テレフォン人生相談

加藤諦三&高橋龍太郎のテレフォン人生相談2015年8月10日(月)は、3年前に他界した父、亡くなる前の日に口頭で遺言していく。それに準用する形で兄弟3人で財産分与するも、父が言うよりも2000万円ほど多くの遺産があった。それは父が守って欲しいと言っていた家の維持費と、姉と自分が気兼ねなく訪れることができるようにと、1000万づつ、多く弟に渡し、生家と土地は相続放棄して弟が、合計で自分達の4倍ほど多く相続することになった。しかし、二世帯住宅を建てた弟は、生家を放って、住まなくなってしまった。約束を違えた弟、遺産分割をやり直したいのだが、それが可能かという相談。中川潤弁護士が回答者。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:68歳女性 夫68歳 2人暮らし 長男43歳 次男35歳 父が3年前に他界 兄弟は姉と弟 母は父の亡くなる3年前に他界

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい

加藤諦三:
テレフォン人生相談です

相談者:
はい よろしくお願いいたします

加藤諦三:
最初に年齢を教えてください

相談者:
はい あの私は68才でございます

加藤諦三:
68才 えー結婚してます?

相談者:
はい 結婚しております

加藤諦三:
ご主人 何歳ですか

相談者:
主人も 同じ年です

加藤諦三:
はい わかりました

相談者:
はい

加藤諦三:
で お子さんは?

相談者:
子供は 長男が43才

加藤諦三:
はい

相談者:
次男が35歳です

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で今はそうすると お二人で暮らしているんですか

相談者:
はい二人で暮らしています

加藤諦三:
はい わかりました でどんな相談でしょう

相談者:
はい 父の財産分与の件で ご相談したいんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
3年前に 父が亡くなりまして

加藤諦三:
はい

相談者:
父が 偶然にも 亡くなる前の日に

加藤諦三:
はい

相談者:
俺が死んだら このように 分けてほしいって 口頭で言っていったんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
それであの 四十九日の法要をすませました後に

加藤諦三:
はい

相談者:
兄弟で あのう 話し合うっていうか 父が言った言葉に

加藤諦三:
はい

相談者:
だいたい準じまして 兄弟で判を押して 話し合いで財産分与は終わってるんですけども はい・・・

加藤諦三:
はい ご兄弟 何人ですか

相談者:
兄弟は あの 私と姉と弟の3人です

加藤諦三:
3人ですか そうすると

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんとを4人で分けたということですか

相談者:
いえ母は 父が亡くなる3年前に亡くなっておりまして

加藤諦三:
あ そうですか そうすると 3人で

相談者:
はい

加藤諦三:
分けたと

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
しかも それはもう お父さんの言ったのに ほぼ準じて分けて

相談者:
はい

加藤諦三:
それをみんな承知していたということですね

相談者:
準じて というか 父が言ってた金額よりも大幅に 多く残ってたんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 弟はあの 父の言った通りだって言って あの妥協しなかったんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
それだったら 父が言ってた金額より 2千万くらい多かったんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 姉が そうしたら あの ちゃんと弁護士さんを立てて ちょっと話し聞いてみましょう って言いましたら 弟が譲って 少し多く くれたんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
大部分の財産は 弟が受け継いだんですよ

加藤諦三:
はいはい

相談者:
そいで 前の日に 父が亡くなる時に

加藤諦三:
はい

相談者:
自分が苦労して建てたお家 結構りっぱな家だったんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
それを守っていって欲しいっていうので

加藤諦三:
はい

相談者:
弟に 家の維持費 1000万と

加藤諦三:
はい

相談者:
私たちが 遠慮せずに遊びにこれるようにっていうので あと1000万

加藤諦三:
はい

相談者:
2000万 余分に渡しているんですよ 別枠で

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 弟は 私たちがもらった 倍の金額 の遺産を受け取ってて

加藤諦三:
はい

相談者:
結局 私たちの4倍くらい もらってるんです

加藤諦三:
はい はい

相談者:
でも 私たちはその時は 家を守っていってもらえると思って

加藤諦三:
はい

相談者:
土地とか家の 相続も放棄して

加藤諦三:
はい 

相談者:
話し合ってやったんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
それで父が亡くなる前に

加藤諦三:
はい

相談者:
甥っ子に

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚したら お家立てなさいって言って 土地を買ってったんですよ 弟の子供に

加藤諦三:
はい

相談者:
それで つい最近ですね

加藤諦三:
はい

相談者:
弟が二世帯住宅を建てまして

加藤諦三:
はい

相談者:
それで そのぅ うちの実家を放ったっていうか

加藤諦三:
はい

相談者:
もう 住まないってことになったんですよ

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
はいはい

加藤諦三:
要するに守っていってほしいと お父さんが言って それで 2000万ですか

相談者:
はいはい

加藤諦三:
維持費だ なんだって言って 渡してくれたんだけども

相談者:
はい

加藤諦三:
守っていかないと この家を

相談者:
そうそう そうです そうです 守る意志がないというか

加藤諦三:
はい

相談者:
変わったんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 私と姉がちょっとびっくりして 釈然としない 気持ちで何かあのぅ 二人で何だかんだって言ってるんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
結局はあきらめないといけないものか 何か方法があるものか と思いまして

加藤諦三:
あー はい わかりました 要するに あなた達の一番の不満の 今 元は

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに 弟が

相談者:
はい

加藤諦三:
家を守っていくと

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんは もう一生懸命 苦労して 自分の この家を建てたから

相談者:
はい

加藤諦三:
きちんと家を 守ってくれと 言ったと

相談者:
はい

加藤諦三:
それで・・・

相談者:
父は何度も それ言って 死んだんですよ

加藤諦三:
それで そのために お姉さんとあなたよりも余計に 分与をしたと

相談者:
はいはい そうです それも・・・

加藤諦三:
にもかかわらず

相談者:
はい

加藤諦三:
今 その言葉は 守られないと

相談者:
そうです そうです

加藤諦三:
で そこで その事が 釈然としないけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
もう一度考え直すっていうか 再分配の方法ってのは ないものか っていうことですね

相談者:
はい そうです

加藤諦三:
はい わかりました

相談者:
はい すいません

加藤諦三:
今日は スタジオに 弁護士の中川潤先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
うかがってみたいと思います

相談者:
はい よろしくお願いいたします

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.