結婚は失敗

テレフォン人生相談
夫婦関係
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年7月30日(木)

パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:35歳女性 夫33歳

せっかく結婚したので離婚したくない方法を考えているという相談者。夫からの罵倒によるストレスで体調を崩し2週間前に逆流性胃腸炎という検査結果がでて、安静にということで実家に戻ってきた。入籍して夫から事あるごとに言ってはいけないようなことを頻繁に言われ続けてきた相談者、なにかある度に離婚だと繰り返され、結婚してすぐに子供ができると思っていた夫から子供ができない体を黙っていた結婚詐欺だと言われ、そして子供ができないんだったらいらないとまで言われる。体調を崩しても稼いでこい、一生稼げと言われる。話し合いで夫から、離婚届を送る、家は解約したと言われたのだが、しかしその日の夜にやり直したいというメールをもらう。もどるべきかどうかを決めたいという相談。回答者は大迫恵美子弁護士。

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

今井通子:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
もしもし

今井通子:
はい 今日はどういったご相談ですか

相談者:
半年前にあのう入籍をしまして

今井通子:
はい

相談者:
それから3ヶ月後に あの式をあげて あの一緒に少し住み始めたのですが

今井通子:
はい

相談者:
ちょっとあのぅ 主人の言う 言葉が きつかった…普通に考えて言ってはいけないような事をよく 頻繁に言われて それがあのぅちょっと ストレスで ちょっと私が・・・自身が 体調を崩してしまって 今別居 している状態で それについてあの 悩んでます

今井通子:
悩んでますというのは何? 離婚しようかなという事?

相談者:
はい あの見合いだったりとか何かをするたびに あの主人の方から毎回離婚だっていうふうに言われていて

今井通子:
ああ あなたはじゃあ 離婚はしたくないわけね

相談者:
そうですね あの せっかくあの 結婚をしたのでしない方法でって 考えてはいたんですけど 最終的にあの 体調崩しても あのぅそれは関係ないって言われて あのぅ そういう状態だったので 今実家に帰ってきたのですが その 話し合いを この前に 行ったら やっぱり最終的に合わなくて離婚だというふうに言われて もう最終的にこちらも応じるしかないかなと思って いたのですが そのあとに 本人からあのー その日に離婚届を届けるとか 家は解約したって話しまで連絡があったのですが その日の夜に またやり直したい気持ちがあるっていうメールももらっていて 実際あのぅ お互いに嫌いにはなったわけではないんですけど これのことについてのこちらの家族 今も心配かけたりとかして あのぅ 凄く周りを傷つけているので このまま続けていいのか それともあの 離婚したほうがいいのか の その性格が治るものなのかっていうのを・・・がわからずに ちょっと相談させていただいています

今井通子:
ご実家に帰られてから何日ぐらい経ってます

相談者:
ちょうど2週間ぐらいです

今井通子:
あ 2週間ぐらい

相談者:
はい

今井通子:
まずですね あなたのお歳は おいくつですか

相談者:
35です

今井通子:
35歳 ご主人の方は

相談者:
33です

今井通子:
33歳 出会いはいつですか

相談者:
出会いは 10ヶ月ほど前です スピード結婚だったので

今井通子:
10か月前ぐらいに

相談者:
はい

今井通子:
そうすると これ あれ お見合いグループ みたいな

相談者:
そうです はい

今井通子:
それで半年前にはもう 籍を入れてしまったと

相談者:
はい あの 交際をはじめてから半年で 入籍をまず済ませて 挙式がそれから3ヶ月後だったので それまではあの 私が まだ実家にいるっていう話しで 同居を始めたのが 式が終わってからの 2週間ぐらいです

今井通子:
そうすると 結婚式が3ヶ月前だったの?

相談者:
結婚式が 1ヶ月前です

今井通子:
1ヶ月前に結婚して

相談者:
はい

今井通子:
二週間前には

相談者:
はい

今井通子:
実家に戻って ということなんですね

相談者:
はい そうです

今井通子:
で 1ヶ月前に・・・から同居をされて 何が問題だったんですか

相談者:
ま同居をする前から籍を入れたぐらいからなんですけど 一番多かったのが あのまぁ事ある毎に離婚だっていうふうに言われたのなんですけど それ以外ですと 子供が出来ない体っていうのを 黙ってたんじゃないかとか そんなことまったくないんですけど 急にそういうふうに あの本人も言ってるんですけど 被害妄想だったりとか マイナス思考なところがあるので急にあの…

今井通子:
ちょっとま…ちょ ちょ ちょ ちょっと待ってください

相談者:
はい

今井通子:
子どもができない体っていうのは あなたの事?

相談者:
はい 出来ない体っていうふうな 診断を受けているわけではなく

今井通子:
はい

相談者:
ただ あの 子どもが あちらが欲しいっていう話しをしている時に 一般的に ま できにくい人も 今 私の周りで不妊治療してる人がいるので あのできたらいいね ぐらいで話しをしてたんですが 主人の方は結婚したら すぐにできるものだっていうふうに思い込んでいたので その思い入れ方の違いで 私があの凄くその話しに乗って来ないのは 私が子供ができない体なのではないかとか

今井通子:
うん

相談者:
そのことを黙って籍を入れた結婚詐欺なんじゃないかっていうふうに 言われてしまったりとか

今井通子:
う~~ん

相談者:
そうではないって もし仮にそういうふうだったっていう時には あのぅ どういうつもりだったのって言ったら あのぅ 子供ができないんだったら そんなのいらないって言われてしまったりとか そういう言われ方をしたり あの今回ちょっとストレスで体調崩している状態でも あの体のことはどうでもいいから 稼いで来いっていうふうに 一生働き続けろっていうふうに言われてしまったりとか 後はあのぅ 結婚式をする新婚旅行に行くっていうのを お互いに決めたんですけど あの 結婚式なんてずっとしたくないしたくないっていうふうに言われ続けたり 旅行も行きたくないのに 行ってやったっていう言い方を常にされています

今井通子:
で 貴方は今実家に帰っているこの病気になってっていうのは 貴方が2週間前でしたっけ 病気になってっていう

相談者:
体調を崩したのは あの式を挙げる 1ヶ月ぐらい前からちょっと調子がおかしいっていう事で 様子を見ていて 病院にはかかっていたんですけど 検査を受けて結果が出たのは 2週間前で

今井通子:
その2週間前に出た検査の結果は なんだったの?

相談者:
逆流性胃腸炎なんですけど ストレスからくるものだと診断されたので まぁあちらのご両親やどちらもの・・・と話した上で あの 実家で療養するようにということで 帰ってます

今井通子:
なるほど であなたが 相談してる相手は あなたのお父さんお母さんとご主人の方の

相談者:
はい

今井通子:
お父さん お母さん

相談者:
はい そうです

今井通子:
で ご主人の方は あなたの方のお父さん お母さん

相談者:
はい

今井通子:
それからご実家の方のお父さん お母さん 両方とは 相談されてるの

相談者:
主人がってことですか

今井通子:
そう

相談者:
昨日 あちらのお母さんに 離婚することになったっていう話しだけは あの したそうです

今井通子:
う~ん なるほど

相談者:
で その時に あのあちらのお母さんが もう嫌いになって別れるのかって聞いたら あのそういう気じゃないっていう・・・のも言ってたっていうふうに聞いたので

今井通子:
でも性格合わないって 仰ったんでしょ ご主人の方は

相談者:
そう そうなんです はい

今井通子:
で 今日のご相談は そうすると

相談者:
戻るべきかどうかっていう事を あのぅ 決めたいです

今井通子:
で どうしたらいいでしょう っていうことですね

相談者:
はい

今井通子:
今日は弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので うかがってみたいと思います 先生よろしくお願い致します

大迫恵美子弁護士のアドバイス

大迫恵美子:
はい こんにちは

相談者:
こんにちは お願いします

大迫恵美子:
うんと そのね

相談者:
はい

大迫恵美子:
相手の方っていうのは あなたから見て 何が一番魅力的なんですか

相談者:
これだけこういう話しが・・・罵倒されたりとかする ことが出る前は とても優しい人で 自分のお父さん お母さんの話しをしても 凄く家族想いだったので その優しさが あの一番の魅力でした

大迫恵美子:
優しさがね

相談者:
はい

大迫恵美子:
魅力っていうのは 自分に対して優しくしてくれるだろうというね 思いがあるから まあ女性はほとんど その男性が優しい人がいいんだと言うんだと思うんですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
どうなんですかね 先ほどのね あなたが言われていることっていうのは 人として言っちゃいけないとかっていう大きなくくりだと 何も分析したことにならないですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
要するにね これがもしホントに 彼の本音なんだとすると なぜその女の人と結婚しなくちゃいけないのかとかね

相談者:
はい

大迫恵美子:
どういうその2人で 生活して行かなくちゃいけないんだろうかとか そういうことはまったく 考えたことがない人なんじゃないかなあと思うんですけどね

相談者:
あ・・・

大迫恵美子:
わりと 何て言うんだろう 幼稚ってことなのかもしれないですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
そうは言ってもね やっぱり 30歳は30歳なんであって

相談者:
はい

大迫恵美子:
これから人として 変化していく それはねえ やっぱり30歳は 20歳とは違うので

相談者:
はい

大迫恵美子:
この人はこれから凄く変わっていくというふうには もうあまり期待できないと思うんですけどね

相談者:
はい

大迫恵美子:
だからその・・・ 変わっていくことに期待してやり直すっていうのはね

相談者:
はい

大迫恵美子:
前提が違う話しなんじゃないなか と思いますけどね

相談者:
はい

大迫恵美子:
で この人との結婚生活をね やり直したいって思う そこのところがね お互いに好きだからっていう言葉をさっき 言ったような気がするんですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
相手が あなたを好きなのかどうかはね それはあなたにはわからないことだと思うんですよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
だからあなたが じゃあ彼を好きなのか もし仮にね

相談者:
はい

大迫恵美子:
相手が あなたの事を好きじゃないとしたら それでもその相手を あなたが好きだという理由がね あんまりちゃんと 伝わってこないんです

相談者:
(うーん)

大迫恵美子:
体がね

相談者:
はい

大迫恵美子:
反応してしまうほどにね ストレスを感じているのに

相談者:
はい

大迫恵美子:
あなたが彼の事をね 自分のことを好きなのかどうか まぁ多分あなたは疑っていると思いますけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういう相手を 好きだというあなたの気持ち

相談者:
はい

大迫恵美子:
それは あの 本当なんでしょうかね

相談者:
あ・・・はい

大迫恵美子:
体を壊しながらね 無理をしてでも その今の結婚生活を 続けたほうがいいのかな と強く思っておられる そこはね なんとなく

相談者:
はい

大迫恵美子:
理解できないんですよ うかがっていてね

相談者:
はい

大迫恵美子:
ごめんなさいね 正直な感覚では

相談者:
はい

大迫恵美子:
私は貴方が嘘をついているように思うんです

相談者:
はい

大迫恵美子:
その嘘をご自分で 理解しているかどうか 分かりませんけどね

相談者:
はい

大迫恵美子:
こういう時に その無理をしてでも 結婚生活を維持するように頑張る方が偉いんだっていうふうに思いこまれていて

相談者:
はい

大迫恵美子:
だからそのためにどうしようかっていうふうに おっしゃっているけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
本当はもう この結婚生活は無理なんだと わかってるんじゃないのかなあという感じがするんですけど

相談者:
こういう 凄く何かを言われたりとか そういうのが少しずつ あったので あの その時に まぁ一緒に生活していくなかで それを言ってしまうっていうのも 本人は・・・仕事のストレスだったりとかっていうふうに言うので ちょっとずつ一緒に直していけたらなぁっていうふうに思っていたので あのう そういうふうには考えていなくて 改善できるものならその方法を探していきたいな っていうふうに あの 思っています

大迫恵美子:
うん あのね 自分もそうなんですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
人は改善はできないですよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
とにかくね 結婚生活は

相談者:
はい

大迫恵美子:
我慢し合うしかないわけですからね

相談者:
はい

大迫恵美子:
我慢できないなら もう我慢できないんですよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
で 多分こんなことを言う男の人と我慢して暮らせる人は あまりいないと思いますよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
アナタが誤魔化しているので 私の方がはっきり言いますけど ま この結婚は貴方は失敗したんですよ そう思いませんか

相談者:
(・・・はい)

大迫恵美子:
多分 優しいと言っているけれども 優しい以外にもね 色んなね・・・ものを合わせてみて この人と 結婚するのがいいかな と考えた部分があったんだと思うんですけど

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
一番肝心なね この人がどういう人なのかっていうところ見るところを間違っちゃいましたよね

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
で 間違いは間違いで認めなければ しょうがないんじゃないでしょうか

相談者:
(うーん)

大迫恵美子:
相手をね改善して 間違いを正すことはできませんよ

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
間違いを正す方法は 貴方がひたすら我慢することだけですから

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
だけど そんな結婚は楽しいでしょうかね

相談者:
・・・(うーん)

大迫恵美子:
あのね 結婚したばっかりの時は それはもの凄く皆さん 喧嘩するんです それは価値観のすり合わせをしなきゃいけないのでね

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
だけど その時に そんなそのね 子供ってその結婚すればすぐできてね そこにはその子供を産むというね 女性に対する その思いやりは大袈裟だけど 多少のなんていうか 思いは…も無いですよね

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
で できないなら いらないってね それはやっぱり 人として言えない事だしね

相談者:
はい

大迫恵美子:
少なくとも あなたを愛してたら 言う事じゃないですよね

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
で まあ 一生稼げっていう 意味もわからないけど 要するにあなたの面倒をみる気がないっていうことを言っているんだと思いますよ あの俺の稼ぎをあてにして 家にいるような人になってもらいたくないってことだと思いますけど

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
そんなこともね 貴方が困ったりした時には あなたを助けるんだと いう男の人の 最大の価値はね 家族を守るとかっていう そういう使命感を口にする時 ほとんどの男の人はそういうふうに思ってますので そういう男の人としてもっているような 一般的な性質を 持っていないということは かなり警戒するべきことだと思いますけどね

相談者:
(はい)

大迫恵美子:
大体 ま結婚 1人で努力してできるものじゃはないですし 一人で頑張って努力している人もね もうずっと経ってから やっぱり その無理がでちゃって

相談者:
(すすり泣き)

大迫恵美子:
えーすごく苦しみながら離婚する人を たくさん 見てきましたので

相談者:
はい

大迫恵美子:
そんな無理をした挙げ句にねぇ あの 離婚のそのものだって苦しいのに 離婚に至るまでも相当苦しんでね

相談者:
はい

大迫恵美子:
ああ 人生随分 損しちゃってるなって思うことが多いので

相談者:
はい

大迫恵美子:
あなたが間違えを正すんならね 今すぐならば ほとんど傷は ないんじゃないかなと思いますよ

相談者:
(鼻をすすり)はい

大迫恵美子:
大丈夫ですか?

相談者:
はい・・・大丈夫です

今井通子のまとめ

今井通子:
おわかりいただけましたか

相談者:
はい

今井通子:
お父さんやお母さんや あちらのお父さん お母さんも 皆さん どう仰ってるの?

相談者:
私の両親は もう終わりにして次に進む方がって言ってます

今井通子:
はい

相談者:
で あちらのご両親は あのう 今まであったことを聞くと あのうやっぱり 特にお母さんは あの女の人の立場になると もうそれは無理しなくていいからっていうふうには言うんですけど でも主人の方が まだ離婚だとは言ったけど まだ気持ちがあるっていうことを伝えたみたいなので 2人が嫌いだっていうふうな ことを言うわけではないので それなら何かいい方法がないのかっていうふうなのを あのう あちらのご両親は思ってみえます

今井通子:
あのね 好きだの嫌いだの

相談者:
はい

今井通子:
愛が育ったか育たないような段階じゃないので

相談者:
はい

今井通子:
まったく 違う 話しですよ これは

相談者:
はい

今井通子:
で 実家のお父さん お母さんが 娘のことを思いやるのはよくわかるけど

相談者:
はい

今井通子:
向こうのお母さんまでがね 何か考えの・・・なきゃならないとか あなたのことを思うとって おっしゃってるっていうことは

相談者:
はい

今井通子:
あなた以外の ほとんどの人が 駄目だと思ってるんだよ

相談者:
はい

今井通子:
で あなた自身が こういうなんかあのぅ 子供産む機械だみたいな形で 雇ったような感じで 付き合おうとして あなたが体調悪い って言う時も そんなことは気にしないで働けというような人 と一緒にいたら 多分 早死にします

相談者:
はい

今井通子:
それでもよかったら 修復を考えてみてください

相談者:
(はい)

今井通子:
とりあえず周りの人たちの言う事と 今日の意見は一致してましたよね

相談者:
(泣きながら)はい

今井通子:
それだけは覚えておいてくださいね

相談者:
(泣きながら)はい

今井通子:
それ じゃあ そういうことで

相談者:
はい

今井通子:
失礼します

相談者:
ありがとうございました

管理人のちょっとひと言

せっかく結婚したのだからと、
この言葉が全てを物語っています

どんな理由かは知りませんが
結婚に辿り着くまで、苦労したんでしょう
だからこそ、離婚はしたくない

思いというか、気持ちは
「離婚」を
完全に拒否しています

だから、今この現実を認めたくない
電話だってする必要ないんです

でも、心と体は正直だった
これ以上は、危ないって
警告を発して

電話をかけさせた

よかったですね
はっきりと言ってもらえて
ただ、今井先生は危惧してます

戻るんじゃないかって

私も、そう思います

旦那自身、幼稚と言えば幼稚
だから、気付いちゃった
相談者の結婚への焦り

それが、疑念を抱かせた
どうして、焦ってるんだろう
何か、隠してることがあるんじゃないか

籍を入れてからの
事ある毎に離婚と繰り返すのも
それが原因

騙されてなるものかって

被害妄想も
マイナス思考も
合ってるんですよね

そして、事態を最悪にするかも
しれないのが
旦那の母親

やり直したいという
メールはきっと
母親の必死の説得

これを逃したら
あなたは、二度と結婚できないって

というストーリーを
妄想してみました

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.