金づる 男

テレフォン人生相談
男女関係

テレフォン人生相談2015年6月2日は、勝野洋&坂井眞。外国人ホステスに金づるにされている相談者。遺産を使いきり、お金がないのに別れるに別れられない。こんな生活はもう嫌だと言っているのに、離れられない状況に嫌になっている。回答者に坂井眞弁護士、パーソナリティの勝野洋氏が、まとめで切れます。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年6月2日(火)

  • パーソナリティ:勝野洋
  • 回答者:坂井眞(弁護士)
  • 相談者:60歳男性 父の会社を継ぐ 妻60歳 娘34歳 3人暮らし 息子26歳は結婚し独立

勝野洋氏の〆の一言「金はね、無くなっても働けば手に入るけど、家族の信頼はね、無くなったら手に入んないよ」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

外国人ホステスに貢ぐ生活、お金がないから別れたい

  • 5年前に外国人ホステスとお付き合いして、翌年の3月にその人のお店を出してあげた。その時の費用、200万から250万。翌年の秋には別れてしまった。この時、付き合った期間は1年未満。
  • 昨年、また付き合いを始める。半年ほど前に店ができなくなり、ホステスをやっていた。
    妊娠したとのことで、病院の治療費として30万円渡す。
  • 秋ごろから、どこも雇ってくれないということで、生活費として月々10万円ほど渡していた。
    暮れ辺りから、どこも雇ってくれないとお店を始めた。相談者は最初の時に保証人になっていたため、もう嫌だということで50万円だけ貸した。その際、ちゃんと借用書を作る。
  • 年が明けてから、また妊娠したと言われた。治療費としてまた30万円渡した。その頃、同時進行で新しく店を始める準備を始めていたみたい。お金は渡したけれども、病院には行っていないとのこと。
  • そうこうしているうちに、先週あたりから、店がオープンしてしまう。そうしたらまた、病院代として5万円くれとのことで、また渡した。
  • 自分で持っていた遺産も、本当にあと数万円しかなくなってしまって、もうこれ以上この状態を続けていくことができない。自分ももう嫌だし、正直言って、もう会いたくもないし、もう終わりにしたい。というのが今の気持。
  • 妻や子、亡くなった親にも申し訳なくて、まったく今、どうしたらいいのか現状わからない。
    『また、付き合い始めたとのことでしたけど』むこうから、また電話がかかってきて、『昨年ですね』昨年です、1年ほど会わなかったです。
  • 『そうしたら、妊娠したんですか』そうです。確かめてはいませんけれど、『それで、30万円渡したと』その時は、最初病院代で20万円で、あと慰謝料みたいなもので30万円渡しました。『30万円、渡したんですね』
  • 『それとは別で、秋から生活費を10万円づつ渡したと』渡しました、店を辞めちゃったので。自分で店を探していたような気もします。
  • 『それで店出したいということで、また50万円渡したということですね』ええ、一応それは、はい、そうです借用書・・・『で、今年になってまた妊娠したと』そう言われまして『あの、そういう関係を続けていたんですか』そうです、そういう関係でした。
  • 『じゃあ、妊娠したと言われても、ああ、自分の子かと思ったわけですね』ええ、それは、他の男性との付き合いはないとは思いますけれど、一応避妊はちゃんとしてるんですけれど。『それでまた、30万円渡したと』病院代として30だしました。
  • 『でも、病院には行っていない、妊娠何か月とかってのは、わかったんですか』いや~いつも~10日前後に来るはずなんだけど、来ないのでどうしたのって聞いてたんだけど、それで妊娠したって言われました。
  • 『その~妊娠したのに、店をオープンなさったわけですね』ええ、そうそう、そうです。で、忙しくて病院には行けないっていうふうに・・・
  • 『それでその後もずっと何度か、お会いしてたんですか』会ってます、例えばお店の水を買うだとか、ウイスキーを買うとか、重たいものがあると、私が運んでいます。『あ、そういう手伝いなさってたんですね』ぜんぜん、やりたくないけどやってます。
  • 『このことは、あなたのご家族たちは』いいえ『ぜんぜん気が付いて』誰にも相談はできません。したことはないです。『気が付いてない』はい『で、その中で並行してやってらして』
    なんかもう、開き直りたい気持なんですけど今。正直言って。『開き直ると言いますと』もう、いい加減に相手の女性に対してね、お金がないんだから、何やっても俺にはもう駄目だよと、もうどうしようもないんだから、何も出ないよと、そういうふうに言いたい気持ちなんです今は。
  • もうこんなことやってるのが嫌になって、もう別れたいんですけれど、はっきり物事って言ってもいいのか、もし本当に妊娠して病院へ行ったら、彼女も傷ついているような気がしますけれど、お金がないので、正直言ってもう、会うとお金の話ししかなんないので、僕もうんざりしてるんです。
  • 『ま、どうしたうまく別れられるか、ということですか』
  • はい、お金はもう当然、無くなっちゃたし、貸したものに関しては全然求めませんから僕は。

坂井眞弁護士が回答「はっきり別れたいって言わなきゃ話し始まらないですよね」

  • 5分50秒過ぎ
  • 今は重いもの、お水とかウイスキーを運んでくれと言って運んだりしているということですか?(オープンが先週かな、だったので毎週日曜日はやっています)
  • 今でも男と女の関係なんですか?(もう、ぜんぜんないです)男と女の関係みたいな、セックスとかしてないってことね(40日位前ですかね、その生理がこないので、心配してるので)そういう関係がないだけで、それ以外は毎週日曜日に手伝いに行ったりして、普通に仲良く、仲良くっていうと言葉悪いけれど・・・(・・・仲良くっていうか、嫌です行くのが正直・・・)でも行っちゃってるんでしょ。(結局病院行かない空、弱みがあるので)だけど、何で彼女が病院行かないのに、何であなたの弱みなの?30万円くれって言われて渡したんですよね、(渡しました)で、普通だと30万円で、そりゃいろんな意見あるけれど、堕胎するっていう費用なんでしょこれ?(はい、そうです)前も30万円渡したって言ってましたもんね。(はい、そうです)で、その費用だって渡したのに、いや~病院行ってないんですよって1月経っちゃって、それで、なんで行ってないのって話しにはならないんですか?(店がオープンしたんで、忙しいし用意があるからってことで)
  • それでまた5万円くれって何のお金?(30万円のうち、店のために使ったって言ってました)30万円あげて、堕胎の手術していないんだから、そのお金使っていないんだから、また5万円いるって何だろうなって聞いているんですけれど。そういう話しにはならないの?(言うのも、相手がキレるのが怖いような気がして)だけどあなた、数万円しかないっていっているのに、5万円大金じゃないですか?(大金ですよ・・・)それでも、言われるままに出しちゃう?(出しました。病院へ行く【編集】ようやく明日からって翌日になって言いました)
  • 5万円出したのは、どれくらい前ですか?(先週です)(その時に、オープンで店で3万円払わされて、花代も2万円とられて、それでもうお金ないんです、もう正直言って)
  • 仕事なんですけど、お父さんの会社を継いだと、経営してらっしゃるってことですよね。(そういうことです)そっちの仕事はどうなんですか?うまく行ってるの?(食べていくのがやっとっていう、それくらいです)ふ~ん
  • もうどうしていいかわかんないと、どうしたら別れられるかって言うんだけど、実際やっていることを今聞くとね、彼女の言いなりになっている感じがするんですよ(そうです、まったくその通りです)だから、何でそうなるのってことを考えないと、これ解決しないですよね。
  • もうどうしようもない、何にも出ないよって言って、これで終わりだって言っちゃおうかって思うんだけど、どうしようかって言うんだけど、何であなたはそれを言わないんですか?(何か怖いような気がしてしょうがないんですよそれ、)どういうふうに怖いの?(病院へ行かないって言われたら、どうするんだって気になっちゃって、)だけど本当に、子供できているかどうかなんか確認してないんでしょ。(してません)できちゃったとしたら、それは作っちゃった大人の責任なので、ホントはちゃんと育てるって言われたら、ちゃんとお金払っていかなければいけないんですよ。あなたの子だってはっきりすればね。8はい)それ怖がってみても、やっちゃったことだからしょうがないじゃないですか。(はい、もう過ぎ去ったことで前に行きたいんだけど、心にそれが残っちゃって進めないんです)
  • 別れたいんだけど、どうしましょうかっていうご質問に対しては、はっきり別れたいって言わなきゃ話し始まらないですよね、としか言いようがないんですよ。それで終わっちゃったらご相談にならないから、どうして言えないんでしょかって、それで聞いてるんですけれどね。
  • 怖いんですと、怖いんです何がって聞いたら、子供を堕胎しなかったら困るって、それは言っている意味はわかるけれども、それは彼女が決めることじゃないですか、そもそも本当に妊娠しているかどうかだって、これまでのお話しを聞くと、どうなのかなって思いますしね。
  • 彼女がその費用下さいって、忙しくって行けないって言っても、そんなののんびりしてていいって話じゃないんでね、堕胎することがいいことか悪い事かって話しを言ってるんじゃなくって、彼女が本当にそういうつもりだったら、店開けるの忙しいから行けません、あと5万くださいって、随分のんびりしてるな。
  • あれもこれもって思っているから何にも決められなくなるんで、あなたは本当はどうしたいの?って自分でちゃんと考えるべきだと思うんですよ。
  • 面倒臭くなったから、そう言っちゃってるんだけど、そういうのなかったら、またお付き合いしちゃいそうな、危うさを感じるわけですよ。
  • ちなみにね、前お店まで出して別れてすぐ、1年も経たないで。それで1年半くらいも会わないでいて、その後、交際がまた始まったのは、どうして始まったのですか?(やっぱりまだ、男だったってことです、自分が。)男だったっていうのは、どういことかな?(欲望もあったと思います。)具体的に言うと、どっちかから連絡したんですか?(向こうからです、僕はずっと出なかったんです。1回も。)で、電話とって出ちゃったの?(出ちゃったんです)出て、実は今困っているんだって言われちゃったの?ホステスやって・・・(そういう話しじゃなくて1回部屋に来てって言うから)それでその気になっちゃったってこと?(そうです)で、だらだらっとまた再開しちゃったわけ。(そういうことです、はい)
  • そこも凄いなし崩しだし、前に嫌な目にあっているわけじゃないですか、店出して、200万から250万位だして、すぐ駄目になって、再開の時だってホントは引っかかってた物があるはずだよね。店出したのに、すぐ1年も経たないで別れちゃったんでしたっけ。(はい)きっとあなた引っかかってたのに、何となく、率直に男だったんですって、欲望がって仰ってたけど、始まっちゃって、妊娠したって30万渡して、結局、ダラダラ、ダラダラ流されているじゃないですか。(そうです、はい)その間に、その相手の人に対する不信感とか感じた事あったでしょう。俺は金の為に付き合われてるんじゃないかと、思いませんでした?(はい、今もずっと・・・)そうしたら、これだけ色んなことがあったら感じるはずだから、その女性に男として惹かれるって部分があることはしょうがないかもしれないけれど、俺はそういう金づるにされてるんだって感じているんだったら、どっかで決断しなきゃ。(わかりました、はい)
  • 今回も、何も出ないよって言ってやろうって思うのは、相当そういうことを感じてるわけでしょ。(そうです、はい)
  • なんで言えないんですか、って言ったら、もし病院へ行ってくれなかったら困るから、困るからって言っても、自分がそういうことやって、本当にそういう子供ができたら、それはあなたの責任だもんね。(はい)ちゃんとしなきゃしょうがないし。(わかりました)
  • あと、奥さんやお子さんい言われたらどうしようというのもあるわけ?(うん、それはやっぱりありますよね、なんか申し訳ないような気がして)って言うか怒るよね、普通奥さん。そんな話し聞いたら。だけどそれでまたズルズルお金引っ張り出されたりね、していたんじゃ、いつまでたっても、あなたはその立場のままだから、決断しなきゃだめだと思うんですよ。(はい)
  • あなたは、どうなりたいんですかっていう話しだと思うんだけど、そこんとこはっきりしたら、結論出るとおもうんですよね。あれもこれもと思わないで、今一番あなたがしなきゃいけないと思うのは、何ですかってことを、自分でちゃんと自分に問い掛けてみてもらったら、話しは解決に向かうと思うんですけれど。(わかりました)

勝野洋のまとめ「金はね、無くなっても働けば手に入るけど、家族の信頼はね、無くなったら手に入んないよ」

  • よろしいですか、私もひと言よろしいですか。
  • やっぱり今、先生が言われたように、ある程度、覚悟決めないとね。(はい)
    だいたいあなたが、そこの女の人つ付き合っていること事態が、ちょっとイライラして聞いていたんですけれど、個人的に言うと。(はい)
  • いけない!あなたいくつ?(60です)60歳でしょ。俺、30歳ぐらいの男が話しているのかと思ったもん。やってることが。あなた家族がいるでしょ。(はい)あなたね、このままだと全部の信頼なくしますよ。(はい)
  • 金はね、無くなっても働けば手に入るけど、この信頼はね、家族の信頼はね、無くなったら手に入んないよ。(・・・はい)
  • あなた、このままだと絶対にはまっちゃうね、悪い方に。(はい)今、ここで切り捨てること、覚悟決めること、怖がっちゃダメ(はい)自分でやったんだもん、そのこと。責任とれよ!(はい)家族を守ってあげてこれから。
  • もう一回ちょっと、仕切り直しして、決断してよ、少し。(はい)すいません、強く言いまして(ありがとうございます)はい、じゃあ(失礼します。ありがとうございました)お幸せに、じゃあ(失礼します)

管理人のちょっとひと言

勝野さん、切れるといい事を言いますね。この放送の肝の部分はココだと思う。

あなた、このままだと絶対にはまっちゃうね、悪い方に。
今、ここで切り捨てること、覚悟決めること、怖がっちゃダメ。
自分でやったんだもん。
そのこと、責任とれよ!
家族を守ってあげてこれから。

この相談者が辿る悪いパターンが、チリ人妻として有名なアニータ・アルバラード、約11憶円を、横領で貢がせた事件だ。金額でここまで行くかどうかはわからないけれど、最後の最後は、引くに引けなくなってしまったパターン。
アニータと言って、わかる人がいれば、それなりの年齢かもしれないけれど(笑)彼女は悪びれることなく、その後もチリで、テレビに映画、CDまで出してメディアを色々と騒がしてくれたから、日本でもニュースになっていた。

そんな方向へ行っちゃうよ、そう言っていて、既にそうなりかけている。人生相談に電話してきただけ、まだ良かったと見るべきでしょう。
このままだったら、それなりのニュースになっていたかもしれない。
どちらにしろ、捕まったりして「これで止めれる」とう思うようなことになってしまいかねない。実は、もっと悪いパターンもあるけど、それは書かないでおきます。

これは、男だからとか、女だからとか、自分には関係ない、そう思う人がいるかもしれないけれど、実はそうじゃない。何かのタイミングでこのような状況になった時、誰もが陥るパターン。なんであの人が、そう言われるようなこと。
勝手に悪い方へ悪い方へ妄想を膨らませて、自縄自縛に陥ってしまう。

そうなるともう、自分のことしか見えなくなるから、何をするかわからなくなる。

今、この相談者は自分のことしか見えなくなってきている。だから気付いていないかもしれないが、おそらく奥さんは気付いていると思う。それでいて、目をつむっている状態なのか、離婚に向けてせっせと準備しているのか、日常生活の中で、こんな心理状態でいて、挙動不審でない状態でいられるだろうか?それとも既に夫婦関係が破綻してしまっているのか?

どちらにしろ、自己保身に走り出しているから、勝野氏の言っている「家族を守ってあげてこれから」この意味が届いているかどうか怪しいものだ。
覚悟を決めるしかないのに、わかっているのに決められない。あれもこれもと、自己保身に走っている以上、何も変わらない。彼の限界はここにあると思う。

自分でしでかしたことを、何のリスクもなく乗り越えようと思っても無理だってこと。だからこそ、自分が守りたいものが、彼を救えるもの。私が思う彼を救えるのは、ただ一人、奥さんだけ。言って三行半を突きつけられるか、許してもらえるか、どちらにしろ、彼を解放してくれるのは奥さんだけ。
外国人ホステスに貢いできたことのほんの少しでも、奥さんにしてきたのなら、まだ救いようはあるかもしれない。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.