遺産分割をやり直したい

テレフォン人生相談
相続問題
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年8月10日(月)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:68歳女性 夫68歳 2人暮らし 長男43歳 次男35歳 父が3年前に他界 兄弟は姉と弟 母は父の亡くなる3年前に他界

3年前に他界した父、亡くなる前の日に口頭で遺言していく。それに準用する形で兄弟3人で財産分与するも、父が言うよりも2000万円ほど多くの遺産があった。それは父が守って欲しいと言っていた家の維持費と、姉と自分が気兼ねなく訪れることができるようにと、1000万づつ、多く弟に渡し、生家と土地は相続放棄して弟が、合計で自分達の4倍ほど多く相続することになった。しかし、二世帯住宅を建てた弟は、生家を放って、住まなくなってしまった。約束を違えた弟、遺産分割をやり直したいのだが、それが可能かという相談。中川潤弁護士が回答者。

加藤諦三氏の〆の言葉「事実は一つでも、その事実をどう解釈するかは、人の数だけ出てきます」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい

加藤諦三:
テレフォン人生相談です

相談者:
はい よろしくお願いいたします

加藤諦三:
最初に年齢を教えてください

相談者:
はい あの私は68才でございます

加藤諦三:
68才 えー結婚してます?

相談者:
はい 結婚しております

加藤諦三:
ご主人 何歳ですか

相談者:
主人も 同じ年です

加藤諦三:
はい わかりました

相談者:
はい

加藤諦三:
で お子さんは?

相談者:
子供は 長男が43才

加藤諦三:
はい

相談者:
次男が35歳です

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で今はそうすると お二人で暮らしているんですか

相談者:
はい二人で暮らしています

加藤諦三:
はい わかりました でどんな相談でしょう

相談者:
はい 父の財産分与の件で ご相談したいんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
3年前に 父が亡くなりまして

加藤諦三:
はい

相談者:
父が 偶然にも 亡くなる前の日に

加藤諦三:
はい

相談者:
俺が死んだら このように 分けてほしいって 口頭で言っていったんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
それであの 四十九日の法要をすませました後に

加藤諦三:
はい

相談者:
兄弟で あのう 話し合うっていうか 父が言った言葉に

加藤諦三:
はい

相談者:
だいたい準じまして 兄弟で判を押して 話し合いで財産分与は終わってるんですけども はい・・・

加藤諦三:
はい ご兄弟 何人ですか

相談者:
兄弟は あの 私と姉と弟の3人です

加藤諦三:
3人ですか そうすると

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんとを4人で分けたということですか

相談者:
いえ母は 父が亡くなる3年前に亡くなっておりまして

加藤諦三:
あ そうですか そうすると 3人で

相談者:
はい

加藤諦三:
分けたと

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
しかも それはもう お父さんの言ったのに ほぼ準じて分けて

相談者:
はい

加藤諦三:
それをみんな承知していたということですね

相談者:
準じて というか 父が言ってた金額よりも大幅に 多く残ってたんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 弟はあの 父の言った通りだって言って あの妥協しなかったんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
それだったら 父が言ってた金額より 2千万くらい多かったんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 姉が そうしたら あの ちゃんと弁護士さんを立てて ちょっと話し聞いてみましょう って言いましたら 弟が譲って 少し多く くれたんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
大部分の財産は 弟が受け継いだんですよ

加藤諦三:
はいはい

相談者:
そいで 前の日に 父が亡くなる時に

加藤諦三:
はい

相談者:
自分が苦労して建てたお家 結構りっぱな家だったんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
それを守っていって欲しいっていうので

加藤諦三:
はい

相談者:
弟に 家の維持費 1000万と

加藤諦三:
はい

相談者:
私たちが 遠慮せずに遊びにこれるようにっていうので あと1000万

加藤諦三:
はい

相談者:
2000万 余分に渡しているんですよ 別枠で

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 弟は 私たちがもらった 倍の金額 の遺産を受け取ってて

加藤諦三:
はい

相談者:
結局 私たちの4倍くらい もらってるんです

加藤諦三:
はい はい

相談者:
でも 私たちはその時は 家を守っていってもらえると思って

加藤諦三:
はい

相談者:
土地とか家の 相続も放棄して

加藤諦三:
はい 

相談者:
話し合ってやったんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
それで父が亡くなる前に

加藤諦三:
はい

相談者:
甥っ子に

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚したら お家立てなさいって言って 土地を買ってったんですよ 弟の子供に

加藤諦三:
はい

相談者:
それで つい最近ですね

加藤諦三:
はい

相談者:
弟が二世帯住宅を建てまして

加藤諦三:
はい

相談者:
それで そのぅ うちの実家を放ったっていうか

加藤諦三:
はい

相談者:
もう 住まないってことになったんですよ

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
はいはい

加藤諦三:
要するに守っていってほしいと お父さんが言って それで 2000万ですか

相談者:
はいはい

加藤諦三:
維持費だ なんだって言って 渡してくれたんだけども

相談者:
はい

加藤諦三:
守っていかないと この家を

相談者:
そうそう そうです そうです 守る意志がないというか

加藤諦三:
はい

相談者:
変わったんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 私と姉がちょっとびっくりして 釈然としない 気持ちで何かあのぅ 二人で何だかんだって言ってるんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
結局はあきらめないといけないものか 何か方法があるものか と思いまして

加藤諦三:
あー はい わかりました 要するに あなた達の一番の不満の 今 元は

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに 弟が

相談者:
はい

加藤諦三:
家を守っていくと

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんは もう一生懸命 苦労して 自分の この家を建てたから

相談者:
はい

加藤諦三:
きちんと家を 守ってくれと 言ったと

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・・

相談者:
父は何度も それ言って 死んだんですよ

加藤諦三:
それで そのために お姉さんとあなたよりも余計に 分与をしたと

相談者:
はいはい そうです それも・・・

加藤諦三:
にもかかわらず

相談者:
はい

加藤諦三:
今 その言葉は 守られないと

相談者:
そうです そうです

加藤諦三:
で そこで その事が 釈然としないけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
もう一度考え直すっていうか 再分配の方法ってのは ないものか っていうことですね

相談者:
はい そうです

加藤諦三:
はい わかりました

相談者:
はい すいません

加藤諦三:
今日は スタジオに 弁護士の中川潤先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
うかがってみたいと思います

相談者:
はい よろしくお願いいたします

中川潤弁護士のアドバイス

中川潤:
こんにちは 中川です

相談者:
あ どうも はい よろしくお願いいたします

中川潤:
今の 結局 お話しは

相談者:
はい

中川潤:
亡くなる

相談者:
はい

中川潤:
前日にね

相談者:
はい

中川潤:
お父様が こういうふうに分けなさい

相談者:
はい

中川潤:
主旨は こういうことだ という事だってお話しをされて

相談者:
はい

中川潤:
それに従って

相談者:
はい

中川潤:
遺産分割協議書を お作りになた という・・・

相談者:
あの 作ったっていうか 弟がメモ書きにしてて

中川潤:
うん

相談者:
それで 準じてやったんですけども

中川潤:
メモ書き

相談者:
はい

中川潤:
って言ってもね

相談者:
はい はい

中川潤:
今 お話しに出てる お父様が亡くなって相続で

相談者:
はい

中川潤:
遺産分割って

相談者:
はい

中川潤:
言うんですけどね

相談者:
はい はいはい

中川潤:
その遺産分割の お父様の意向に あなたがたの方からすれば 意向に沿った形で

相談者:
はいはい

中川潤:
遺産分割の協議

相談者:
はい

中川潤:
をされて

相談者:
はい

中川潤:
協議内容を

相談者:
はい

中川潤:
分割協議書というものを お作りになっているはずなんです というのはね

相談者:
ええ

中川潤:
なぜ そう決め付けて ものを言うかというと

相談者:
はい

中川潤:
不動産がありますから

相談者:
はい

中川潤:
不動産の登記をするときに

相談者:
はい

中川潤:
登記の元になる全相続人が

相談者:
はい

中川潤:
こういうふうな形で

相談者:
はい

中川潤:
その弟さん まあAさんならAさんとしましょうね

相談者:
はいはい

中川潤:
その Aが取得すると いうふうな原因になるような

相談者:
はい

中川潤:
文書ができていなければ

相談者:
はい

中川潤:
登記のしようが ないんですよね

相談者:
あーそうなんだ はい

中川潤:
で通常は

相談者:
はい

中川潤:
あの遺言でもあれば まあ遺言に基づくけれども

相談者:
はい

中川潤:
そうじゃなくて 皆さんのお話し合いで やるということになれば

相談者:
はい

中川潤:
遺産分割協議書というものを・・・が

相談者:
はい

中川潤:
作られていて

相談者:
あー はい

中川潤:
そこに 皆さんが判を押して

相談者:
はい

中川潤:
で 登記は…移し替えた

相談者:
あー はい

中川潤:
それから さっきのお金の話しも 出ましたけれども

相談者:
あ はいはい

中川潤:
これ おそらくタンス預金じゃなくて

相談者:
ええ

中川潤:
あの 銀行預金

相談者:
はい そうです

中川潤:
だと思うんですね

相談者:
はい

中川潤:
そうすると 金融機関の方からすれば

相談者:
はい

中川潤:
やはり同様に 2000万

相談者:
はい

中川潤:
からのお金ですか

相談者:
はい

中川潤:
それを弟さんの方が取得すると いうについては

相談者:
はい

中川潤:
払い出しの時に 皆さんで お話し合いになって

相談者:
はい

中川潤:
で この預金については Aが取得すると いうその分割協議書がなければ 払い出しようがないわけですよ

相談者:
あー はい

中川潤:
そうだとすると 弟が書いてどうとって さっき仰ったんだけども

相談者:
はい

中川潤:
誰が 書いたにせよ 遺産分割協議書 あるいはそれに似た名前の 財産分けの文章を お作りになって

相談者:
ええ

中川潤:
これはAが取得するとかっていうふうなものができあがって

相談者:
ええ

中川潤:
処理が終わっていると

相談者:
あ そうですか

中川潤:
ということではないんですか

相談者:
いや ちょっとそこらへんよく 分からないんですけど あの・・・

中川潤:
でも

相談者:
ええ

中川潤:
ご記憶をね

相談者:
はい

中川潤:
辿って ご覧になれば

相談者:
はい

中川潤:
3年前の話しなんでしょ

相談者:
はい

中川潤:
いや でその時に なにがしかの文章を 作って

相談者:
はい

中川潤:
署名をして

相談者:
はい

中川潤:
判子を押して

相談者:
はい

中川潤:
印鑑証明書もお取りになって

相談者:
そうです そうです

中川潤:
そのような形で遺産分割協議書 っていうのは お作りになったんだろうと思うんだけども

相談者:
はい

中川潤:
そういう ご記憶はあるんでしょ?

相談者:
調書っていうのは 見てないんですけども ただあの 印鑑証明書と あの その なんか判子・・・はい

中川潤:
まず 前提問題解決しましょう

相談者:
はい

中川潤:
あの 今 引っかかったところは 印鑑証明 渡しましたよ

相談者:
はい ええ

中川潤:
だけど そういう書き物は とか

相談者:
ええ

中川潤:
メモらしきものはとかね

相談者:
はい

中川潤:
弟が書いた ちょっこっとした物みたいな

相談者:
ええ

中川潤:
雰囲気の お話しをされてるんだけど

相談者:
ああ はい

中川潤:
それなりに遺産分割協議書は

相談者:
ええ

中川潤:
きちんと 作られたんじゃないですか まず それが問題なんですよ

相談者:
遺産協議書っていうのは どちらで作るんですか?

中川潤:
それは 公証役場行って作んなきゃいけないとか それ相応の文書の作り方っていうのは 定型という事じゃなくて

相談者:
はい

中川潤:
そういう主旨に沿うものがあれば

相談者:
はい

中川潤:
足りるわけで

相談者:
じゃあ あの 弟がちゃんと作ったんだと 思いますね

中川潤:
でしょうね

相談者:
はい

中川潤:
だから

相談者:
ええ

中川潤:
それに沿うものを まず お作りになって

相談者:
はい

中川潤:
そこで皆さんなりに

相談者:
はい

中川潤:
納得をして

相談者:
はい

中川潤:

相談者:
はい

中川潤:
分け方を 書いて

相談者:
はい

中川潤:
署名して 判を 押して いったんは 事が済んだと

相談者:
はい 事が済んだんです

中川潤:
ところが 皆さん方の

相談者:
はい

中川潤:
お姉さんとあなたの

相談者:
はい

中川潤:
納得した

相談者:
はい

中川潤:
前提が

相談者:
はい

中川潤:
長男である弟が 生家を守っていくんだと

相談者:
そうですね

中川潤:
そういう前提

相談者:
はい

中川潤:
だったから そういう了解をしたんだと

相談者:
はい

中川潤:
ところが その前提であるべきはずの事柄を 弟が守ってくれないと いう 事で理解していいわけですか?

相談者:
そうです そうです

中川潤:
うーーん

相談者:
それが一番悲しいというか

中川潤:
うーーん

相談者:
はい

中川潤:
あの非常に難しい問題なんですけども

相談者:
あ はい

中川潤:
例えば 先程の遺産分割協議書の中で

相談者:
はい

中川潤:
この 弟さん まあAさんなら Aさんが

相談者:
はい

中川潤:
これこれの土地 建物を取得すると

相談者:
はい

中川潤:
で ただし そこへね

相談者:
ええ

中川潤:
はっきりと 条件をお付けになって

相談者:
はい

中川潤:
明記されてね

相談者:
はい

中川潤:
これについては 将来にわたって

相談者:
ええ

中川潤:
処分はしないで

相談者:
はい

中川潤:
で 弟Aが

相談者:
はい

中川潤:
駐留していくことを 条件に して

相談者:
あ はい

中川潤:
Aが取得すると いうふうな

相談者:
ああ はい

中川潤:
まあ そういう遺産分割協議書の場合に 登記の時に 厄介なことになるかもしれないんだけど そこまで 書いてあるっていうことは ちょっと おそらくは無いんだろうと思います

相談者:
ないですよね

中川潤:
今の話しね

相談者:
はい はい

中川潤:
そうするとね

相談者:
はい

中川潤:
ある意味 お姉さんと あなた それから場合によっては 弟さんもその時点ではね

相談者:
はい

中川潤:
そのつもりで そういたかもしれない

相談者:
はい

中川潤:
だけど その後 心変わりがしたと いうことであれば

相談者:
はい

中川潤:
これは 率直に言って いかんともしがたい話しです

相談者:
ただですね

中川潤:
はい

相談者:
私 父に大変 可愛がられておりました 私も父が 大好きで

中川潤:
はい

相談者:
時々 あのう お手紙を父に出してたんですよ

中川潤:
はい

相談者:
それで あの 最後に出した手紙に

中川潤:
はい

相談者:
ある程度 父が あのー 遺言書を書こうと思ってたんだか

中川潤:
はい

相談者:
父の字で

中川潤:
はい

相談者:
誰々にいくら 誰々にいくらって 書いてありまして

中川潤:
ええ

相談者:
その下に 長男には家を守ってほしいってことで 瓦の葺き替えとか お墓の移転とか その他 祀りごとの分で 残額は長男って なんか箇条書きにしてあるんですよ 父の字で

中川潤:
はい

相談者:
そういうのもダメですかね あの父がそれだけ家を守っていって欲しいって 意思があったっていう 紙があるんですけど はい

中川潤:
今おっしゃった そのものが

相談者:
ええ

中川潤:
最初は お手紙にと

相談者:
はい

中川潤:
いうふうに おっしゃいましたね

相談者:
私の手紙の・・・あの

中川潤:
返事ね

相談者:
はいはい 中に書いてあったんですよ

中川潤:
だから ご返事の中に 書いてあって

相談者:
はい

中川潤:
いいですか

相談者:
はい

中川潤:
で よく聞いてほしいんですが

相談者:
はい

中川潤:
その ご返事の お手紙が その部分が

相談者:
はい

中川潤:
遺言書として

相談者:
はい

中川潤:
評価できる ようなもの

相談者:
はい

中川潤:
特にあの自筆ですから 自筆証書遺言書として

相談者:
ええ

中川潤:
法的に 評価できる もので あったとするならば

相談者:
はい

中川潤:
その時点で

相談者:
ええ

中川潤:
裁判所に 検認を受けて

相談者:
はい

中川潤:
で遺言で お父さんが

相談者:
ええ

中川潤:
生前 こうしろという 指示をしていたと いうことで・・・ら遺言に基づいて 処理をすればよかった

相談者:
あああ・・・

中川潤:
という事になるんですね

相談者:
ああ はい

中川潤:
で 事の流れに沿って言うと 今のお手紙 なるものは

相談者:
ええ

中川潤:
仮に その遺言書として 評価できるものであったとしても

相談者:
ええ

中川潤:
その遺産分割協議をなさる段階で

相談者:
ええ

中川潤:
もう既に わかっておられたものであるわけだし

相談者:
そうです そうです

中川潤:

相談者:
はい

中川潤:
だとすると 仮に それが総・・・総評価できるものだとしても それを今から持ち出すと 言うのも非常に難しいだろうと いうことになります

相談者:
そうですね ただ 一番 私と姉が言いたい事は

中川潤:
うん

相談者:
家の その維持費で2000万 余分にもらってるのは はっきりしてるので

中川潤:
うん

相談者:
その 分に対して・・・

中川潤:
そのはっきりしてるっていうことの 意味内容なんですけど

相談者:
はい

中川潤:
その時はそういうつもりでやった だからさっき 遺産分割協議書の中に はっきりと

相談者:
ええ

中川潤:
これが条件ですと

相談者:
はい あああ・・・

中川潤:
いうところまで 厳密にね 書いておられるんであれば

相談者:
ああ・・・そっか そっか はい はい

中川潤:
これは条件に 反した

相談者:
そうですねー はい

中川潤:
形で 貴方は取得しているのであるから という形で その遺産分割協議書そのものの中身の 履行と言いますか 果たし方 として問題にする予知は出て来るかもしれないのですが

相談者:
はい

中川潤:
話し合いの中で そういう前提で話した 分けた

相談者:
はい そうです

中川潤:
で その後 心変わりなんか いくらでもしますよ

相談者:
そうですね

中川潤:
ありうることなんですから

相談者:
はいはい

中川潤:
じゃあ そこまでね その当時としては そうだった かもしれないけど

相談者:
はい

中川潤:
その後 それを違えた ということについて

相談者:
ええ

中川潤:
それが さっき申し合げたように 争うとすれば

相談者:
ええ

中川潤:
そういう前提で 和解した あるいは遺産分割した のに その前提を違えてると だから 分割協議は無効だと 言うのは なかなか難しい話しです
相談者:
ああ そうですか

中川潤:
うーん 法律的には難しい話しですよ

相談者:
ですね はい

中川潤:
うーん

相談者:
まさか兄弟なのでね 疑わなかったんですけどね あの 父が 目の前で言ってるのを 弟も聞いてるしね

中川潤:
うん

相談者:
信じていたもので

中川潤:
うん

相談者:
疑わなかったんですけども やっぱり 状況によって 変わってくるんでしょうね

中川潤:
そりゃあ あのー

相談者:
はい

中川潤:
だって それぞれやっぱり

相談者:
はい

中川潤:
あの人生の歩み方 違うわけですから

相談者:
そうですね はい

中川潤:
ね 自分と同じ 人間なんてのは まっ・・・

相談者:
ただ 弟の気持ちがね

中川潤:
はい

相談者:
ちょっと 許せないんですよ

中川潤:
許せないと いう お気持ちってのは それは とってもよく分かるんだけど

相談者:
はい

中川潤:
その辺りのところは 法律の世界はもう そういうものでありまして

相談者:
あぁ はい

中川潤:
そこで 守ってくれる人だと 信じて約束したら 信じたことで 裏切られた時の リスクも一緒に背負い込んだんやと

相談者:
うん ええ

中川潤:
法律の世界というのは 割り切るしかありません

相談者:
はぁ・・・

中川潤:
あとは 条理の世界の中で

相談者:
はい

中川潤:
そういう許せない弟は

相談者:
はい

中川潤:
弟と思わないと いうふうなお付き合いをするかどうかとか そっちの話しに なりますわなぁ

相談者:
そうですね

中川潤:
うーん

相談者:
よくわかりました お勉強させてもらいました

中川潤:
はーい

相談者:
ありがとうございます

中川潤:
よろしいでしょうかー

相談者:
はい

加藤諦三:
よろしいですか

相談者:
はい

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
はい どうもありがとうございました

管理人のちょっとひと言

中川先生、なんとかしてあげてよーと言いたいですが、厳しい話しです。
そもそも、遺産分割協議書を読んでいないっていうのが信じられません。
『信じる』という名の、性善説がまかり通っています

だから、何を言うにしても「後出しジャンケン」状態

親族を疑うっていうのは、なかなか難しいかもしれませんが、今回のケースのように心変わりというのは、充分に考えらえること。
日々、取り巻く状況というのは、変化していますので、これは仕方のないこと。

疑うということでなく、状況の変化は覚悟して、お互いの為に、相手任せにせずにきっちり決めておくこと、これがとても大事です。

今回、中川先生が、とてもいいこと教えてくれています。

『信じて約束したら 信じたことで 裏切られた時の リスクも一緒に背負い込んだ』

案外、人間って、このリスクを忘れて、都合のいいように、自分を正当化して、俺は騙された!とか言います。
騙す人間が悪いのは、間違いないですが、その人を信用すると選択した、自分に間違いがあったことを認めないのはどうでしょう。

この相談では、3年で二世帯住宅を建てるという話しなので、場合によったら事前に計画のあった確信犯だったかもしれないし、甥っ子が、一緒に住もうと言い出してくれたのかもしれません。
どちらにしろ、約束が果たされない可能性はあったわけです。

『信じる』ことは悪いことではありませんが、自分が負うリスクも同時に認識する必要がありますよね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.