テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ こんにちは よろしくお願いします

大原敬子:
あの 今のお話して ご長男と長女の方ですね

相談者:
はい

大原敬子:
共通点があるんです

相談者:
ああ

大原敬子:
あるいは もしかしたら その加藤先生がおっしゃったように その家のあり方ですよね

相談者:
ええ

大原敬子:
親は

相談者:
ええ

大原敬子:
子供の考えも

相談者:
ええ

大原敬子:
全く見えてない

相談者:
うーん

大原敬子:
子供は 何を話せば 親が納得するかを知っている

相談者:
ああー

大原敬子:
これが共通点です と申しますのは

相談者:
ええ

大原敬子:
先ほど ご長男の場合に いやあの後期はこうだよ

相談者:
ええ

大原敬子:
授業こう大変なんだよ

相談者:
ええ

大原敬子:
留年しそうだけど でもね大丈夫だよ 働くからね

相談者:
ああ・・・

大原敬子:
多分こう言っとけば 親はその場は納得することを知ってるんですね

相談者:
ああなるほど

大原敬子:
そして お嬢さんは

相談者:
ええ

大原敬子:
自分の居場所がないですから ここ受験するっていうんですね

相談者:
うーん

大原敬子:
そうすると親は あっ!間違いなくこの子は 高校は受験するんだ っていうこと納得するんです

相談者:
うんうんうーん

大原敬子:
この関係どうなるかって言いますとね 今日のあなたが電話した・・なさった根本的に出てきますけれども 次々と 子供は親の顔を見て

相談者:
ええ

大原敬子:
親がこの言葉を言えば

相談者:
ええ

大原敬子:
親はその場で納得する

相談者:
ああなるほどなるほど・・はい

大原敬子:
親もその場でそういうこと言われてしまうと

相談者:
ええ

大原敬子:
でも間違いないわね 本当にやってくれるのよね

相談者:
うー ん そうですね

大原敬子:
っていうことで

相談者:
うーん

大原敬子:
その場限りの妥協してしまう

相談者:
ええ

大原敬子:
その積もり積もったことの あなたが このままではいかないことを 全てが真実ではないんですね

相談者:
ええ

大原敬子:
で何故 そういう関係になってしまったかということなんですね

相談者:
ええ

大原敬子:
それは 親が世間体っていうこと・・大変申し訳ないですけど

相談者:
ええ

大原敬子:
見栄とかあって 親の世界観ですね

相談者:
ああ

大原敬子:
をどうしても子供にですね

相談者:
ええ

大原敬子:
言葉を柔らかいんですけども

相談者:
ええ

大原敬子:
非言語的で暗黙のうちに そうはならないわよね

相談者:
うーーん

大原敬子:
っていうことを 子供に送っているんですね

相談者:
なるほど

大原敬子:
だから 子供にとってはお母さんお父さんに話しても 言うことは聞いてくれない

相談者:
うん

大原敬子:
だから もぅ一応その場その場で 生きてけばいいとこの子達は

相談者:
うーん

大原敬子:
そうするとそこに 受験しますね

相談者:
ええ

大原敬子:
受験をして烙印は嫌なんです こういう子たちってのは

相談者:
うん

大原敬子:
必ず何らかの理由で 本当はこれで落ちたんじゃないよって

相談者:
うん

大原敬子:
こういう条件が積み重なって

相談者:
うんうんうん

大原敬子:
落ちたんだってことで その家に居られる居場所を作るんですよね

相談者:
うーん なるほど ええ

大原敬子:
そうするとね

相談者:
ええ

大原敬子:
これはもう お母さんにも どんどんどんどん このお母さんと・・まぁご主人と

相談者:
ええ

大原敬子:
そのお子さんたちの道はですね

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたたちの年代の世界観の 浮遊した 道の上を歩いてる感じなんです 例えばですね

相談者:
ええ

大原敬子:
どういうことかといいますと

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたが40代は いい学校行ってね

相談者:
ええ

大原敬子:
でもあなたたちが50代になったときは

相談者:
うーん

大原敬子:
もう最後なんでもいいから

相談者:
あーん

大原敬子:
仕事についてちゃんとしてねって言うんです

相談者:
ええ

大原敬子:
60代・・・あなたたちちゃんと自立してよねって

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたたちの方向がですね 世界観が どんどん変わっていくんです

相談者:
うん

大原敬子:
もう最後には

相談者:
ええ

大原敬子:
50 60 の世間体ではなくって

相談者:
ええ

大原敬子:
自分たちの重荷にならないことを

相談者:
あああ

大原敬子:
あなたたちは世界観に入れてしまうんですね

相談者:
なるほどなるほど ええ

大原敬子:
そうすると 子供はですね お父さんお母さんが喜ぶ世界観で 来ていますから

相談者:
ええ

大原敬子:
あ!こういうことをお父さんお母さん言ったな じゃぁこういうことを言えば

相談者:
ええ

大原敬子:
お父さんお母さん喜ぶだろう

相談者:
ええ

大原敬子:
しばしそこの 椅子に座れるんですよね

相談者:
なるほどなるほど はい

大原敬子:
だから 子供は自分の居場所が欲しいのでね

相談者:
うん

大原敬子:
そうすると親の 顔色とか言動が その子たちの世界の全てなんですよ でお母さんたちが そう 親がもう全面的にあなたたちを応援するわっていう じゃあ頑張ります

相談者:
なるほど

大原敬子:
応援するんですから そういう親子関係で今まできたんですね

相談者:
うん

大原敬子:
だから このお子さんたちには 好きな物とか

相談者:
うん

大原敬子:
嫌いな物とか 意味はないです

相談者:
うーん

大原敬子:
常にお母さんお父さんの世界観の中で 僕たちがいかに 生きていかれるか

相談者:
うーん

大原敬子:
いかにお父さんお母さんが うーんしょうがないね 納得する方法です

相談者:
うん うん なるほどなるほど はい

大原敬子:
わかります?

相談者:
わかります

大原敬子:
ですから今はもう それだけ賢かったら わかってくださると思うんですけどね

相談者:
うんうん

大原敬子:
で 私が申し上げるのは

相談者:
はい

大原敬子:
まずはご主人様と 話せる勇気を持って欲しいんです

相談者:
うーん

大原敬子:
あのね 勇気って何かっていうと よく皆さん勇気 勇気 って言うでしょ

相談者:
うん

大原敬子:
勇気ってのは 本当に大切なものを分かっている人にしか 勇気はできないんですよね 自分が本当に大事と思ったら やっぱりお父さんと

相談者:
うーん

大原敬子:
このままいったら40代のお父さんにもですね お子さんの話は抜きにして

相談者:
うん

大原敬子:
自分たちが40代50代60になったときに

相談者:
ええ

大原敬子:
子供たちが最低条件 どうなってほしいかを考えたら答えが出るんじゃないでしょうかね まず元気であることですよね

相談者:
うんそうですね

大原敬子:

相談者:
はい

大原敬子:
それから逃げないことですよね

相談者:
ええ

大原敬子:
でも今のこの段階で言ってしまうと もう子供たちの目は 25でも30でも お父さんお母さんの砂上の楼閣の世界観の中で生きていますから 世間は全然怖くないんです

相談者:
うーん

大原敬子:
あなた いつまでたっても仕事は?ってもいいんです お父さんお母さんが 言いよって言うならばね なんだって生きていけるんですよ

相談者:
うーーーん

大原敬子:
そういう世界になりつつあるんですね

相談者:
うーん

大原敬子:
ですから 私が勇気 あなたが1番大事なものが何であるか そのためには今 夫婦で話し合うことです 加藤先生に伺ってみます 先生

相談者:
はい

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。