継母から嫌われた孫娘

テレフォン人生相談
家族問題

テレフォン人生相談2015年6月1日は、加藤諦三&大迫恵美子。連れ子同士で再婚した長男、孫娘は中2の時に再婚し2カ月で嫁から「一緒に住みたくない」「嫌いだ」と言われ、祖父母である相談者夫婦の母屋で預かることになる。去年、孫娘を一人実家に残して、再婚した嫁の実家へ行った3人だけで行った息子夫婦。孫娘の生活費を入れたことがなく、請求してもいいのかと言う相談。大迫恵美子弁護士が回答。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年6月1日(月)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:大迫恵美子(弁護士)
  • 相談者:57歳女性 夫62歳 夫の両親と長男の子(高2孫娘)との5人暮らし 同じ敷地内の離れに長男38歳と再婚した嫁と連れ子

加藤諦三氏の〆の言葉「人間関係に問題がある時、犠牲になるのは、最も弱い立場にある人です」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

父親である息子は、孫娘の生活費を払っていない。請求してもいいか

  • 長男が孫娘が小2の時に離婚し、中2の時に連れ子同士で再婚し2ヶ月ほど4人で暮らしていたが、嫁が現在高校2年生になった孫娘と「一緒に住みたくない」「嫌いだ」と私たちに言ったので、隣の母屋でみますよということで、それからずっと今に至る。
  • 高校生になった時にバイトをやりたいということで、嫁に孫娘の通帳を作ってくれるように頼むと、1000円を入れて通帳を作り、孫娘に渡す時に、その1000円を抜いて渡していた。相談者がショックを受ける。
  • 去年、嫁の実家には両親だけなので、3人(孫娘を残して)で行った。
  • 孫娘の医者代から何から色々費用がかかる。親だから養う義務(扶養義務)があるので、息子(長男)に孫娘の費用の請求をしてもいいものだろうか。
  • これまで嫁さんのことを言ってきたが、嫁さんのことを色々言ってもしょうがないので、息子に請求、かかった分を貰いたいなと思っている。
  • こういうことは言ってはいけないのだろうか、聞きたいなと思って電話した。
  • 「高校生は難しい年齢、そこら辺のことはどうなんですか?非行に走ってみたりする子もいるし、色々あるんだが、素直というか問題を起こさずにすんでるのですか?」そうです、家では私が何か言うと「うるさいね」とは言うのだが、外では大人の人に○○ちゃん、元気で愛想が良くていいよと言ってくれる。一応は素直に育っているのかなと思う。
  • 親がそんなふうで可哀想だとは思うけど、悪いことは悪いで怒ったりすると「おまえ、うるさいね」とか言う。

父親である息子は、孫娘の生活費を払っていないけれど、自分としては請求してもいいか、どうか。

大迫恵美子弁護士が回答「親ですから子供を扶養する義務がある。費用がかかれば費用を出す、これが基本」

  • 6分42秒過ぎ
  • 簡単に結論だけ言えば、親ですから子供を扶養する義務がある。扶養義務の一端として、自分の両親に預けている子供について、費用が係れば費用を出す。これが基本的なこと。
  • この子供にとって、どうすることが一番いいのか、あなたもちょっとお考えいただかないといけないと思う。(そうです)あなたがお嫁さん憎しの事を言うと、家庭の中で憎しみの気持が飛び交っている所で、子供が育つのはとても苦労を感じると思う。(はい、わかります)
  • お金もくれないとか、何だと言うことを言えば、子供は自分は子の家で、非常に迷惑をかけていて、お金もかかる存在なのに、誰がお金を払ってくれるんだろうというような気持、自分が皆に迷惑をかけていると思っちゃう気持、そういうのを持ちますので(それは、旦那と話をしていた。だからどのように長男に、孫にわからないように言ったらいいかしらということで)だから、そこが本当に不思議でならないのは、あなた達は親子なのに、あなたのご主人も、何故息子さんに、こんなことしていてどうするんだと、子供の養育費はどうするつもりなんだって、聞かないんでしょうね。
  • (何回も何回も、嫁さんがいる時も言っていたんですけれど、長男はちょっとね・・・)少なくとも、このお子さんの将来をどうするかは、とっても大事な、日常の細かい話ではないと思う。(ああ・・・)庭の掃除が行き届かないだの、なんだのって次元の話ではない。(そうです)そういう正式な話をしなければいけない時はあなたではなくて、あなたのご主人が正式に、息子さんに向かって、本当にどうするんだと、養育費やなんかもどうするんだということを、きちんと話しなければならないんじゃないですか。(ああ、そうですね)
  • あなたが行ってねワーワーワーワーと言うとね(そうです、そうです)そうすると誰も聞いてくれないという話になってませんか。(そうですよね)それはね、お金をどうするかって話じゃなくて、ただの意地悪だと思われているからだと思います。(ああ、そうですね)
  • 非常にこじれてしまっているんですけれど、こじれてしまっている状況で、割をくっているのは、この女の子。
  • この子は、行き場所がないと思います。せめてお爺ちゃん、お婆ちゃんの所では、肩身の狭い思いじゃなくて、ここにいていいんだよと(ああ、そうです)子供の時からいるんだからいていいんだよってことですよね。(帰ってくるところはココだけです)
  • 帰ってくるくる所っていうか、ずっと居たんだから、これからも居る所だよってことでしょ。(はい)ちょっと帰ってきて、置いてもらう所じゃなくて(あ~あ、そうですね)そういうところがとっても大事だと思います。
  • なんか、置いていかれちゃったから、しょうがなくてお爺ちゃんお婆ちゃんの所に、おかしてもらっているって気持を持っているとしたら、行き場所ないですよね。(はい、わかります)
    ここが、あんたの家だよってことですよね。(はい)
  • あなたはまだ、お姑さんにもお仕えしているような、元気なお婆ちゃんじゃないですか。まぁ若いお婆ちゃんですよね。(・・・若くもないんですけど)いやまぁ、今から高校生のお子さん育てられますよ。全然平気ですよ。50代じゃないですか、まだ。(う~ん・・・)
  • 家で言うのではなく、正式にお父さんが向こうの家に行って言って、話しがつかないようなら、家庭裁判所で調停とかでもいい。なんか正式なことできっちり決めて、そして長男の方には、養育費を払わせて、お孫さんには、お父さんはやっぱりあんたのことを心配しているから、こうやってお金を送ってきているよっていうのを見せてあげないと。(ああ、そうですよね)お子さん、可哀想ですよ、それが一番ね。(一番、可哀想なんですよ、はい)

加藤諦三のまとめ「みんなが嘘ついちゃっているから、解決できない」

  • 11分29秒過ぎ
  • 問題のお子さんは、誰が好きで、誰が嫌いなんですか。(本当は、パパが一番、好きじゃないかなと思うんです)
  • お父さんが一番好き。(はい、でも誰が好きって聞いても、誰もなんとも高校生だから言わない)
  • お孫さんは、あなたのことを好きなんですか嫌いなんですか。(う~ん、でも主人が返答するのは、お前だけだから、お前だけには心許しているんじゃないかって言ってくれる)
  • あなたの話しだとこのお孫さんは、一番好きなのはお父さんだと、いうことですね(そうだと思います)
  • あなたのことは、嫌いではないんですね。(あー嫌いではないですね、学校の話をしたり、友達の話をしたり、してくれますので)
  • あなた自身が、嫌いなのは誰ですか。(まー子供を置いていった長男です)長男が一番憎らしい?(そうですね、お嫁さんじゃなくて、お嫁さんはもう他人ですから、まぁしょうがないですよ)
  • (長男ですね、長男が舵取れないってことで、長男ですね)長男が一番嫌い(長男ですね、今は)今はね(自分の息子だから、肉親だから、育てたのは私だから、私たちが一番悪いのかなとは責めるんだけど・・・)うん、あなたは息子さんが嫌いだって言うけれど、あなたも誰かから嫌われているわけですよね。(あーそうでしょうやね、はい)そうでしょう(はい、そうだと思います。いくらでも言いますから)
  • ええ、だからこの人間関係、ごたごた、ごたごたして、いちばん犠牲になっているのは、この高校2年生の女の子ですけれども、あなた自身も誰が嫌いなのか、誰が好きなのか、そこら辺のところを、もう一度はっきりしてください。そうすれば、自然と解決つくんですよ、こういう問題っていうのは、みんなが嘘ついちゃっているから、解決できないの。(あ~そうなんですかね)

管理人のちょっとひと言

放送内では、嫁が悪い感じになっていますが、この相談者も結構、言っているようですね。非常にこじれていると大迫弁護士が言っていますので、余程ネチネチと言ったんでしょう。だから、出て行ってしまったんじゃないでしょうか。

孫娘が中2の時に再婚したわけですから、難しい年頃ですよ。それに一番好きなのが「パパ」とかであるならば、継母は「大好きなお父さん」を奪っていった女、それは揉めますよね、普通は。
嫁に「一緒に住みたくない」「嫌いだ」と言わせる何かがあったんでしょう。姑が言うことですから、手が付けられないので、しばらく預かってもらえないか、とでも言われただけかもしれませんね。

ちょっと、編集に悪意があるような気がします。大迫先生の話し方を聞いていると、それなりあった確執みたいな説明がなされているはず。それに諦三先生が、娘が一番好きなのは?と聞いていることからも、母と息子、父親と娘と祖母と孫の関係を確認しています。
このあたりの詳細が無いのが残念です。

ただ、なんと言おうと孫娘の生活費を入れないのは論外。そもそも、最初の離婚で親権を得たわけです。責任を持って育てる義務がある。それを放棄するとは、とんでもない話しです。
いかなる理由があろうとも、許せません。

長男の息子、どうした?小2から、父娘2人で生活してきて、中学2年生という多感な時期に、親が実家へ預けてしまう。色々あったことでしょう。嫁と娘との間にあって、苦しかったかもしれませんが、しかしどちらに責任があるかと言えば、娘に対してでしょう。
駄目です駄目です、ただの雄になっては。38歳、気持ちはわからなくありませんが、盛りがついて見境なくなってはいけません。

扶養義務なんかで片付けてしまいたくない、父娘の絆みたいなものを、しっかり思い出して欲しいです。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.