まさかの坂

テレフォン人生相談
債権債務
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年8月14日(金)

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:69歳女性 夫と2人暮らし

お金を貸した人が1ヶ月前に急に亡くなった。保証人はたてていないが借用書はある。あとは娘が継ぐことになっており、話しはしてあるとのことだったので、娘に電話連絡すると、保証人でもないし、話しも聞いていない、財産は放棄するので、自分は関係ないと言われて電話を切られる。5年前に貸した金額は250万円、年間30万円の利息を支払う約束で、5年間もらっている。しかし返済期限は決めていなかった。相手は主人の仕事関係の人で、実は主人には内緒で、自分の貯金からお金を貸していた。元金の250万円を取戻したいのだが、表立ったことをしなければならないのなら、泣き寝入りも仕方ないと思っている。回答者に塩谷崇之弁護士。ドリアン助川の「まさかの坂」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

ドリアン助川:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
あ いろいろお世話様です

ドリアン助川:
よろしくお願いします

相談者:
はい こちらこそ

ドリアン助川:
今日はどんなご相談でしょうか

相談者:
あ お金を貸したんですけど 貸した方が あのぅ 一ヶ月前に亡くなったんです 急に

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで 保証人をたててないので 借用書はあるんですけど あのー あと この娘に相続するっていうことは 聞いていたんですけど その方に電話しましたら いろんなことがあったから 全部財産を放棄するっていう返事で 電話をきられちゃったんですね だから あの娘さんは もう家には関係ないから 私には関係ないから って言われたんです

ドリアン助川:
は は は は えーと まずお金は おいくらぐらい貸されたんですか?

相談者:
250万です

ドリアン助川:
250万円

相談者:
はい

ドリアン助川:
それはいつ貸されたんですか?

相談者:
えっと 5年前ですね

ドリアン助川:
5年前

相談者:
はい

ドリアン助川:
で この250万というのは えー全然 返済されてないんですか? あの一部も

相談者:
そう あの 利子だけは ま ちゃんとあのずーっと 払ってもらってました

ドリアン助川:
はいはい えー 利子というのは どれくらいの利子なんですか?

相談者:
あの 貸すっていう理由が あの利子がよかったので 貸したんですね そいであの 年間三十万 返してもらってたんです

ドリアン助川:
えー という事は

相談者:
1割・・・

ドリアン助川:
5年前ですから 計150万は もう

相談者:
あ はい

ドリアン助川:
利子としては貰っていると

相談者:
はい はい

ドリアン助川:
これは双方で決めた事なんですか?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
は は は は どういう事で このお金が必要になったんですかね? 相手の方

相談者:
あのー なんかその方 商売してまして 銀行の取引が出来なくなったから 個人に借りてっていう事で ほいで もう 長いので そろそろ返してもらいたいからって いちおう あのいついつまでっていうことは あの 借用書に書いてないもんですから

ドリアン助川:
それで あのokということだったんですね その時は

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
そういう約束だったんですね

相談者:
そうです

ドリアン助川:
は は は は で えー あなた様 おいくつですか

相談者:
69です70になるんですけど

ドリアン助川:
69・・・はい はい えーと 現在ご家族があって

相談者:
主人と2人です

ドリアン助川:
2人で えーあなた様は お仕事されてますか?

相談者:
してないです

ドリアン助川:
してないですか 相手の方は おいくつだったんでしょうか?

相談者:
えーと 78か9だと思います

ドリアン助川:
えー 亡くなった年齢が

相談者:
はい

ドリアン助川:
は は は は で まあ電話をしたら その方のお嬢さんが出られた?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
ま その借金も含めて

相談者:
はい

ドリアン助川:
具体的に なんとおっしゃったでしょう その人は

相談者:
いや 実はこういうわけで あの って理由しましたら あの私が保証人になってないし そんなこと一言も聞いてないから それにあの うちの方もいろいろ あのぅ なことがあるから 全部財産放棄したっていうから あのー 関係ないから って言って電話 切られちゃったんですね

ドリアン助川:
は は はー その相手のお嬢さんって いくつくらいの方なんでしょうね

相談者:
私も 面識ないんですけど 40ぐらいだと思うんです

ドリアン助川:
40歳ぐらいの方 は は は 250万貸して えー利子としては毎年30万づつで 5年で150万は返ってきてるってことですね

相談者:
ええ

ドリアン助川:
もともと 親しい方だったんですか?

相談者:
親しいっていうか あの 主人の仕事関係の方で 向こうから来るだけで 私の方から行ったことはないんですよ

ドリアン助川:
来るというのは お家に?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
あのー ということは 旦那さんも これ間にいたわけですよね

相談者:
それが あのー 私も あの 仕事してて いくらか貯金があったので その方の利子がいいもんですから そういうので貸したっていう ただそれだけのことだったんです

ドリアン助川:
あの ごめんなさいね

相談者:
はぁい

ドリアン助川:
旦那さんの お知り合いの方ですよね

相談者:
そうです

ドリアン助川:
で この方が お金を貸してほしいというのを 旦那さんを飛び越えて あなたに・・・

相談者:
いや・・・いや・・・それが あの主人に内緒なので 困ってるんです

ドリアン助川:
えーと あなたもよくそういうことなさいましたね あの・・・

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
旦那さん いないところで

相談者:
私も迂闊だったんです はい

ドリアン助川:
で じゃあこの 30万の利子が 5か年返ってきたというのも 旦那さんには 内緒ですね

相談者:
そうです

ドリアン助川:
は は は は で えー今に至るも 一切 この事は旦那さんには 話してないんですか

相談者:
話してないです

ドリアン助川:
もし話したとしたら 旦那さん どうなります?

相談者:
いや 主人も…どんなことになるか 私もわからないです

ドリアン助川:
で えー 今 まあ お気持ちとしては 元本250万 返って取り戻したいという事でしょうか

相談者:
そうです

ドリアン助川:
相談内容としては

相談者:
ええ でも あの あんまり 表だったことを しなければ ならなければ もう泣き寝入りしようかなと思ってたんですけど

ドリアン助川:
ご自分としても どっちがいいか分からなくなってるということですか

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
ふん ふん ふん 今日何かその まあ決断のきっかけになる 言葉が聞ければいいなということでしょうか

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
わかりました えー250万を 貸したと そしてその方が亡くなってしまった

相談者:
はい

ドリアン助川:
利子の 150万円は戻ってきてるけども 旦那さんには内緒だと

相談者:
そうです

ドリアン助川:
で 今どうしたもんか うん よく分からなくなっているというとこですね

相談者:
そうです

ドリアン助川:
わかりました えー 今日の先生に ご相談してみたいと思います 今日の回答者 弁護士の塩谷崇之先生です よろしくお願いします

相談者:
ああ はじめまして

塩谷崇之弁護士アドバイス

塩谷崇之:
はい こんにちは

相談者:
ああ こんにちは

塩谷崇之:
えーと お話しうかがっていてですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
ちょっといくつか あの確認したいところがあるんですが

相談者:
はい

塩谷崇之:
まず250万を貸したのが 5年前

相談者:
はい

塩谷崇之:
はい で えー 借用書があるということで

相談者:
はい

塩谷崇之:
借用書には 金額と

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー 利子についての記載があるんですね

相談者:
いや 利子はあの あえて書いてないです

塩谷崇之:
書いてない?

相談者:
口頭だけで それは守ってくれてありました

塩谷崇之:
なるほど えー保証人は まったくつけなかったと

相談者:
はい

塩谷崇之:
いうことですね

相談者:
ええ

塩谷崇之:
で 返済時期の定めは なかったと

相談者:
そうです

塩谷崇之:
いうことですね

相談者:
ええ

塩谷崇之:
で 今までに

相談者:
はい

塩谷崇之:
えっと その元金を返してくれと 言ったことは あったんですか?

相談者:
ありましたけど いや あのう 娘に あのう 全部話してあるから

塩谷崇之:
うん

相談者:
あのう 大丈夫だよ っていう事で そのままになってたんですね

塩谷崇之:
わかりました それからもう一点ね

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー相手の 亡くなった相手の方なんですけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
その方の ご家族というのは?

相談者:
ええと 奥さん いたんですけど 奥さんも体が悪くて

塩谷崇之:
うん

相談者:
亡くなった方が 面倒看てるっていう状態なんですね

塩谷崇之:
じゃあ またご存命なんですか 奥さんは

相談者:
ええ

塩谷崇之:
ああー お子さんは一人ですか? その娘さん一人

相談者:
他にも居るみたいですけど

塩谷崇之:
あ 他にもいる?

相談者:
あのー 絶縁状態だそうです

塩谷崇之:
あでも 何人か お子さんがいらっしゃるんですね

相談者:
いるみたいですけど 全然 あのー行き来はしてないって言ってました

塩谷崇之:
うん うーん それとね えっと この貸したのは その相手の個人に対して貸したということで間違いないですか

相談者:
そうですね はい

塩谷崇之:
事業しておられたということですけれども ただ今回の貸借に関しては

相談者:
はい

塩谷崇之:
個人間の貸借だということで

相談者:
あ そうです はい はい

塩谷崇之:
あ わかりました そうするとね

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー あなたが250万円 相手に貸して

相談者:
はい

塩谷崇之:
まあ利息しか受け取っていないということなんで

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたは 相手の・・・相手が亡くなった以上ですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
相手の相続人に対して これを請求する権利をもっているわけですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
で相手の相続人というのは

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー 奥さんと

相談者:
はい

塩谷崇之:
子供たち

相談者:
はい

塩谷崇之:
が相続になります

相談者:
はい

塩谷崇之:
奥さんは えー1/2の相続人

相談者:
はい

塩谷崇之:
子供たちは 全員合わせて1/2なんで

相談者:
はい

塩谷崇之:
例えば子供が2人いれば 4分の1ずつ

相談者:
はい

塩谷崇之:
3人いれば 6分の1ずつと

相談者:
はい

塩谷崇之:
いうような形で 相続をすることになるんですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
なので えー あなたがもしこれ請求していこうと思ったら 相手の相続人 を調べて その相続人に対して

相談者:
はい

塩谷崇之:
先ほど申し上げたような割合で

相談者:
はい

塩谷崇之:
その250万円をね えー半分は奥さん えっと125万ですか 奥さんに それから あー 子供達に 残りをっていうような形で 分割して請求していくことになります

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん で えーその上でですね えっと 相続人は 本来 ま そういう返還の義務を負ってるんですけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
相続放棄をすることができるんですよね

相談者:
ええ

塩谷崇之:
で えー この相続放棄をするかは

相談者:
はい

塩谷崇之:
相続人 それぞれの相続人が 自分の判断で決めることができるんですよ

相談者:
はい

塩谷崇之:
だから 娘さんがね

相談者:
はい

塩谷崇之:
その相続人の一人である娘さんが 相続放棄をすると

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー その人は相続をしないですけれども そのほかの方々は相続放棄をしなければ

相談者:
はい

塩谷崇之:
相続放棄をした娘さんの分が 他の相続人のところに振り分けられていくような形になりますね

相談者:
ああ はい

塩谷崇之:
うん なので えー 娘さんが相続放棄をするというふうに個人的にね おっしゃったからといって

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー一切請求が出来なくなるわけではない それが まず1点です

相談者:
はい

塩谷崇之:
それからえー じゃあ 相続放棄というのはね

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー私は相続放棄をします という風に

相談者:
はい

塩谷崇之:
言って えー もう関係ないからと言って 電話を がちゃんと切ったということですけれど

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういうふうに言ったからと言って 相続放棄ができるわけではないんですね

相談者:
ああ

塩谷崇之:
相続放棄というのは 自分に対して 請求している人に対して 放棄をしますというふうに言うだけでなくて

相談者:
はい

塩谷崇之:
家庭裁判所に

相談者:
はい

塩谷崇之:
相続放棄の申述書っていうね そういう書面を出して

相談者:
はい

塩谷崇之:
で それが家庭裁判所で受付られないと

相談者:
はい

塩谷崇之:
相続放棄にはならないんですね

相談者:
あー はい

塩谷崇之:
で えーさらに その相続放棄の申述ができるのは

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー相続があったことを知った時から3ヶ月以内

相談者:
はい

塩谷崇之:
つまり えー 例えば お嬢さん 娘さん達から見ると

相談者:
はい

塩谷崇之:
お父さんが 亡くなったという事を知ってから 3ヶ月以内でないと

相談者:
はい

塩谷崇之:
相続放棄ができない

相談者:
ああ

塩谷崇之:
そういう意味では まだね あの 取れるか取れないか ということの結論を出すのは ちょっと早いような 気きがしますね

相談者:
ああ そうですか はい

塩谷崇之:
ただね これ あのー じゃあ どうやってその相続人を調べるかというと

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたひとりの力で これを調べることはできないんですよ

相談者:
ああ

塩谷崇之:
だから相手の協力があれば別ですけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
相手がまったくそれで 協力してくれないということになるとね

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー そのぉ お金を貸した相手の相続人を調べるためには

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー 弁護士に依頼をして

相談者:
はい

塩谷崇之:
で 相続人の調査を して

相談者:
はい

塩谷崇之:
で相手が どういう相続人がいるのか

相談者:
うん

塩谷崇之:
その人たちはどこに住んでいるのかとかですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういうことも 全部調べてもらった上で

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー請求していく形に なってくると思うので

相談者:
ええ

塩谷崇之:
それなりに費用は かかると思います

相談者:
ああ そうでしょうねぇ

塩谷崇之:
まぁ あのう 費用が かかったとしてもね

相談者:
はい

塩谷崇之:
相手から取れれば まぁ それで支払うことが できるんですけれども

相談者:
ええ

塩谷崇之:
費用をかけて えー 一生懸命 調べてですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
相手に請求をして 場合によっては 裁判をおこしてですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー それで 請求が認められたとしても

相談者:
うん

塩谷崇之:
相手が もしお金がなければね

相談者:
うん

塩谷崇之:
取ることはできないんですよね

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
うん そうすると まあ 今 250万円 お金を貸して それを回収したいということですけれども

相談者:
ええ ええ

塩谷崇之:
そのあたりの費用対効果というのも 考えた方がいいのかもしれないですよね

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
で ましてや えーこれまで5年間で 150万円は

相談者:
はい

塩谷崇之:
利息としてですけど 回収してきてるわけで

相談者:
ええ ええ

塩谷崇之:
そうすると まあ あなたの方が もしこれが取れなくなくなった場合の 実損害っていうのは まあ100万円ぐらいなわけじゃないですか

相談者:
はい

塩谷崇之:
その100万円ぐらい なんだからということで

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えー割り切ってしまうのもね

相談者:
はい

塩谷崇之:
一つの 考え方 なのかも知れないですね

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
特に何て言うんでしょうかね 個人的なね

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの 信頼関係で貸したお金で

相談者:
ええ

塩谷崇之:
で まあ例えば お嬢さんが会社を 相手の事業を継いでるとかね

相談者:
ええ

塩谷崇之:
そういうことであれば 別ですけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうじゃないんだとするとね 向こうの相続人にとっても まあ 寝耳に水のような話しになる可能性があるわけですよね

相談者:
ええ ええ ええ

塩谷崇之:
そういう まあ ある意味 無関係の人たちに対して

相談者:
ええ

塩谷崇之:
いや あなたは お父さんの債務を支払う義務があるんだからというふうに

相談者:
ええ ええ

塩谷崇之:
ぎりぎり ぎりぎり責めていくことがね

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えーはたして いいのかどうか

相談者:
ええ

塩谷崇之:
もちろん権利は あるんですよ

相談者:
え ええ

塩谷崇之:
あなたに権利はあるんですけど

相談者:
え ええ

塩谷崇之:
それがいいのかどうか

相談者:
ええ

塩谷崇之:
それにかかる費用と

相談者:
ええ ええ

塩谷崇之:
あなたの あなた自身の まあ 精神的な負担と

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
そういうものを考えた時には

相談者:
ええ ええ

塩谷崇之:
あー まあ その辺りは あのう まあ あなたが 最終的に どう判断するかだと思います

相談者:
はい わかりました

塩谷崇之:
はい

ドリアン助川のまとめ

ドリアン助川
もしもし

相談者:
はい

ドリアン助川
あの 人生の坂道っていうのは たくさんあると思うんですけども

相談者:
ええ はい

ドリアン助川
一番驚くのが「まさか」っていう 坂道なんですね

相談者:
そうですね ええ 本当に

ドリアン助川
ええ

相談者:
信用してたものですから

ドリアン助川
そうですね でもあの 私達もその『まさかの坂』ってのが あると思うんですね

相談者:
ああ

ドリアン助川
あの いつ 体 健康 壊すかもしれないし

相談者:
ええ

ドリアン助川
まあ ひょっとしたら 命がなくなる時が くるかもしれないし

相談者:
ええ

ドリアン助川
その時に向けて やっぱり心穏やかに 暮らせれていくっていうのが 一番いいと思うんですよ

相談者:
そうですね

ドリアン助川
ですので その泣き寝入りって言葉がありましたけども

相談者:
ええ ええ

ドリアン助川
泣き寝入りじゃないような気もするんですよね

相談者:
そうですね 勉強させていただいた

ドリアン助川
その100万のために なんかこれから 大変 しちめんどくさい ことやったって

相談者:
そうですね

ドリアン助川
っていうよりはって気も 私も横で聞いていて 思いました

相談者:
そうなんですよね

ドリアン助川
ええ よろしいでしょうか

相談者:
ありがとうございます

ドリアン助川
はい どうも失礼します

相談者:
すいません どうもありがとうございました

管理人のちょっとひと言

はじめてじゃないでしょうか、ドリアン助川さんがパーソナリティになって、感情を露わにしたのは

あなたもよくそういうことなさいましたね

このお話し、投資詐欺の一種じゃないでしょうか?
相談者が、直接投資してるんじゃなくて
亡くなった相手の方が、投資をしていて、それに便乗した

そもそも事業をやっていて、銀行が貸してくれないような人に、お金を貸そうと思いますか?
通常、どんなに利息がいいといっても、危ないと思いますよね

だって、よく知らない人ですから
旦那が、間に入って、お金の貸し借りをしたのなら
わからなくもないです、仕事関連の人ですからね

仕事とは、関係のない、個人的なことなので貸した
仕事とは、関係のないこと
そう思うのが合理的だと思うんです

だから旦那に内緒の、自分のヘソクリ

ほら、悪魔のささやきが聞こえてきます

奥さん、いい話しがあるんです
仕事とは関係ないので、ご主人には内緒

利回りのいい投資先があるんですが、お金が足りないんですよね
どうです奥さん
年12%払いますから、わしにヘソクリを預けてもらえませんか?

なんなら、借用書も書きますよ

こんな感じで

で、たぶん要領が悪かったのか
毎年30万づつ、5年間にわたって利息を払ってきて
そろそろ、回収(信用させてもっと絞り取ろうと思ったところ)しようとしたら
亡くなってしまった

そう、だから本来、事業を継ぐはずだった、娘が
父親の、詐欺の実態を知っての一言が、「うちの方も、いろいろある」
そして、相続放棄

そんな父親だから、他の子供達とは絶縁状態、

こんな話しこそ

『まさか』ってやつですかね

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.