夫婦のいとなみ

テレフォン人生相談
夫婦生活

テレフォン人生相談2015年6月24日、婚姻して10年の息子が離婚したいと言ってきた。理由は子供連れの女性と再婚して、その子に跡を継いで欲しいからとのこと。聞けば結婚当初から夫婦の営みを拒否されており、男女関係はなく夫婦になっていないくて家庭内別居状態とのこと。自分たちが薦めたお見合いで結婚したので、責任を感じている相談者。セックスレスな夫婦関係に、息子に対してどうすればいいのかという相談。坂井眞弁護士が回答者。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年6月24日(水)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:坂井眞(弁護士)
  • 相談者:70歳女性 夫75歳 子供2人独立 長女(子供2人) 相談対象の息子42歳 嫁40歳で子供なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

  • 『もしもし テレフォン人生相談です』すいません お世話になります。
  • 『はーい 今日はどういったご相談ですか』
  • ええとね 息子の離婚の事なんですけど 結婚して10年になりますんですけどね
  • 『はい、その前に貴方おいくつ』私は70歳です『70歳』
  • 『ご主人いらっしゃいますか』はい 75才です 『75歳』
  • 『息子さんはお一人ですか』あと長女 もう一人おります よそにもう嫁いでます『嫁いでらっしゃる ご長女がいらっしゃる』
  • 『息子さんはおいくつですか』42才です 『42歳』
  • 『息子さん結婚してらっしゃるんですか』ええ、10年になります 『結婚10年』
  • 『お嫁さんおいくつ』40歳です 『40歳』
  • 『お子さんいらっしゃるの』いいえおりません
  • 『それで ご一緒に住んでらっしゃるの』いえいえ、別です『別な所に住んでらっしゃるんですね』
  • 『で その息子さんが離婚をされたいんですか』ええ、 結婚10年になっても本当の夫婦になってなくて男女関係もなくて ほいで家庭内別居状態だったそうなんです ほいであのぅ自分の方から断っとたんか 朝食も昼食も まぁ夕飯だけは作ってくれるらしいんですけどね
  • ほいで 私たちも親が見合い結婚をすすめたものですから
  • 『お見合いで 結婚された』
  • ええ親がすすめた結婚ですもんでね 息子もホントは子供がほしくて ほいで一旦離婚して 今の子連れの人やったら 多分来てくれる人あるかも分からないから 子連れの人と一緒になってその子が 我が子としようかって 自分がそう思っとったみたいなんでけどね 『はい』
  • ですけど 私が自分が義理の中で育ったもんで この70なってもなかなか傷が癒えませんもんでね ですもんでホントにもぅ子供は・・・成人してからちょうだい 養子として迎えたほうがいいんやないかと こう思うんやお母さんはって言うて 息子にそう話しはしたところ もうこのままでも もぅいいかとだんだんと傾いてきましたもんでね 親としてどうしたもんかと思ってまして
  • 『あのぅ まず最初にですね 息子さんがお母様に子供が欲しいけれど 結婚当初からまったくセックスレス?』ええ 全然やったそうです 拒否されたそうです
  • 『なるほど それで今まで10年 いらした あなた方はじゃあそのことを 息子さんが おしゃるまでは ご存知なかったんですね』はい 知りませんでした
  • 薄々はちょっと うちの娘の方はまぁ子供二人ありますんで ちょっとその子らと比べると ちょっと違うかいな とは思ってはおりましたんですけどね『なるほどね』
  • 『で 息子さんは今なんかどこかにお勤めですか』 はい 会社勤めです 『会社員』
  • 『で お嫁さんは』 全然 『専業主婦でいらっしゃる』
  • 専業主婦の割には どうも最近洗濯もしてくれないそうで自分で洗濯までもするそうです
  • 『そうすると 始めっからもぅ いわゆる一般の結婚生活は成り立ってなかったわけね』
  • なかったわけですね ですもんで私たち 自分が 親が見合い結婚すすめたもんですから もう離婚して・・・『責任を感じちゃった』え、ええ ほいで離婚してくれっていうふうに・・・
  • 『で その離婚の件に関しては 最初 どちらが先に言い出されたの』
  • 息子の方から 離婚したいって…
  • 『息子さんが 子供が欲しいという理由で もしかしたら離婚をして そして子連れの方?と もう1回再婚したいな という話を・・・』そうだったらしいです
  • 『らしいって言うか それを何時されたの』 1週間前ぐらい 『あ 1週間前ぐらいに言われたわけ』ええで私たちはそれ知りま・・・
  • 『で それを聞いてあなたは 義理とかもあるから 離婚して新たな人と結婚をするのではなく 今のままの状態で 養子を取ったらどうですかってお話をされたわけ』ということを私がね 言いました
  • 『そしたら息子さんが じゃあもぅ今の状態のままでいいかって』ええ もぅ世の中には様々な夫婦の形があるよって 別居しとる夫婦もおりゃ 色んな夫婦の形もあるよって まぁもぅこのままでええかっていう風に 傾きかけてきましたんさ ですもんで 本当は離婚さすつもりでおりましたけどね
  • 『お母さんが 離婚させるおつもりだったの』
  • ええ 朝ごはんもあれやし 昼もまぁコンビニか外食かやし 夕飯だけや 作ってくれますけど 洗濯もしてくれなかったら嫁さんのアレがないや ないの もぅ本音言ったら別れた方がいいんやないの ってことは私言ってました
  • 『それ前から言ってたの 2週間前に話を聞いてから』 ええ そうなんです それは知らなかったもんで
  • 『じゃあお母さんも離婚をさせたい 息子さんも離婚をしたかった』したかったんですけど
  • 『だけどその養子の話が出た途端 まぁいいかって話しになったの』ええ ええ ええもぅ そうしたらもぅこのままでええかっていうふうに この1週間前から からちょっと傾いてきて…
  • 『じゃあということは 息子さんは養子をとる気はなく 息子さんのアイデアは子連れの方と再婚するって話しでしたね』 ええ でした
  • 『となると お母さまは養子をとったらっておっしゃるけど 養子をとってもあれじゃないですかね お嫁さん絶対面倒みてくれませんよね』
  • ええ ですもんでね 将来 もぅ成人した人をこの人を うちの後継ぎって形にしたらどうですかってことを 私が・・・『ああ なるほど』
  • 『この お母さんとしては このままいって』将来ね
  • 『将来 でその時に お母さんの頭の中には離婚するしないは どうなの』
  • ええ もぅそのことは別に 離婚するしないは ぜんぜん 私考えてなかったんですけどね 『なるほど』
  • 『そうすると 今日のご相談は 何ですか』
  • ですもんでね 親が見合いをすすめたもんですからね この子ホントは離婚して自分が まぁ嫁さんの一人ぐらい どないでも自分で戻ってくるわいっていうような子やったら わたし ほっとくんですけど ちょっと 軟弱の子ですもんで 無理矢理 離婚させても 一人で そのまぁ おると将来寂しいかいなっと この頃 その事を思ってきましてね ほんで本人も このままでいいやっていうふうに ちらっと傾きかけてきましたもんで その辺ちょっと 親として 苦しんだもんですから
  • 『要するに あなた自身が 息子さんに対してどうすればいいんですか というお話し』ええ そうなんです
  • 『わかりました これなかなか難しい問題ですね』 そうなんです
  • 『今日はですね 弁護士の坂井眞先生がいらしてますので伺ってみたいと思います 先生 よろしくお願いします』

坂井眞弁護士のアドバイス「セックスレスの問題っていうのは ご本人たちがどうとらえるかっていう問題」

  • よろしくお願いします 【あ すいません お世話になります】
  • 息子さんは頼りないかもしんないけれど もう42歳なんだ 【そうなんです】
  • と言うと もう一人前だね 【えーそうなんです】
  • でも頼りないんですか
  • 【えー ちょっとね 嫁が きついっていうんですか まぁ息子の方が軟弱やっていうんですか 親が見合い結婚すすめたもんですから ですから どうしたもんかと思いまして】
  • あのー見合い結婚 すすめて 見合いして結婚したわけだけど そん時は そのぅ今の奥さんね 奥さんになる人かな当時は それは あなたのお眼鏡に叶ったというか 息子の嫁にはいいぞ と思ったの
  • 【ええ そうなんです】
  • だけど 結婚したら最初からセックスレスだったって 【ええ そうだったそうです】
  • それはなんでかっていうのは聞かなかったんですか 【ああ それは・・・】
  • なかったということだけを聞いたの 【ええ そうなんです】
  • で 息子さんは それについては どうだったの 不満があったんですか この10年 そういう話しはした 【そうですね ちょいちょいはしてましたけどね】
  • じゃあ あなたと 【うちとは そうは あまりしませんけど いとことかね】
  • あなたが知ったのは最近だって仰ってましたよね 【ええ そうなんです】
  • 息子さんがそういう夫婦生活だったっていうのは 【はい はい】
  • それでびっくりされた 【ええ そうです】
  • それはどのくらい前だった・・・1週間前 【はい】
  • で びっくりした でそん時に聞いたら 自分のいとことかには相談してたって 【ええ そうらしいです ちょこちょこ言うとったらしいです】
  • だけども 結局いろんな話しをして 今は息子さんは 世の中には 夫婦様々な形があるから このままでいいかって仰ってる 【ええ そうなんです 最近ね】
  • それはじゃあもぅ 2、3日前とか そういう話ですか 【いえ 1週間前です】
  • え? でも一週間前にその話しはわかったんでしょ 【ええ そうなんです】
  • そん時に話してたら最後 そういう結論になった 【ええ そういう結論になりました】
  • まぁ42才の大人だからね で夫婦の事は 夫婦がいいって言われたら まぁ基本的にお任せするしかないなと思うんで 【ああ やっぱり】
  • で それで あの息子さんの方はね ホントはもう別れたいんだけど ちょっと間に立ってくれない とか言うんだったら まぁそれはちょっと力を貸してあげてもいいかもしれないけど 息子さんが もういいかこれでって言ってるのに またなんかこうね たのまれてもいないのにしゃしゃり出てって しゃしゃり出てって言っちゃ失礼だけど 向こうが頼んでないと そういうことになっちゃうじゃないですか 【ええ そうなんです】
  • それで これ気の毒だから 別れさせるかといって まぁそれで そもそもそこであのぅ 奥さんの方の気持ちは全然 考えられてないから 【はいはい】
  • それも問題だと思うんだけど 【ああー】
  • 私みたいな仕事をしていると 両方の意見がそれぞれ食い違って言い分があるもんだから 【はぁはぁはぁはぁ】
  • 息子さんの言い分だけ聞いて それが全部 正しいんだと思って話しちゃうと なかなか 上手く話しも進むなかったりするから こういう話しっていうのは 両方から聞いてみないとわかんない事も多いのね 【そうですね】
  • で 今の話は 奥さんの方の話しは 全然なしだから そこも問題だけど とりあえずそれでさ 息子のために 息子がそう言ってるけど 別れってやってくれんかって 別れたとしますよね 別れたら息子さん一人になっちゃうじゃないですか 【ええ それなんですよね】
  • 一人になっちゃって 次に新しいお嫁さんが来て 楽しい結婚生活 夫婦生活が待っているかどうかも 全然見通し立たないでしょ 【ええ それなんですよね】
  • だから そう簡単にね じゃあ上手くいってないようだから 別れさせて次を考えるかっていう話じゃないと 私は思いますけどね 【あー】
  • 【ほいで相手のお嫁さんもね 絶対 離婚したくないっていうふうなんです】
  • それはもちろん 二人が納得しないと裁判やらないと別れられないからね 【あーー】
  • 話し合いで別れられなければ 家庭裁判所行って調停をやって 【そうらしいですね】
  • で 調停で別れられなければ 別れたい方が別れたくないっていう方に 裁判をやらなきゃいけないから それはそれで大変なことなんでね それを頭に入れておいてもらいたいけど 【はい】
  • 問題は 今 息子さんがべつに そこまでして別れたいと思ってないから 周りがあんまり騒いでもしょうがないし 【はい】
  • もうひとつね 覚えておいて貰いたいのは 結婚するときに 自分たちが見合いさせて結婚させちゃったからって今 悪かったからと思ってるわけでしょ 【ええ そうなんですよ それが一番ひっかかりますね】
  • だけど 息子さんが まぁいいかって言ってるのに 自分たちがまた別れさせて それでもっと寂しくなっちゃったら責任取れないでしょう 【それなんですよね】
  • だから あんまり 簡単に これ別れさせてみるかって言えるような問題じゃないと思うんですよね 【ああ やっぱりそうですか】
  • 息子さんがどうしたいのか それから奥さんがどうしたいのかっていうことから話しをすすめていかないと 誰も責任とれないじゃないですか 【ええ そうですねぇ】親といえども 【えええ】
  • しかも一人前の歳だしね 【ええ そうなんです】
  • で 一週間前にその話しは分かって 話してから 息子さんと話してないんですか 【ええ まだ全然】
  • で 息子さんとはよく連絡取ってらっしゃるんですか 【ちょこちょこね 用事がある時とか】
  • で あの奥さんの方とは お姑さんになるわけですけど 話す機会はあるんですか あなたは
  • 【そうですね ひと月に1回ぐらいは・・・】
  • そん時はどんな話しされるんですか 【普通ですね】
  • 別に何か特に・・・【特に問題が】問題があるわけじゃない 【ええ ええ ええ ええ】
  • そうするとね あのー 朝食作らず という話しも 実は奥さんが作ろうと思ったけど 息子がいらんよと 言ったのかもしれんと仰ってたじゃないですか 【ええそうなんで それ・・・私達 あんまりふれてないです】
  • んーー だから何が問題なのかも ちょっとよくわからないんですよね そのセックスレスの話は分かったけれども そこも何で そうなのかも よくわからないし 息子さんも10年そういうのを 受け入れてきちゃったんでしょ 【ええ ええ はい】
  • そうすると セックスレスの問題っていうのは ご本人たちがどうとらえるかっていう問題だと思うから 周りが おかしいだろう って言ってもしょうがないことなんで それが原因で別れたいって片っぽが言えば それはそれでちゃんとした理由にはなると思いますけど ご本人たちがそう思わなかったら 周りが騒いでもしょうがないよね 【あーーーー】
  • それ以外に 普通に夫婦っていうか家庭のね 生活をしてて 特にもめてるわけでもないって話しになると あんまり周りが出て行って これどうよっていうのも いかがなものかな っていうのが僕の感想ですけどね 【ああ やっぱり】
  • どうでしょうかね 【だいたい わかりました】

今井通子 まとめ「夫婦の話だから あなた方が関与することでもない」

  • おわかりいただけましたか 【ええ わかりました】
  • まぁ あのぅお見合いだったから あなた方の責任ってことじゃなくて 結婚しようと思ったのは お二人なんだから 【ああ そうですよね】
  • それもね ご本人たちの責任だし だからあなたがそんなにそこを心配する必要はないと思いますし 【あぁ そうですか】
  • 坂井先生が仰ってるように お2人で 子供を作る作らないの相談はあるんだろうし 【ええ】
  • その辺も夫婦の話だから あなた方が関与することでもないし だから息子さんが仰ってるのを うん うん と聞いてあげてぐらいでいいんじゃないですか
  • 【ああ なるほどね わかりました】
  • はーい 【ありがとうございました】
  • 失礼します
  • 【ありがとうございました すみません】
  • はい

管理人のちょっとひと言

なるほど、書き起こしてみると、口を挟むと言うよりも、責任を感じてしまっているようです。
息子に見合い相手を薦めたのは自分たちで、お眼鏡に叶ったはずの女性(嫁)との関係が、実は結婚当初から破綻しており、男女関係もなく、嫁から夫婦の営みを拒否されてきて、家庭内別居状態。
母親としては、気になって仕方ないかもしれませんね。

それでも、子供が欲しい息子は・・・この場合、血の繋がりには拘らず、とにかく後継ぎが欲しいようなので、母親は自分達が推した女性との離婚を薦めているということですか。
息子可愛さというよりも、別の女性と一緒になって欲しい・・・でも軟弱なので、新たな出会いがあるかどうかも疑問、そこに母親の葛藤があるということ。

10年もセックスレスで、それを受け入れてきた息子ですから、今さら離婚するしないは、どうでもいいことですね。
手続きが、面倒なので現状維持。そうしていこうという結論なんでしょう。
それにひねくれて、この結婚が親の責任だって、責任転嫁するような素振りもないようなので、夫婦の営みを拒否しようが、拒否されていようが、そこはお互いの問題。他人が口を挟むことではありません。

それにしても、10年。この家庭内別居状態を続けてきたんですよね。ある意味、凄いことだと思います。
最初から夫婦の営みを拒否されたら、それこそ即離婚でも不思議じゃないと思います。もちろん原因にもよりますが。

こうなると、どうして嫁が拒むのか、その理由を知りたいです、どうしても(笑)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.