葬儀費用と相続財産

テレフォン人生相談
相続問題

テレフォン人生相談2015年4月27日(月)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:中川潤(弁護士)
  • 相談者:50歳男性 独身 17,8年前に離婚 51歳で他界した兄 兄の娘17歳

加藤諦三氏の〆の言葉なし

他界した兄の葬儀代と病院代を立替えたので相続人の未成年の姪に払ってもらいたい

  • 1歳上の兄が半年位前に病気で亡くなる。兄には別れた妻と17歳の女子高生の子供。兄が亡くなる最後に、自分の病院代、葬式代、もろもろの自分に係るお金は、弟(相談者)と母には迷惑をかけられないので、兄の口座からお金を払ってやってくれと亡くなった。
  • その旨を書面にして、振込先を書いて別れた奥さんに意向を伝えた。預貯金は子供が相続するので、未成年なので親権者の母親に言った。その後、何の音沙汰もなく1ヶ月ほど待ったが、何も言ってこなかったので、今度は手紙で催促したけれど、いっこうに何も言ってこないので、どうしたらいいのか。
  • 自分の口座から払ってくれというのは、相談者との口約束。実際に払ったのは相談者。
  • 葬式の喪主は相談者。身内だけの家族葬をあげた。
  • 離婚してからは、姪と兄とは一度も接触していない。別れた奥さんとも接触していなかったので、亡くなった時は知らせなかった。その為、娘は葬式に出なかった。
  • 兄の友人が、別れた奥さんには連絡したので、知ってはいた。

中川潤弁護士の回答

  • 4分37秒過ぎ
  • 病院代、葬式代、迷惑をかけるわけにはいかないので、俺の口座から出すようにと言って、書き物みたいなものは預かってなかった。
  • 遺言書はなく、言ったという事実だけしかない。
  • 通帳の管理は、兄が自分の部屋で管理をしていた。重篤になって、兄から託されたということもない。亡くなって、一人暮らしの部屋を片付けに行ったときに通帳は出てきた。遺言書といったものは出てこなかった。
  • 離婚したのは、亡くなる半年くらい前だが、その前に2~3年別居していた。娘が中学生くらいの時に破綻して、別居して一人暮らし。
  • 相談者が遺品の整理をして、通帳が出てきた。別れた奥さんが、娘に指示して相談者の家に一切合切、いる物は取りに来た。
  • 【結論】別れてしまって奥さんはアカの他人。娘は未成年。この状態で、葬式について喪主、入院も短期で面倒をみた。
  • 扶養義務も本来は同居している女房、子供であるが、(嫁さんとは離婚、子供は未成年なので扶養義務は弟に回ってくるかも)
  • 葬式の差配、喪主になっている事実。葬式の連絡もしていない。
  • 【例】親が死んで子供が3人いる。長男が喪主になって葬儀を行った。遺産分割の時、長男が喪主として葬儀を取り仕切ったが、その葬儀費用は遺産の中から、共益費用みたいに当然、引くべきものかというと、必ずしもそう考えられていない。つまり、喪主の負担となる。兄弟ですらそうなる。
  • 残念ながら、遺言書でもあって、自分の葬儀やらをやってくれるであろう弟に、遺産の内、預金から遺贈するとでもあれば、当然それに基づいて、預金を相続して支弁することができるのですが。今の状況では、兄との約束があってさえも、負担してくれと言うのは法律上、請求権があることにはならない。
  • もうひとつ、条理の問題で、預貯金の額はそれほど多くない。相続人は未成年の姪が一人。その姪に、葬儀代や病院代を全部負担しとというのはどうだろうか。病院代は扶養の問題もからむので、未成年の子が、本来負担すべきというのは、ちょっと難しい。
  • 請求は、法律上の問題としてではなく、生前に兄がこう言っていたので、葬儀代、医療費を負担してもらえないかと、お願いするしかない。

加藤諦三氏のまとめ及び〆の言葉なし

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

知ってるつもりで、知りませんでした
当然、葬儀費用は遺産から支払ってもいいものだと
何の疑いもなく、思っておりました

よく、自分が死んだ時のために
葬儀費用は、貯金してある
というようなことを聞くため、問題ないと

これは、勉強になりました

予告では、葬儀代を立替えたが、何の連絡もない
という内容でしたので
もしかして?とは思っていたのですが

扶養義務の話が出ていましたが
これを、未成年の娘に負わすことは
ちょっと問題ですから

弟が、というのは納得いきます
だから遺産から、というのは難しいだろうし
娘に請求も、どうなんだろう?と考えます

ほんの、ちょっとしたことですが
知らないというのは、後々問題になったりするようで
ググってみると、葬儀費用を相続財産から処分すると

相続放棄ができなくなる

これ、危険ですね
単純承認したことになってしまうようです

ほんのちょっとした、うっかりで
負の財産まで、相続することになってしまうかもしれないのです

相談者が残念とか、思う前に
このことを、しっかり刻み込んでおきたいと
思います

うっかりが、取り返しのつかないことに
発展してしまうかもしれないのですから

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.