連絡を絶つ

テレフォン人生相談
夫婦関係

テレフォン人生相談2015年6月25日、4か月前に単身赴任で厳しい現場に出た夫、一切連絡を絶って給与の振込口座を新たに作り、妻管理の口座から変更する。あったらある分だけ使ってしまうので妻が管理していたのだが、会社に問い合わせても夫から連絡先を教えないでとのことで一切教えてもらえない。半年間の期限で厳しい現場に出た夫、給与は手取りで100万弱、その内30万を振込んでくるが、子供が小さいので貯金したいと思っていた。気が荒い夫は以前、現場で同僚と喧嘩をして帰れと言われて帰ってきてしまい、職場放棄と看做されてリストラにあう。そして今回と同様に連絡を絶ってしまい警察に捜索願を出すことになってしまった過去がある。もう信用できないという妻、これからもこんなことがあると不安だと、離婚も考え始める。大迫恵美子弁護士が回答者。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年6月25日(木)

  • パーソナリティ:ドリアン助川
  • 回答者:大迫恵美子(弁護士)
  • 相談者:34歳女性 夫54歳 共に再婚 子供5人14歳・13歳・10歳・6歳・5歳 妻の連れ子3人 夫との子2人

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

  • 『もしもし テレフォン人生相談です』 はい よろしくお願いします 『よろしくお願いします』
  • 『今日はどんなご相談でしょうか』
  • えーとですね 四ヶ月前に主人が遠方に単身赴任に出たんですけども そこに行ってから一切連絡がとれない状態なんですね 今
  • 『4ヶ月前に 国内ですか』 はい国内 『国内で』
  • はい あのぅ電話をしても出ないし 折り返しの電話もないし あとメールをしても それを読んだ あのLINEで読んだのはわかるんですけども 返事がないんですね 一切それに対しての答えも 『えーと』
    だから本人が今どうしてるのか 何を考えてるかってのも一切分からなくて
  • 『これは会社の方には連絡しました』
  • 会社の方に連絡したんですけども 主人の方から言わないでくれって言われてるって言うんです
  • 『うーん ということは会社を辞めたわけではないわけですね』
  • はい あのーぅ収入もそちらから頂いているみたいなんですけども
  • 『毎月のぅ まぁ生活費というか』 はい 『そういうものは あなた 送られてるんですか』
  • えーとですね あのぅお金が手元にあれば あるだけ使ってしまう人なので 今まで銀行口座 会社からの振込の口座は私が管理してたんですけども 向こうに単身赴任に出てから自分で口座を作って 会社の方にそちらに振り込んで貰うようにしてもらったみたいで 私の方には 主人の名前で 主人が振込みをしてきてるんですね
  • 『それは毎月あるんですか』
  • はい 毎月あるんですけども で先週 会社の方に連絡をしたら えっと手取りで最低 毎月これぐらいはあるってだいたいの金額を聞いた1/3だったんですね 私の方に振り込まれているのが 『はい』
  • で単身赴任先では あのぅビジネスホテルとあと 食事 三食全部会社が負担なので 『ええ』
  • 本人が 実際に使う金額っていうのは 多少の あれがあったとしても 私 子供が5人居るので 『はい』
  • 5人いて 向こうは一人で何も その家賃だなんだ 水道光熱費ってのかからないで こちらに振り込んでくるのが1/3っていうのは どうかな と思って 連絡を取ろうとしているんですけど
  • 『ちょっと具体的な 数字も知りたいんですけども えーもし差し支えなければですね 単身赴任後 毎月の その振込み額っておいくらぐらいなんでしょうか』
  • えっと私に振り込まれてるのが 30万なんですね 『三十万円』
  • はい で 会社の方から このあのぅ 先週 お電話してお聞ききしたら だいたい 色々引かれても 手取りで100万弱
  • 『ああ 随分高給取りなんですねー』
  • ええっと今現場が 厳しい現場なので 『はい』はい『は、は、は、は』
  • その手当なんかも含めて あれなんですけど でそのぅ単身赴任が半年っていう期間が決まっていて でそれ以降はこちらの現場に戻ってきて なんで収入が ガクンと まぁ下がるは下がるんですね 『はい』
  • はい であのぅ行ってる間だけなので 子供が5人いて これからどんどん お金もかかってくるので 私の方はその間に貯金をしてと思ってたんですけども 主人からそういった形で口座を変えられて 振込みしかないもので 『はい』
  • 『その 4か月前に単身赴任でそちらに行く前にですね 何か変わったこととか えー前兆のような 何か変わった事を感じた事はないですか』
  • ない 一切心当たりが無かったので 『一切無い』
  • 向こうに行く前も なんかやっぱり寂しいなっていうようなことも言ってたぐらいだったので 向こうに行って何があったのかっていうのが私にも予想がつかないですけども まったく
  • 『具体的なことを聞きたいんですけども まずあなた様はおいくつでしょ』 34です 『34歳』
  • 『ご主人は』 54です 『54才』
  • 『初婚ですか』 いや 再婚同士 『再婚同士』 はい
  • 『ということは お子さん5人というのは お二人がそれぞれ 連れてきた』
  • 上3人が連れ子で 下2人が主人との間の子です
  • 『上3人はあなた』 はい 『はい』
  • 『結婚されたのは おいくつ ああ 何年前でしょう』
  • エート5年 6年目になります 5年前・・・
  • 『今6年目ということですね』 はい 『はい はい』
  • 『それで これまでは特に問題なく やってこれた』
  • えっと2年前にも ちょっと気が荒いところがある人なので 仕事中に職場で喧嘩を 同僚と喧嘩をしてしまって現場で で勤務中に帰って・・・もう帰っていいって言われて 帰ってきたんですね 『はい』
  • でそれを 職場放棄したってことで 会社の方に看做されて リストラになったんです 『ええ』
  • で その時も リストラをその会社から言い渡された日から 10日ぐらい もぅ一切連絡を絶って帰ってこなかったんです 『はい』
  • で リストラされたって状況が状況だったので 自殺とかってのも考えて 3日 4日こぅ寝ずに待ってたんですけど さすがにちょっと心配になったので 警察の方にも 捜索願をだして あのー 携帯電話の電波をひろってもらって 見つけてもらったんですよ 『うーん』
  • それがたった2年前のことで またこういうふうになって 今後どうしちゃったらいいのなかと思って
  • 『エート 今ご主人が働いているとこの傍まで 行かれたってこと ないんですか』 ないです
  • あのー そちらにいるっていうのはわかるんですけども 会社の方が どこのホテルに泊まっているかも 本人が言わないでくれっていうので言えないって言うんです で私から向こうに 接点を持つ術がないんですよ 会社の方もそういうことで いちおうご主人に 連絡があってことは伝えますけど こちらからご主人の事は細かくは言えないですってことで それ以上は教えていただけないですね 会社の方にも 『はい』
  • 『単身赴任でそち…ご主人が行かれる前は 家庭の中の雰囲気は悪くなかったんですよね』
  • エートでも2年前の リストラされて失踪 そのまま失踪してしまって10日ぐらい失踪してしまってっちゅうのがあってからは まギクシャク まったくしてなかったっていう わけでは無いですね
  • で子供達にも 一番上の子が中学2年の女の子なんですけども 中学2年 中1の次女がいるんですけど その子たちの前で こうなんだろう 自分は下二人が心配で帰って来ただけだ っていうのを 言っちゃったんですね 向こうが
  • 『ええ 上の3人は あなたが連れていらした方』
  • はい で下二人が 主人との子なんですけど
  • 『お子さんは これ あのぅ 14歳が一番上ですか』 はい
  • 『後は』えっと14歳 13歳 あと小学4年 10歳 と 6歳と5歳 ですね 『6歳と5歳』
  • 『今 まぁ本当に大変な状況だと思いますけども それでは あのぅ 今日の回答者の先生 紹介します 弁護士の大迫恵美子先生です よろしくお願いします』

大迫恵美子弁護士のアドバイス「気持ちを少し整理して本当に彼とやっていきたいのかやっていかないのかを考える」

  • もしもし 【よろしくお願いします】 はい こんにちは 【はい こんにちは よろしくお願いします】
  • う~~~~~ん 大変難しい状況になってますねー 【そうですね どうにもできなくて】
  • まあ おそらくねぇ そのぅ 向こうに行く前の ご主人の生活っていうのはね 【はい】
  • ご主人の側からすると 【はい】 これは正しいとか正しくないじゃなくてね ご主人の側からすると ものすごく窮屈に感じてたんでしょうね 【うーん】
  • お子さん5人居てね 【はい】 まあ 何の楽しみもなく 俺は金を搾り取られるだけなのかな っていうようなね 【はい】
  • そういう気持ちにやっぱり少しづつなってたんじゃないでしょうかねぇ 【はい】
  • 例えばね 【はい】 ちょっと考え方にしても 半年経った時に普通の顔して帰って来た時に あなたどうします
  • 【いやーもぅー信用が一切無いので2年前に リストラして失踪して 警察にまで動いてもらって それがたった2年前のことで また今回こうやって同じようなことをしてるので また いつかあるんじゃないかっていうふう・・・不安が すごくあるんですね 今後ずっと 一緒に生活していくっていうのは 自分の中では 今の時点では 考えられない状況なんですけどね】 う~~ん
  • 【今 送金されてきている金額も こっちに戻ってきて給料が下がった時に こぅ収入が下がった中で 自分で使うのが精一杯になってしまって 私に振り込まれなくなっちゃうんじゃないかって 心配があるんですね これ そうなってしまうんだったら まぁ 離婚を ここで踏み切った方がいいのかな とも思ってるんですけども】
  • あのねぇ えっと まぁ あの本当に 現実的なね 心配で で今そのことを あなたが一生懸命考えてらっしゃるってことが おそらく もぅ回答になってしまっていてね ご主人からすると やっぱり自分はね 働いて お金を送金するだけの存在なんだなって たぶん感じてたと思いますよ 【はい】
  • で えーあなたも今離婚するかどうかって時にね ご主人という人がどうなのかじゃなくて これからの生活どうしようって言うことになってますよね 【はい】
  • まぁ おそらく ご主人の方からすると やっぱりその あなたのところに帰って行くということにね 魅力を感じないだろうなぁと思います 【はい】
  • まぁ それは別にあなたを責めているわけじゃはなくて まさに あなたが今考えていることはね ホントにそれはもぅ現実的な事ですから 一番大事なことを あなたが心配しているわけでね まぁ当然そうなるとは思いますけど 【はい】
  • おそらく ご主人は そういうあなたの今の状態 まぁたぶん こちらにいらした時も おそらくそうだったと思いますけど その段階であなたを見ていてね ああ 俺はここで何なんだろうって 思ったと思うんです 【はい】
  • う~んだからもぅ結構 離婚しなくちゃいけないようなね お互いにそういう状況になっているんじゃないでしょうかねぇ
  • 【その離婚の 手続きを進めるにあたっても こぅ養育費とかっていう 取り決めををしたいにしても 調停 家裁の方に 申し立てをしても その書類 向こうに対しての 書類の送り先もわからないですよ だからもぅ いろいろ進めようがなく 離婚届けを書いてもらうにしても 本人と連絡が取れない会えない なので】
  • あのね まぁそのぅそういう事を決めるのは 彼の単身赴任が終わってからでもいいんじゃないんですか
  • あと2ヶ月は単身赴任があるわけですよね 【はい】
  • その二ヶ月の間は 今の現場にいて そして今のお給料があるわけでしょ 【はい】
  • そうすると今までの例からすると あと2ヶ月も同じようにね 30万づつ振り込んでくる可能性が高いんじゃないですか 【そうですね】
  • うん それは黙ってもらえばいいじゃないですか 【はい】
  • で そのあと変わってね あのーぅ どこか違う現場に移るわけでしょう 【はい】
  • で お給料が安くなるのかもしれませんよね 【はい】
  • で そうすると今まで通り送れなくなるかもしれない 【はい】
  • で えーぐっとね すごく少ない額を送ってくるとか もしかしたら全然送ってこないとか その時点でね これはどういうことなのって話しから始まって えー修復できないなら離婚と そういう手順でもいいんじゃないですか 【ふ~ん】
  • で あのぅ 法的な手続き 本人があの直接話しをして 進めるのが嫌だというならば 法的な手続きをとればいいんですけど その場合の正式な文書も 勤務先を通じて 手渡せばいいんですからね 【はい】
  • だからそうなった時には手続きはちゃんとありますから そこのところを悩む必要はないんですけど 【はい】
  • もう分かりますけど あなた自身が やっぱ気持ちを少し整理してね 本当に彼とやっていきたいのか やっていかないのか そこを考えなきゃいけないんですけど もう頭がぐるぐるっと回って お金があってとかに戻っていっちゃうのでね 【はい】
  • えーまぁそれ本当に分かりますけど分かるけど あのぅその話をしている間は ご主人との間は 全然解決していかないと思いますよ 【ファ・・・・】
  • ご主人としてはね こんなに頑張っているのに なんかぎゅっと締められてお金とられるばっかりっていうね 【そうですね】 そういう不満がずっとあったんだと思いますよ 【う~ん】
  • だから当たり散らしてね その子供だってこんなにたくさんいるけど 俺の子二人だけなんだって言っちゃったってことでしょ 【はい】
  • う~ん やっぱりそのぅ こんなに育ててる 俺は偉いぞ っていうふうにね 思えるように あなたがしむけてくれないと あのーぅ やっぱり辛いじゃないですか やっぱり きっと 【そうですねぇ…】
  • そのぅなんか辛いっところに あなたが追い込んだんじゃないかなっていうね
  • でも それはそれで見限っちゃうというのも あなたの選択だし で向こうも それを覚悟してやってるのかもしれない
  • で 離婚後の生活は あなたは 本当に苦しいと思いますよ それは 【はい】
  • そう簡単じゃないですよ 【はい】
  • で おそらく 生活保護とかもね 【はい】 あのまぁご主人もちゃんと養育費を送ってくれればいいですけど あなたがコントロールしなくなれば また やっぱりね 【そうですね】 元の生活に戻る危険性も高いですから 【はい】
  • そうすると あなたはやっぱり子供を抱えて 辛いだろうとは思いますよ 【はい】
  • でも そういうことも選択しなきゃいけないかもしれない う~ん 【そうですね わかりました】

ドリアン助川まとめ「旦那さんの行動に翻弄されて損しています」

  • もしもし 【はい】 あのぅ奥さん 今 大変 損してると思います
  • 翻弄されてますよね 旦那さんの行動に 【そうですね】 ですよね
  • で あのぅ いずれにしろ 決断をしなければいけない日が来ると思う
  • その日にちをね ある程度決められて で それまでの間は もう翻弄されるのをやめたらどうでしょう 【そうですね】
  • もちろん翻弄される気持ちはわかるんですけども 【はい】
  • あのぅ損ですから 奥さん ええ 朝から笑ってみるとかですね 【はい】 旦那さんがやってること上を行けばいいような気がします 【そうですね】 ええ 頑張って下さい はいすいません 失礼します

管理人のちょっとひと言

ああ、やっぱり大迫先生は、大迫先生でしたね。書き起こしていくと、ご主人が良い人に思えてきた。
奥さんが気にしていること、凄くまともなことなんですよ。
30万のご主人からの振込も、少ないなんて言ってなくて、厳しい現場だって理解していて、その上で入ってくるであろうお金は、先々のことを考えて貯金しようと思っています。

旦那の年齢、54歳。一番下の子が5歳。現場仕事の旦那が働けるのも、あと数年じゃないですか?
とすれば、できるだけ貯金して残しておきたいと思いますよね。
それの何がおかしいのか、そして、そのことで旦那を追い詰めたのでしょうか?

2年前に、喧嘩が理由でリストラにあった夫が、連絡を絶ってしまって警察に捜索願を出さざるを得ない状況に追い込まれたこと。
今回、働いている場所は特定できるにしろ、同じように連絡を絶ってしまった夫。捜索願の必要がないとしても、先々のことを不安に思って何が悪いのか。
大迫先生が話してますから、旦那が追い込まれたように感じるかもしれませんが、世の夫の大半が同じ状況じゃないですか?

今回、旦那の小遣いについては述べられていませんので、どの位かわかりませんが、金を搾り取られるだけなのかって、そうなんでしょうか。昨年のサラリーマンのお小遣いの平均は約4万円弱。稼いできた大半を、家族のために使っていることになります。もちろん不平は聞こえてきます。「ぎゅっと締められてお金とられるばっかりって」不満はもちろんあるでしょうが、それで子供に当たり散らすなんて、します?

この夫は、妻の連れ子に言い放ちましたよね、下の2人の子供がいなかったら帰ってこなかった。
確かに、連れ子を扶養している夫の数は、それほど多いわけではありません。しかし、そんなこと再婚する前からわかっていることで、覚悟の上で入籍してるはずなんです。
たとえそれが事実だとしても、そんなことを言うほど辛かったのか、追い込まれたのか、意味がわからないです。

そういう意味では、ドリアン助川のアドバイスはバランスがいいですね。
夫に翻弄されており、そのため妻が損をしている。まさにその通りです。
どうせ、このままなら考えなければならない日が来る。だったらその日までは、翻弄されないようにしよう。
それでいいと思います。
この状況で、奥さんにできることなんか、限られていますしね、だったら期日が来るまで、放置しておきましょう。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.