夫婦の駆け引き

テレフォン人生相談
夫婦関係

テレフォン人生相談2015年4月29日(水)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
  • 相談者:55歳女性(バツイチ) 夫62歳(初婚) 婚姻14年目 前の夫との間に娘2人 老々介護の両親 母は認知症で父は大腸がんを患う

再婚した夫は食べる物にもうるさいし、ケチで性格が合わない

  • 主人と性格が合わない感じというバツイチの相談者、主人は初婚で婚姻14年目。前夫との間に娘2人で置いてきたと表現。最初の結婚は23歳の時で、39歳の時に姑のイジメに耐えられなくて家を出たのきっかけで離婚。
  • 41歳の時に、人の紹介で再婚。暦での相性は凶。相性を見たら凶だったので、これは~。付き合っている時は、真面目に働いて、女癖も悪くなかった。
  • 今、相性が悪いと思っている部分は、ケチな所。生活費を出してくれない。新築して4年目の家に住んでいた為、生活費は少なめでいいと5万円と言っていた。電気ガス水道のライフラインは、ご主人の口座からの引き落とし。
  • 主人は、一度定年して、延長で働きに行っている。相談者は扶養になっているが、パートに出ている。住宅ローンは月々8万円くらい。生活費は5万円で、一時6万か7万に増やしてもらったが、もやしを腐らせたりとか、「腐らせ物ばっかや」と言われて、また下げられた。
  • 相談者は、食べることにうるさいと表現するも、今井通子は、「ケチと言うより、物を大切にさせる方なのね」と表現する。
  • 今月、夫婦喧嘩して5万円の生活費をもらっていない。おでんのタレが薄いの濃いので喧嘩した。それが原因だろうと推測。わかりきっているから、わざとくれないんじゃないか。以前も2回ぐらい、そういうことがあった。
  • 仕方がないので、自分の貯金を切り崩して生活費にしている。お互いに無口になる。(性格が)合わないから無口になる。どうしたらいいのか。
  • おでんのタレにしても、「濃くせいと、前から言っているのに何べん言ったらわかるんだ」という感じで怒っていた。
  • 今後、一緒に生きて行くためには、どうしたらいいでしょう。やはり別れて出ていくしかないんでしょうか。
  • 行くとこはないという相談者。どうしようと思っている。
  • 両親は老老介護の二人暮らし。母は認知症になっており、父は大腸がんを患ったり、人工骨を左膝に入れたりしている。その手伝いに行かなければならないので、半日のパートにしている。実家に帰って、パートでの生活の決心はつかない。

性格は、あまり合わないんだけれど、今後一緒に暮らすには、どうしたらいいのか。

三石由起子の回答

  • 7分10秒過ぎ
  • 覚悟が足らない。離婚はどうしてもしたいから、後先考えず出て行ってしまう。
  • 経済的なことだけでなく、相談者は一人で暮らせない人。自分の心を自分で満たすことができないから、不幸は他人から来るようにしか思えない人。
  • あなたができることをしよう。おでんのタレが薄いと言われたら、濃くすればいいだけの話で、いちいち反応する必要はない。夫が口をきかないのなら、あなたが口をきけばいいだけの話。あなたは自分で出来ることを何もしないで、言っていたらダメ。
  • お金をくれないなら、くれないで、切り崩せるお金があれば、切り崩せばいい。それぐらいの覚悟はしなさい。私のお金と言っても、「旦那の家に住み、旦那の金で物を食べて、旦那のお金で着る物を着て、その挙句のパートのお金。」生活費に回して、何も悪い話ではない。
  • あれもこれも、旦那だけが悪いみたいに思っていたら、動きようがなくなる。
  • 結婚は、元々アカの他人が暮らすこと。しかもいい年齢になって結婚している。20代の人が訳もわからず結婚するならば、何となく変えて行きようがあるが、41歳と48歳で結婚している。人間もできているし、趣味も考え方もできてしまっている。お互いが、お互いをどれだけ許容できるかに係っている。今更、合いませんと言っても、合わないに決まっている。会うわけがない。
  • 暦が凶とか言っているが、アカの他人の男と女が、元々合うわけがない。20代の子供みたいなことを言っていては駄目。
  • 夫婦の間で駆け引きはいらない。駆け引きしなければいけないのは、20代のテレビドラマの話。駆け引きしても、上手くいくはずはない。
  • 基本は、気の合わないアカの他人の二人が、どういう訳が縁があって一緒に住んでいるわけだから、そこを誤解したら駄目。
  • 相談者が離婚したら、認知症の親とだけの生活になる。それは違うのではないか。旦那と一緒の結婚生活があるから、そこで世界は多少なりとも広くなっている。パートにも出られるし、自分が狭い空間に閉じこもる意思は、さらさらないはず。だったら、今自分ができることで、世界を広げていくしかない。
  • いい歳の夫婦は、もっと知恵を使って楽しみってできるはずなので、亭主が、アレしてくれない、コレしてくれないではなく、兎に角、自分から動かないと駄目。こっちを振り向かせないといけない。両方で黙っているなんて、結婚していて何の意味もない。少しも楽しくないし、楽しくするのは、周りではない。まず、自分が動かなければいけない。
  • まだ、20年30年あるのだから、楽しい生活はきっとある。まずは、心を入れ替えて、大人にならなければならない。相談者が大人になって、相談者のペースで、楽しい生活を作ってやるしかない。やれば、簡単に成功するから、やってみてください。
  • 兎に角、喋る。嬉しく喋る。にっこり笑って。

今井通子のまとめなし

YouTubeで聴くテレホン人生相談


テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

管理人のちょっとひと言

しっかりと、三石由起子女史にお説教をされた相談者
自分の甘い部分を、しっかりと指摘されてましたね
重たい話ではなく、さらっと聞きやすかったですw

別れた方がいいのか?とか
相談するようなレベルじゃなく
うまくやっていく気がなかったからこうなった

そう思うんです

何べんも、おでんのタレを濃くしてくれと
言われてたわけで、
結婚して14年なら、少なくとも10年ほどは前からじゃないですか?

当初は、我慢して
それでも、さり気なく、優しく言われていたと思うんです
ところが、いつも薄い

言われて、当然で、直す気がない
直す配慮さえしていない
これでは、怒られても当然ですね

そこで、ふと思ったのですが
ケチ、というのもおかしな話では?

生活費を、多く渡したら、物を多く買い過ぎて腐らせる
何度言っても直らないから
生活費を、元の金額に戻した

これは、ケチとは言いません
相談者が

ズボラなんです

更に、前の夫との離婚原因が話の中で出てきます
なんでかな?と思ったんですが
これ、そう、そうですよ

姑は、イジメていたのではなく
相談者に注意してただけじゃないですか?

何を言っても、直さない
直す気がない相談者に対して
積もり積もって、たくさんの事を言われたら

言われた方は、虐められていると
勘違いしてしまっても不思議ではない
ですが、原因は、相談者にあったということ

今回、三石さんいお説教されましたけれど
おそらくです、おそらくですが

これまで通りで、何も変わらないと思います

どう考えても、言われてできる人じゃないですね

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.