遺産分割証明書

テレフォン人生相談
相続問題

テレフォン人生相談2015年5月28日(木)

  • パーソナリティ:ドリアン助川
  • 回答者:坂井眞(弁護士)
  • 相談者:67歳女性 夫いない 子供2人は独立 姉2人 両親は60年以上前に離婚し母に引き取られる 実父は12、3年前に他界

60年以上前に両親が離婚し離れ離て暮らしていた実父が12、3年前に他界、後妻との間にできた子から遺産分割の件で代理の司法書士から遺産分割証明書が届いた。顔も知らない司法書士に実印を押して印鑑証明を送ることに不安がある。坂井眞弁護士が遺産分割協議について、アドバイスします。

YouTubeで聴くテレホン人生相談

テレフォン人生相談の歩き方

放送される相談と回答については約13分ほどに集約されていますので、かなりの部分が編集でカットされていると思ってください。
相談者の背景や現況がカットされることも多く、重要な言葉を聞き逃したりすると、人と異なる感想となる場合があります。
これらは情報不足によるもので、リスナーの環境や体験談が代わって補うこととなるため、個々人によって感想が異って当たり前と思ってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になったりします。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

顔も知らない司法書士から届いた遺産分割証明書の対処方法

  • 実の父親の方から突然、遺産分割証明書とか書類が昨年送られてきたが、どのように対処すればいいのかという相談。
  • 実父は12、3年前に他界。相談者が小さい頃に実母と離別し後妻と籍を入れたのが60年以上前、2~3年前に後妻が亡くなった。実父と後妻との間の子が、色々と処分したのだが、土地とか仕事柄持っていた山とかの処理が残っていたので、それを整理したいと、司法書士を通じて送られてきた。
  • 田舎の方に父が持っていた資産は、固定資産評価額で500万円ほど。
  • 遺産分割証明書に実印を押して印鑑証明を添付して、承諾書にも実印を捺印して、送って欲しいと、司法書士を通じて封書で送られてきた。
  • 顔も見たことがない人に送っていいものなのか、分配表に金額(大したことない)が書かれているが、私がそれを貰う権利があるのかないのか。正規に先方が出すと言っているのかどうか。分配表には法定相続分として誰が何分の1とか、相続人が沢山いて、その中で私の分が40~50万円くらい書かれている。この金額は評価額で算出したものだと書かれている。後妻の子供が1人で相続して分配金を払いますという主旨を言っていた。
  • 自分の子供達には言っていない。相続人の家系図を見たら、実の父親には子供が沢山いて複雑、子供にこんなことを一々言う必要もないし、自分の身に何かあった時に、子供達に面倒をかけるのはややこしい話しだから、私の時代で全部片付けようという気持ちがある。
  • 相談者には姉が2人いて、同じように封書が届くが、一人は顔も知らない人に実印を押して印鑑証明を送るのは怖いと言っている。
  • 司法書士の顔も知らないし、相続人となった人も事実そうなのか、わからないから不安でどう対処すればいいのか。

坂井眞弁護士が回答「概ね納得できるなら、疑ってもしょうがないかな」

  • 5分27秒過ぎ
  • 父親名義の自宅とかがあり、遺産分割協議をしないまま、ずっとそのままにはしておけないよ、という話になって、司法書士に相談して遺産分割協議をきちんとしなければならないということで、こういった手紙が来たと思う。
  • 20年、30年遺産分割協議をしないと、相続した人が亡くなったりして、ドンドン、ドンドン相続する人が増えていき、日本全国に相続人が散らばっていき、10人、20人ということがたまに起きる。どこかでなんとかしないと、自分の代で終わらせたい、ということで弁護士なり、司法書士なりが出てきて、こういった処理をするので、たまに起きること。そういったことが納得できるのであれば、それほどおかしな話しではない。
  • 姉妹にとっては降って湧いた話しだけれど、手続き的に、きちんとしていれば、いいのかなという場合が多い。司法書士も弁護士も同じで資格を持って仕事をしているので、嘘の書類を書いて判子だけもらって、お金払いません、ということをもししたら、それは資格を失う詐欺的な行為になってしまう。だから、そんなに心配する必要はないと思う。
  • 遺産の内容は間違いないのかということを納得すること、法定相続分は計算すれば算出できるので、割れば、こんな数字になるのかと納得いけば、必要な書類に署名捺印をして、確実に何時までにどうしてくれるのかと確認をとって、電話だけだと消えるので、FAXでも手紙でもいいので、こういう処理にしますと、段取りを書いて送ってくださいと、安心できる形で処理をすれば、大丈夫だと思います。
  • (兄弟のうちで誰か一人が、こんなの書きたくない、印鑑証明を送りたくないと言ったら、この話は成立するのか?)成立しないです。こういった場合に厄介なのは、全員の判子がないと遺産分割協議は成立しない。どうしても駄目な場合は、相続人が亡くなった場所を管轄する家庭裁判所で、遺産分割協議の調停を申立てて、遠方の人は出られないと調停が成立しないので、家庭裁判所で審判をして、分け方を決めることになります。
  • 遺産分割協議に誰か一人でもサインしないと、分割できなくてみんなが困ります。サインしない人が平気なのかというと、次に、サインんしてくれないなら調停に申し立てますという話になり、家庭裁判所から調停の期日の呼び出し状が来て、そんな遠くへ行ってられませんとなると、審判をしますということになる。
  • サインをしないとうまくいかなくて、後は知りませんとなって済むかというと、必ずしもそうではない。自分も権利者となるので、相続放棄ができなければ(知った時から3ヶ月以内しか放棄できない)、どこかで決着をつけたほうがいい。
  • 納得はできた方がいいので、相続財産はどんな物があるのか、評価500万と言っても実はそうではないかもしれない。固定資産税の評価は実勢価格とは異なる。
  • (金額的なこと、分ける分に不満があるわけではない。)
  • 法律的なアドバイスではなく、坂井眞弁護士の意見。50年60年、縁のなかったところから、こういう話がきたら、概ね納得ができるのであれば、40万50万いただいて、そちらにお任せするのが自然な考えなんだろうな、と思う。あまり疑ってもしょうがないかなと。
  • (実印を押して、印鑑証明を送ったことで、後々のトラブルはないだろうか、成立しなかったからと言って、悪用はないだろうか)ないと思いますが、その司法書士がどういう人かわからないから、ただし、資格を持った人が事実と違うことをすれば、自分の資格に関わることなので、そうそうそんなことには使われないと思うけれど、そこは安心できるように、疑うのは大人の知恵、司法書士と話しをして、信用できると思ってやること。疑問があるなら、確認してみればいい。
  • どうしても不安であるのなら、法律相談の費用を出してもいいから、こういう書類なんだけど信用できるか?と弁護士に相談してみて安心された方がいいと思う。
  • (何十年の印鑑証明を取ったことのない姉が心配して、軽々しく送ってもいいものかと心配していた)

ドリアン助川のまとめ「人生、思いがけないことが起きますね」

  • 14分20秒過ぎ
  • 人生、思いがけないことが起きますね。
  • 是非、ご兄弟でもう一度会われて、今日の先生の話を持ち帰られて、相談されてみてください。

管理人のちょっとひと言

離婚する夫婦が増える傾向にある昨今では、こういった相続の問題も増えていくと思われます。実際に身近で何人か、このようなケースがありました。今後は当たり前のように考えらえることなので、覚えておいた方がいいかもしれません。

両親が離婚し、母親に引き取られた相談者の元に送られてきた1通の封書。中にあったのが遺産分割証明書。送り主は顔も知らない司法書士。
普通は、不安になりますよね。そういった類の書類が届いたら。
相談者も不安がっていますが、予期せぬ臨時収入も捨てがたく(手続きすれば手に入るのですが)、どうしたものか悩んでいます。

対処の仕方を簡単にまとめておくと

【何の疑念のないのなら】
実印を捺印し、印鑑証明を添付して送り返す。
あとは、他の相続人との状況を含めて連絡をしてもらえば、問題ないと思います。(不服を言い出す人もいるかもしれない)

【無料相談会を利用する】
最初の取っ掛かりとし、定期的に開かれているであろう、法律相談を利用する。
送られてきた書類を持っていき、内容を確認してもらい、不明点があれば確認する方法を教えてもらう。
弁護士や司法書士は、ネットで調べてもいいし、登録番号があるでしょうから、それで確認できます。

【遺産分割の内容に不満がある】
すぐに、司法書士なり、弁護士に相談しましょう。素人が云々言っても始まりません。
特に遠方の土地の評価などは、まったくわからないと思いますので、まず地元の不動産会社を調べて、具体的な場所を言えば大雑把にでも、実勢の取引価格とかを教えてもらえます。この位は、自分で調べられますので依頼する前に行っておいた方がいいでしょう。

放送内で、坂井眞弁護士が言っていますが、遺産分割協議証明書が届いたということは、あなたは権利者です。相続放棄をしていないのだったら、放置しておいても仕方ありません。何等かの方法で、行動を起こすことをおすすめします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.