自分の子じゃない

テレフォン人生相談
家族問題

テレフォン人生相談2015年7月2日、中学3年生の息子と2人暮らしの相談者。妻とは数年前に離婚。離婚理由は妻の不倫。もう一人男の子がいて、その子は実は妻と不倫相手の子供だったことがわかる。籍を入れていたので親子関係不存在の申立てをして今は籍から抜けているが、その事実を息子は知らない。もしもこの先、息子が母親に会いたいと言ってきたら、会わすべきか、また離婚理由を伝えるべきか、また元妻が、面会交流を求めてきたら、気持ちとしては断りたいのだが。伝えるならば、どのタイミングでどのようにすればいいのだろうか。中川潤弁護士が回答者。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年7月2日(木)

  • パーソナリティ:加藤諦三
  • 回答者:中川潤(弁護士)
  • 相談者:47歳男性 中学3年生の息子と2人暮らし 数年前に元妻の不倫・不貞行為で離婚 婚姻期間は10年以上15年未満 下の子は不倫相手の子で自分の籍に入っていたが親子関係不存在確認申立て済み

加藤諦三氏の〆の言葉「川に来るまで、川を渡るな 物事は心配し過ぎるな」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

  • 『もしもし』 はい『 はい テレフォン人生相談です』
  • 『もしもし』 はい よろしくお願いします
  • 『最初に年齢教えてください』 47才 『47才』
  • 『結婚してます』
  • いえ もう今はしておりません
  • 『今 離婚して一人ということですね』 はい
  • 『離婚してから 何年くらい経つんですか』
  • 数年経ちますけれども 『はい』
  • 『で今 いや 一人で暮らしているんですね』
  • いえ 息子と二人暮らし
  • 『息子さんは 何歳ですか』
  • 今中学生です 『中学生』 はい 『と二人で暮らしている』 はい 『はい わかりました』
  • 『でどんな相談ですか』
  • 離婚をしましたんですけど その離婚原因というのが 相手がちょっと不倫というか 不法行為がありましたので 『はい』
  • こちらからの申し立てで しまして その際に 実は もう一人子供がいたんですけれども その子供は 私の子供として籍も入ってましたし 一緒に 数年間は暮らしてたんですけども 『はい』
  • その後 その下の子供が実は 私の子ではないということが判明しましたので それをもとに 夫婦間の あの 慰謝料とか 財産分与とか そういった親権とかは 調停離婚で きちんと成立したんで 何も今は特に問題はないんですけれども 『はい』
  • 今後もし 息子が 母親に会いたいとか 兄弟に会いたいとか 逆に向こうから 息子に会いたいとかって言ってきたときに 私としては会わせる方がいいのか 会わせない方がいいのか とか その辺のことなんですけれども 『はい』
  • 『それでその 結婚したのは 何歳ぐらいから いわゆる 何年間ぐらい結婚してたわけですか』
  • 10年以上 15年未満ぐらいになります
  • 『年ぐらいは 一緒に生活していたんですね』 はい
  • 『で 数年前に離婚したとって言いましたね』 あ はい
  • 『で その離婚原因 っていうのが その・・・』
  • 妻の不倫と 違う子供を 私の二人目の子供として 籍に入れてたんですけど 実は その二人目の子は 私の子ではなく 不倫相手の子供の子だったことが判明しました ということなんです
  • 『それで離婚をしたということなんですね』 はい
  • 『それで今 あなたと息子さんとの関係はどうなんですか うまくいってるの 息子さん お母さんに会いたいとか何とか そういうことっていうのね』
  • いや 口にはしてないんです
  • 『口にはしないけれども 何 会いたがっているとか 何かそういう』
  • 特別そういうことはないんです
  • 『ん~ そいで あなたが 今ね 息子さんがお母さんに会いたがってるとか あるいはお母さんの方からね 息子に会わせて欲しいとかってか言ってきてないのに そのことをあらかじめ もしこうなったらどうしよう って心配をしているわけですね』 そうです はい
  • 『で あなた だいたいこういう未来のことを 起きてないうちから心配する方ですか』
  • ちょっとまあ 子供も成長してきてる部分もあるので 何もこちらからアクションは起こすつもりはないんですけれども 『はい』
  • もし 向こうなり 自分の子供から アクション起こされてきた時に どういうふうに対応した方がいいのか まぁ時期とか タイミングとか どんなふうに 心構え的なことが ちょっと気になるんですけれども
  • 『ああ ただその 離婚の 時にですね』 はい
  • 『お子さんについてはどういうふうに 例えば お互いに 面接の機会がね 保証するとか保証しないとか 要するに そういった 取り決めは お互いの間の 守られるか守られないかは 別として 何かそういう話し合いは してなかったんですか』
  • 調停離婚をしたんですけども そのことに関しては もう 記載せずに もう本人同士で 後日 自由にして下さい ということだったので 特に取り決めはしてないんです
  • 『ただこれね 一般的 なことよりもね 個々のケースとして非常に 難しいですよね』 はい
  • 『今 息子さんは 母親に対して 何か 特別な感情持っているの 要するに 父親以外の 男性と不倫をして 子供を作って 自分の弟にしたとかなんか いろんな 複雑な感情っていうのを 持っているんですか』
  • いえ 特に言葉にはでないですし 先ほど言いましたように べつに 会いたいとも 本人から私に 言ってくることはないんですけれども
  • 『うう~ん だけどもあなたが 起きていないことなんだけれども いろいろ心配するというのは 何か恐れてるわけですね』
  • どちらかというと 私の個人的な感情で言いますと そういう不倫をして そういう他の子を 私の所に入れたりとかどうとかした母親に対して まぁ 長男と会うと 教育上どうなのかなっていう心配が ちょっとありますので
  • 『教育上どうなのかという心配ね そのほかに何かあなた 具体的に 何か恐れているってことは 他にないんですか』 はい
  • 『もう離婚後 さっぱりして 気持ちの上では 後腐れがない ということですね』 そうです
  • 『そうすると 今知りたいのは まぁ個々別々なことは色々深い事情がなければ言えないことでしょうけど 一般的にどういうことでしょうか ということですね』 はい
  • 『はい わかりました 今日はスタジオに 弁護士の中川潤先生がいらしているので 伺ってみたいと思います』

中川潤弁護士のアドバイス「客観的な事実を淡々と伝える」

  • 『こんにちは 中川です』 はい よろしくお願いします
  • 『たぶん間違いないんだろうと思うけど 念のため確認をさせてほしいんですが』 はい
  • 『あの あなたの子供さんとして お二人の子は 戸籍上は 存在するわけですね』
    いえ もう 別の子になりました 『ああ』
  • で もう 親子関係不存在 というの申立てしまして
  • 『もう 済ませたんんですね』 はいそうです
  • 『そこはもう整理されてるのね』 はい
  • 『それからもう一点 息子さん中学生と仰ったけども 中学何年生』
  • 今三年生です
  • 『中3ですか』 はい
  • 『もう来年高一か』はい
  • 『あのね 先ほどのご質問は 要するに その息子さん ご本人が 今具体的にあるわけじゃないけども』 はい
  • 『別れた奥さん 自分の母親に会いたいと言い出した時に どうするのが一番適切か それからもうひとつは 別れた奥さんの方から 息子ではあるわけで 会いたいと言ってきたらどうすべきか というのが』 そうです 『ご質問の主旨ですが』 はい
  • 『これは 息子さんがね 幼児期であるとか 或いは小学校の低学年であるとか そういう時期であればね 親であるあなたが どうすべきか ということは いろいろ思い考えなきゃいけないことではあります だけどねぇ 中学3年にもなってる お子さんのことですから ご本人が 会いたいというんであれば それをあえて会わせないと 会うのはダメだと いうのは いかがなものか というのが私の意見です これが一つ』 はい
  • 『それから 奥さんの方から 会いたいと 言ってきたのであれば それは そのまま 息子さんに お話しになって 息子さんに決めさせる』 はい
  • 『ということが 筋じゃないかと私は思いますが それには 疑問がありますか』
  • そうですね あの 子供側から私に来た場合は 先生が言われたとおり もう本人の権利 というかね 本人の主張ですし 年齢的にも達してますので ま 本人の意思にまかせる というのがイイと思ってますし それをこばむ理由もないと思うんですけども ちょっと引っかかるのは その時に 夫婦間の事情とか そういった事は 説明せずに ただ単に 接触してもらうような形をとるのがイイのか 事情をしっかり説明した方が良いのかというとこが ちょっと疑問なんです
  • 『今の点ですけれどね 今言ったような事情 だったという事は 息子さん まだ全然ご存知ないんですか』
  • そうです 離婚したという事情も 知らないですし 兄弟間も 父親が違う ということも知りませんので
  • 『ちょっと待って 兄弟だと思ってはいるわけか』
  • まだはっきりは 説明はして無いですから そうだとは思ってると思います 『うー ん』
  • だから心理的な部分 そういう説明すると 子供がもし動揺したり 何か ちょっと なってしまうのであれば 何も言わずに 時期とかタイミングを見て・・・った方がほうが ベストなのかなー とも考えたりもしてるんですけど
  • 『これはまったく 私の考えですよ もとより そういう主旨で 聞いては下さっていると思うんだけども ・・・は結果としての 彼にとっての 記憶の中での弟っていう 現実の存在があるわけだけれども そこへいたる そのドロドロした話しね それを殊更に 何も 伝える必要はないのですけれども』 はい
  • 『ただ かつて一緒に暮らしてた時期があるわけで そのときに弟がいたと いう認識は 持ってるわけで』 はい そうなんですね はい
  • 『で 私だったらどうするかと いう意味で申し上げれば その 君の弟は お父さんは違うんだよと いう客観的な事実 は 私なら言うでしょうね あなたが 自分から 息子が会いたいと言ったときに そこまで説明しておいたほうがいいのかどうかと いうお話しをされたので 最低それぐらいの事の知識はね もたしておくべきだろう というふうに 思ったんですが』 はい
  • 『まあ そのタイミングで言うべきか というのも 確かに考えてみりゃあ 問題だぁね』
  • そうですね もうちょっと20歳とか ちょっとなってから 知ってもらう事実でもいいのかな とも考えた・・・
  • 『おっしゃる気持ち すごくよく分かります』
  • あと元妻から言われてきた時に対しても まぁ どういう方法でくるかかわからないですけど 直接私にくるか まぁ 息子だけに直接行くか まぁ 面会交流など申し出てくるか 分からないんですけれども その際にも こちらの返答としては まぁとりあえずず 私の感情的な部分で言うと ちょっと一旦却下したいという思いはあるんですけれども・・・
  • 『当然でしょう けどね それはまぁでも息子さん自身にさせるということです それは彼自身 自分で決めて ちょっと しんどい歳ですけども やってくべきことだと思うから』 はい
  • 『アナタが変わってやるべき事じゃないから』 はい わかりました
  • 『ただね このもうひとつは やっぱりその 彼にとって弟だと思ってる 人がね ただ半分弟であることは間違いないですよ』 そうですね はい
  • 『だから まったくの赤の他人ではないんですよ』 そうです
  • 『う~ん お父さんは違うんだよっていうことなんだよね だからそこはとってもデリケート話しだから』 そうですね
  • 『それをどの タイミングというか どの年齢の頃に どう話すか ね どう話すか っていうのは ストレートに話すしかないんだけども どういう年齢の時期に話すかっていうのは ちょっと別問題ですよね』 はい 『う~ん』
  • あの 戸籍謄本上にも ちょっとそういう記載が載ってますので ただ単に あの離婚をして まぁ子供が 離れ離れになっただけじゃなくて ちょっと親子が不存在 というようなことだったりとか そういったことが記載 『載ってるでしょ』 はい
  • 『だから戸籍とるような機会があれば 本人も分かりますよね』
  • これどうしたの ってことになってくるのでね
  • 『ただね ある程度の時期になったら 淡々と お話しになった方がいいと 私的には思うのですが』
  • わかりました じゃあ その辺も考慮して ま 本人の意思ですよね あの息子の意思に任せて ということですよね わかりました
  • 『と思いますよ』 はい わかりましたので

加藤諦三氏まとめ「解決すべき課題として 淡々と処理する」

  • 『あのーよろしいですか』 はい
  • 『どうして腹違いの弟ってわかったんですか』
  • 今よく 世間でも 話題になっている 調べるものがありますよね 『はいはい』
  • 『いや 普通は調べないですよね どうも何か これ違うじゃないか っていう こと感じたの』はい
  • 『自分の子供ではないんでないかと』 はい
  • 『で もう もともと不倫も感づいてたわけ』
  • はい 何となく薄々なんですけども
  • 『そうするともう この弟が出来る前に 夫婦関係は壊れてたっていうことですね』
  • そうですね 『ふ~ん』 ですから 夫婦間に関しては 何も私もないですね もともとこちらも冷めてましたので
  • で あれなんですけど 親子関係や兄弟関係が ちょっと 引っかかってくるってことだけなんです
  • 『ほいで この弟に対しては あなたの方の感情は もうないわけですか 実の子供でないから』 はい
  • 『それとも なんかちょっと一緒に暮らしていたから 感情はあるわけ』
  • その時は 自身の 子供だと思っていたので 当然 ありましたけれども そういうのでないとなると ちょっと私としては まぁ年齢も小さかったので 下の方がですね だからもうちょっと こう そういう感情は無くなってしまったのは 事実なのは 事実ですね
  • 『そうすると 先程 ちょっと そういう母親に会わすのは 教育上問題があるというふうに言われたんですけれども 元の奥さんには 凄い 憎しみがあるわけですか』
  • 今は別にないんですね 特に 子供に与える影響ってものが ちょっと残るので どうかなっていうのが 一番の心配なだけです
  • 『貴方は合理的に物事を判断して合理的に行動していくタイプなんですよね きっと』
  • どうなんでしょうか ちょっとそこまでは分からないんですけど
  • 『もう こういうことであれば もう感情もすっきり冷めてしまってということですね』 はい
  • 『先ほどから中川先生が言われたね 淡々と話す っていうの そこが すごい大切だと思いますね タイミングも大切ですけれど それ以上にその淡々と話すという事が つまりこれはものすごい重大な悲劇なことなんだというような話し方をすればね 子供は自分の人生は重大な悲劇を背負っているというふうに思いこんだりしますからね』 はい
  • 『アナタが話し方によって 中学生の息子さんが どういうふうに自分の人生を解釈する 感じれるかってことが違ってきますからね』 はい
  • 『これは淡々と』
  • さらりと流すようにということですよね
  • 『う~ん それでは 今 中川先生がおっしゃったように 解決すべき課題として 淡々と処理するって事じゃないですかね』
  • そうですね わかりましたので はい
  • 『はい どうも』 すいません
  • 『あんまり心配しすぎないように 心配しすぎるのはあなたには合わないわ』
  • そうですか ありがとうございます
  • 『はい』 ありがとうございました
  • 『どうも失礼します』
  • 失礼します

管理人のちょっとひと言

なんで相談したのかってぐらい、冷静な父親ですね。既にもう調べつくしてあって、結論も出ている。
一般的に、自分の考えが間違っているかどうかの確認なのか、それほどフォローすべきこともない。
中川先生が言っていることも、相談者にとっては確認事項、なので加藤先生もツッコミどころがないようです。

こんな性格だと、夫婦仲が上手くいくとも思えない。元妻も息が詰まったことだろう。なんとなく不倫に走った気持がわからなくもない。ただ行った行為は許されるべきことじゃない。順番は守るべきで離婚手続きを踏んで筋は通しておくべきだった。我慢しきれずに不倫相手の子供を身ごもり旦那の籍に入れるという最悪の行為をしてしまっては言語道断、フォローする気にもなれない。どんな理由があったにせよ。

何事においても完璧主義者で、心配し過ぎって話しも出てますが、イヤイヤ、ただのリスク管理。
事前にシュミレーションをしているだけでしょう。
こんな父親だから、息子も母親に会いたいとも言えないし、会った時のことを考えていたんじゃないかと思う。

そもそも数年前に離婚してということなら、かなり多感な頃で、母親を鬱陶しいと思い始めたとしても不思議でない。
それで離婚ともなれば、ある程度の夫婦のやり取りを見ているので、察しはついていただろう。
夫婦仲が悪いということも、気付いていただろうし、弟のことがきっかけになったこともわかったはず。だから口には出せない。たとえ会いたいと思っても。そもそも、何をしたのか理解した時、許せるのかどうかはわからない。

不倫相手の子供に、感情移入していない点も、どうなんだろう。一時的にも自分の子供として育ててきて、じゃあ血が繋がっていないから「さようなら」もう何とも思っていないってなるものだろうか?
こればかりは、自分に置き換えることができないから、想像もつかない。ただ一時的にでも、我が子と呼んで育んできて、何も思わない状態には、なれない気もするのだが。

そういう冷静に分析しながら、子供に対してどう伝えるか。もちろん会う会わないは息子の意思だけど。
伝える必要がないという人もいるだろうし、伝えた方がいいと言う人もいるだろう。
自分なら、いずれ知るだろう事実なら・・・戸籍を見る機会は何度となくあるだろうから、本当の事を知っていたいし、伝えたい。
もちろん、受け入れられると判断してからになるだろうが、疑問を持って勝手な想像を巡らさせて、息子を混乱させる必要もないだろうから。
それにしてもDNA検査が簡単にできるようになったので、表面には出てこないが、この手の問題が増えていくんだろうな。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.