不法原因給付

テレフォン人生相談
愛人問題

テレフォン人生相談2015年7月22日、女性に誘われて飲みに行き、夜にホテルに誘われてお金が必要だからとお金を出したのが1年前の話し。3年ぐらい一緒に仕事をした関係で、よく飲みにいっていたが、1年程会っていなかったが、久しぶりだから飲みに行こうと誘われ、ホテルで関係を持った時に、弟が事業で失敗したのでお金がいるから愛人になるので出して欲しいと言われ130万円を4回に分けて振り込む。お金を振込んでから、忙しいとか体調が悪いと言われあ全然会えなくなる。これは詐欺ではないのか、詐欺ならお金を返して欲しい。回答者に大迫恵美子弁護士。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年7月22日(水)

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:65歳男性 妻・子供3人 愛人になると約束した女性44~5歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

ドリアン助川:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
はい

ドリアン助川:
今日 どんなご相談でしょうか

相談者:
女性との関係なんですけど

ドリアン助川:
はい

相談者:
女性に誘われて 飲みに行ってですね

ドリアン助川:
はい

相談者:
ほんで 夜 ホテルに誘われて

ドリアン助川:
はい

相談者:
そこで 金が必要だからって言うんで 金を 出したんですね

ドリアン助川:
ほぅ ほぅ

相談者:
1年ぐらい前ですね

ドリアン助川:
1年ぐらい前

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと失礼ですが あなた様の えー年齢は おいくつでしょうか

相談者:
65才です

ドリアン助川:
65才

相談者:
はい

ドリアン助川:
で飲みに行って そこで知りあった方と

相談者:
いや 飲みに行ったのは もう3年ぐらい あのぅ 一緒に仕事をしてて   

ドリアン助川:
はい   

相談者:
えーと 1年ぐらい会ってなかったんですかね   

ドリアン助川:
あじゃあ前から知り合いの方なんですね 相手の方は  

相談者:
はい で 結局 久しぶりだから飲もうって誘われて行ったんですよ 

ドリアン助川:
なるほど 相手の方はおいくつですか   

相談者:
44、5だと思います

ドリアン助川:
44、5

相談者:
はい

愛人になるから

ドリアン助川:
では職場で かつて知っていた仲ということですね   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
それで まぁ飲みに行ってホテルへ行ったと  

相談者:
はい  

ドリアン助川:
それで お金を   

相談者:
お金を あのぅ なんか弟さんが 事業に失敗したとかで お金がいるから   

ドリアン助川:
はい  

相談者:
そのお金を その愛人になるから お金を出してくれんかということです   

ドリアン助川:
で えーと そのホテルでは 体の関係ができてしまった   

相談者:
そうですね 一応ね はい  

ドリアン助川:
はい で それをきっかけに そういうふうに言われているということですか

相談者:
はい で その まぁあの愛人関係をと言うけど   

ドリアン助川:
はい  

相談者:
全然もうそれ以降…金を振り込んだ以降は会ってくれないわけですよ  

ドリアン助川:
お金を振り込んだ  

相談者:
はい   

ドリアン助川:
いくら振込んだんですか   

相談者:
だから 130万ですかね   

ドリアン助川:
130万  

相談者:
はい  

ドリアン助川:
えー それ一度に   

相談者:
いや あのぅ 4回ぐらいに分けてです   

ドリアン助川:
4回に分けて   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
この4回に分けて振りこんでるって…期間としてはどれくらいでしょうか  

相談者:
期間は 2~3週間の内ですね  

ドリアン助川:
2~3週間のうち   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
この時はあのぅ 相手は顔を見せたんですか  

相談者:
いや ぜんぜん

ドリアン助川:
ぜんぜん

相談者:
はい

ドリアン助川:
ということは 一度 ホテルでそういうことになって

相談者:
はい

ドリアン助川:
たった1回のその関係の中で 愛人という言葉が出て

相談者:
はい

ドリアン助川:
で 130万を4回に分けて振り込んだ

相談者:
はい まぁあのぅ ずっと前から知ってたもんですから

ドリアン助川:
はい

相談者:
3年ぐらい一緒に仕事してて 知ってたので 飲みに行ったりもしてたんですね

ドリアン助川:
はい はい

相談者:
だから信用して 出したんですね 困っているだろうからと思って

ドリアン助川:
この130万というのは

相談者:
はい

ドリアン助川:
後で返してくれよという そういう約束のお金なのか それとも…

相談者:
いや かえ…返してくれという約束じゃなくて 愛人になるから もう くれっていうことですね

ドリアン助川:
ああ~

相談者:
うん

ドリアン助川:
で会ってくれないと   

相談者:
そうです 愛人関係 だって言いながらも全然会ってくれない   

ドリアン助川:
これは1年ぐらい前の話しなんですか   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
はぁ はぁ はぁ はぁ で え…  

相談者:
それで まだ30万足らないから 会うようにアレですよね 会ってくれていうことだったんですよね   

ドリアン助川:
はい   

相談者:
そこで もう一回 ホテルへ行ったんですけど   

ドリアン助川:
ええ  

相談者:
それで 貸してくれって言ったけれども 無いちゅうことで貸さなかったんですよ   

ドリアン助川:
はい  

相談者:
でその後は ずっと だから ただメールはするけど まだ忙しくて会えないとか   

ドリアン助川:
はい  

相談者:
体の調子が悪いとかって言って 全然もうそのままなんですね   

ドリアン助川:
は は は は ま基本的にそのぅ 愛人という言葉はあっても   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
実態はそうではないってことですね   

相談者:
うん そうです  

ドリアン助川:
はい あなたはあのぅ 失礼ですけど ご家庭は あるんですか   

相談者:
はい   

ドリアン助川:
奥様 子ども いらっしゃる   

相談者:
はい   

ドリアン助川:
お子さんは何人いらっしゃるんですか  

相談者:
エート3人です  

ドリアン助川:
3人 で仕事も まだしてらっしゃるんですか 65才ですけども   

相談者:
はいしてます  

ドリアン助川:
で えー家族にはまぁ当然ナイショの話しなわけですよね   

相談者:
ああ内緒ですね はい  

詐欺じゃないですか

ドリアン助川:
はぁはぁ で今どうしたいと思われてるんですか   

相談者:
いや だから あのぅ 返して そのぅ 詐欺にあたらないのかな と思ってるんですけど 詐欺にはならないんですかね   

ドリアン助川:
ああ… 相手が愛人と言いながら   

相談者:
はあ  

ドリアン助川:
愛人では まったくないと   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
でお金だけ振り込んでしまったと   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
これは詐欺じゃないかということですね   

相談者:
はい   

ドリアン助川:
はい わかりました それでは 今日の回答者の先生紹介したいと思います   

相談者:
はい  

ドリアン助川:
弁護士の 大迫恵美子先生です よろしくお願いします  

相談者:
はい

大迫恵美子弁護士のアドバイス

大迫恵美子:
もしもし

相談者:
はい

大迫恵美子:
ずいぶん酷い目にあいましたね  

相談者:
はぁ…  

愛人詐欺のお金を取り返せるか

大迫恵美子:
うんまぁ 詐欺じゃないですか っていうことですけど   

相談者:
はい   

大迫恵美子:
うんまぁ おそらくは詐欺なんでしょうね(笑う)   

相談者:
あはははは   

大迫恵美子:
あのー ただ これね   

相談者:
はい  

大迫恵美子:
どういうふうに その今後 問題を 解決したらいいのか ということですけど   

相談者:
はい  

大迫恵美子:
う~ん… まぁお金を返して下さいということですけど   

相談者:
はい  

大迫恵美子:
どうですかねー それはまぁいろんな意味で難しいように思いますけどね   

相談者:
はぁ…   

大迫恵美子:
例えばね これ 今 その人が貴方に連絡してきて    

相談者:
はい    

大迫恵美子:
まぁ あなたの方が強くね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
これはもう詐欺じゃないのかと    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
言った時にね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
その相手の女性が イヤイヤ とんでもないですよと    

相談者:
うん   

大迫恵美子:
じゃあ 本当に愛人になりますよと 言って   

相談者:
はい   

大迫恵美子:
実際に まぁあのー会ってくれたらね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
そしたらもうあなたはそれでいいんですかね   

相談者:
そうですねもう結局 そうすればですね    

大迫恵美子:
うん そうだとすると まぁ例えばあなたが警察に行ってね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
こんな詐欺にあいました という話しをした時に    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
まあ その警察を連れて行ったら その相手の女性がイヤイヤこれからね 愛人としての契約は 真面目に守るつもりですよ っていう話しをしたら    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
あなたはとしては あ それならそれでいいんだよと    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
なにもそんな   

相談者:
言ったらアレですね    

大迫恵美子:
ええ 警察沙汰にする気はなかったんだよと   

相談者:
うん   

大迫恵美子:
そういう話しになるわけですよね    

相談者:
はいはい

大迫恵美子:
そうするとまぁ 警察もね そんな話しになっちゃうものを詐欺だとかなんだとかって まぁなかなか言いづらいですよね    

相談者:
ふんふんふん   

大迫恵美子:
ま今 そういう状態にいるっていうことですよね あなたの立場としてはね    

相談者:
はい    

大迫恵美子:
あのー じゃあね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
まあ そういう警察沙汰みたいな話しの詐欺    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
こういうものにはできないんだとして   

相談者:
はい    

大迫恵美子:
そうは言っても随分時間があいちゃったのでね    

相談者:
はい    

大迫恵美子:
えーあの時ああいう話しだから お金を振り込んだけど どうもその話しが進んでないのでね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
お金 返して下さいよ    

相談者:
はい  

大迫恵美子:
ということが言えるかどうかって問題ですよね    

相談者:
ふんふんふん   

不法原因給付

大迫恵美子:
これはね 実は法律では結構 難しい話しなんですよ    

相談者:
ああ…   

大迫恵美子:
要するに あなたの差し上げたっていうか提供したお金っていうのはね   

相談者:
はい   

大迫恵美子:
彼女を愛人にする お金っていう意味でしょう    

相談者:
はい    

大迫恵美子:
で まぁあなたにはご家庭があるわけだから    

相談者:
まぁ はい   

大迫恵美子:
あのご家庭のある人が 外に愛人を作っちゃいけないと    

相談者:
はあ はあ   

大迫恵美子:
というのは一応ね 道徳観念としては やっちゃいけないことになっていますよね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
そうだとするとね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
お金 返して下さいよと あなたが言って 例えば法律がね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
あなたの味方をしてね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
彼女に向かって 愛人にならないのなら お金を返しなさいと    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
こういう風に言ってくれるかっていうと    

相談者:
はい    

大迫恵美子:
実はね そうは言ってくれないんですよ    

相談者:
ああ    

大迫恵美子:
あなたの方がもともとその提供している お金のね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
目的が 非常にその道徳に反するようなことをしようとしたと    

相談者:
はぁはぁはぁ   

大迫恵美子:
だからそのあなたの手は汚れている その汚れた手の人がね    

相談者:
うん   

大迫恵美子:
その汚れた手で 約束を守らないなら 法律違反だからお金を返しなさいと    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
いうことはできませんよっていうね    

相談者:
はぁああ…   

大迫恵美子:
これがね 法律の中で もう決まってることなんですよ    

相談者:
ああ…   

大迫恵美子:
不法原因給付って言うんですけどね    

相談者:
はい  

大迫恵美子:
不法なことを目的に 渡したお金は    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
取り戻すことが出来ないっていう事になっているんですね    

相談者:
はぁああ…    

大迫恵美子:
で今回の場合はあなたの方がね    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
まあ愛人ににしようとしてお金を出してるということですから    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
明らかに 不法な原因のお金ですよね    

相談者:
はあ はあ はあ    

大迫恵美子:
それをね えー取り戻すっていうのはできないと    

相談者:
うん   

大迫恵美子:
おそらく女の人の方はわかってるんじゃないのかな と思いますけどね    

相談者:
ああ まあ そういうことを知っててアレですね   

大迫恵美子:
まぁ知ってる可能性もありますよね   

相談者:
ふんふんふんふん   

大迫恵美子:
あのただね    

相談者:
はあ   

反省しています

大迫恵美子:
あなたとして そういうことのためにね    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
お金を使って    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
ねえ 今 この状態になっても女の人が じゃあ愛人になりますって言ったら それでもいいんだって仰ったけど    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
それでも本当にいいんですか    

相談者:
うん もう 今としてはアレですね 私も反省して    

大迫恵美子:
うーん…   

相談者:
うん   

大迫恵美子:
その反省っていうのは

相談者:
どういう反省なんですか    

大迫恵美子:
そうだから…まぁ 諦めようとは思ってたんですけど   

大迫恵美子:
うんそれはね お金を出しちゃって もったいないことをしたから    

相談者:
はあ はあ   

大迫恵美子:
ああ馬鹿なことをしちゃったって そういう意味ですよね    

相談者:
はあ はあ   

大迫恵美子:
それはちょっと反省とは違うんじゃないですか    

相談者:
はあ…   

大迫恵美子:
そんなその 20歳も年下の女の人がね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
まぁ自分のことを好きじゃないんだろうと思いながら   

相談者:
はあはあ   

大迫恵美子:
まぁお金で自由にできるんならそれでいいや っていう話しですよね    

相談者:
ふん   

大迫恵美子:
え そういうその人間関係をもつっていう事が どうなんですか あなたの人生の中で それはそれで やっぱり楽しい事だから いいんだってことなんですかね    

相談者:
ああーまぁ そう言われたら…   

状況を理解してますか

大迫恵美子:
あのぅ これ全然こんなことになっていて    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
奥様にはバレてないんですか    

相談者:
ああ バレてはいないです    

大迫恵美子:
ああ   

相談者:
けど感づいてる可能性はありますけど   

大迫恵美子:
(苦笑)感づいてるとすれば バレてるってことじゃないんですか    

相談者:
はははは…うん    

大迫恵美子:
あんまり あれなんですかね 奥様は あなたがこういう事をしてても そんなに強い関心を示さないんですかね    

相談者:
うーん あんまりですねぇ はい    

大迫恵美子:
うーん… それはでも 少なくとも あなたの方で修復しておかなくても大丈夫なんですか   

相談者:
はあ 妻の方にはまぁ まだ 大丈夫だと思います    

大迫恵美子:
(苦笑)その根拠はどこにあるんでしょうね    

相談者:
ははは… 根拠はないですね    

大迫恵美子:
うーん あの結構ね    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
貴方の年齢になった時に 離婚の話しになっちゃうって事 多いんですよ    

相談者:
はあああ   

大迫恵美子:
あのぅ まあ あなたも そろそろね 定年になったりして   

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
働けなくなっちゃう お年頃ですよね    

相談者:
はいはい    

大迫恵美子:
まあそうするともう一緒にいてもね    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
収入がどんどん増えてくるような 関係でもないので    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
ここらで清算して 別々に暮らしたほうがいいなっていう風に考える奥さんって たくさんいらっしゃるんだけど    

相談者:
はいはい  

大迫恵美子:
まあ それ 大体はご主人の方が気づいてなくてね   

相談者:
はい   

大迫恵美子:
言われた時には 突然のことでびっくりしちゃうんですけど    

相談者:
はあー   

大迫恵美子:
その時にそのあなたの場合 もし あなたの場合 それにあてはまるとしたらね    

相談者:
はい    

大迫恵美子:
あの奥様の方から だってあなたは浮気してたでしょう っていうことをね   

相談者:
はい   

大迫恵美子:
言われちゃうと    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
もう 全然不利な立場ですよね    

相談者:
ふーん…   

大迫恵美子:
そこのところはちゃんと手当しておかなくても心配ないんですか    

相談者:
ああですね    

大迫恵美子:
その130万の事 とても惜しいとかね    

相談者:
はあ

大迫恵美子:
あんな言葉を信用してお金出したって自分は馬鹿だったってところでは反省されているみたいだけど    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
あのぅ もっと根本的なところでね

相談者:
はい   

大迫恵美子:
えー奥さんとの関係をきちんとしないで     

相談者:
はい   

大迫恵美子:
で まぁよその お楽しみの事だけを考えちゃったっていう そっちの考え方の方に えー反省しなきゃいけないところが ありませんか    

相談者:
はあ はあ… なんとか頑張ります    

大迫恵美子:
イヤー ぜんぜん わかってくださっているかどうか心配ですけどね    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
あの なにかねー あのこのご相談ではね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
一番大事なところがズレていて    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
まぁあなたの関心は 130万のお金のもったいなさと    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
それでも今なおね その女性が戻ってきて やっぱり愛人になりますと言えば 130万のことはもう忘れられると いうことですから    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
その女性に対する未練とね    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
その二つだけで このご相談が成り立ってるわけだけど    

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
えーそこの問題だけ 解決しても 本当のところは解決にならないんじゃないのかなと思いますけど    

相談者:
はあああ…   

大迫恵美子:
奥様との関係をもう少し徹底的に修復するように努力していかないと    

相談者:
はい   

大迫恵美子:
実は 今回の130万の事が その薄々感づいているというどころじゃなく   

相談者:
はあ   

大迫恵美子:
奥さんが何かを掴んでるかもしれないと いうことも念頭においてね    

相談者:
はい    

大迫恵美子:
奥様との関係を修復するように 努力しなくてもいいんですか   

相談者:
ですねー もうじゃ はい そちらの方に もう諦めて はい    

ドリアン助川のまとめ

ドリアン助川:
もしもし    

相談者:
はい   

ドリアン助川:
諦めてと言うより えー65才という年齢であれば もうひと花 ふた花 ね 咲かせてほしいと思いますので    

相談者:
はい    

ドリアン助川:
いい勉強したと思って    

相談者:
はい   

ドリアン助川:
ええ いずれにしろ 65才まだ20年 30年 ありますんで    

相談者:
はいはい   

ドリアン助川:
ええ 新たな道で 歩んでいただけたらな というふうに思いました   

相談者:
ああ ありがとうございます    

ドリアン助川:
はい   

相談者:
ありがとうございました はい

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.