせて
上から目線(どうしても三石さんの話は上から目線にしか聞こえない)で
話をするのは、いただけませんが

そこはもう、相談者としての彼女の特徴として
スルーしておきましょう

今回の人選、これはこれで良かったのですが
個人的には

パーソナリティに加藤諦三
法律相談に中川潤弁護士
回答者にマドモアゼル愛

なんてパターンもよかったんじゃないでしょうか

そうすれば、法則発動されるにしても
姉の、妹に対する闇の部分に迫っていったことだろう
そう思うのですけれどw

どちらにしろ、最後は
他人のことに首を突っ込まない
と言われて、終わるんでしょうけど

編集後記

他の方のサイトですが、相談者ご自身が、この回のコメントを入れられています。「不倫する妹を懲らしめたい相談者が、三石先生に泣かされる」自分の所でないのは残念ですが、それは管理人の能力の差なので、仕方ないでしょう(笑)。そこで、述べられているのが、妹は境界性人格障害とのこと。それって、凄く重要なことですよね。そもそも編集でカットしたら駄目な部分じゃないですか。そうであるなら、法則を発動する前に、「懲らしめては駄目」と言わないといけません。そこがテレフォン人生相談のずるい所ですね。回答者、若しくはパーソナリティのアドバイス内容に沿った編集をしているという点。こうやって、まとめサイトを作っていると、だんだんと感じてきます。
さて、そうすると、どうしたら良かったのか、そもそも回答者が三石先生では、かなり危険でしたね。今回は、関わるなという事でしたが、相談者の方に同調してしまったら、妹が極端に反応してしまう可能性があり、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。今井先生がパーソナリティだったのに、どうして境界性人格障害のことについて触れなかったんでしょうね?むしろ、「関わり過ぎてしまうと、振り回されて大変」、両親と義弟を説得して精神科医のところで治療に専念させるように言わないといけません。そうすると、高橋龍太郎医師が、回答者として適任だったと思います。
後からなら、なんとでも言えますし、他サイトでのコメントのこと、これ以上書くのは失礼ですね。もしも、ここまで読まれましたら、是非、こちらのサイトで「不倫する妹を懲らしめたい相談者が、三石先生に泣かされる」相談者の方のコメントを読んでみて下さい。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.