母の日の贈り物

テレフォン人生相談
親子関係

テレフォン人生相談2015年6月8日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。長女から母の日の贈り物がもらえなかったことを気にする相談者。次女ならプレゼントがないと言えるのに。次女とは気が合うが長女とは気が合わないと言う相談者。合理的に処理していく長女に人間関係を優先する次女、マドモアゼル愛が回答者。長女を育てる時に、本質を歪めてしまったのではないかと負い目を感じているのでは。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年6月8日(月)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
  • 相談者:62歳女性 夫72歳 2人暮らし 長女44歳(孫2人) 次女40歳

加藤諦三の〆の言葉「お互いに、合う合わないという人間のタイプがあります」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

  • 気持ちの問題なんですけれども、母の日だったんですけれども、経済的に娘達も大変だったので、2~3年前は母の日の贈り物というのはちょっと滞っていたのですけれども、少し余裕が出てきたので、また母の日というのは、わずかですけれども、贈り物を頂いていたんですけど、今回もらえなかったので、ちょっとその気持ち的なんで娘に「どう?」とかも行えない状態。『言いにくい』
  • もう一人、下の子がいるんですけども、『もう一人、下の子というのは、お嬢さんじゃなくて』あ、次女、私の次女なんですけれども。
  • 『次女の方は何歳ですか』今40です。
  • その子には、何かあっても私何々がほしいんだけども、と言って気軽に言えるんですけども、長女にはもらえると思っていたものが、なかったので、なんか未だに気持ち的に整理がつかない。
  • で、普通だったら、言える状態が親子なんでしょうけども、どうしてもこう言うと、つっけんどんな言い方をする子なので、お金が今ないんや、大変なんだからとか、パパッと言われるとこう・・・
  • 『要するに、長女の方の言う言葉がキツイんでしょ』そうです。
  • 何かと言うと、自分が風邪ひいててもちょっと看に来るってとか、そういうふうなものもないので、性格っていえばそうなんですけれども、去年あったものが今年はないとなると、気持ち的に、『そりゃそうですよね』言えればいいんですけど、返ってくる答えが怖いっていう、そういうようなものもあるし、こんなものだ仕方ないわと思ったらいいのかなーとか。
  • 『この・・・もう44歳と40歳ですけれども、あなたと一緒に暮らしていた、まさに本当の10代20代の娘時代から、やっぱり、長女よりも次女の方が、色んな事言いやすかったですか』
  • そうですね、気が合うというか、遊びに行くのも次女は行きたいけれども、長女はそんなに出るのが好きじゃないとか、私遊園地に連れて行っても・・・外に出ると頭が痛くなるとか、でも下の子は今だに、どこどこ行くかっと言うと一緒に行ったりとか、そういう事は多いですね。
  • 『それこそ、10代の可愛い女の子の、当時の、どちらかというと次女の方に、言いたいことは言えるけども、長女にはちょっと言いづらい事があったと』
  • そうですね、下の子の方に甘いって言うことも、よく上は言っていました。
  • 『長女の方からすると、母親は、妹に甘いと、つまり長女からするとね、単純な話し同じことをやっても、次女は許されていると、なんかこう、不公平感みたいなものがあったのかな』
  • それはあったんだと思うんですよね、だから、子供の頃からでも姉妹は、あんまり仲良くもなかったし、今もそうですね。喧嘩するという状態ではないけど、そんなに姉、妹とべったりというのは、クールな子なので長女は、でも上の子は、私から見たら物事は、はっきり分かる子ですし、次女よりは長女の方が、考え方はしっかりしているんですよね。
  • 『頼りにはできるけれども、どっちかというと頼りにはできないけれども次女といる方が、居心地がいいということはあるのかな』そうですね、気が合うんでしょうね。
  • 私もいろいろあちこち遊びに行くのが好きだし、上の子はそんなお金もないのにそんなことようしとるなとか、そういう考え方なんで、だから自分でも2、3年前に滞ってるときも、お金がないからということで、できないみたいなことを、だったんで、今回も言えば そういうふうに言うと思うんですよ。
  • 『要するに、長女の方が物事を合理的に処理していくと、次女の方は 計算づくで合理的に、知的に処理するんじゃなくて、色んな感情、人間関係の方を優先しながら、物事を処理していくという、タイプが違うんでしょうね』
  • タイプがもう違うんですね、だけどまぁ姉妹は仲良くしてほしいという気持ちはあるんですけど、なかなかその、ご飯食べに行くにも次女との方が多いし。
  • 『それはだって、あなたとすると、次女の方が居心地いいからね。あなたが同じタイプなんしょ』まあ、そうですね。
  • 『あなたの方は別に合理的に物事を処理するっていうよりも、人間関係を重視する方なんじゃない』そうです。
  • お金が大変でも、大変ながらに、そんなだからってケチケチケチと食事に行くのを止めるとか、そんなん嫌やわというような話もしたので、だったら、ないなりに、ていう考だけど、やっぱり上の子は、まずお金っていうものはすごいんです。私はケチだからと、よく言うくらいの子なんですね。
  • 『長女の方が、ものごとをきちんきちんと解決できるんじゃない。問題が起きた時に』それはあります。
  • 『冷静に物事を解決していく能力というのがあって、合理的なんですよ。で、次女の方はどちらかというと、その場その場の感情というもので動かされてきて、それで人間関係を大切にする。それはそうするとあなたは次女の方と気が合うよね』はい、そうですね。
  • 『だって、それは同じ娘と言おうが、同じ息子と言おうがね、人間にそれぞれタイプがあるから、そりゃ合う合わないってのは、神様が決めてることだから、しょうがないところもあるんだけれども、ご主人との関係はどうなんですか、父親との関係は』
  • 私よりも父親の方が、まだ良い方ですね。『長女と父親の方がいいということね』そうです。『次女と父親は』ま、普通です。
  • 『ということは、ご主人の方はあれですか、何か問題があると、きちんきちんと解決する方法は得意だということね』
  • はい、すごい冷静でクールな考えで、母の日やとか、敬老の日やとか、そんなことにこだわるのは、という考え方なんですね。 そういうふうに言っててなかったので、あ、そうか、そんなもんなんや、なかったらないでエエと思っていたのが、母の日に3年くらい前からもらって、2年ぐらいか3年か続いたので、今年もじゃあと思ってたら、全然だったので、あれっていう気持ちが整理がつかない、そんなこともあるんだと思えばいいんですけども。
  • 『些細なことだと思いながらも、なかなかやっぱり日々の生活の中では、気にかかってるということですね。で、どういう風に気持ちを整理したらいいのか、ということですよね』

マドモアゼル愛の回答「親子の本当の関係の絆に、ひびが入っているという現実を、認めたくないし、恐怖している」

  • 7分26秒過ぎ
  • ささいな問題といえば、ささいな問題なのかもしれないし、お母さんにとっては気になるっていう気持ちもよくわからなくもないなとは思うのですが、例えば親しいというのは一体どういうことかなと考えたとき、例えば年賀状なんかでも、今年はこいつは来たけど、あいつ来なかったとかありますよね、やっぱりね。
  • 例えば僕なんか仕事が忙しくて、年賀状が書く時間があと3時間しかないやなんていう時、誰から書くか、親しい人なんか後回しですよ。親しい人は後回し、安心できるから。
  • ある程度の無礼があっても、誤解もされないし、許されると言うのが、まぁ親しい人間関係ですよね、親子に限らず。基本的にはね。だから無礼あってはいけないと、それはもちろん思うけれども、基本的にそういう安心感で、僕は結ばれているんじゃないだろうかと思うんですよ。そいで長女から、プレゼントがこなかったと、前もあったと、それは経済的に無理があったので、届け物が送られなかったという納得する事があったわけよね。今年もこなかった、本当だったらあの子平気かな、と心配するのが親の立場だと思うよ。(あ、そうですね)
  • またお金がなくて、どうしだんだろうなと、僕は心配するのが普通の考えだと思うんだね。
  • でも、じゃあお母さんが言う、寂しさがわかんないわけじゃないんですよ。
  • しかし、ことさらこれにこだわるという、以上はお母さんと長女との間の中に、お母さんには、私はこう育てたんだというふうに思ってもらいたいというものがない限り、娘が、お母さんに対する態度に、いちいちあたかも自分を批判しているのか、もしくは誤解しているのか、というリトマス試験紙的な、形でつい見てしま癖が、僕はお母さんにはあるような気がする。(はぁ、はぁ)
  • それはなぜかというと、子育ての状況において、長女を特に育てた時に、何らかのお母さんの中で、今思って見ると、何か彼女の本質を歪めてしまったような負い目を実は感じているんじゃないの。(それはあると思います)
  • それがあるからお母さんは、長女の態度が気になるんじゃないの。
  • だから本当に小さな事が、結構教えてくれるんだよね、こうやってね。親子の関係の本当の姿を。
  • だから母の日にプレゼントがこなかったことは、本当は何でもないと思いたかった、親子の本当の関係の絆に、もしかしたらひびが入っているという現実を、お母さんは認めたくないし、やっぱり恐怖しているわけだよね本当は。(はいはい)
  • 何か、わだかまりがある関係性に対する、何らかの答えないし、修復ないし、和解というものがね、欲しければ、やっぱり何かもうちょっと違った考え方を、おしていかなきゃいけない時期に来たような気がするんだよね。( あーそうですね)
  • あと専門的な事はちょっと更に・・・深めてですね、僕は加藤先生にちょっと伺ってやってみたいなと思うので、一緒にちょっと聞いてみましょうね。(はい)

加藤諦三のまとめ「人が人を愛する愛し方っていうのは、同じじゃない」

  • 10分43秒過ぎ
  • あの今、本当に本質的なところが、ズバッと指摘してもらったんじゃないですかね。(はい、 そうです。本当にそれはすごくありがたかったですね)
  • 要するに、あなたの中に同じ娘なのに、なんか妹の方といる時に、居心地の良さを感じるということに対する負い目みたいなものが(はい、苦にはしてるんですよね確かに、だから余計そういう風に思ってしまうという、それを今、指摘していただいて、目がさめました)
  • そうですよね、で、今マドモアゼル愛先生が指摘してくれた事はその通りで、それにあなたがなんとなくやましさを感じるというのも、よく分かりますよ。同じ娘でね、なんとなく次女の方がいる…居心地がいいというね。
  • これはたまたまタイプがあった。それはあなたの責任じゃないしね、あなた自身はやっぱり、長女とか、あなたの夫のタイプの特徴を認めているわけでしょ。どっちのタイプがいいっていうわけじゃないからね。(はい、そうですね)
  • それで長女の方はさっきも話したように、なんか物事が起きた時に、解決していくタイプなんですよね、合理的に。
  • ところが、そうじゃなくて人間関係が大切だというようなね、そちら側のタイプというのもいるんですよ。で、これはね、どうも脳のタイプの違いらしいんですよね。生まれた時からの。ですから、貴方に対して冷たいわけではないんですよ、お姉さんは。そういうように物事を合理的に処理していくタイプなんですよね。
  • だから冷たくされたというふうに思わないほうがいいですよ、これが44才の娘の愛し方なんですよ。
  • つまり親への愛し方というのは、子供のタイプによって違うから。だから長女はあなたを愛するという愛し方と、次女があなたを愛する愛し方 というのは違うと思った方がいいですよ 次女があなたを愛する愛し方 というのは違うと思った方がいいです 次女があなたを愛する愛し方というのは違うと思った方がいいですよ。
  • それぞれの子の愛し方があるんだから、それを自分の愛し方の基準にして、この子は私のことを無視してる、この子は私のことを良く思っているって思わないほうがいいですね。
    母の日に経済的に無理があったらプレゼントをしない。それが合理的に物事を処理する長女の愛し方なんですよ。ですから、人が人を愛する愛し方っていうのは、同じじゃないですから、娘の愛し方を受け入れてあげることじゃないのかね。
  • 要するに子供は親をこういうように愛するというような考え方はしない事ですね。
  • (そうですね、自分の物差しで考えてしまうので)長女は長女、次女 恥女、長女はこういう愛し方をすると、次女はこういう愛し方をすると、 個々別々に、具体的に、一人一人を別々に見るということが大切じゃないのかな。
  • (はい、わかりました。そうやって言われると、本当にそうですね)

管理人のちょっとひと言

要するに、娘達を育てる段階で、どうしても気の合う次女に対して甘かったと長女から指摘されているように、母親も気にしていたと。分け隔てなく育てたと、思っているけれど長女は誤解しているのではないかと、批判しているのではないかと。
だから母の日のプレゼントが、長女の気持であるという、リトマス試験紙ということですね。

分け隔てなく育てたつもりでも、子供自身の要領の良さというのもあるので、いくら悪さしても、上手に見つからないようにしている子もいれば、たった1回のミスから、変なレッテルを貼られてしまう、要領の悪い子もいるし、公平にというのは難しいとしか言いようがない。
24時間、片時も目を離さずに注意していられるわけなどないので、どうしたって偏りは生じます。

これはもう、悩んでみてもしょうがないことなんですが、聴いているリスナーでさえも多様に意見が分かれるはず。
そんなこと気にする方がどうかしてる、と言う人もいれば、わかるわかると言う人もいるでしょうし、どちらが多いとか少ないとか関係の無い話し、だから答えもあってないようなもの。

気に病むようなことでもないことが、気になるか、気にならないかだけ。
そもそも、万人に対して、同じように愛情を注いできても、受け手が同じように思ってくれなければ、公平じゃないということになってしまう。あくまでも自分基準で公平と言う事はできますけれどね。

自己満足の世界かもしれないけれど、自分の立ち位置だけはブレないようにしてあげて、時に灯台のようであり続けられる親であれば、子供達の方で勝手に修正して、離れたければ離れる、でも戻ってきたい時には戻ってこられる、そんな位置に自分を置いておけばいいんじゃないかと思うけど、言うは易しですな。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.