介護疲れ

テレフォン人生相談
介護疲れ
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年8月1日(土)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト メンタルトレーナー)
相談者:65歳女性 体を壊した父86歳 ダウン症の娘41歳 3人暮らし 嫁いだ娘1人

半年くらい前に父が体を壊して入院騒ぎ、娘はダウン症の退行現象が始まり、トイレに30分ぐらい、ご飯に1時間、2時間、3時間はあたり前の状態。父が入院中はよかったが、退院してくると2人の介護でいっぱいいっぱい。介護疲れから、無意識に娘に暴力(例えば、ご飯を早くしてとお尻ぺんぺん)をふるって叩くようになった。びっくりしたのは、娘を叩くと、スッと力が抜けホッとして気持ちがよくなること。歳をとってきたのか止められない。やめるにはどうやったらいいのか。回答者の田中ウルヴェ京が、感情をコントロールする方法を伝授。

加藤諦三氏の〆の言葉「あるべきという暴君に、心を支配されないこと」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい あ・・・

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です

相談者:
よろしくお願い致します

加藤諦三:
はい 最初に年齢を教えてください

相談者:
はい 私65才です

加藤諦三:
65歳

相談者:
家族は

加藤諦三:
はい

相談者:
実の父 86才

加藤諦三:
はい

相談者:
それと 私の娘41歳です

加藤諦三:
はい

相談者:
もう一人 私には娘がおりますが

加藤諦三:
はい

相談者:
この下の娘は嫁いで 普通に暮らしてます

加藤諦三:
そうすると今 3人で暮らしてるんですか

相談者:
はい そうです

加藤諦三:
はい わかりました

相談者:
はい

加藤諦三:
それでどんな相談ですか

いっぱい いっぱい

相談者:
はい 実は 41歳のこの娘は ダウン症なんです

加藤諦三:
はい

相談者:
それで あのー 41歳の この娘に

加藤諦三:
はい

相談者:
最近…最近って言っても半年ぐらい前に

加藤諦三:
うん

相談者:
実は そのさっき申し上げました 父が体を壊してしまいまして

加藤諦三:
はい

相談者:
入院騒ぎになりました

加藤諦三:
はい

相談者:
で 入院中は良かったんでけど 退院してから その父との介護と

加藤諦三:
はい

相談者:
このダウン症の娘との介護に ちょっと私 なんか いっぱい いっぱいになってしまいまして・・・

加藤諦三:
でも そりゃそうですよ

相談者:
ちょっと

加藤諦三:
うん

相談者:
暴力を振るってしまったんですね

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
暴力って言っても まぁ 早く トイレしてね・・・

加藤諦三:
その暴力っていうのは どちらに振るったんですか お・・・父親・・・

相談者:
あ! 失礼しました 娘にです

加藤諦三:
はい?

相談者:
父は もう 今のところ まぁ介護の あのー サービスも受けられるようになって

加藤諦三:
ああそうですか

相談者:
さしあたっては

加藤諦三:
はい

相談者:
あの ひと安心っていう感じなんです

加藤諦三:
はい

娘への暴力

相談者:
ただ問題はこの 娘に

加藤諦三:
はい

相談者:
あのー 退行が始まりまして もう・・・そうですね 何10年も昔からなんですけれど

加藤諦三:
はい

相談者:
トイレに…にも…30分ぐらい

加藤諦三:
はい

相談者:
ご飯は 1時間 2時間 3時間は当たり前 というような 毎日の生活なんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
で 私 いっぱいいっぱいになってしまいまして 早くしてって お尻をペンペンって叩いてしまったんです

加藤諦三:
はい はい はい はい そうでしょ

相談者:
その時に

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか すごくスゥーッと その体・・・とか なんだろう 力が抜けたような感じで ちょっと あの ホッとしたっていうか いい気持ちになったんですね その 娘を叩くことによって

加藤諦三:
まぁ そりゃそうですよ

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 私 びっくりしてしまいまして

加藤諦三:
はい

相談者:
やめよう と思うんですけど なんかやめられなくって

加藤諦三:
はい

相談者:
なんでこんなっちゃったんだろうって自分なりに考えたら

加藤諦三:
ええ

相談者:
多分 私 歳をとってきたからじゃないかなってことに思いついたんです

加藤諦三:
はい

相談者:
っていうのは やっぱり歳を取ってきたら 介護はきついです

加藤諦三:
はい そりゃ そうですね

相談者:
それで これからもう 年をとるだけなのに

加藤諦三:
はい

相談者:
今後もまた そういう暴力を・・・ってあの やめたいんですけど どうやって

加藤諦三:
うん うん

相談者:
やめたらいいのかが分からなくって ご相談をと思いまして お電話しました

加藤諦三:
はい あのう 相談の電話をくれてありがとうございます

相談者:
とんでもないです ありがとうございます

感情の表現

加藤諦三:
先ほどね

相談者:
はい

加藤諦三:
お尻を叩いて まあ 暴力をふるって

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか 体が 力が抜けて楽になったって それはまあ 当然あると思います

相談者:
あ!

加藤諦三:
感情を表現したんですから

相談者:
そうなんですか!

加藤諦三:
それは あの 感情を表現すれば

相談者:
ええ

加藤諦三:
人間は ストレスが あの軽減しますから

相談者:
あら

加藤諦三:
そういうことはあると思います

相談者:
ああ そうなんですか

加藤諦三:
むしろその時の方が あの いつもより優しい気持ちになってますよね

相談者:
はい! はい!

加藤諦三:
そうですよね

相談者:
そうです

加藤諦三:
はい お尻を叩いて

相談者:
はい

加藤諦三:
やったことは 悪いんだけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた自身の感情は楽になった という

相談者:
はい!!そうです おっしゃる通りです!

加藤諦三:
優しい人になってますよね ただ 41年間 育ててきたけども 本当に辛いこと 我慢してきたんでしょ

相談者:
はい・・・はい いつも明るいはねって 言われて

加藤諦三:
はい

相談者:
そのように振る舞ってきました

加藤諦三:
はたから見ると明るいと言われるし

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた自身 明るく振る舞ってきたけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
もう一方であなたの中に あのー その明るく振る舞う自分と違った 自分っていうのが 居ましたよね

相談者:
もちろん居ます

加藤諦三:
ですから その41歳のお嬢さんばっかりでなくて

相談者:
はい

加藤諦三:
ずーーっとあなたも お父さんとの関係のような人間関係で

相談者:
はい

加藤諦三:
明るく振る舞うけれども 実は 違った自分というのがいて当然なんですよね

相談者:
当然ですか

加藤諦三:
当然です とうぜんです

相談者:
そう言っていただくと なんか 楽になります

自分を責めない

加藤諦三:
だけどね

相談者:
はい

加藤諦三:
逆にいうと まあ 食事で三時間もかかる トイレで30分もっていう事であればね

相談者:
はい

加藤諦三:
もう 叩かない方が不思議なぐらいですよ

相談者:
ええ?! 本当ですか!

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ・・・

加藤諦三:
そりゃ暴力 やめようと思っても やめられませんよ

相談者:
ええ・・・

加藤諦三:
暴力は悪いと思っています あなたは

相談者:
ええ・・・ でも・・・

加藤諦三:
だけど そして暴力は悪いと思って そして暴力をやめようと思っています

相談者:
はい・・・

加藤諦三:
でもやめられない

相談者:
はい・・・

加藤諦三:
これはずーーっと貴方が 必死で生きてきた結果ですから

相談者:
(息がもれる)

加藤諦三:
長年に渡って 必死で頑張ってきた結果ですよ

相談者:
(すすり泣く)

加藤諦三:
だからあなたの意識ね

相談者:
はい

加藤諦三:
暴力はいけません

相談者:
はい

加藤諦三:
暴力はやめたいです そんな ずーっと意識と

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの無意識ね

相談者:
はい

加藤諦三:
なんでこんな私だけが辛いんだと

相談者:
(鼻をすすり)はぁ・・・

加藤諦三:
そういう気持ちがあって 意識と無意識の会議が かなり深刻だったんですよ

相談者:
(鼻をすすり)はぁ・・・

加藤諦三:
さっきその お尻を叩いて 力が抜けて その時 あなた自身が優しい人になったでしょ って言ったのは そのお尻を叩いたこ・・・時に その意識と無意識の乖離が消えたんですよね

相談者:
あ・・・そういうことなのか

加藤諦三:
ええ それで 優しい人になったんです おそらく それまでにない 優しい人になったんじゃないですかね その時

相談者:
・・・なんか あのー 寄りかかってきましたね あの子は

加藤諦三:
はい

相談者:
ああ・・・

加藤諦三:
あなた自身が優しい人になってます

相談者:
ええ そういうことは とてもあの子は敏感で

加藤諦三:
ものすごい敏感だと思います

相談者:
はい

加藤諦三:
決して その自分を責めないことだね あまりにもこうあるべき というねえ

相談者:
はい

加藤諦三:
要求が強すぎると

相談者:
はい

加藤諦三:
それは人間も 不安でどうしようもなくなります どうしていいかわかんなくなるから

相談者:
じゃあ こうあるべきっていうのを やめればいいんですね

加藤諦三:
こうあるべきっていうのは思っている だけども

相談者:
はい

加藤諦三:
実際の自分は そうではないという時に

相談者:
はい

加藤諦三:
その自分を責めない

相談者:
責めない・・・

加藤諦三:
絶対自分を責めてはいけません

相談者:
それ先生・・・難しいです・・・

加藤諦三:
そりゃ難しいのはわかる 何故かっていうとね

相談者:
はい

加藤諦三:
あなた 実はね

相談者:
はい

加藤諦三:
周りを責めてるんです

相談者:
・・・あ!あー おしゃる通りです

加藤諦三:
だから周り責ちゃいけないと思っているから

相談者:
はい!

加藤諦三:
外への攻撃性が

相談者:
はい!

加藤諦三:
自分に向いちゃってるんです

相談者:
あー そうです そうです 私

加藤諦三:
ですから

相談者:
はい!

加藤諦三:
自分を責めまいと思っても 責めちゃうんです

相談者:
ああ・・・

加藤諦三:
だから全部ね 今ね

相談者:
はい!

加藤諦三:
あなたは 暴力についても何についても

相談者:
はい!

加藤諦三:
自分の意思で自分がコントロール出来なくなっているんですよ

相談者:
そうです 本当にそうです

加藤諦三:
ですからね

相談者:
ええ

加藤諦三:
そこの解決のポイントは 今言ったように

相談者:
はい

加藤諦三:
こうあるべき 自分と

相談者:
はい!

加藤諦三:
実際の自分との

相談者:
はい!

加藤諦三:
乖離を無くすことなんです

相談者:
はい

加藤諦三:
ありのままの自分でいいんです

相談者:
ありのままの自分・・・はい

加藤諦三:
それはこうあるべき 自分とは違います

相談者:
そうですね

加藤諦三:
違っても だって それは雪が降る雨が降る 雨は上から下に振ってくるわけですよ

相談者:
はい

加藤諦三:
岩は硬いんですよ

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしようもない自然っていうのがあるんです

相談者:
はぁ・・・

加藤諦三:
岩が硬いって 文句言ってる人いますか?

相談者:
(笑う) はい

加藤諦三:
それと同じ 人間ってのはこういうものだっていう時に それ文句を言ってもしょうがないでしょう

相談者:
そうですね

加藤諦三:
それと同じ事なんです 自分を責めちゃうって事は

相談者:
あぁ そうなんですか

加藤諦三:
はい だから岩が硬いように

相談者:
はい

加藤諦三:
自然を受け入れるように 自分を受け入れる

相談者:
はぁ(息をのむ) はい

加藤諦三:
それでですね

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はスタジオにですね

相談者:
はい

加藤諦三:
大変素晴らしい方に来ていただいてます・・・ますのでね 色んな良いアドバイスをいただけると思います

相談者:
はい

加藤諦三:
シンクロの銅メダリストで

相談者:
はい

加藤諦三:
メンタルトレーナーの

相談者:
はい

加藤諦三:
田中ウルヴェ京さんに

相談者:
はい

加藤諦三:
来ていただいていますので

相談者:
はい

加藤諦三:
ご意見を伺ってみたいと思います

相談者:
ありがとうございます

田中ウルヴェ京のアドバイス

田中ウルヴェ京:
こんにちは

相談者:
こんにちは お世話になります

田中ウルヴェ京:
よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願い致します

こうあるべき自分と あるがままの自分

田中ウルヴェ京:
加藤先生にたくさんのご助言を今 いただいたと思います

相談者:
はい はい

田中ウルヴェ京:
で あなたも今 すごく分かるっていうようなとこが

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
多分 たくさんあったと思います

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で 大きくあの1つ まとめて言うとすれば

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
加藤先生 おっしゃったことで こうあるべき自分と

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あるがままの自分の

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
乖離をなくしましょうって 先生 おっしゃってましたよね

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で その乖離をやっぱり なくすには じゃあ 今日から何をしようかっていうことを

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
少し ご提案します

相談者:
はい ありがとうございます

感情のコントロール

田中ウルヴェ京:
はい これは 感情のコントロールっていうような表現もするし あとは もっと あの加藤先生が先ほどまで 言ってくださったことって 本当にそのご自身の 本当の 自分が どんなふうな 動きになっているのかっていう事を ご説明いただいてたと思うので

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
それを踏まえて えー 自分の感情をコントロールするには どうしたらいいかってことを

相談者:
そうですね

田中ウルヴェ京:
はい ちょっと

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ご提案してみますね

相談者:
はい お願いします

田中ウルヴェ京:
はい で 提案するために

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
まず 今うかがっていた あなたの事情をまず 現状を ちょっと 加藤先生と似たような言葉になりますが 説明をしますね

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
まず えっと ご自身は まぁ頑張ってらっしゃるというのが まず現状です

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あるべきと 思っていようと あるがままと 思っていようと 要は 現状に対して すごく頑張っておられます で 今日から 是非 朝 起きた時に 唱えていただきたいフレーズがあります

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
それは 例えば 自分に対しておはよう 今日も朝がきたねっていうふうに まあ 自分にこう独り言のような感じで

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
言っていただいた後に

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
「私も 生身の人間よ」っていうふうに 自分に言ってあげて欲しいんです

相談者:
私も生身の人間よ

田中ウルヴェ京:
はい つまり 生身というのは 怒る時だってあるし 悲しい時だってあるし そして 自分は 頑張りすぎてしまったら 疲れる自分だっているんだってことをまず ご自身が認めてあげて欲しいんです

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
で それをすることによって

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
もうひとつ こう毎日の流れで お嬢様と一緒に居る時とか お父様の居る時に

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ちょっとしたことでやっていただきたいことが2番目で

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
客観視ということです

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ええっと 何をするかというと

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
こう まだそんなに こう イラっとしてないとか 疲れてない時に

相談者:
はい はい

田中ウルヴェ京:
ああ私は今 えー 娘が こうこうこんなことをしている時に 私 疲れてるなーって 本当は感じている自分がいるな とか

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ああ この食事をやりながら 私はコレを何万回 これを続けなきゃいけないのかしら と思うことで

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
自分が 嫌になってきている自分がいるなとか 要するに ご自身がどう考えて どんな感情でいる自分がいるかってことを ちょっとこう 独り言で 集める練習をしてもらいたいんです

相談者:
それを言葉に出して言うんですか

田中ウルヴェ京:
いいえ あのできれば ご自身の心の中がいいですね

相談者:
あ はい

田中ウルヴェ京:
或いはこう 日記というか 雑記帳のようなものに 書き留めていただいてもかまいません

相談者:
あ はい

田中ウルヴェ京:
はい そうすることによって

相談者:
ええ

田中ウルヴェ京:
1つの まあ 解決策としては

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あの お尻をペンと叩く手前で

相談者:
ええ

田中ウルヴェ京:
ああ お尻を叩くぐらいイラっとしている自分がいるわっていうふうなことに

相談者:
アア・・・

田中ウルヴェ京:
気づけるようになったりします

相談者:
そうですね それは まだ気づけてません

田中ウルヴェ京:
あの ちょっと手前で というようなことですね

相談者:
そうですね

田中ウルヴェ京:
ただ もちろん 叩いてしまった時に 罪悪感を感じた自分なんていうのが もしも その えー また もう一度なにか 暴力を少し

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
加えてしまうようであれば

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
その時には あぁ 私は いけないことをしてしまった というような感情も出てきますよね

相談者:
はい 

田中ウルヴェ京:
そしたらそんな時に お嬢さんに対して ごめん 今こうこう こんなことをしてしまった 私は今 すごく罪悪感を感じているわ というようなことを

相談者:
アア・・・

田中ウルヴェ京:
表現するのも生身の人間ですから とても大事です

相談者:
わかりました

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
これは すぐにでもできます

田中ウルヴェ京:
はい ちょっとそんなようなことを

相談者:
そうですね

田中ウルヴェ京:
是非 試してみてください

相談者:
やってみます

田中ウルヴェ京:
はい 加藤先生に・・・

相談者:
ああ ちょっと光が見えてきました

田中ウルヴェ京:
よかったです

相談者:
何をしていいのか まったくわからなかったものですから どうもありがとうございます やってみます(泣く)

田中ウルヴェ京:
頑張らずに

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
頑張ってください

相談者:
あ そうですね

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
(泣きながら)ああ・・・ついつい 頑張ってしまうんですけど わかりました

田中ウルヴェ京:
そうですね はい 加藤先生にお返しします

相談者:
はい はい

加藤諦三のまとめ

加藤諦三:
今ね 都先生に

相談者:
はい

加藤諦三:
本当に いいアドバイス

相談者:
はい

加藤諦三:
伺いましたね

相談者:
はい

加藤諦三:
あの 日記なんかのね

相談者:
はい

加藤諦三:
つけるっていうのも すごい大切なことなんですよ

相談者:
はい

加藤諦三:
あの そこは もう誰一人 見せるもんじゃないですから 本当の自分っていうものを さらけ出していいんですよ

相談者:
書いていいんですね

加藤諦三:
もう 人に見せるもんじゃないですから

相談者:
わかりました

加藤諦三:
か か 神様にも ってか 本当に自分だけです 本当の感情を

相談者:
はい

加藤諦三:
その

相談者:
はい

加藤諦三:
日記に

相談者:
わかりました

加藤諦三:
ねぇ

相談者:
書いてみます

加藤諦三:
ですからね

相談者:
はい

加藤諦三:
人に優しくも これも大切ですけども 同様に 自分に優しくも大切なことです

相談者:
あぁ・・・ それがなかなかですけれど まあ 少しづつ

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの 忘れない その言葉を 忘れないようにしてちょっと あの ホントあんまり頑張りすぎないようにしてやっていきたいと思います

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
どうもありがとうございました

管理人のちょっとひと言

「電話をくれて ありがとう」
加藤先生が、そう言った瞬間に
泣きそうになりました

本当に、よく電話できました

放送内では触れられていない
配偶者
死別したのか離別なのか

本来、加藤先生の立場を
夫がしなければならないのですが
ここには登場してきません

感情のコントロール
夫婦二人でも
難しいのに、配偶者がいないなんて

身近に相談できる相手がいない
もしかしたら父親が
これまでは相談相手だったのかも

しかし、今では、介護すべき
対象者になってしまいました

娘がダウン症だと知った時
決めたのだと思うんです
けして、手をあげない
娘を守り続けると

そして、それは41年間
守られ続けてきました

でも、ダウン症の娘に退行が始まり
更に自分も年老いてきて

気付かぬうちに、手をあげてしまった
スーッとしたって言ってますが
その後に襲ってきた罪悪感

自分を責めるなと言われても
責めないではいられない

41年間、頑張ってきました
そしてそれはそのまま
自分の感情を殺してきた41年間でもあります

いっぱい いっぱいの相談者に
加藤先生や田中先生の一言一言が
とても優しくて

他人事ですが
ありがとうございます
としか言えない

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.