テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
パーフェクトな 回答だと思いますけども つまりね

相談者:
ええ

加藤諦三:
息子さん達は お嬢さんも 親が世間の価値観を大切にしてるということを知ってるんです

相談者:
うん なるほどね はい

加藤諦三:
ですから あなた自身・・達自身の価値観を変えるってことが 主な点です

相談者:
ちょっとすいません

加藤諦三:
はい

相談者:
あの本当に情けない親なもんで

加藤諦三:
いえいえ そんなこと・・

相談者:
具体的に聞きたいんですけど

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの例えば息子がそう言ってきたときに

加藤諦三:
はい

相談者:
どういうふうに言ってやることが 息子が息子の人生を歩めることにつながって い・・いけるのか

加藤諦三:
ありのままで・・しかないんじゃないですか

相談者:
じゃあ ありのままっていうのは・・

加藤諦三:
ありのままってことは もう休学じゃなくって 学校やめた方がいいわよとか あるいは そんな休学なんてダメよちゃんと行きなさいよとか はっきりしたことを 言うだけの自信・・お母さんないのよ

相談者:
ああ・・まぁ心の中ではふざけるなって思ってましたけど

加藤諦三:
ええ あっ!それも言ってごらんなさい 本当のことを言ってみる 本音を言ってぶつかるんだったらもう ぶつかったほうがいいんですよ

相談者:
うんうんうんうん なるほど・・

加藤諦三:
これを言ったら 喧嘩になると思って言わないと

相談者:
うん

加藤諦三:
その事があなたの心の中でもっと大変なことになっちゃうんです

相談者:
うーん だからこう 言い様もないような朝型不安に囚われちゃうんですかね

加藤諦三:
そういうことそういう事

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
自分が自分にとって どんどん頼りなくなってくるの

相談者:
ああそっか ただこう主人に不安だとは言うんだけれども

加藤諦三:
うん

相談者:
その 私が言ったことに対して主人の不安なことを聞くと 自分がもっと不安になるのは確かに嫌だと思って 言わないって言うことも確かにあるんですよね

加藤諦三:
言わないんですよね 言わないとその言わなかったことが凄い事のように感じてくるんです

相談者:
うーんなるほどね

加藤諦三:
だからそういう意味であなたは いろんな不安を自分で首を絞めるっていうか どんどん自分で不安にして言っているんです

相談者:
あーそうなんだ

加藤諦三:
うんうん ですから自分の価値観というものを正面から向き合ってみる もう今何を信じているかわかんないです 何が本当の自分の感情だかもわからないんです

相談者:
うん うん うん

加藤諦三:
ですから そこを 考えることがまず根底ですね それをやれば腹をくくれるようになります

相談者:
なるほど・・何が1番大事かっていうことを よく考えるってことですね

加藤諦三:
そういうことです 今世間体がいちばん大切ですから

相談者:
うん そんなつもりはないんですけど結果的にそうなっちゃってるんですよね

加藤諦三:
そんな事はないんだと思うことが

相談者:
ええ

加藤諦三:
実は世間体を心の中でもっと大切なことにしちゃうの

相談者:
あーあ そっか

加藤諦三:
私世間体気にしてるんだっていうことを認めた方が

相談者:
ああ

加藤諦三:
ずっと世間体が大切でなくなるんです

相談者:
ああそっか・・ああ

加藤諦三:
よろしいでしょうか

相談者:
ああ なんか ええ 大事なことをちょっと はい 気づかせていただいたように思います

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
ありがとうございました

1234
3 / 4 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。