考え方の癖

テレフォン人生相談
夫婦生活

テレフォン人生相談2015年7月4日、夫婦生活を声を荒げて拒否する妻に、不信感を持ってしまった夫。妻の浮気を疑い、なかなか抜けきらず夫婦喧嘩も絶えない。思い込みによる鬱に近い状態でそう思っているのかもということで、客観的に判断して欲しいと悩み過ぎた上での相談。田中ウルヴェ京が回答者として、考え方の癖から、解決の糸口を見つけようとメンタルトレーニングの基本をレクチャー。それによると「こうあるべき思考」ではとのこと。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年7月4日(土)

  • パーソナリティ:今井通子
  • 回答者:田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト メンタルトレーナー)
  • 相談者:56歳男性会社員 妻47歳パート 長女20歳 長男18歳 婚姻22年目 4人暮らし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

  • 『もしもし テレフォン人生相談です』
  • すいません よろしくお願いします
  • 『はい こちらこそ 今日はどういった ご相談ですか』
  • エート 夫婦間の相談なんですけども
  • 『はい あなたはおいくつ』 56才です 『56才』
  • 『奥様は』 47です 『47才』
  • 『お子さんは いらっしゃいますか』 はい2人います
  • 『上から 男のお子さん 女のお子さん お歳』
  • 上がですね 女で20歳です 下が18で男です
  • 『じゃあ お暮らしになってるお家はこの四名 家族で』 はい はい そうです
  • 『はいさて 夫婦間の問題ですね なんでしょう』
  • はい 私自身がですね 妻に 不信感をいだいてしまって なかなか抜けきらない と 『はい』
  • で それが元でついつい喧嘩をしてしまったりとか ということがありまして そのたんびにまぁ離婚の話をするとか そういうのくちばしてしまったりとか 出てしまうもんですから 自分の本心あるいは あのーまぁ 私が考えてること自体が 思い込みによる ただの ま 鬱に近い状態になっているのか ちゅうなのを個人で判断ができないと 客観的に見てもらって それはないよとか そういう ま 裏づけじゃないですけども アドバイスが欲しいと思ったもんですから 電話入れたんですけど
  • 『わかりました まずその 奥様に対する不信感って 内容は何ですか』
  • 浮気してるんじゃないかって 思ってしまったっちゅうことですね
  • 『ご結婚何年目』22年です 『22年目』
  • 『で 奥様が浮気をしてるかもと思われたのはいつごろ 今から何年前ぐらい』 3年ぐらい前です 『3年前』
  • 『それまでは そんなことはなかったんですか』
  • ですね ま 結婚した当初は もしかしてと思ったことはあったんですけども 後は ずっとなかったんですで 『はい』
  • で 3年ぐらい前に ちょっと 喧嘩が 絶えなくなったっていうかですね 『はい』で まぁ…
  • 『その喧嘩の理由はなんでした』
  • 例えば 夫婦生活を 申し入れた時に 声が荒げて したくない とか 言うようなの 肋骨に言われたりとか あったもんですから 『はい』
  • 最初はしょうがないな と思ってたんですけど 何回か そういうことで ちょっと 不安を覚えたりとかしてたら もしやとか 思い出すともう ちょっととらわれてしまったかなと
  • 『う~ん この夫婦生活は したくない って言う前に 3年前ぐらいですかね っていうことは あなたが53才ぐらいの頃かな』 はい
  • 『その頃は 通常は だいたいどれぐらい 夫婦生活があったんですか』
  • あ 結構ありました 普通の方よりは 何か聞くと多いということで
  • 『週に何回くらい』
  • 週に まぁ 1、2回 『1、2回』 はい
  • 『それがしたくないって拒否をされて そのあとはどれ位になったんですかね』
  • ま週1になったりとか また元に返ったりとかあるんですけど その時々の断り方が妙に こぅ 私自身が 不振に陥ったっちゅうことですね
  • 『で あなたはお仕事は お勤め』 はい 会社員です 『会社員』
  • 『奥様は』 パートです 『パートでお勤め』 はい
  • 『で これはもう ずっとですか 若い頃から』
  • 12、3年前から 半日のパートです 午前中だけの 『あ 午前中だけ』はい
  • 『で あなたの方は 同じ会社にずっと勤めてらっしゃるの』
  • 私もちょっと 何回か 転職はして、ますけれど
  • 『で 土 日 なんかはお休みじゃあ』
  • いや 日曜日がほとんど 休みっていう形です
  • 『あ 日曜日が休み』 はい
  • 『で お休みの日なんかは どうしてらっしゃるんですか』
  • 休みは ま妻と食事に行ったりは するんですけれど 『はい』
  • 何かが 何となく 私自身が 腑に落ちない っちゅうなのがあるんですけど
  • 『じゃあこの 食事に行こうっていうのを 断られたことありますか』
  • 何回かは あります
  • 『で 断られた時の理由はなんでした』
  • すごく 不機嫌だったですね 理由がわかんない不機嫌さっちゅうなね
  • 『あ じゃあ 疲れてるから嫌だわ とか 今日は何かお腹がをもたれてるから ちょっと軽いものを家で食べたんで いいわとか っていう理由は全くないのね』
  • はい そういう言い方だったら まだいいんですけども ちょっと・・・
  • 『どういう言い方』
  • なんて言いましょうかね 感情が入った いかない っちゅうよう 行きたくない っちゅうな 強くもぅ拒絶反応っちゅうなね
  • 『あ~ん で 理由はなし』
  • 理由はなしですね
  • 後日聞けば そういう日もある とか言われたっちゅ
  • 『ほう で あなたとしては 要するに ひょっとして奥様が浮気してるんじゃないかと思った』 そうです
  • 『で それが3年前からですね』 そうですね
  • ま そのときは そこまでは思わなかったんですけども 何で喧嘩するのかな っていうのが始まりですね 『はい』
  • で 結局 妻からきつい返事とか いうのがあって 何となくそれに 売り言葉で買い言葉 みたいになってしまっている
  • 『う~ん さて で じゃあ今日の ご相談をまとめて これが知りたいみたいな お話があったら』
  • 今 妻の悪いことばっかし言ったんですけども つい最近 あの 私 誕生日ありまして 『ええ』
  • このときの メールとかでいくと 普通で考えると 仲のいい夫婦だなっていうような やりとりなんですよ
  • 『ちなみに ちょっとご紹介ください』
  • これからもよろしくとかですね おめでとうとかいうのが
  • 『ああ 書いてあったんですね』 はい 『うん』
  • で その日は 夫婦生活も 向こうから来てくれたとか あったんで 妻を信じたい面もあるし 『なるほど』 はい 相手を ま 分かってるか って言ったら それは 分かってないって 一面もあるんですけど 正直 言えない部分は あるんですけど 疑わしき気持ちっちゅうなのも あるもんですから 『うん』
  • 自分自身としては ずっと 連れ添いたいな っていう気持ちもあるけど もし 妻に 何かあれば 心がもぅ どんどん どんどん お互いに離れていくのかなーと で それだったら 早い時期で決断したほうがいいのかなーとかですね
  • 『かなり悩んでらっしゃると』
  • はい かなり悩んで悩み過ぎたものですから こちらにお電話させてもらいました
  • 『わかりました 今日はですね シンクロナイズドスイミングの銅メダリストでメンタルトレーナーの 田中ウルヴェ京さんがいらしてますので 伺ってみたいと思います 先生よろしくお願いいたします』

田中ウルヴェ京のアドバイス「お互いの我儘を たまには お互いで受け取り合うというのが夫婦生活の中では重要」

  • 6分35秒過ぎ
  • 『はい よろしくお願いします』 よろしくお願いします
  • 『エート 今 今井先生におまとめいただきまして ちょっと今から まメンタルトレーニングの こぅ基本的なことなんですけれど 目の前の 何か こぅ問題を どんなふうな見方をしてしまう 傾向があるのか 例えば 今日の事例の 奥様がもしかしたら 何か浮気をしてるかもしれない 何かこう あの疑ってしまうというような その あなたが疑ってしまう 考え方の癖 というようなものがわかれば 問題解決の糸口にはなると思うので ちょっとそんなことを今質問しますね』 はい
  • 『例えば 何か 大事なお仕事で ご自身が 失敗しちゃったとします』 はい
  • 『で ま ある程度 人様に あるいはお客様に とか ご迷惑をかけたとします こういう状況を思い浮かべた時に つい自分の口から出てしまうような 考え方ってどんな事だと思いますか』
  • まず謝りますね 自分でやった事に対して 迷惑なんで 『はい』それに対しては 反省しなきゃいけないと
  • 『なるほど』
  • 素直にお客さんに謝ると
  • 『謝ると』
  • 『もし謝っても お客さんが許してくれなかった時は どんなふうに思いますか』
  • 聞きます 怒ってることを全部 聞きますね 『はい』
  • 『例えば 同じ失敗でも 本当は全然自分のせいじゃない時は どんなふうに思いますか』
  • 正直 腹立ちますけども 聞くのは聞きます
  • 『お客様の言うことも聞くし こんなふうに 是非今日から 例えば もう今日はちょっと あの 夫婦生活なんて そんな余裕ないわよって 例えば怒られたとします』 はい
  • 『あなたは そういうふうに 奥様に言われた時に 今 私は 何を感じてるかなーということを ちょっと自分で考えてほしいんです』
  • なぜなんだって 逆に聞きますね
  • 『って なぜなんだって言ったら 例えば 奥様どんなふうに答える可能性が ありますか』
  • 疲れてくるからっちゅうようなことですね
  • 『そうしたら 疲れているからと言われたときに あなたは どう思うんですか』
  • なぜ疲れたんだと
  • 『なぜ疲れたんだと ってそうな・・・』
  • なにが理由でと
  • 『ん で なぜ疲れたんだって もしもあなたが言ったとしたら どう言いますか 奥様は』
  • もうそんなのに理由はないってな感じですね
  • 『うん うん うん うん 理由が無いって言われた時に 今度は あなたは何と 思う 或いは なんと言いますか』
  • 何か隠してるんじゃないか って思いますね
  • 『隠してるんじゃにないかと』 はい
  • 『で 奥様はその後 何て言うと思いますか』
  • 何も無い
  • 『そうね』
  • としか言わないですね
  • 『そうですね』
  • なにも説明する物がないと
  • 『そうですね』 はい
  • 『もちろん今の ほんの少しの時間だけで伺ってるだけなので 勝手な判断 私が今 してしまうんですけれど この考え方の癖が もしかすると あなたを そして奥様を 苦しめてるかもなーと思う思考は何かというと』 はい
  • 『こうあるべき思考です』 はい
  • 『何かにつけて 例えば 目の前のものが 思い通りにならない時に ああ これは こうあるべきだったのに』 はい
  • 『自分が こういうふうに望んでる時は 相手もこう 思ってるはずなのに あるいは こう思ってるべきなのに がもしあるとすれば そのときにちょっとひと手間 ご自身で 一呼吸おいて 相手の こうあるべきっていうのも あるはずだよな って思ってあげてほしいんです』 はい
  • 『人によって こうあるべき という部分が違うので』 はい 『そこを少しだけでも ちょっと気付こうとしてあげると 隠してるんじゃないか っていう発言までには 及ばなくなるんですよね』
  • まぁ ずっと喧嘩してまして 最近ですね 『はい』
  • もうちょっと どっしり構えて欲しいっちゅうことは ちょっと言われましたね
  • 『ああ でも奥様 そんな風に言ってくださるのは あなたに対して諦めてないってことですものね』 はい
  • 『どっしりというのは 言い方を変えれば 俯瞰をして物事を視れる人っていう言い方にもなります』 はい
  • 『なので もしかすると 近視眼的に あなたがなり過ぎて どんどん自分の妄想高めている可能性は当然あるので』 はい
  • 『ちょっとこぅ自分には こうあるべき思考 というのと これがその 他人に対してだけだったら いいんですけど』 はい
  • 『もしかすると ご自身にも 私はこういうふうに振る舞うべき 我慢をして こんなふうに してなきゃいけない 正しい人間ってこういうもんだみたいな 価値観もありすぎると』 はい
  • 『ご自身の事を苦しめてしまいますよね』 ああ はい
  • 『もしかすると その両方があるんだとすれば ご自身がご自身の事を落ち込ませてもしまうし ネガティブに いろいろ考えてしまいますものね 言ってる意味は分かりますか』 はい
  • 聞いてる分は 分かりますので 自分の考えをちょっと変えた方がいいって言われていることも よく分かります
  • 『そうですね 変えるって思っちゃうと 凄く疲れてしまうので 気づくだけでいいです』
  • ああ 妻も 声を荒げて言ってる時に いちいち反応しないでよ っちゅうような言い方するんですけど まあそれは素直にそう受け止めた方が いいってことですかね
  • 『そうですね できるだけ俯瞰的に それこそ奥様が仰ったように ちょっとどっしり っていうのは 時間を少しおいてみるとか 言われた言葉にすぐ 買い言葉にってふうにならないようにするとか』 はい
  • 『それはでも全て 考え方の癖に あるべき こういうふうに奥様は思うべき っていう べきっていうのが もしかするとあると ぽんぽんぽんぽん 反応してしまいますよね』
  • じゃあ逆に自分が思ってることがあまりにも こぅ発展しすぎて 私自身の気持ちも 思わぬ対応とったりとか するっていうことですかね
  • 『そうですね そりゃあ あなたにとっては 言い方ちょっと悪いかもしれませんが 多少 我儘になり過ぎてしまうと 相手の感情 相手の思いが見えなくなる時は当然ありますので』 はい
  • 『自分が我がままだから 今 自分がこうあるべきというふうに思い過ぎてるからかな って思うことだけで 奥様の 自分はこうしたいっていう我儘を聞いてあげる余裕が出来ますよね』 あー はい
  • 『お互いの我儘を たまには お互いで受け取り合うというのが夫婦生活の中では重要ですものね』ですね はい
  • ちょっと最近もぅ あのー 半分妻も 心を決めた節があるんですけども 『はい』
  • ちょっと手遅れかなって とか思いながらも 微妙なところがあったりですね
  • 『そうですね 思い込みが どんどん違う方向に どんどん目の前の事実とは違うことをおっしゃると それは相手は傷つきますよね』 ですね ・・・
  • 『その事実が 自分の妄想かもしれないって 必ず自分のことを疑ってみるってのも とても大事ですね』
  • 『そんなところで ちょっと今井先生にお返しします』

今井通子まとめ「夫婦喧嘩は犬も食わない の夫婦喧嘩に悩んでらっしゃるのかも」

  • 13分37秒過ぎ
  • 『おわかりいただけましたか』はい わかりました
  • 『田中先生の こうあるべき論 それによって 奥様に言われた言葉が ぽろぽろ 出てきましたね』 『うん』ああ そうですね はい
  • 『もう少しどっしりして構えてほしいとか』 はい
  • 『自分が 声 荒げている時に いちいち反応しないでよって 楽しい奥さんですね』 そうですね はい
  • 『そういう時って ご主人は 分かった分かった その代わり 自分が声荒げた時は やっぱり反応しないでよねぐらいの 返しを入れても いいぐらいの 会話になっていくと思いますよ』 ああ わかりました
  • ちょっと はい 自分の気持ちを もうちょっと 冷静に見つめ直してみたいと思います
  • 『そうですね そうすると ひょっとすると 夫婦喧嘩は犬も食わない の夫婦喧嘩に悩んでらっしゃるのかもしれない』『うん うん』
  • はい わかりました
  • 『じゃあ そういうことで』
  • はい ありがとうございます
  • 『はーい 失礼します』
  • 失礼します
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.