テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2015年8月26日(水)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:65歳相談者 妻62歳 長女36歳独身 次女34歳結婚独立 長男32歳4年前に結婚4か月前に孫が生まれる

32歳の長男は4年前に結婚して4ヶ月前に子どもが生まれた。まだ家に孫を連れてきてくれていないので、孫のお食い初めは自宅でやることをお願いしたら、息子夫婦は自宅から100M先の料理屋でやりたいと言いっている。これは嫁と嫁の親が決めたことで、嫁の女親からもの凄い剣幕で若い人の言うとおりにしろと言われた。結局向こうが折れてくれたことは折れてくれた。お宮参りなども嫁の親が決めて、それを押し付けてくるような感じ。もう少しこちらに相談して欲しいし、田舎なのでご近所での立場や、男としての面子など、考えて欲しいのだけれど。大原敬子が回答者。

加藤諦三氏の〆の言葉「立場の喪失は、自分の存在を否定されたように感じます」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
よろしくお願いします

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です 最初に年齢教えてください

相談者:
えっと 65歳です

加藤諦三:
65歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さん 何歳ですか?

相談者:
えー 62歳です

加藤諦三:
62歳 お子さんは?

相談者:
長女 36 独身

加藤諦三:
はい

相談者:
次女 34 結婚してます

加藤諦三:
はい

相談者:
外に出てます

加藤諦三:
はい

相談者:
で長男 32 で 相談はその長男32のことで ちょっと

加藤諦三:
はい

相談者:
お願いしたいんですけど

加藤諦三:
この32歳の長男は今 一緒に住んでるんですか?

相談者:
えーと 結婚して外に出てます

加藤諦三:
あ 結婚して

相談者:
ええ

加藤諦三:
で子供はいるの?

相談者:
4ヶ月ぐらい前に生まれまして

加藤諦三:
あ そうですか

相談者:
その孫のことで ちょっと相談が

加藤諦三:
はい わかりました それでこの長男32歳の方は いつごろ結婚してるんですか?

相談者:
4年ぐらい前です

加藤諦三:
4年ぐらい前

相談者:
はい

加藤諦三:
それで お孫さんができたということですね

相談者:
はい

加藤諦三:
はいわかりました

相談者:
はい

加藤諦三:
でどういう事ですか?

相談者:
えーと その長男の孫が生まれて

加藤諦三:
はい

相談者:
お食い初めをやるってことで

加藤諦三:
はい

相談者:
それを やるのに お嫁さんの方の 女親と

加藤諦三:
はい

相談者:
お食い初めをね 若い人たちが 料理屋さんで

加藤諦三:
はい

相談者:
やりたいっていうことで 言っていたもんで 親御さんに 生まれてまだ一度も 自宅に来てないから

加藤諦三:
はい

相談者:
私はそこまでは言わなかったけど

加藤諦三:
はい

相談者:
お食い初めは 自宅でやるってことで

加藤諦三:
はい

相談者:
そういう風にあのぅ お願いしたんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら若いもんが どうしても料理屋さんでやりたい ってことで

加藤諦三:
はい

相談者:
その お嫁さんの女親が ちょっと剣幕を○※▽っていうか 若いもんが そういう風に言ってるから そうしろっていうような感じで お願いするって感じじゃなくて 強制的にヤレって感じの

加藤諦三:
それでその 剣幕に 貴方は押されたわけですね

相談者:
まぁ押されたっていうか 最終的には 向こうが 折れてくれたことは 折れてくれたんですけどね

加藤諦三:
あ すごい剣幕だったけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
わかりましたってあなたの意見を通したって事ですね

相談者:
まぁ最終的にはね

加藤諦三:
ええ

相談者:
途中でだから そういうちょっと お互いに 自分の主張ばっかり通してたからね

加藤諦三:
ええ

相談者:
私もこれ以上一緒にいるとね 自分の中が・・・頭が混乱しちゃうと・・・ないから 席を立ったんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
そういう 関係でね

加藤諦三:
はい

相談者:
今後 どういうふうに 付き合っていったら いいかと思ってね

加藤諦三:
で 今までもなんかこう 相手方のですね 父親の方とか

相談者:
ええ

加藤諦三:
親族の関係のトラブルっていうのは

相談者:
いや・・・

加藤諦三:
表面化しないけれども いろいろあったわけですか?

相談者:
こっちとすると

加藤諦三:
はい

相談者:
例えば何か 宮参りやるとか 色々な問題は お嫁さんと女親と

加藤諦三:
はい

相談者:
相談して

加藤諦三:
はい

相談者:
だいたい 向こうで決めて

加藤諦三:
はい

相談者:
こっちに押し付けるような感じっていうか どっちかと言ったら 我々は まぁしょうがないなっていうような感じで

加藤諦三:
うーん

相談者:
従ってたけどね

加藤諦三:
まぁ もうちょっと 自分たちのことも 重要視してくれっていう

相談者:
うん そういうこともありますね 例えば 料理屋さんでやっちゃえば その料理屋さんっていっても 自宅から100メーターぐらしか離れてないところでやるもんで

加藤諦三:
はい

相談者:
一度も家に入ったことないから

加藤諦三:
ええ

相談者:
それで我々とすれば そういうふうな形で お食い初めだけでも自宅でヤリたいってことで 話しを持って行ったんですけどね

加藤諦三:
うん そうすると あなたと すると もうちょっとそのぅ 孫ができたときも いろんなことを自分の方に 相談しながらやってもらいたかったっていうこと?

相談者:
まあ田舎だから

加藤諦三:
はい

相談者:
どっちかっていうと うちのせがれの方のペースに まあ一方的にこっちも振り回すわけじゃないけど

加藤諦三:
うん

相談者:
まぁある程度 お互いに話しあってね

加藤諦三:
ええ

相談者:
進めていけたら アレだったんじゃないかなーっていう意味なんですけど

加藤諦三:
事にまぁあなたの地方では

相談者:
ええ

加藤諦三:
今でも ご主人と奥さんと っていうと 男の方が中心になるという

相談者:
ああ 例えば 孫が生まれたならば 旦那さんの方の 親の方で

加藤諦三:
ええ

相談者:
なんか取り仕切るっていうかねぇ

加藤諦三:
ええ

相談者:
まぁ一方的にそれをする時代じゃないけど

加藤諦三:
ええ

相談者:
多少お互いに話しあってね

加藤諦三:
ええ あなたからすると この32歳の息子さんが ちょっと不甲斐ないっていう感じある

相談者:
まあ それこそ その娘さんと親で

加藤諦三:
ええ

相談者:
決まったやつを 連絡くれるだけであってね

加藤諦三:
うん

相談者:
だから初め それこそ 終わっちゃったらば 怒鳴りつけて・・・言おうかと思ってたんですけどね

加藤諦三:
あの あなたの奥さんはどういう感じなの?あなたと同じ気持ちです?

相談者:
まぁ うちの奥さんは割と抱擁力があるのか知らないけど お互いに欠点あるんだから そんなに・・た・・たて・・・

加藤諦三:
目くじら立てることことないよ

相談者:
と思うんだけど

加藤諦三:
ええ

相談者:
私とすればね 頭の中にそれがこびりついて 右から入って左と抜けるような そういう人間になれれば こういうこともないんだろうけど

加藤諦三:
それで やっぱり 奥さんがね あなたと同じ気持ちでね

相談者:
ええ

加藤諦三:
なんでその女親が あんな出てくるんだというような

相談者:
ええ

加藤諦三:
ことで あなたと気持ちが一緒になって 怒ってれば まだ気がすむんだけども

相談者:
ええ

加藤諦三:
必ずしも あなたと同じ気持ちで動かないから

相談者:
ええ

加藤諦三:
そこが また イライラするところもあるんじゃないのかな

相談者:
まあ 私とすればねぇ

加藤諦三:
ええ

相談者:
どちらかって言えば あれだけ言われててね 男の面子やないけど

加藤諦三:
ええ

相談者:
言われた時 しばらく押し問答してたけど

加藤諦三:
うん

相談者:
あのう その席は立っちゃいました そこにずっといればね

加藤諦三:
ええ

相談者:
もっとあのう エスカレートしちゃったんです

加藤諦三:
うーん

相談者:
そうしたら中止になって なんだろうって 近所でも笑いものになっちゃうと・・・

加藤諦三:
席を立ったけれども

相談者:
ええ

加藤諦三:
非常に冷静な行動だけれども

相談者:
ええ

加藤諦三:
気持ちはものすごい 収まってない

相談者:
はい そうです

加藤諦三:
要するに その親族のなかでね

相談者:
ええ

加藤諦三:
あなたの 立場っていうか あるわけですよね

相談者:
ああ ありますね

加藤諦三:
で立場がないっていうのは相当こたえるもんですよ

相談者:
ええ

加藤諦三:
で それが今 大変こたえてるんだけれど

相談者:
ああ

加藤諦三:
どうしようかということですね

相談者:
そうですよね

加藤諦三:
はい 今日はスタジオに乳幼児教育研究の 大原敬子先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
うかがってみたいと思います

相談者:
はい

大原敬子のアドバイス

5分59秒過ぎ

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちわ

大原敬子:
許せないですよねぇ

相談者:
はい

大原敬子:
分かる!

相談者:
はい

大原敬子:
自分の家から ほんの数分の所で 何というこの意地悪さ

相談者:
アア・・・

大原敬子:
女がね

相談者:
ええ

大原敬子:
そこまで出しゃばって 俺に指揮権で 差配するかと思ったら

相談者:
ええ

大原敬子:
結果はねぇ まぁ 僕の言うとおり通ったかもしれないけれども

相談者:
ええ

大原敬子:
その過程の 目と鼻の先の料亭を使うという 考えが許せないんですよね

相談者:
ええ

大原敬子:
そうでしょ?

相談者:
ええ

大原敬子:
分かります すごく

相談者:
ええ

大原敬子:
けれど 私もそうなんですね

相談者:
はい

大原敬子:
自分の世界観でものを見てしまうと

相談者:
ええ

大原敬子:
えっ?家の近くがあるのに

相談者:
ええ

大原敬子:
あえてそこを避ける それどういうことって 自分の世界観で見ると

相談者:
ええ

大原敬子:
これは とっても意地悪に見えちゃうんですね

相談者:
ええ

大原敬子:
私みたいな性格だと お父さんの気持ち とってもよく分かるの

相談者:
ええ

大原敬子:
でも ちょっと待って なぜこれほどまでにお金をかけて ここまでするだろうかと思う時は

相談者:
ええ

大原敬子:
向こうは向こうで

相談者:
ええ

大原敬子:
自分の領域の 向こうからすると やっぱりある程度はバカにされたくない

相談者:
ええ

大原敬子:
うちのよ・・・娘を ということもなきにしもあらずなんですよ

相談者:
ああー

大原敬子:

相談者:
ええ

大原敬子:
そうしてみると 結局最終的にあなたに合わせたんですよ

相談者:
ああ

大原敬子:
とういう事は 簡単に ちまちまと仕上げるような 大事なお婿さんのお孫さんですからね

相談者:
はい

大原敬子:
私どもはっていう 向こうのお母さんの気持ちもあるかもわからないんです

相談者:
ああ

大原敬子:
で あなたが一番を怒っているのは 家を通り過ぎて そこでやるっていう その行為だけだったんです

相談者:
ええ そうですよ

大原敬子:
向こうからすると どんなに家が近くても その家を簡単に使ってね 安易にすませる 嫁の実家と思われたくないというのがあるんですよ

相談者:
ああ・・・

大原敬子:
だって その方が安上がりですもん 普通は

相談者:
うん

大原敬子:
だけれども そうはいかないわ いくらご実家でもね お姑さん大変なんだから やっぱり料亭でしましょうってこともあるんです

相談者:
ああ そう解釈すればね

大原敬子:
解釈すれば

相談者:
ええ

大原敬子:
いずれにしても どちらは正しいと言えない場合はですね 感情が どう整理するかの方が大事じゃないでしょうか

相談者:
うーん ね

大原敬子:
今日のお話しは

相談者:
ええ

大原敬子:
自分の感情を どこに整理をして

相談者:
うん

大原敬子:
どこに その感情の 一番いい置きどころ 置き場所?をさがすことの方が賢明だと思うんですね どうですか?

相談者:
そうですねえ

大原敬子:
そうするとね

相談者:
ええ

大原敬子:
一つは 物の価値観とか

相談者:
ええ

大原敬子:
やっぱり 息子さんとお嬢さん・・・お嫁さんがね

相談者:
ええ

大原敬子:
幸せになってほしいことが前提条件ですね

相談者:
そりゃそうですね 一番・・・

大原敬子:
私はね 今日のお父様の電話はですね

相談者:
ええ

大原敬子:
結局 落ち着いているか 落ち着きましたね あなたの話しで 自分が言った意見が通りましたよね

相談者:
ええ

大原敬子:
通った後に あなた自身が 本当に溜飲が下がったかというと 下がってるんではなくて 何となく 不安定な感情 が今日の電話じゃないでしょうかねぇ?

相談者:
そうですね

大原敬子:
ですから そのためにも 自分は いや俺は間違えていないんだ こうだって 自分なりに楽になるように 自分で解釈をしたいんだと思うんですね
相談者:
そうですね うん

大原敬子:
で 解釈するんだけど AかなB BからCと だんだん自分でもわからなくなってしまって

相談者:
ええ

大原敬子:
なんとなくこの先 収まり処が 収まらなくって いろんなことがこれから起きるんじゃないかと思った時に どうしようかな っていうことじゃないでしょうかね

相談者:
まあ そういうこともありますね

大原敬子:
そうするとね ご主人様は 一つは ご長男になるわけですよね

相談者:
ええ

大原敬子:
その長男がなぜ 向こうの

相談者:
ええ

大原敬子:
ご両親の言いなりになったかってことですか?

相談者:
それもありますね

大原敬子:
ってことは ご長男が 向こうのご夫婦に とられたような感覚ですよね

相談者:
それも無いとは言えないですね

大原敬子:
ね それを一般的には 嫉妬

相談者:
まあ嫉妬ですね

大原敬子:
嫉妬ですね

相談者:
確かに 子供3人いるけど どっちかっていうと娘っていうのは まぁいずれは結婚して外に出るっていう感じがあったんだけど

大原敬子:
うん

相談者:
せがれが外へ出ちゃったっていうのは 随分寂しいっていう気持ちはありますね

大原敬子:
それが 今回 はっきりと自覚したんですよね

相談者:
うーん

大原敬子:
それが自分の家の前から ほんの少しなのに 私が孫なのに すーっとスルーしちゃったわけですよね

相談者:
うーん

大原敬子:
それが本当に息子は行っちゃったってことですよね 自分の

相談者:
うーん そういうことになりますね

大原敬子:
その悲しさは 妻にはわからない

相談者:
うーん

大原敬子:
僕だけが感じる 父親の感情 じゃないですか?

相談者:
うーん だからね

大原敬子:
うん

相談者:
うちのがね

大原敬子:
うん

相談者:
あの携帯でね

大原敬子:
うん

相談者:
うちのせがれにね

大原敬子:
うん

相談者:
そのいきさつがあったから

大原敬子:
うん

相談者:
本人もその話しを聞いていたから

大原敬子:
うん

相談者:
実は 親とすればね 今まで一度も家に孫が入ったことがないんだから

大原敬子:
うん

相談者:
お食い初めだけはね 自宅でヤリたいっていう お父さんの気持ちもわかってやらなきゃ悪いよ って言ったって

大原敬子:
あのねー 奥様のすごいところはね 事実を喋ってるんです

相談者:
うん

大原敬子:
人間ってね 本当の言葉ってねえ 何もいかし・・・できないですよね

相談者:
うーん

大原敬子:
だからね これからね 裏にいる黒子の人たちに 勝つ方法です これから

相談者:
うーん

大原敬子:
あなたが 私にとっては一番大事な孫です 孫が可愛いんです

相談者:
うん

大原敬子:
その孫を盗られた感じになってしまうので

相談者:
うん

大原敬子:
できたら これから色んな行事ごとは 私もそこに入らせてくださいって

相談者:
ああ

大原敬子:
はっきり言っていいんじゃないの

相談者:
ああ

大原敬子:
それを見て いやいやとは絶対言わないです

相談者:
ああ

大原敬子:
それを 面子っていうのは それを喋ることが かっこ悪いと思っているんですね

相談者:
ああ

大原敬子:
ところがね 面子っていうのはね非常に遠回しでね

相談者:
ええ

大原敬子:
屁理屈を言う人間になってしまうんです

相談者:
ああ

大原敬子:
屁理屈って凄く損でね

相談者:
ああ

大原敬子:
本当は素直に言えばいいのに

相談者:
うん

大原敬子:
言わない事なんですね

相談者:
ああ

大原敬子:
ですからね これからお嫁さんが来ても 何きても 私は男の人の可愛いらしさっていうのはね もうね孫の事とかな・・ね

相談者:
ええ

大原敬子:
息子のことになると 夢中になってしまうんだよって

相談者:
ああ

大原敬子:
男ってバカなもんだよねって

相談者:
ああ

大原敬子:
事を 毎回言ってくれると わかるんです

相談者:
ああ

大原敬子:
やっぱりね お父様 いちおう呼んだ方がいいわよって必ずなります そうして呼んでくれると 自分の意見が通らなくてもいいんですね

相談者:
ああ

大原敬子:
あなたもきっとそうだと思いますよ

相談者:
ああ ああ

大原敬子:
お父様 いかがですか

相談者:
そうだね ○※▽ぶんの仲間に入ればね

大原敬子:
ん? いいでしょ

相談者:
納得するからね

大原敬子:
そうです だからね 是非これからね もう お孫さんがいても もういちばんカワイイ いつ死んでもいい

相談者:
うん

大原敬子:
いつもお嫁さん

相談者:
うん

大原敬子:
いつも 仲間に入れてくれるよねって お願いだよって

相談者:
うん

大原敬子:
それ以外何も無いんだからっていうことで 貴方が入っていくことじゃないでしょうか

相談者:
ああ まあね

大原敬子:
向こうは向こうの 何かの劣等感があったはずなんです

相談者:
うーん ね

大原敬子:
だからあなたも最終的には あなたの意見に添った家ですから

相談者:
ええ

大原敬子:
もう一度 ちょっと見かたをですね

相談者:
ええ

大原敬子:
変えて 今後の・・・何か一つのね きっかけとして このアドバイスを 参考にしてくれれば嬉しいな と思うんですけど

相談者:
ああ・・・

大原敬子:
加藤先生にうかがってみますね

相談者:
はいどうも

大原敬子:
先生いかがでしょうか

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
あの大原先生が言ったように 色々な事を決める時には 私もそこに入らしてください というふうに言いなさい って言われたの・・僕もその通りなんですけどね

相談者:
ああ

加藤諦三:
で おそらく それ非常にあなた 言いにくい性格なんだと思うんですけど

相談者:
ああ

加藤諦三:
これなんかいいくい人は この内容を 言いやすい言葉って・・・

大原敬子:
あのね 言いにくい人は 遠回しに 相手から仕向けることを 求めてるんです

相談者:
うん

大原敬子:
で 仕向けるから 相手は勝手に想像してしまって 自分とまったく違う感情で 喧嘩になってしまうんです

相談者:
ああ

大原敬子:
で 本当は お父さん来てください って言ってほしいんですよね?

相談者:
そうですね

大原敬子:
そうしたら息子に言うことですね

相談者:
ああ・・・

加藤諦三:
息子さんにこれを言う

大原敬子:
うん・・・はい 必ず言うんだよ

加藤諦三:
あのね

相談者:
はい

加藤諦三:
今 その大原先生に 僕が質問したのはね

相談者:
ええ

加藤諦三:
貴方は割と受け身の人なんですよ

相談者:
ええ

加藤諦三:
だからなかなか 自分の方から 私もそこに入らせてくださいっていうね 言いたいけど なかなか言えないところがある

相談者:
まあ どっちかっていうと そういう性格ですね

加藤諦三:
だけど それをその・・息子に 俺も仲間に入れてくれよ っていうのは いいやすい?

相談者:
まぁい・・・つの 子供だからね

大原敬子:
ほんと好きなんですね 息子さんがねえ

加藤諦三:
そういう形で言えるというのであれば これは全て解決するんじゃないですか

相談者:
ああ

加藤諦三:
今までは受身の形でしか攻撃性を 表現できなかったんですよ それで 受け身の攻撃性が 先ほど 大原先生が おっしゃった 嫉妬ってやつです

相談者:
うん

加藤諦三:
ですから これで全て解決したじゃないですか

相談者:
ありがとうございました

加藤諦三:
よろしいですか

相談者:
はい

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
どうも お手数かけました ありがとうございました

管理人のちょっとひと言

このお父さん、自分も同じ要素を持っているだけに
文字起こししているうちに、自分の将来を見ているようで
他人事じゃない気がしてきた(笑)

不確定な要素が、多分にあるので
同じになるとは限りませんけれど

風習とか、そんなことに縛られもしないし
面子云々にこだわるつもりもない
凄く、単純なことで

4か月も、子供を家に連れてこないとか
息子から、お食い初めにしろ
お宮参りにしろ

そういう計画について何も知らされない
決定事項だけ、伝えられたら
ちょっとね

自分も怒っちゃうかな

「仲間に入れて」ちょっと言えるようにしておこう

スポンサーリンク