離婚の準備の仕方 マザコン夫が吐く暴言は受け流せ テレフォン人生相談2015-9-12

テレフォン人生相談
離婚
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年9月12日(土)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:50歳女性 夫55歳 子供 大学4年と大学3年(1人は家から通学) 夫の両親 5人暮らし

夫が吐く暴言に精神的に追い詰められて離婚を考えているという50歳の主婦。3年前に母が他界すると「財産を半分貰って来い」と夫から言われる。両親からは嫁に来る時に財産は姉に全部譲ると言われていたので、それは出来ないと夫に言うと凄い剣幕で貰って来いと言われてしまう。それを聞いた実家の父は遺言書を書くことに。それ以降、事ある毎に財産を半分貰ってこなければ俺の金を欲しがるなとか「実家に帰れ」「出て行け」と言った暴言を吐かれる。肉体的ば暴力はないが、実家には畑と多少の財産があるので、父が亡くなった時にも同じことを繰り返し言われると思うと不安で不安で憂鬱になる。夫婦の関係は破綻しており、日常生活はなんとかやってきているが、心理的に精神的に参ってきてしまった。離婚する場合の手続きや手順、もらえる物財産分与などどうなるのか教えて欲しい。回答者に大迫恵美子弁護士。弁護士の立場から、離婚についてアドバイスを送る。加藤諦三は、夫がマザコンではないかと問う。

加藤諦三氏の〆の言葉「生活レベルが下がっても、この人とはいたくない、離婚の決断の時の1つの基準です」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
すいません お願いします

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です 最初に年齢を教えてください

相談者:
50歳です

加藤諦三:
50歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
55歳です

加藤諦三:
55歳 お子さんは?

相談者:
2人います 大学4年生と大学3年生です

加藤諦三:
ああそうですか

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると今4人で暮らしているの

相談者:
子供は1人自宅から通っていて

加藤諦三:
はい

相談者:
あと主人の父親と母親と5人で暮らしています

加藤諦三:
はいわかりました でどんな相談ですか?

相談者:
離婚をした方がいいのか ちょっと考えていることもありまして

加藤諦三:
はい

相談者:
3年前に 実家の母が亡くなった時に

加藤諦三:
はい

相談者:
主人に財産を半分もらってこいと言われました

加藤諦三:
半分もらってこいと夫に言われたわけですね

相談者:
言われました それで 嫁に来るときに

加藤諦三:
はい

相談者:
父にも母にも 姉に財産を全部やると言われてきたので

加藤諦三:
はい

相談者:
それはできないと言ったら もらってこいってすごい剣幕で言われたので

加藤諦三:
はい

相談者:
実家に行ってそのことを話したら びっくりされて

加藤諦三:
はい

相談者:
父は遺言書を書きました

加藤諦三:
はい

相談者:
そのことを主人に行っても 事あるごとに持ち出して お前の親の財産を貰って来なければ

加藤諦三:
はい

相談者:
俺のお金も欲しがるな

加藤諦三:
はい

相談者:
と言います で

加藤諦三:
はい

相談者:
実家に帰れ 出て行け 事あるごとに暴言を吐きます

加藤諦三:
はい

相談者:
どう対処していいのかわかりません で

加藤諦三:
そうすると出て行け云々は言葉だけで肉体的な暴力はないですね

相談者:
そうですね 今のところはないです

加藤諦三:
肉艇的には無い はい

相談者:
で あまりに言われるので 精神的にちょっと参ってきていて

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚した方がいいのかと考えるようになりました

加藤諦三:
はい その今心理的に参ってきているというのは 具体的に言うとどの程度 食欲がないとか眠れないとか まぁいろいろあると思うけど

相談者:
ああそうですね ちょっと眠りが浅くはなってますね 3年前から結構繰り返し繰り返しなので

加藤諦三:
はい

相談者:
こっちもどうしたらいいのか 父がこれから亡くなった時に また大騒ぎするんじゃないかと思うと 凄い 不安で不安で

加藤諦三:
うん 父が亡くなったときと言いましたけど あなたの実家というのはすごい財産があるわけ?

相談者:
畑とまあ多少の財産はあります

加藤諦三:
あなたの兄弟は

相談者:
姉が1人

加藤諦三:
2人ですか

相談者:
はい

加藤諦三:
で 半分もらってこいと言うのは お姉さんと半分ということですね

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
でそれを何 今もらってこいと言う意味

相談者:
ただ暴言で吐いているだけだと思うんですけれども

加藤諦三:
うん ただ口で でまかせに言っているだけ

相談者:
そうなんです でまかせ

加藤諦三:
本気では無い

相談者:
本気だと思うんです

加藤諦三:
ふーん

相談者:
でもその 自分のことを達するまで言うんじゃないかっていうような感じですね

加藤諦三:
ふーん

相談者:
どうして俺の言うことを聞かないんだみたいな

加藤諦三:
そうするともう関係が もう完全に壊れていて そういう暴言を吐いているのか

相談者:
ええ

加藤諦三:
それとも本当に財産が欲しくて欲しくてっていうのか と言うとアレですか もう そもそも関係が壊れてしまっていると

相談者:
なんか半分

加藤諦三:
あなたが離婚したいと思うように

相談者:
ええ

加藤諦三:
ご主人のほうも もう別れたいと思っているとかっていう

相談者:
ああ半分あるかもしれませんね

加藤諦三:
半分あるかもしれないということですね で今日の相談というのは

相談者:
はい

加藤諦三:
ま そういうような関係で 今 日常生活はなんとかやってられるけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
心理的に 多少参ってきているのでどうしたらいいか ということですね

相談者:
それと もし離婚する場合

加藤諦三:
はい

相談者:
手続きとして どういう手順を踏んで もらえるものは貰えるのか ちょっと聞きたいんですけれども

加藤諦三:
ああなるほどね あなたの今の家族に もちろん財産があるから

相談者:
はい

加藤諦三:
その財産分与はどうなるのかということですね

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
はいわかりました 今日はスタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしているので伺ってみたいと思います

大迫恵美子弁護士アドバイス

大迫恵美子:
もしもし

相談者:
はい すいませんお願いします

大迫恵美子:
はい こんにちは

相談者:
はい

大迫恵美子:
このね 3年前のご実家のお母様が亡くなる前

相談者:
はい

大迫恵美子:
その前に何かそのご主人の方からね やっぱり暴言みたいなものがあったのですか

相談者:
割と暴言は吐く人で 言葉の暴力というんですか 威圧感は毎日っていうわけではないんですけれども 喧嘩すると威圧感を与えられるような事はいつも言われてはいました

大迫恵美子:
うーんそれは例えばどんな言葉ですか

相談者:
例えば 大じいちゃんが亡くなった時 お前が来たからおじいちゃんが死んだんだとか

大迫恵美子:
ほう

相談者:
妹さんが離婚した時 お前いるから帰って来れないんだとか 出てけとかはよく言われますね何か

大迫恵美子:
うんそれは喧嘩した時に言うって事なんですか

相談者:
そうですね

大迫恵美子:
まあ喧嘩をして その後 まぁ気持ちが収まるとしますよね

相談者:
ええ はい

大迫恵美子:
そういう時の態度は どんな感じなんですか

相談者:
普通の状態ですね

大迫恵美子:
あの 謝るとかね

相談者:
ああ謝る事はしないです

大迫恵美子:
ああ

相談者:
仲直りするってわけではなくて お互いも諦めの気持ちで それで普通になっていくっていう感じですねいつも

大迫恵美子:
例えば過去にね そのあなたの何か失敗とかがあ・・まあ割合大きな失敗があってね

相談者:
うん

大迫恵美子:
そのことでずっと その まあ恨んでるとか嫌ってるとか思い当たるような原因ってあるんですか

相談者:
どうなんでしょう

大迫恵美子:
特にない

相談者:
結婚してからは そんなこともないんですけど

大迫恵美子:
はあ

相談者:
本人が思っているかもしれないですけど 私は何をやったっていう記憶もないんですけれども

大迫恵美子:
あの特にご主人が繰り返し繰り返し あなたを非難するようなエピソードっていうのはないんですか

相談者:
そうですね

大迫恵美子:
ああ そうするとただ機嫌が悪いと いうぐらいしか思い当たることがないということですかね

相談者:
そうですね

大迫恵美子:
ああ・・あの お金のね 話が揉め事になっているみたいですけど

相談者:
ええ

大迫恵美子:
今のその ご主人のお仕事っていうのは 何か自営か何かなんですか

相談者:
会社員です

大迫恵美子:
ああそうですか まあご両親と一緒にお住まいのようですけど

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ご両親の資産をね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
まあ例えば そのお家だとか何か そういうことを受け継いで住んでいるとかっていう事はあるんですか

相談者:
いや ただ同居しているという状態ですけど

大迫恵美子:
あの元々ご主人が建てたお家なんですか

相談者:
いや 親が建てた家です

大迫恵美子:
ああ まあそうすると お家はご両親の資産なんですね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
うーん あのそれ以外にそのご両親から何か受け継いでね 本当だったら夫婦だけで作らなきゃいけないものを ご両親と一緒だから恩恵があるみたいなものってあるんですか

相談者:
別にないです

大迫恵美子:
じゃあ逆にね そのご両親といるために まぁかかる経済的な負担についてね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
あの非常に苦しんでいるとか辛いとかってことがあるんですか

相談者:
生活費は少しは入れてもらいますけど 後は私たちがなんとかやっている状態ですね

大迫恵美子:
なんかそのことで例えばあなたがついね ご両親と一緒だから生活が苦しいわとか

相談者:
あああああ

大迫恵美子:
なんかそういうことつい言っちゃうとか そういう事はありますか

相談者:
ちょっと 愚痴めいたことは 親に対しての愚痴は 言ったりはしていますね そう言われれば

大迫恵美子:
ご主人の言葉の暴力っていう言い方はね この頃非常に多い離婚の原因ですよね

相談者:
そうなんですか

大迫恵美子:
ええ で まぁ大昔はね まぁあなたや私の母とか祖母ぐらいの年代は そういうのは みんなきっと我慢してきたんでしょうけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
今は そう言う事は我慢しなくてもいいという風に みんなが思ってますので

相談者:
はい

大迫恵美子:
やっぱり離婚事件に発展していくことが多いですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
で まあただ 現実問題としては離婚するかどうかはね ええ 苦しいお立場でわかりますけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
やっぱり損得勘定の働くモノなのでね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あなた自身の 今後の生活ということを考えながら 決断しなきゃいけないことですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
まあ サラリーマンだそうですからご主人がね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あなたと結婚してから作った財産は これはまあ潜在的には共有だという風に考えられるので

相談者:
はい

大迫恵美子:
離婚の時に半分もらえると

相談者:
はい

大迫恵美子:
これは大雑把な話ですけどね

相談者:
はい

大迫恵美子:
まぁ大体半分半分だと いうのが考え方なんです

相談者:
はい

大迫恵美子:
ですから あなたがその離婚して家を出る時にね 何をもらえるのかっていう事は 半分半分の目当てになるものをね

相談者:
はい

大迫恵美子:
相手がどのぐらい持っているのか っていうことなんですけど

相談者:
ええ

大迫恵美子:
そこはちゃんとあなたの方で見据えてますか

相談者:
ああちょっと 見据えてないですね

大迫恵美子:
どのぐらい向こうの名義で預貯金があるかとかも知らないんですか

相談者:
はい

大迫恵美子:
全然教えてもらえないの

相談者:
私もパートをやっているものですから ちょっと足りない分は私が出して生活してるって感じで 生活費としていくらかもらっているっていう感じですね

大迫恵美子:
お給料いくら貰っているか知らないんですが

相談者:
はっきりはちょっとわからない

大迫恵美子:
あのう 振り込みの口座とか見たことないの

相談者:
ないですね

大迫恵美子:
うん それはそういうの お前なんかに見せないぞという態度だから 怖くて見れないということなんですか

相談者:
そうですね 俺のお金は俺のもんだっていうタイプの人なので

大迫恵美子:
ああ

相談者:
他人のお金という感覚がありますね

大迫恵美子:
まあ本当に離婚を考えているんだとしたらね

相談者:
はい

大迫恵美子:
その辺の調査は ある程度シビアにした方がいいですよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
例えば まぁ預金通帳しっかり 肌身離さず持っていて見せてくれないにしてもね

相談者:
はい

大迫恵美子:
どこの銀行から通知が来てるとかね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの郵便物なんかも見ながら

相談者:
はいわかりました

大迫恵美子:
で中身いくら持ってるのかまで正確に分からなくても

相談者:
はい

大迫恵美子:
とにかくあそことあそこにあるはずだっていうことまではきちっと押さえておきたいですね

相談者:
ああ はいわかりました

大迫恵美子:
それからその・・例えば あの証券会社でね 何か運用してないかとか あるいは何か 趣味でね 結構価値のあるもの買い集めてないかとか

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういうその めぼしい感じをね 見つけておかないといけないですよね そしてざーっとあなたの方でね まあ あそことあそことあそこの物を押えると 大体この人の資産を全部わかるんじゃないかなっていうようなことぐらいを考えた上で いくらぐらい貰えるのかってことで まあ あのあてにしていたほどなかったってこともあるのでね

相談者:
はい

大迫恵美子:
何とも言えませんけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
何かもらう物があるとしたら そういう物があるんだっていうことがわかった上で 弁護士に相談するなりなんなりしないとね

相談者:
わかりました

大迫恵美子:
はい あの逆にあなたの預金も半分 とられちゃうんですよ

相談者:
あ はい

大迫恵美子:
だから そこは考えておかないといけないのと

相談者:
はい

大迫恵美子:
あと 財産分与の他にね その暴言によって まぁ離婚に至っちゃうということだとね

相談者:
はい

大迫恵美子:
まぁ慰謝料を少し 上乗せしてもらえるのかどうか

相談者:
はい

大迫恵美子:
この辺りは あんまり過大に考えてもね 駄目ですけどね

相談者:
わかりました

大迫恵美子:
あと 年金分割ですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
ま そういうふうに 考え着くようなことをね あの持ってる財産半分もらうという方向で考えて それからまぁ慰謝料がもらえるのか上乗せしてもらえるのかとかね それはどんな暴言を どんな頻度で どのぐらい繰り返しされているのかとかね

相談者:
あ はい

大迫恵美子:
そういうことによりますので

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういうことを まぁ例えば きちんと うろ覚えじゃなくて 今日も言われましたみたいな

相談者:
はい はい

大迫恵美子:
ことをね 家計簿の隅っこにでも書いておくとか

相談者:
ああ わかりました

大迫恵美子:
そういういことでね 準備して 弁護士に相談して

相談者:
はい

大迫恵美子:
そして 嫌だって言われれば 調停ですよね あの 嫌だって中には 離婚はいいけど 一銭もやらないっていうのも嫌だって意味ですから

相談者:
ああ たぶん そうですね

大迫恵美子:
それは まぁ調停で 財産分与のことも話し合わなきゃいけないのでね

相談者:
はい

大迫恵美子:
そうすると 裁判所で調停をする時に あそことあそことあそこに預金があるはずだと言うと

相談者:
はい

大迫恵美子:
それ出しなさいと 裁判所に言ってもらえますので

相談者:
はい

大迫恵美子:
そうするとなん・・いくら持ってるというのが判りますのでね

相談者:
はい

大迫恵美子:
そういうことじゃないかと思いますよ 

相談者:
はい わかりました

大迫恵美子:
手続きとしては でもまぁ何度も言いますけど 非常にね 私の祖母や母の代には我慢してたことも

相談者:
はい

大迫恵美子:
今は我慢しないという時代なのでね あなたが我慢しなきゃいけないということはないんですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
そうは言っても離婚することはね 女の人にとってはとても大変なことです 離婚しちゃうと ご主人の扶養家族だった人がね 自分で食べていく方法を考えないといけないですよね

相談者:
わかりました

大迫恵美子:
だからご自分で

相談者:
はい

大迫恵美子:
今後何ができるのか

相談者:
はい

大迫恵美子:
で そういう・・多分・・まぁ苦しい・・大変な 将来も考えながらね

相談者:
はい

大迫恵美子:
それでも自分の人生を どうするのが一番幸せかと いうことなんだと思うんです

相談者:
はい わかりました

大迫恵美子:
ホントに弁護士の立場としてね

相談者:
はい

大迫恵美子:
申し上げたいことは

相談者:
はい

大迫恵美子:
離婚はそう簡単な事じゃないです 離婚してからの生活は簡単な事じゃないです だからそこは本当にご自分の人生ですから 真剣に考え抜いてね それから決断してくださいね

相談者:
わかりました

大迫恵美子:
はい

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
もしもし

相談者:
わかりました はい

加藤諦三:
ご両親と一緒に住んでいるわけですよね

相談者:
はい

加藤諦三:
で ご両親べったり?

相談者:
昔の人っていうのは 割と両親のいう事が正しいみたいなとこあるので

加藤諦三:
うん

相談者:
割とそういうところがありましたから 3対1かなっていう感じが受けます 自分で

加藤諦三:
うーん 55歳だけどマザコン・・・の気があるのかな

相談者:
ああ あります マザコンだと思います

加藤諦三:
あ マザコンだと やっぱり思う

相談者:
はい

加藤諦三:
半分もらってこい とから始まってね

相談者:
はい

加藤諦三:
財産を気にしているとは 男になってないんですよね

相談者:
そんな気もします なんか頼りがないっていうか

加藤諦三:
うーん

相談者:
そんな感じを受けます

加藤諦三:
だからマザコンで

相談者:
はい

加藤諦三:
年齢は55歳だけれども 一人の男じゃなってないんだよね

相談者:
ああ そうですか

加藤諦三:
うん

相談者:
そう言われれば そういう感じもします

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか子供のような気もします

加藤諦三:
まさに子供だと思いますよ

相談者:
はい

加藤諦三:
15歳にはいってないんでしょうね

相談者:
あ そうなんですか

加藤諦三:
うん 10歳とかなんか・・心理的には小学生ぐらいの年齢で まぁ社会的 肉体的には中年になっていると

相談者:
ああ もうや・・や・・

加藤諦三:
もう一つはね 暴言って言うけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人の側は 吐いた暴言を忘れてることが多いと思うよ

相談者:
ああ そうなんですか

加藤諦三:
その場 その場の感情で言うから ひどいことを言うんだけれども

相談者:
ええ

加藤諦三:
言った言葉を忘れている

相談者:
では もしその言葉を言われた場合 私は受け流しておけばいいってことですか

加藤諦三:
まぁ真剣な・・あの・・ことではないと思います

相談者:
そうなんですか

加藤諦三:
マザコンの男の言うことなんか そんなにきちんとした感情から言ってるわけじゃないから

相談者:
はい わかりました

加藤諦三:
よろしいでしょうか

相談者:
はい ありがとうございました

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
はい 失礼します

管理人のちょっとひと言

人それぞれで、感じ方も違うので暴言のレベルって
判断するのが難しいですけれど
大迫先生のアドバイスは、必聴だと思う

立場もわかるし、言いたいこともわかるけれど
最後の最後で、ここを繰り返し聞いてもらって
もう一度、離婚について再考してもらいたい

時々、人生相談でハッと驚かされるのは
今回のような場合

加藤先生の、マザコン男に対する発言が過激
そこまで断定しなくてもいいのに
って、最初は思ったんですけど、コレ

相談者が、旦那の暴言をスルーできるようなら
軽々に離婚という選択をしないように
考えさせているんですね

あなたにとって、旦那の暴言はどの程度ですか?
マザコン云々と言うことで
相談者の意識を変えさせることが目的なんだってね

思い込むと、どんどんそちらに気持ちが傾いていく
なので、ちょっと戻してあげた
冷静に判断できるように

こういう心配りって素敵です

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.