言葉の暴力に縁を切りたい 本心は母の事より自分の事 テレフォン人生相談2015-5-12

テレフォン人生相談
家族問題

テレフォン人生相談2015年5月12日(火)

  • パーソナリティ:勝野洋
  • 回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
  • 相談者:48歳女性 12年前に離婚し6年前に父が亡くなり81歳の母と同居 姉54歳と51歳

YouTubeで聴くテレホン人生相談

テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

縁を切ってもいいものか、常軌を逸している姉の暴言と言葉の暴力

  • 実の姉からの暴言とか言葉の暴力に悩まされている。常軌を逸している段階でどうしたらいいのだろう。
  • 81歳の母と同居、姉は2人で54歳と51歳。父は6年前に他界。12年前に離婚、父が亡くなる前は一人暮らし、父は母は二人暮らし。父が亡くなり、母が一人暮らしになったので、一緒に暮らしましょうということになり、ふたり暮らしを始めて6年になる。
  • 二人の姉共に意地が悪いが、父が亡くなってからは特に悪いのが下の姉。姉は夫と二人暮らし。
  • 父が亡くなり、遺体の横で「ママが死んだら貴方のせいよ」と言われたが、意味がわからない。因果関係はないが、父も私が殺したみたいな言い方をする。確かに離婚したので、両親には心配をかけた。ただ、私の事が心配で心配で死んでいったわけではない。何かにつけて難癖をつける。
  • 母の所へ転がりこんだという事で引越していくのも気に入らない。引っ越したのは理由がある。父には前々から住みたい所があり、念願の場所に住めて4か月で脳梗塞で亡くなった。母にとっては全く知らない土地。運転もできないし、地図も読めない。オール電化の家に越してきて、近所には誰も知り合いがいない。娘としてそんなところに置いておけない。
  • 当時、正社員ではなかったが仕事を辞めて、母の所へ行った。「娘からお金をとろうとは思いません」と家賃は払っていない。母との間では、「再婚するまで、よろしくお願いします」ということで話は済んでいた。しかし、姉は事ある毎に、まぜっかえしてくる。
  • 今は、仕事をしていないという相談者。母は、私がいないと立ち行かない状況なのに、姉は出て行けと言う。
  • 相談者が出て行ったら、姉が面倒をみるということ。母は、「絶対に嫌だ」と言う。私に面倒をみてほしいと、あなたの側に居たいと言ってくれる。
  • 住んでいるのはマンションは持家、亡くなった父が半分お金をだしていて、父が経営していた会社が半分だしている。登記簿上は会社のもの。
  • この間も暴言を吐いて帰っていったが、さすがに母も「普通じゃないわ、あの子は」とカンカンになって怒って「あなたを追い出して、下の姉が来るからねと、冗談じゃない。あの子になんか絶対にみてもらいたくない、一日でも世話をされたくない」とは言っている。
  • 姉の暴言に、どういう風に対処していったらいいのか、「一生許さない」とか言う。何をしたのか、よくわからないので、どういう風に対処したらいいのか、母が亡くなった後、どうしたらいいのか、縁を切ってもいいものなのか、どうしていいのかわからない。

三石由起子が回答「何が一番嫌なのか、自分でわからなければいけない」

  • 7分01秒過ぎ
  • 縁を切っていいかどうか、もちろん縁を切っていいが、多分、縁が切れない。
  • 姉がごねているのは、マンションが羨ましい。会社が半分ということは社宅扱いになっている。会社の跡は姉の旦那が継いでいる。
  • 姉からすると、マンションは姉の家。これを理解しないといけない。
  • 姉からすると、貴方が住む権利はない。このマンションは私の家。あなたに払ってもらいたい。父が亡くなった時に財産放棄させられているのなら尚更、あなたが住む理由・権利がない。
  • あなたの心情はわかるが、姉からすると、あなたが私の家に住んでしまって、家賃を払わない。手は2つだけ。
  • ①何を言われても、我慢して居続ける。・・・実際は、母親の面倒をみて住んでいるので、追い出されることはない。
  • ②母親の分のマンションの権利を買ってもらって、二人でどこかへ住む。出て行くしかない。
  • だって私が、どうしてこんなひどい事、と言う権利がないことを理解しないといけない。
  • あなたは、我慢するのがいいと思う。小さいアパートに母親を引き取って、あながた住めるかどうか。世話だけしながら・・・「無理です」と回答。
  • あなたは、その家に住みたい。あなたが守りたい物は何か。暴言が嫌なら、母親を連れて出ていけばいい、私ならそうすると三石先生。あなたが一番嫌なのはそれではなくて、今の暮らしを脅かされるのが嫌。何が一番大事か考える。暴力、暴言が嫌なら、母親を連れて、二人でアパート暮らしをすべき。お金が足りないのなら、もう一度就職する。そうでなくて、この家で母親と住みたいのであれば、我慢するしかない。姉は追い出したくて仕方がない。
  • 母がこの家から出たくない。これは嘘。母が死んで、どうしたらいいのか、というのが本音、あたり前。
    どこかへ引っ越しても何か言ってくる。「言われる必要がない」と三石先生。あなたのお金で、暮らしていることだから。
  • 縁は切ってもいいが、切れないですよ。他人の家に住んでいるのだから。再婚して、どこかへ行ったら切ればいい。
  • 何が一番嫌なのか、自分でわからなければいけない。あれは嫌、これは嫌、だけどあれもしたい、これもしたい、では身動きがとれない。
  • やりたいことは、これとこれ、やりたくないことは、これとこれ、これとこれが同時には成り立たないという話。
  • トータルして話を聞く限り、あなたは我慢しなさい。私なら我慢しませんけれど。あなたは我慢するのが一番いいでしょう。
  • 権利があると思うから腹が立つ。これは私の家じゃない。姉の旦那の家なのに、私は今日も無料でいられた、ラッキーぐらいに思ったら気は楽になる。
  • こんなことで苦労するとは、自分の人生、夢にも思っていなかった。と相談者。楽しいこともあるよと三石先生。まだ48歳だから、大丈夫、我慢できますよ。

勝野洋のまとめの話なし

管理人のちょっとひと言

本音を暴かれてしまった相談者
心情は分かる、と言いながら痛いトコロを責める三石先生
本当は、もっと隠していることを突っ込んで欲しかったw

意地の悪い姉を分析した三石先生
確かに、面白くないでしょう
父親の跡を継いだのは旦那なのに、のこのこ妹がでてきたら

そもそも、妹の旦那が跡を継いだということから
亡くなった父親と、生前から何等かの話をしていたことは
間違いないでしょう

マンションの件でもそうでしょうが
自分達が、住もうと思っていたところへ
妹が、勝手に同居を始めてしまった

怒りますよね
美味しいトコロだけ、持っていったんだから

母親としても、姉夫婦よりも
一人暮らしの妹の方が、心配に決まっているから
反対だってしないでしょう

挙句に、仕事まで辞めて
母親の収入で生活しているわけですよね
無職なんですから

それは、怒られても仕方ない
責任は、他人に押し付けて
自分は甘い蜜を吸おうというのですから

だから、本当の相談は
母親が死んだ後の、自分の身の振り方はどうしましょう
縁を切ってしまっても大丈夫なのか

そういうことなんだと思います

現実には、母親が亡くなれば
父の相続を放棄したこととは関係ありませんので
母の財産を、最低でも遺留分は相続できる

もしかしたら、仲良く同居しているうちに
遺言書でも書いてもらえたら
御の字ですね

そこまで、教えてあげる必要はないでしょうがw

それなら、マンションに居続けることも
可能かもしれません
多分、母親には会社の持ち株がなにがしかあるでしょう

また、相続放棄しちゃったら
知りませんけれどねw

もうちょっと、他人に依存せずに
自力で生きていけば、考え方も変わるんじゃないですか

そもそも、離婚した後の同居するまでの6年間
正社員ではなく、働いていても生計を維持できたのは
両親からの援助があったからではないかと

推測されますがw

そこも、面白くないでしょう
姉達としたら

全般的に、空気を読めない相談者
小さい頃から、同じようなことを
繰り返してきたからだって、思うんですよね

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.