嫌がらせに負けない

テレフォン人生相談
家族問題
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年9月25日(金)

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:61歳女性 長女37歳と同居 独立した長男34歳 兄65歳生活保護(内縁の妻・連れ子成人男子) 姉63歳(夫65歳位・長男23歳位) 2年前に亡くなった父享年91歳 13年前に亡くなった母享年75歳

実兄から嫌がらせを受けているが、どう立ち向かえばいいのかという相談。生活保護で暮らしている兄、内縁の妻とその連れ子成年男子と県営アパートに住んでいる。すぐ上の姉は息子が兄から危害を受けることを恐れて、父が亡くなった2年前から音信不通になる。13年前に母が他界してから実家で一人暮らしの父。兄は父の年金が入ると実家に転がり込んで、使い果たすと相談者に父を投げて住まいに行ってしまう。父親は子供の面倒をみるのが当たり前と思っており、金銭的に兄の面倒をみるが、実家の家と土地は残したいと思っていたので、公正証書で遺言書を書き相談者に託す。父が亡くなり遺言書を兄に見せると、家庭裁判所に遺留分減殺請求を申立てる。相談者が遺留分として50万円払うことと、遺言を認めること、今後一切交流しないことを条件に和解する。4ヶ月後、相談者の息子が実家に住むためリフォームをしているのを、勝手に家に入って、それなりの援助をしたから金を払えという脅しの電話をする。最近では手紙を書いてきて金を払えと脅してきた。裁判所や警察に相談に行くも、これだけではどうしようもないと言われる。坂井眞弁護士が回答者、住居不法侵入や、脅迫、恐喝などで訴えるためには証拠が必要。防犯カメラ、監視カメラの設置も視野に入れ、電話は録音とアドバイス。

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

今井通子:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
はい よろしくお願いします

今井通子:
はい 今日はどういったご相談ですか

相談者:
えっと 実の兄の嫌がらせについてなんですけども

今井通子:
はい あなたおいくつ?

相談者:
私は61です

今井通子:
61歳 お兄様はおいくつ?

相談者:
えっと 65です

今井通子:
65歳 えー ご一緒に住まれてるの?

相談者:
いえ違います

今井通子:
ご兄弟は他にいらっしゃいますか?

相談者:
あの 兄と姉と私です

今井通子:
じゃあお兄さんとあなたの間に

相談者:
はい 姉がいます

今井通子:
お姉様がいらっしゃる お姉様は何歳?

相談者:
63です

今井通子:
63歳 まず

相談者:
はい

今井通子:
嫌がらせのお話を伺う前に

相談者:
はい

今井通子:
お兄様は 結婚してらっしゃる?

相談者:
えっと 内縁の妻がいます でその方の連れ子がいます

今井通子:
ほう なるほど 成人してらっしゃるでしょう

相談者:
はい 40位だと思うんですけども

今井通子:
40位の男性女性?

相談者:
男性です

今井通子:
男性

相談者:
はい

今井通子:
はい お姉様は

相談者:
・・は もう遠くに 結婚して 全く音信不通にしています 兄が怖くて

今井通子:
あ!そういうことなの

相談者:
はい

今井通子:
はい でご結婚されて ご主人もご存命?

相談者:
はい

今井通子:
おいくつぐらいの方?

相談者:
65位だと思います

今井通子:
なるほど でお子さんもいらっしゃるのかしら?

相談者:
はい

今井通子:
お子さんは・・あの何人・・おいくつぐらい?

相談者:
えっと息子が独りで・・ 23位です

今井通子:
あ そうですか

相談者:
で その息子に危害を加えられると困るからということで 私にもその・・存在場所を教えないぐらいです。

今井通子:
あーそうなんですか

相談者:
はい

今井通子:
それ何年前ぐらいから?

相談者:
父親が亡くなって・・からですから・・ 3年位前ですね

今井通子:
あっ お父さま亡くなったの 3年前なんですか

相談者:
はい

今井通子:
お父様おいくつ・・

相談者:
あ 2年前ですね

今井通子:
あら 2年前

相談者:
はい

今井通子:
お父様おいくつで亡くなられたの?

相談者:
えっと 91です

今井通子:
91歳 お母様は?

相談者:
えっと75で亡くなりました

今井通子:
75歳で・・もうそうすると・・

相談者:
13年前です

今井通子:
13年前

相談者:
はい

今井通子:
と その間 お父様は1人で住まれていたの?

相談者:
はい 1人で住んでて 兄が来て あの年金を使い果たすと あの私のとこに 父親を投げるという感じで それの繰り返しでしたね

今井通子:
うん?・・待てよ・・ まずお父様は

相談者:
はい

今井通子:
お母様が亡くなって以来

相談者:
はい

今井通子:
お一人で住まわれていた

相談者:
はい

今井通子:
でお住まいは自宅ですか?

相談者:
はい自宅です

今井通子:
持ち家でいらしたの?

相談者:
はい

今井通子:
でその お兄様は

相談者:
はい

今井通子:
内縁の妻もいて

相談者:
はい

今井通子:
その連れ子さんもいて

相談者:
はい

今井通子:
別なところに住んでんじゃないの?

相談者:
別なとこ・・あの県営アパートに住んでたのは10年くらい前だと思うんですけども

今井通子:
はい じゃあ別のところに住んでらしたのに

相談者:
はい

今井通子:
お父様のところに転がり込んだわけ?

相談者:
転がり・・込むのと 自分のとこに帰るのと並行してたみたいですね 家族で転がり込んだり あのお金が途切れると・・もう・・そのまた県営アパートの方に帰ったりの・・兄とその内縁の方たちは 生活保護受けて 暮らしてるんです

今井通子:
ああ なるほどね そうすると じゃあいよいよ そのお兄さんのいじめに遭っているお話を伺っていきたいと思うんですが

相談者:
はい

今井通子:
はい どういうことなんですか?

相談者:
えーと 父親が2年前に亡くなって

今井通子:
はい

相談者:
もうあのすっかり・・自分が生きているときは 子供の面倒を見るのが当たり前だっていうので父親は ほとんど兄の面倒を見てたんです金銭的に

今井通子:
はい

相談者:
で私も 親のすることだから しょうがないなって見てたんですけれども

今井通子:
はい

相談者:
あの土地と家だけは残したいということで 公正証書で私に遺言を書いてたんです

今井通子:
ええ

相談者:
亡くなったので それを見せたらば 遺留分の請求というのを兄が家裁に申し立てて

今井通子:
はい

相談者:
それで 50万私が支払うということと

今井通子:
はい

相談者:
あと 遺言は認めるということと

今井通子:
はい

相談者:
今後一切交流を持たないという条件で和解が成立したんです

今井通子:
はい

相談者:
その後 あの法的にも有効ですよという裁判所の方の話もいただいていたので安心していたら

今井通子:
うん うん

相談者:
4ヶ月後に私の子供に それなりの援助をしたから金を払えという脅しの電話や つい最近はもう手紙で 金を振り込めっていうような内容のを来てて で裁判所にそれを持って法的に有効なんですよねって言ったら いやその50万に関しては私が払わなかったならば私の財産を差し押さえるっていうのの法律的には有効だけども その他は紳士協定だから何もできませんということで

今井通子:
ふーん

相談者:
今度警察の方に行って 手紙の中に あの・・実家に入り込んだ内容のことが記されてあったので

今井通子:
ええ

相談者:
これって 不法侵入にならないんですかって聞いたら これだけではならないっていうふうにして 警察でも なんともならないと言われて

今井通子:
あの今のお話の中で

相談者:
はーい

今井通子:
あなたには あの・・お子さんいらっしゃるのね

相談者:
はい

今井通子:
えー おいくつの男性女性?

相談者:
えっと 37歳の長女と34歳の息子がいます

今井通子:
で もう あの両方とも あの独立されているの?

相談者:
いえ 娘とは一緒に住んでいて

今井通子:
はい

相談者:
で 息子ふう・・息子は結婚してるんですけれども

今井通子:
はい

相談者:
その息子夫婦が父親が残した実家を今 自分たちでリフォームしてるんです

今井通子:
ああなるほど

相談者:
その実態を自分が持ってた 合鍵で入ったらしくて

今井通子:
あーあ なるほど

相談者:
なんだあれはっていう感じの・・あの・・逆上したような手紙の内容でした

今井通子:
ふーん

相談者:
でもあの 和解成立して私が現金を振り込む時にあの弁護士さんを通じて合鍵を返してくれって言ったときに ちゃんとあの 返してもらったという あの文章もいただいて 鍵も私がもらったから もう入れないという確約をとったつもりだったんですよね

今井通子:
うん

相談者:
それなのにこうやって入っているということは 約束守られてないんです・・じゃないですかって弁護士さんにも聞いたんですけれども

今井通子:
うーん

相談者:
そういう事は何の権力をないからできないって言われて じゃあ何のための和解金だったんですかって言っても 後は警察に相談してくださいという こう堂々巡りなんですよね

今井通子:
ふーん で 今回あなたがご相談になりたいのは

相談者:
はい

今井通子:
先ほどおっしゃっていた

相談者:
はい

今井通子:
法律的にいろいろな手は打たれたと

相談者:
はい

今井通子:
にもかかわらず まだその 実家の合鍵は別に作っちゃったのか何かわかんないですけども持っている・・

相談者:
はい

今井通子:
らしく

相談者:
はい

今井通子:
中に入ってきちゃったりとか

相談者:
はい

今井通子:
要するにあなたが一切関わらないという 約束をしたはずなのに

相談者:
はい

今井通子:
まぁ嫌がらせの電話はかかってくるとか

相談者:
はい

今井通子:
そういうことに対する

相談者:
はい

今井通子:
ご質問ですか?

相談者:
はいそうです 今後兄に・・兄に・・なら あの嫌がらせするのに対して どのように立ち向かっていったらいいんだろうかと思いまして

今井通子:
なるほど

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の坂井眞先生がいらしてますので伺ってみたいと思います

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します

坂井眞アドバイス

坂井眞:
よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願いします

坂井眞:
今あの 最後におっしゃった

相談者:
はい

坂井眞:
今後兄に対してどのように立ち向かっていったらいいのかっていう そういう言い方をされたので

相談者:
はい

坂井眞:
えー ちょっと ホッとしているところがあって

相談者:
はい

坂井眞:
やっぱりその立ち向かうという気持ちがないと

相談者:
はい

坂井眞:
なかなかこういう問題は解決しないから

相談者:
はい

坂井眞:
あの・・逃げ出すんじゃなくて そういう気持ちをちゃんと持ってていただくというのが1番根っ子だと思いますね

相談者:
はい

坂井眞:
あの・・私が今アドバイス差し上げたいと思っているのは

相談者:
はい

坂井眞:
やっぱり まぁこれ裁判所のマターではないと思うけど 警察へ行くにしてもね

相談者:
はい

坂井眞:
こういうことがあって こういう恐ろしさがあるから

相談者:
はい

坂井眞:
何とかしてくれっていうふうにしないと なかなか伝わらなくてね

相談者:
はい

坂井眞:
その辺で これまで具体的に事件になった事はなかったんですか?

相談者:
・・・でもあの今回 あの和解の時に鍵を返してもらったっていうのは もう既に実家は自分の家じゃないというのを認識してしてもらったと・・思っているんです私は

坂井眞:
それはね 裁判所で決めたことだからその通りだと思うんですけれど

相談者:
はい

坂井眞:
だから何をしたのかということも ちょっとはっきりしていなくて

相談者:
それなのに実家に入って あの実家の様子を見たっていう内容の手紙が・・

坂井眞:
手紙があったんですよね

相談者:
はい

坂井眞:
えー そこに本当に入って中をぐちゃぐちゃにしたとか という事はまだなくて

相談者:
はい

坂井眞:
それはだから良いと言わないけれども

相談者:
はい

坂井眞:
警察にこんな手紙が来ました 住居侵入ですと言われても 手紙に書いてあるだけではね

相談者:
はい

坂井眞:
警察動きようがないと思うんですよ

相談者:
はいそう言われました

坂井眞:
それはだって 滅多やたらに警察が 事件作られても困るでしょ

相談者:
あー

坂井眞:
逆にね

相談者:
はい

坂井眞:
警察もそれよくわかっているから

相談者:
はい

坂井眞:
本当に事件だなと思う時に動くんで

相談者:
はい

坂井眞:
手紙に書いてあったから お前は住居侵入だって言ったら いや書いただけですって言われちゃったら警察もそこで止まっちゃうじゃないですか

相談者:
はい

坂井眞:
そういう問題なので お聞きしているんです

相談者:
はい

坂井眞:
本当にどんなことがあったんですかと で調停の話に戻りますけど

相談者:
はい

坂井眞:
訴訟かな

相談者:
はい

坂井眞:
調停かな 遺留分減殺ってこれは仕方なくって

相談者:
はい

坂井眞:
えっと お父さんがまぁ唯一と言っていいような資産である土地建物を全部あなたにあげるっていう遺言書を書いたんですよね

相談者:
はい

坂井眞:
でそうすると あのどんなに問題のあるお兄さんでも

相談者:
はい

坂井眞:
遺留分減殺請求っていうのは民法上できるんですね

相談者:
はい

坂井眞:
だからその 遺産の評価は分からないけれども

相談者:
はい

坂井眞:
遺留分減殺請求をした・・場合には

相談者:
はい

坂井眞:
一定額・・その法定相続分の2分の1相当額を払わなきゃいけないって事は法律上出てきちゃうんですね

相談者:
はい

坂井眞:
そういうことがあるので じゃぁ50万と言う数字になったんだと思うんだけれども

相談者:
はい

坂井眞:
で50万という数字が出るにあたっては きっとこれまでお兄さんがこんなにお父さんの 方から特別な利益を得てとかいろんな話題が出たと思うんですよね

相談者:
はい

坂井眞:
で遺留分減殺の手続きの中では

相談者:
はい

坂井眞:
じゃあ減殺してどうなるかっていう 話だけが本当の話題で

相談者:
はい

坂井眞:
でもその中であなたの気持ちが強く出ているから

相談者:
はい

坂井眞:
今後交流しないと

相談者:
はい

坂井眞:
それから遺言書の有効性は認める それは認めるから遺留分減殺の話になっているから当然なんですけど

相談者:
はい

坂井眞:
それでそういう条項が できたわけですよ

相談者:
はい

坂井眞:
ある意味あなたの 気持ちがそこに出ているわけ

相談者:
はい

坂井眞:
それも向こうがのんで

相談者:
はい

坂井眞:
向こうに弁護士がついてたって言いましたよね

相談者:
はい

坂井眞:
弁護士もそれを認めて 作ったんだから正しいんだけれども

相談者:
はい

坂井眞:
でも そう書いたのにまだ交流入してくるって 約束違反だけれども

相談者:
はい

坂井眞:
それはすぐ別に犯罪になるわけでもないし

相談者:
ええ

坂井眞:
こちらとした約束したのになんだと思うんだけれども

相談者:
はい

坂井眞:
それだけで じゃあなんか 身に危害が及ぶとかっていうところまでいかないわけですよ

相談者:
はぁ

坂井眞:
周りの人が聞くとね

相談者:
はい

坂井眞:
で鍵の話にしても

相談者:
はい

坂井眞:
あの それはすごく嫌だし 約束違反で腹は立つだろうけど

相談者:
はい

坂井眞:
だったらとにかく まず鍵 替えちゃってください

相談者:
はい替えました

坂井眞:

相談者:
はい

坂井眞:
それが・・それがいちばんいいんですよ

相談者:
はーい

坂井眞:
二度と入れないようにすること

相談者:
はい

坂井眞:
でそういうことをしていって

相談者:
はい

坂井眞:
あとその・・警察の立場からおそらくすれば 手紙だけじゃなくって本当に入るところの証拠くれって言われたと思うのね

相談者:
あー そこまでは言われなかったです

坂井眞:
そういうものを持っていけば動かざるを得ないかもしれないわけで

相談者:
ああ・・・

坂井眞:
もし あの・・そこの・・内装とかをきれいにして

相談者:
はい

坂井眞:
息子さん夫婦が入るんだったら

相談者:
はい

坂井眞:
本当にそれこそ費用のかかる・・多少かかることだけれども 防犯用のカメラをつけるとかね

相談者:
はぁ・・

坂井眞:
そういうところを・・つけて

相談者:
はい

坂井眞:
もしお兄さんが本当に勝手にね

相談者:
はい

坂井眞:
鍵壊して入ってくるとか

相談者:
はい

坂井眞:
あの家の中入らないでも 敷地の中うろうろしてる映像が撮れればね

相談者:
はい

坂井眞:
それはいくら お母さんの兄弟でも お兄さんでもね

相談者:
はい

坂井眞:
犯罪は犯罪になるんだから

相談者:
はぁ・・

坂井眞:
こんな手紙送ってくるし 実際こんなことしてますという証拠が残るわけですよ

相談者:
はい

坂井眞:
だからそういうものをきちんと 残すような体制を作ることですよね

相談者:
はい

坂井眞:
で私としては これまでその 粗暴犯の犯歴がいっぱいあって

相談者:
はい

坂井眞:
もっと強迫的な言葉をいっぱい投げかけられて

相談者:
はい

坂井眞:
ちょっと暴力的な 殴るまで行かなくても胸ぐら掴み上げられるみたいなこととか

相談者:
はい

坂井眞:
あったら それはそれで身内だって犯罪なんだから

相談者:
はい

坂井眞:
暴行だったり強迫だったり えー金を払えと言いながら

相談者:
はい

坂井眞:
怖いこと言うんだったら恐喝未遂になるかもしれないし

相談者:
はい

坂井眞:
えーそういうことで 本当に怖い 実態があるんだったら警察にちゃんと相談した方がいいですよっていうアドバイスをしようと思っているんです

相談者:
はい

坂井眞:
だけど今お聞きした限りでは

相談者:
はい

坂井眞:
ちょっとまだ具体的にそういう強迫だとか恐喝だとかっていうだけの証拠は まだちょっと集まっていない感じがするので

相談者:
はぁ

坂井眞:
長い歴史の間で

相談者:
はい

坂井眞:
本当にいろんなことがあったので

相談者:
はい

坂井眞:
心の中で本当にもう たまらないという お気持ちは本当によく伝わってくるんだけれども

相談者:
はい

坂井眞:
それ以上に 警察の問題にするには 監視カメラ 防犯カメラの映像だとか

相談者:
はい

坂井眞:
あと手紙に書いてある事は証拠になりますなりますから とっておいていただくことと

相談者:
はい

坂井眞:
電話かかってきたことあるっておっしゃいましたっけ

相談者:
はい

坂井眞:
そういうときは録音しちゃってください

相談者:
はい

坂井眞:
そこでずいぶんひどいこと言ったら それはそれで強迫になるかもしれないし

相談者:
はい

坂井眞:
ちょっと具体的内容わからないから判断できないけれども

相談者:
はい

坂井眞:
言い方によったら 強迫だったり恐喝になったりするかもしれないし

相談者:
はい

坂井眞:
そういうことをしっかり集めた上で 警察に相談に行かれるのが いいと思うんですね

相談者:
はい

坂井眞:
私としては怖くてたまらないんですってことを説明できる材料をもう少し集めた方がいいかなという気がしますね

相談者:
はい わかりました

今井通子まとめ

今井通子:
おわかりいただけましたか

相談者:
はい お世話になりました

今井通子:
まぁ お1人で戦うの大変でしょうけど

相談者:
はい

今井通子:
あとあの まぁお子さんもね 成人してらっしゃるんだし

相談者:
はい

今井通子:
まあいろいろな点で 防御的なものと証拠集め

相談者:
はい

今井通子:
を一生懸命なさっといた方が良いかもしれませんね

相談者:
はい わかりました

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
それじゃ

相談者:
ありがとうございました

今井通子:
はいどうも 失礼します

相談者:
失礼します

管理人のちょっとひと言

うん、これまでの兄から受けた色々な仕打ちから
かなり勉強したんだよね
自分でできること、しっかりやろうとしてる

だからと言って、逃げたお姉さんを非難するつもり
は全然ない
きっと、小さな頃から、すぐ下の妹だからさ

相当、辛い思いをしてきたんだと思う
時には相談者、下の妹を庇って
いつも以上にひどい目にあったのかもしれない

問題はね、親にあったと思う

『子供の面倒を見るのが当たり前だっていうので父親は、ほとんど兄の面倒を見てたんです金銭的に』
相談より

小さな頃から、跡取りだなんだと
母親と一緒に庇ったんじゃないかな
どこかで、毅然とした態度がとれなかったことに

この問題の根っこがある気がするけどね

と言っても、既に過去の話しだから
今更、どうしよもない
本人が更生しようと思わない限りね

となると、立ち向かうか、一生

逃げ回るか

後顧の憂いを絶つためにも、立ち向かうのが
ベストな選択だろう

こういう時、法律を守りながら、立ち向かうって
本当に歯痒い思いしてるよね
だから、和解の内容を守る気もない兄に

いいようにされてしまうから
お姉さんのように逃げたくなってしまう
だ~~~れも守ってくれない

なんとかなるか、自分が被害を受けるまで
何にもできないなんてね
相手は、そもそも守る気なんかないんだから

生活保護にしたって、そうさ
この兄は不正受給してるんだから
50万円でも遺留分を振込みで受取ったわけで

その時点で、受給資格ないでしょ
父親の所に転がり込むのもそうだし
内縁の妻とか言って、そちらも貰ってるよね

もしかして、連れ子もか?

それに、遺留分の申立てする位だから
根本的に、ズル賢いって部類の人かも
ちゃんと悪さする時の抜け道を知っている

となると、ちゃんと証拠を押さえておかないと
今の所、うかつにも脅迫文みたいな
証拠残しちゃってるから

甘く、考えている節があるんで
しっかりと、証拠を押さえてしまいましょう

過去の事もあるから、相談者にすれば
この後、起こるであろうことが想像できるので
どうして何もできないのかって思うかもしれないけれど

あとちょっとだ、ガンバレ

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.