子供を伸ばす

テレフォン人生相談
親子関係

テレフォン人生相談2015年6月19日、34歳の息子は高校を卒業して単身でアメリカに渡る。費用はほとんど自分がアルバイトをしながら捻出し親からの援助は最初の少しだけ。6年間行っており、お金がなくなると帰ってきて、バイトして渡米する。語学学校へ入ったり英語は堪能。ただし、仕事は嫌なことがあると無断欠勤して何の連絡もせずに辞めてしまうことを繰り返している。今日本にいるが、それはアメリカで自殺未遂をしたから、教会で悩みを聞いてもらうことで立ち直る。それから仕事に行くようになるが、また嫌なことがあると辞めてしまい、先方からの連絡でわかる。母親が変わることで改善するなら教えて欲しいとのこと。大原敬子が回答者。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年6月19日(金)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:大原敬子(幼児教育)
  • 相談者:68歳女性 夫70歳 子供3人 男34歳独立 長女32歳 次女30歳 娘2人は同居 4人暮らし

加藤諦三の〆の言葉「相手を見るイメージで、相手は変わります」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

  • 『もしもし』はい。『はい、テレフォン人生相談です』よろしくお願い致します。
  • 『最初に、年齢教えてください』68です。『68才』
  • 『結婚してます、今』はい。
  • 『ご主人何歳ですか』70です。『70歳』
  • 『お子さんは』三人おります。男、女、女です。
  • 『で、今一緒に生活しているのは、このお子さんの中で』女の子2人です
  • 『下の女の子2人ですね。この女の子、何歳ですか、下の』32と30です。『はい、わかりました』
  • 『それで、どんな相談ですか』
  • 長男のことなんですけど。
  • 『今もう、家を出ているわけですね』はい。『独立して』
  • 仕事を、あの嫌なことがあると、そこから逃げてしまって、辞めちゃって続かないっていうことが、何回も繰り返しているので、どういう風に接しればっていうか、どういう風にしたらそういうのが治せるのかっていうことなんですけれど。
  • 『長男、今何歳』34です。『34歳』
  • 『そうすると、仕事は嫌になった後、すぐに逃げちゃって、また別の仕事っていう 学生時代から、仕事を始めてから、何年ぐらい経つんですか』
  • えーっと、高校卒業してから、アメリカへ行きまして、そんで自分でアルバイトをしながら、あのぅ専門学校へ行ったり、でお金がなくなると、また日本に帰ってきて、働いてまた、今度短大に行ってみたり、とかってことを6年ぐらいやってました。
  • 『このアメリカに行ったっていうのは、そのぅお父さんお母さんのお金じゃなくて、自分で働いて行ってるんですか』
  • えーと、一番最初は少し出してあげたような気がしますけど、間は援助はほとんどしてなかったです。
  • 『そうして、この行ってる時は、あのなんか向こうで学校へ行っていたんですか、それとも向こうで働いていたんですか』
  • 学校に行って、あとはホテルのアルバイトとか。
  • 『向こうのホテルでアルバイトとか』
  • そうですね、ベビーシッターをやったりとか。
  • 『それで、そうすると学校というのは、どういう学校に・・・』まぁ語学学校。『語学学校ですか』
  • 『そうすると英語を勉強するという』そうですね。ですから今でも英語は堪能です。
  • それでそういう、あの、すぐに嫌になると辞めてしまうっていうのは、あのー、社会人になってから働きはじめてからでなくても、例えば高校生のときにアルバイトへ行ってたりとか、そういう時でも、なんかずっと嫌なことがあると・・・その辞め方も、ちゃんと断って辞めるんじゃなくて、黙って無断欠勤したりとか・・・。
  • 『高等学校のときにもアルバイトしてたの』してましたね。『ふーん』
  • その時も部活のときも何か行きたくない時に、ちゃんと休むって言えばいいのに、何も言わないで、あのー電話がかかってくると、こぅ出ないっていうようなこともあって、バイトやった時にも何か遅刻して行きづらくなったのか、怒られたのかが原因で、それも無断で行かないで、逃げちゃう。
  • 『で、仕事の種類っていうのも違うんですか』そうですね。
  • で、すいませんちょっと、あのぅ向こうから帰ってくるときも、あのぅなんで帰ってきたかっていうと、あのぅちょっと自殺未遂みたいななのがあったんですよ。『ふぅ~~~ん』
  • それで、友達からそういうことがあったっていうんで、連絡を貰って、まぁあのー特に命には別条はなかったんですけど、もうじゃぁとにかく帰って来なさいってたことで帰ってきて、まぁしばらくは、ゆっくりはしてたんですけど、その時に、その向こうでも教会に、たぶん自分なりに悩んでたりしたんじゃないかと思うんですけど、教会に行っておりまして、日本に帰ってきて、こちらで自分で教会をみつけて、そこの先生に、こぅいろいろ悩みを聞いてもらって、なんか随分それは元気になって立ち直ったんです。
  • そんでそれから仕事に行くようになったんですけど、ちょっと気にいらないと、まぁ我慢ができないというか、辞めてしまうんですけど、辞め方も、さっき言ったように、ちゃんと辞める手続きを取らないで、黙って無断欠勤して、家に電話がかかってきて、初めて行ってないってことがわかったっていうのが、もうだから、4回あるんでね。
  • 『そうすると、あなた自身も、息子さんのことを、だらしのない子という風にして、ずっとそういうふうなイメージで見ていなかったですか』
  • きちんとしたことができないので、・・・から学校も年中遅刻していくとか、そういうこともた…忘れ物も多いとか、そういうことがいっぱいありましたので、まぁ、たぶん褒めることより、叱ることのほうが 多かったっていうのは、凄く私のもいけなかったなって思いますけど。
  • 『あなたの今日の相談は、最初に言われたように、まぁ現状そういうようなことだけれども、息子さんとどう接したらいいでしょうかっていうこと』
  • ていうか、そういう性格でずっとこのままいっちゃうと、嫌な事になったら・・・あったらまた逃げちゃうので、そういうのって持って生まれた遺伝子だからって、もう諦めなきゃいけないのか。
  • 『いやいや、そんな事はない、むしろ、あなたが最初っから息子さんをマイナスのイメージで、捉えてるっていうところで、あなた自身はプラスのイメージには変えられないですよね、この息子さん。もう息子どうしようもない男として、どうしようもないってイメージなんですよね』
  • でも私にできることがあればそれこそ、もう、あの、変えてかなきゃいけないと思っていますし、私が何をしてあげられるのか、この子はどうやって、それを治すためには、どうしたらいいのかってこと・・・。
  • 『それを治すためには、私がどうしたらいいかってことですか』
    私の対応の仕方ですかね。
  • 『私の対応を、どう変えたらいいでしょうかと、いう、相談というふうに、捉えることはできますか』
  • はい。できます。
  • 『できますか』
  • それで、子供がこう少しでも、こう良くなるっていうか、いい方向へ行くんであれば、私の悪い所っていうのは、まぁ私がこう変えなきゃいけない部分で、少しでもそれが改善されるんだったら、当然それはそうしたいと思います。
  • 『はい、今日はスタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしているので、伺ってみたいと思います』

大原敬子の回答「お母さん自身が、この子の文化・価値観を理解してあげたならば、本当に伸びる」

  • こんにちは。【よろしくお願いします】こちらこそよろしくお願いします。
  • お母さん、このお子さん、私にくださいますかって言いたいくらいですね。【はい】
  • このお子さん凄いですよ。何故かっていうと、お母さん、ほとんど几帳面でね、お子さんを産んでる時も必ず2年おきに、きちっと産んでいらっしゃるんですよ。もう出産計画、計画出産みたいにね、人生はこうあるべきだっていう、その自分のこうあるべき青写真からはみ出た時は、これは子育ての失敗だと、あなたは思ってしまう性格なんです。
  • 【そうですね、私の育て方が悪かったんだなと】
  • とんでもない。ああそうか、親の価値観が違うと、こんなに暗い声出して、もうこんなダイヤモンドのお子さんを、この世になんていうんでしょうね、もう掃き溜めの・・・みたいに、ゴミ箱みたいにね、あなたしてしまうってことにね 私は先ほどからね、頭がクラクラしてるんです、本当に。
  • 今日、あなたと出会ってよかったなと、もし騙されてもいいから、このお子さんはダイヤモンドですよ。【ありがとうございます】
  • いいえ、本当にそうなんです。励ましてるわけじゃないんです。
  • じゃあ、そのなぜ私が、ダイヤモンドはお子さんだと、いうことはですね、お話しますので、まずですね、お母さんこう仰ってますね。もうアルバイトしてもね、ズルズルと休んで、辞めてしまって、そしてその、ちょっと行っては、もうすぐに辞めてしまって、先方から電話が来て、随分そういうこと言ってますね。
  • それは何故かっていうと、あなたの考え方はですね、ここに働いたら、きちっと最後まで、嫌でもしなさいって性格ですよね。このお子さんのまず、性質です。
  • もともと生まれ持ったものは、非常に優しくって弱いところがあるんですね。そして非常にガラスのような性格なんです。だから入る時は入るんですけど、辞めるとか、もうこれ嫌だなって、これが文化です彼の、僕と合わないときには、そこから飛び出す力はあるんですけど、しっかりと相手に交渉はして、辞めますってことはできない性格なんです。
  • でも、これは性質なんですね。性格の部分は、この生き方、一貫してませんか。
  • 実際にね、あなたが言ったように、ちょっとやっては、すぐに辞めてしまう・・・性格が、アメリカに行って、 そして親の援助も受けてなくて、どういう知恵を使って、専門学校へ行ったり、非常にそのぅ…体験の中から得た一貫性の強さを私は感じたんです。
  • 今はね、親がお金を出して、そして向こうへ行かして、向こうでアメリカへ行って来ましたよって箔だけを持って帰ってくるお子さんもいるんです。でもこの子はお母さんの反対を押し切っても行く子ですよね。この強さと、先ほどのアルバイトで辞めてしまうとは、まったく乖離してますでしょ。
  • 私はお母さん自身が、この子の文化ですね、それから価値観を理解してあげたならば、このお子さん、本当に伸びるんですよね。
  • そしたら今日本にいますよね、その時、好きなようにやって頂戴、あなたがアメリカへ行ったアレを活かして、頑張ってほしい。
  • お母さんが願うのは、元気でいることと、そして何か困ったときに、お母さんはアメリカの生活分からない。でもあなたはその6年間を終えて、お母さんとはまた違う文化があるんだって。
  • 心の中で寂しいとか、 悲しいとかそういう気持ちとか料理は、お母さんの分野で任せて欲しい。でもこれからあなたが生きてく人生は、貴方が作れるんですよ。
    あなたこのお子さん大事にしたら、あなたの老後の人生を、まったく違う人生を、彼は話すんじゃないでしょうかね。
  • 私が今一番知りたいのは、この坊やちゃんに会って、通算6年間、どの州にいて、何をして、私は学びたいですね、本当に。わかります?どういうふうに分かった?
  • 【なんか全然、やっぱり表面的な】あ~あ嬉しい、気づきました。
  • 【・・・ことは、やっぱり自分はちゃんとしていないと、人に迷惑かけたりとか、そういうことはいけないことだっていう、まぁ観念の方がありますから、そういう人としてきちんこう、断るなら断るとか、そういうこともできないっていう見かたをしてきました】
  • あのね私、お母さんの子育ては間違えてると思っていないんです。なぜならば、彼の教会に行っている、その内省する考え方の強さ、そして自分がもう本当にもろくなって・・・して死にたくなった時に、あなたに考慮する親子の関係。それから本当に日本で言えば、アルバイトは簡単に 辞めてしまう人はいますたくさん。でもあなたが思っているような簡単に辞めて、挨拶もしないで、怠惰な生活の子は、もう鼻から違っています。
  • 是非ですね、私のこの、破天荒な私は、このお子さん欲しいです。
  • 加藤先生に伺ってみます。先生。

加藤諦三まとめ「自分が自分に満足する」

  • あのう、一つねアメリカでの調査を言いますとね、先生がね、新しい先生が・・・小学校ね、 中学校、 あのー変わる時にですね、新しい先生、前の先生が名簿にね、ポッポッポと名前を幾つか付けてね、この子達すごく素晴らしい子達なんですよ、って非常にいいイメージを言った。そして新しい先生もそのイメージでその子をみるわけです。そうするとその子伸びてるんですよ。
  • 先生がその子をどう見るかってイメージが、如何に生徒の成長に、影響するかっていう研究はたくさんあるんです。
  • ですから、あなたがあい・・・否定的に見たらね、母親からこれだけ否定的に見られたらね、よく34まで、こられましたよ。ここまで否定的に見られたら、34までまともにもう来られないです。
  • だから反省っていうのはね、あなたはね、なんで私はこんなに不満なんだろってことを考えること。
  • だからやっぱりね、あなたは自分が自分に不満だっていうところをみとめないと始まらないです。子どものために何を変えるかっていうような質問で言えば、簡単です。
  • 自分が自分に満足する。そうすればガラッと全部変わります。
  • よろしいでしょうか。【ありがとうございました。失礼いたします】

管理人のちょっとひと言

息子の事についての相談にも関わらず、相談者の母親は自分自身が変わって息子が少しでも改善されるなら、私の悪いところを変えたい、そうしたい。という主旨の相談をします。
これに、嬉しそうなのが加藤諦三先生です。

今回の相談はポイントが少し違います。いつもなら、息子の嫌なことがあると無断欠勤を繰り返して黙って仕事を辞める性格をどうにかしたい、という息子がどうすればいいのか、という相談になるのですが、今回は親の自分がどう変わればいいのかという相談になっています。
たぶん、自殺未遂が原因と思われますが、そこは母親、息子に対してマイナスのイメージを持っていたとしても、自分自身が悪いんじゃないか、そう考えるんです。

母親なら誰でもとは言いませんが、子供が至らないと思うと、自分がちゃんと産んであげられなかった責と思う事が多いようです。
けしてそんなことはないのですが、この母親にしてそう思うようで、自殺未遂をしたことにより、子供を責めたり、叱ったりすることよりも、自分の子供に対する姿勢を変えたいと思ったんでしょう。

そのため、大原先生や加藤先生のアドバイスがぬるく聞こえてしまっても仕方ないのかもしれません。
大原先生からは、子供に対する視点について、加藤先生からは、イメージを変えるために自分が思うことについてのアドバイスになっています。

当初は、子供が受けるべきアドバイスとかなら、高橋先生だろうと思いましたが、こう書き起こしてみると、ちょっと違いますね。
そもそも、子供、子供って言ってますが、大原先生に至っては、「ぼうやちゃん」になってますけど、34歳ですからねw
今更、息子自体の何かを変えようと思っても、難しいということでしょう。

自殺未遂までしてしまったので、息子の負の面を強調するよりも、息子の正の面をクローズアップさせてあげるってことなんでしょう。
親として何ができるか、こういう選択はありですね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.