顔色をうかがう子供

テレフォン人生相談
子育て
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年9月30日(水)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:45歳女性 夫54歳 長男20歳(1浪して大学入学も休学中) 長女15歳(不登校)

1年浪人して入った大学を自分に合っているかわからない、学部が大変でこのままでは留年するからと大学から離れて考えたい、生活費はバイトで稼ぐので休学したいという息子。娘は高校受験だが不登校で、家では高校・大学へ行きたいので勉強しているが、中学校へ行けてないので内申点がなく志望校へ行けるか不安。子供達がどんな人生を歩むかと思うと不安で、夫婦で話し合い、それぞれの人生を歩んでもらえばという話しになるが、不安で鬱っぽい状態になってしまうことがある。もっと腹を据えたいという相談者。回答者の大原敬子が、親は子供の考えていることが全く見えていないが、子供達は親が何を言えば納得するか知っていると指摘される。親は世間体を気にしており、見栄や価値観を、非言語的で暗黙のうちに子供達に送っている。

加藤諦三氏の〆の言葉「人にしがみつかない、自分にしがみつく、それが腹を括るということです」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
あ もしもし

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です

相談者:
お世話になります

加藤諦三:
最初に 年齢を教えてください

相談者:
45歳です

加藤諦三:
45歳 結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
エー ご主人何歳ですか?

相談者:
9歳年上です

加藤諦三:
エー 54歳ですね

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
2人います

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
20歳と15です

加藤諦三:
はいわかりました でどんな相談ですか?

相談者:
上の子供が えっと・・

加藤諦三:
上・・20歳の子ですね

相談者:
あ そうです

加藤諦三:
男の子女の子?

相談者:
男の子

加藤諦三:
男の子

相談者:
男の子です・・はい・・えっと・・

加藤諦三:
下の子は女の子?

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
はい

相談者:
1年浪人して 大学に入って

加藤諦三:
はい

相談者:
おりまして

加藤諦三:
はい・・ええ

相談者:
やっと入って通っていたんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
あのちょっと 自分にあっているか分からないので

加藤諦三:
はい

相談者:
バイトで生活費稼ぐから 休学をしたいっていうことを言ってきまして

加藤諦三:
休学したいって言ってきたって事は 今はもう家に居なくて下宿してるんですね

相談者:
そうです

加藤諦三:
はい

相談者:
家から離れて生活をしています

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 後期の授業料を払ってあるので 休学っていうことでは 結局はないんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
本人がまあ自分が今行っている学部が なんか思っていた以上に大変で

加藤諦三:
はい

相談者:
あのこのまんまやっていても留年してしまいそうだから モチベーションも上がらないので

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと バイトしながら生活費は稼ぐので 大学からちょっと離れて 考えたいっていうことで

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ 主人とも話して 仕方ないかなっていう結論にはなったんです

加藤諦三:
はい

相談者:
ま それと同時に下の子が 今度高校受験なんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
中学に入ってからなかなか学校に行けなくってまして

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ 高校に行きたいとか大学行にきたいという希望はあって 勉強はとてもよく頑張って 家でやってはいるんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
中学行けてない分やっぱり内申点もない中での進学を考えなきゃいけなくって

加藤諦三:
はい

相談者:
本人も行きたい高校に 果たして 受かるかどうかっていうあたりの

加藤諦三:
はい

相談者:
不安も本人もすごい抱えていて

加藤諦三:
はい

相談者:
まぁ家族は応援はしてるんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
そういった中で こう自分が 不安定になりやすくなってしまっているというか

加藤諦三:
自分がというのはあなたがっていうことね

相談者:
そうですそうです

加藤諦三:
はいはい

相談者:
子供達はそれなりに そのようなそれぞれの状況の中で やってるんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
それをこう 認めてはいるものの

加藤諦三:
はい

相談者:
果たしてどういう人生を送っていくのかっていうあたりで

加藤諦三:
うん

相談者:
ものすごい不安になって ちょっとこう鬱っぽいような状況になってしまう時もあって 日常生活に支障があるわけではないんですけれども

加藤諦三:
うん

相談者:
腹を据えて子供達の こう人生をこう受け止めて きっとないと思うんですよね

加藤諦三:
ああ はいはいはい

相談者:
それで こうすぐ不安定になりやすい自分をなんとかしたくって

加藤諦三:
はい

相談者:
ご相談してるという感じです

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
そのすぐ不安定なるということはアレですか 例えば ご主人と話をしていて 何かご主人の言葉に すぐイライラっとしたりとか

相談者:
まぁ主人と話をする中でお互いに不安な事は まぁ言い合ってるんだけど 最終的にはまぁ まっすぐ行かなくても 寄り道しながらでも あのきっと それぞれの人生を歩んでいってくれるって 信じようよっていう話にはなるんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
その時はその時でこう・・自分でも・・落ち着くんですが こう朝起きたときとか

加藤諦三:
はい

相談者:
夜眠りに入る時とかにものすごい不安になります あの・・○▽※はい

加藤諦三:
うーん でさっきあなたがおっしゃったね 子供の将来がどうなるかと思ってものすごく不安になるというような 言い方をされたんですけれども

相談者:
ええ

加藤諦三:
子供の将来という・・こと・・だけではなく もうちょっと深いところに その不安の原因っていうのがある・・んじゃないですかね

相談者:
という事は?

加藤諦三:
つまり外から見るとね 2人お子さんがいて とにかく立派にね 今2人育ってる 夫もいい夫で すごく恵まれて いるんですけれども なんか どっかに こんなはずではなかったのにっていう そういうところはないですか?

相談者:
ああ 確かに

加藤諦三:
あの今日のあなたの相談ってのは そういう中でですね

相談者:
ええ

加藤諦三:
まぁ時々 気持ちが不安定になると どうしたらいいんだろうかということです かね

相談者:
そうですね あのもっと腹を据えたいという思いですね

加藤諦三:
腹を据えたい

相談者:
ええ・・

加藤諦三:
はい それではですね

相談者:
あの・・はい

加藤諦三:
腹の座った幼児教育研究の大原恵子先生に 伺ってみたいと思います

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ こんにちは よろしくお願いします

大原敬子:
あの 今のお話して ご長男と長女の方ですね

相談者:
はい

大原敬子:
共通点があるんです

相談者:
ああ

大原敬子:
あるいは もしかしたら その加藤先生がおっしゃったように その家のあり方ですよね

相談者:
ええ

大原敬子:
親は

相談者:
ええ

大原敬子:
子供の考えも

相談者:
ええ

大原敬子:
全く見えてない

相談者:
うーん

大原敬子:
子供は 何を話せば 親が納得するかを知っている

相談者:
ああー

大原敬子:
これが共通点です と申しますのは

相談者:
ええ

大原敬子:
先ほど ご長男の場合に いやあの後期はこうだよ

相談者:
ええ

大原敬子:
授業こう大変なんだよ

相談者:
ええ

大原敬子:
留年しそうだけど でもね大丈夫だよ 働くからね

相談者:
ああ・・・

大原敬子:
多分こう言っとけば 親はその場は納得することを知ってるんですね

相談者:
ああなるほど

大原敬子:
そして お嬢さんは

相談者:
ええ

大原敬子:
自分の居場所がないですから ここ受験するっていうんですね

相談者:
うーん

大原敬子:
そうすると親は あっ!間違いなくこの子は 高校は受験するんだ っていうこと納得するんです

相談者:
うんうんうーん

大原敬子:
この関係どうなるかって言いますとね 今日のあなたが電話した・・なさった根本的に出てきますけれども 次々と 子供は親の顔を見て

相談者:
ええ

大原敬子:
親がこの言葉を言えば

相談者:
ええ

大原敬子:
親はその場で納得する

相談者:
ああなるほどなるほど・・はい

大原敬子:
親もその場でそういうこと言われてしまうと

相談者:
ええ

大原敬子:
でも間違いないわね 本当にやってくれるのよね

相談者:
うー ん そうですね

大原敬子:
っていうことで

相談者:
うーん

大原敬子:
その場限りの妥協してしまう

相談者:
ええ

大原敬子:
その積もり積もったことの あなたが このままではいかないことを 全てが真実ではないんですね

相談者:
ええ

大原敬子:
で何故 そういう関係になってしまったかということなんですね

相談者:
ええ

大原敬子:
それは 親が世間体っていうこと・・大変申し訳ないですけど

相談者:
ええ

大原敬子:
見栄とかあって 親の世界観ですね

相談者:
ああ

大原敬子:
をどうしても子供にですね

相談者:
ええ

大原敬子:
言葉を柔らかいんですけども

相談者:
ええ

大原敬子:
非言語的で暗黙のうちに そうはならないわよね

相談者:
うーーん

大原敬子:
っていうことを 子供に送っているんですね

相談者:
なるほど

大原敬子:
だから 子供にとってはお母さんお父さんに話しても 言うことは聞いてくれない

相談者:
うん

大原敬子:
だから もぅ一応その場その場で 生きてけばいいとこの子達は

相談者:
うーん

大原敬子:
そうするとそこに 受験しますね

相談者:
ええ

大原敬子:
受験をして烙印は嫌なんです こういう子たちってのは

相談者:
うん

大原敬子:
必ず何らかの理由で 本当はこれで落ちたんじゃないよって

相談者:
うん

大原敬子:
こういう条件が積み重なって

相談者:
うんうんうん

大原敬子:
落ちたんだってことで その家に居られる居場所を作るんですよね

相談者:
うーん なるほど ええ

大原敬子:
そうするとね

相談者:
ええ

大原敬子:
これはもう お母さんにも どんどんどんどん このお母さんと・・まぁご主人と

相談者:
ええ

大原敬子:
そのお子さんたちの道はですね

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたたちの年代の世界観の 浮遊した 道の上を歩いてる感じなんです 例えばですね

相談者:
ええ

大原敬子:
どういうことかといいますと

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたが40代は いい学校行ってね

相談者:
ええ

大原敬子:
でもあなたたちが50代になったときは

相談者:
うーん

大原敬子:
もう最後なんでもいいから

相談者:
あーん

大原敬子:
仕事についてちゃんとしてねって言うんです

相談者:
ええ

大原敬子:
60代・・・あなたたちちゃんと自立してよねって

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたたちの方向がですね 世界観が どんどん変わっていくんです

相談者:
うん

大原敬子:
もう最後には

相談者:
ええ

大原敬子:
50 60 の世間体ではなくって

相談者:
ええ

大原敬子:
自分たちの重荷にならないことを

相談者:
あああ

大原敬子:
あなたたちは世界観に入れてしまうんですね

相談者:
なるほどなるほど ええ

大原敬子:
そうすると 子供はですね お父さんお母さんが喜ぶ世界観で 来ていますから

相談者:
ええ

大原敬子:
あ!こういうことをお父さんお母さん言ったな じゃぁこういうことを言えば

相談者:
ええ

大原敬子:
お父さんお母さん喜ぶだろう

相談者:
ええ

大原敬子:
しばしそこの 椅子に座れるんですよね

相談者:
なるほどなるほど はい

大原敬子:
だから 子供は自分の居場所が欲しいのでね

相談者:
うん

大原敬子:
そうすると親の 顔色とか言動が その子たちの世界の全てなんですよ でお母さんたちが そう 親がもう全面的にあなたたちを応援するわっていう じゃあ頑張ります

相談者:
なるほど

大原敬子:
応援するんですから そういう親子関係で今まできたんですね

相談者:
うん

大原敬子:
だから このお子さんたちには 好きな物とか

相談者:
うん

大原敬子:
嫌いな物とか 意味はないです

相談者:
うーん

大原敬子:
常にお母さんお父さんの世界観の中で 僕たちがいかに 生きていかれるか

相談者:
うーん

大原敬子:
いかにお父さんお母さんが うーんしょうがないね 納得する方法です

相談者:
うん うん なるほどなるほど はい

大原敬子:
わかります?

相談者:
わかります

大原敬子:
ですから今はもう それだけ賢かったら わかってくださると思うんですけどね

相談者:
うんうん

大原敬子:
で 私が申し上げるのは

相談者:
はい

大原敬子:
まずはご主人様と 話せる勇気を持って欲しいんです

相談者:
うーん

大原敬子:
あのね 勇気って何かっていうと よく皆さん勇気 勇気 って言うでしょ

相談者:
うん

大原敬子:
勇気ってのは 本当に大切なものを分かっている人にしか 勇気はできないんですよね 自分が本当に大事と思ったら やっぱりお父さんと

相談者:
うーん

大原敬子:
このままいったら40代のお父さんにもですね お子さんの話は抜きにして

相談者:
うん

大原敬子:
自分たちが40代50代60になったときに

相談者:
ええ

大原敬子:
子供たちが最低条件 どうなってほしいかを考えたら答えが出るんじゃないでしょうかね まず元気であることですよね

相談者:
うんそうですね

大原敬子:

相談者:
はい

大原敬子:
それから逃げないことですよね

相談者:
ええ

大原敬子:
でも今のこの段階で言ってしまうと もう子供たちの目は 25でも30でも お父さんお母さんの砂上の楼閣の世界観の中で生きていますから 世間は全然怖くないんです

相談者:
うーん

大原敬子:
あなた いつまでたっても仕事は?ってもいいんです お父さんお母さんが 言いよって言うならばね なんだって生きていけるんですよ

相談者:
うーーーん

大原敬子:
そういう世界になりつつあるんですね

相談者:
うーん

大原敬子:
ですから 私が勇気 あなたが1番大事なものが何であるか そのためには今 夫婦で話し合うことです 加藤先生に伺ってみます 先生

相談者:
はい

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
パーフェクトな 回答だと思いますけども つまりね

相談者:
ええ

加藤諦三:
息子さん達は お嬢さんも 親が世間の価値観を大切にしてるということを知ってるんです

相談者:
うん なるほどね はい

加藤諦三:
ですから あなた自身・・達自身の価値観を変えるってことが 主な点です

相談者:
ちょっとすいません

加藤諦三:
はい

相談者:
あの本当に情けない親なもんで

加藤諦三:
いえいえ そんなこと・・

相談者:
具体的に聞きたいんですけど

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの例えば息子がそう言ってきたときに

加藤諦三:
はい

相談者:
どういうふうに言ってやることが 息子が息子の人生を歩めることにつながって い・・いけるのか

加藤諦三:
ありのままで・・しかないんじゃないですか

相談者:
じゃあ ありのままっていうのは・・

加藤諦三:
ありのままってことは もう休学じゃなくって 学校やめた方がいいわよとか あるいは そんな休学なんてダメよちゃんと行きなさいよとか はっきりしたことを 言うだけの自信・・お母さんないのよ

相談者:
ああ・・まぁ心の中ではふざけるなって思ってましたけど

加藤諦三:
ええ あっ!それも言ってごらんなさい 本当のことを言ってみる 本音を言ってぶつかるんだったらもう ぶつかったほうがいいんですよ

相談者:
うんうんうんうん なるほど・・

加藤諦三:
これを言ったら 喧嘩になると思って言わないと

相談者:
うん

加藤諦三:
その事があなたの心の中でもっと大変なことになっちゃうんです

相談者:
うーん だからこう 言い様もないような朝型不安に囚われちゃうんですかね

加藤諦三:
そういうことそういう事

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
自分が自分にとって どんどん頼りなくなってくるの

相談者:
ああそっか ただこう主人に不安だとは言うんだけれども

加藤諦三:
うん

相談者:
その 私が言ったことに対して主人の不安なことを聞くと 自分がもっと不安になるのは確かに嫌だと思って 言わないって言うことも確かにあるんですよね

加藤諦三:
言わないんですよね 言わないとその言わなかったことが凄い事のように感じてくるんです

相談者:
うーんなるほどね

加藤諦三:
だからそういう意味であなたは いろんな不安を自分で首を絞めるっていうか どんどん自分で不安にして言っているんです

相談者:
あーそうなんだ

加藤諦三:
うんうん ですから自分の価値観というものを正面から向き合ってみる もう今何を信じているかわかんないです 何が本当の自分の感情だかもわからないんです

相談者:
うん うん うん

加藤諦三:
ですから そこを 考えることがまず根底ですね それをやれば腹をくくれるようになります

相談者:
なるほど・・何が1番大事かっていうことを よく考えるってことですね

加藤諦三:
そういうことです 今世間体がいちばん大切ですから

相談者:
うん そんなつもりはないんですけど結果的にそうなっちゃってるんですよね

加藤諦三:
そんな事はないんだと思うことが

相談者:
ええ

加藤諦三:
実は世間体を心の中でもっと大切なことにしちゃうの

相談者:
あーあ そっか

加藤諦三:
私世間体気にしてるんだっていうことを認めた方が

相談者:
ああ

加藤諦三:
ずっと世間体が大切でなくなるんです

相談者:
ああそっか・・ああ

加藤諦三:
よろしいでしょうか

相談者:
ああ なんか ええ 大事なことをちょっと はい 気づかせていただいたように思います

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
ありがとうございました

管理人のちょっとひと言

こういう心配性みたいなことは、受け継がれるので
ご自身も、そうだったんじゃないですか?
親の顔色を伺いながら、過ごしてませんでした?

たぶん、親から価値観を押し付けられてましたよね
世間体も気にするような家庭に育って
だから、押し付けないようにしようとしてた

そんなとこじゃないでしょうか
やめようと思うと、やってしまうんですよね
無言のうちに、無意識の中でも顔色に出たりして

そんなこと、子供は敏感ですから
察知してしまいますよ
それで、後からおかしいと思うんですね

これ、この子達ちょっと違うみたいな
頑張っている、自分の人生を歩もうとしてるから
そう考えようと思い込むから、おかしくなる

別に諦三先生に迎合するわけじゃないですが
自分はこう思うけど、あなたはどう思う?
そんな関係が築ける方が、子供も自分も

他人の顔色を伺うなんてことしないでもいいと
思うんですが

勝手な憶測ですけどね、親も子も
お互いに顔色を伺っている気がします
ここらで、絶たないと、また次の代に繰り越しそう

やっちゃダメというモデルがあると
それをしないようにして、意識し過ぎて
逆にそれを押し付けちゃってるんですよね

結構、当たってると思うな

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.