テレフォン人生相談

加藤諦三&坂井眞のテレフォン人生相談2015年10月8日(木)は、今住んでいる家は、60年近く前に父が借地権付建物を購入し改装したもの。父は20年ほど前に他界している。離婚して15年以上経ち、三男で26歳の息子夫婦と一緒に住んでいる。3年程前に地主から『いずれ』立退いて欲しいと言われており、地主が言うには、父がここを出ていく場合は、立退料もいらないし、更地にして返すと約束したとのこと。引っ越すにしろお金がかかるので、地主に話したところ、3年前から地代の支払いを受け取らなくなった。近所の4、5軒も同様。先日、地主の息子が母親(地主)が呼んでいると言い、裁判をかける?と言うので、強制撤去さえるのか?と聞くと「そうだよ」と答えた。隣近所と一緒に地主の家に行って話をしようと思うが、その前に色々と話しを聞いて、本当に裁判で強制撤去までいくものか相談したい。回答者の坂井眞弁護士が、旧借地法と借地借家法について簡潔に説明し、相談者が引っ越すつもりでいることを聞き、立退料や家の取り壊しの費用の交渉のアドバイスをする。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:68歳女性 離婚して15年以上 子供4人(42歳 37歳 26歳 24歳) 26歳の息子夫婦と同居中

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい こんにちは

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です

相談者:
はい こんにちは

加藤諦三:
はい こんにちは 最初に年齢を教えて下さい

相談者:
68歳です

加藤諦三:
68歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
結婚して離婚して 子供達はね もぅみんな大きくなって みんなアレしてます 結婚してます

加藤諦三:
あの

相談者:
ええ

加藤諦三:
離婚してから何年位経つんですか?

相談者:
15年以上になりますね

加藤諦三:
あ そうですか

相談者:
ええ ええ

加藤諦三:
それで お子さんは?

相談者:
子供は4人います

加藤諦三:
4人

相談者:
はい

加藤諦三:
えーと何歳ですか?

相談者:
えっと上が42歳

加藤諦三:
はい

相談者:
で 次男が37歳

加藤諦三:
はい

相談者:
で あと ちょっと再婚してできたのが

加藤諦三:
はい

相談者:
26歳と24歳です

加藤諦三:
あ そうですか

相談者:
ええ ええ

加藤諦三:
で 今一緒に暮らしているのは?

相談者:
一緒に暮らしているのは 26歳の息子と暮らしてます

加藤諦三:
あ 26歳の息子さんと一緒に

相談者:
ええ ええ

加藤諦三:
はい わかりました

相談者:
あの夫婦で はい 息子夫婦とです

加藤諦三:
で どんな相談ですか?

相談者:
ですね あの今私が居る所は実家なんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
えー 60年近く・・住んでるんですけどね

加藤諦三:
はい

相談者:
土地を・・借地なんですよ

加藤諦三:
借地・・はい

相談者:
ええ ええ それで 立ち退いて欲しいということ 3年前に・・土地の主さんに言われたんですよね

加藤諦三:
はい

相談者:
はい それで・・そのかわり 親父が生きている時には・・

加藤諦三:
親父・・親父っていうのは誰の?

相談者:
私の父・・私の父です

加藤諦三:
ああ あなたの・・はい

相談者:
はい ええ・・96歳亡くなったんですけどね

加藤諦三:
はい

相談者:
お父さんが この家から出る時は きれいに更地にして

加藤諦三:
ええ

相談者:
返す 立退料もいらない 更地にして返すって うちの父が言ったらしいんですよ

加藤諦三:
はい

相談者:
それで いろんな この金かかるしっていうことで 地主さんに話ししたらですね

加藤諦三:
はい

相談者:
土地代は一応もう 三か年前からとってないんですよ

加藤諦三:
要するに 借地権は・・があるわけですね今

相談者:
ええ ええ そうです はい

加藤諦三:
それで3年前に・・返してくれと言われてて

相談者:
3年前に あの こっちは いずれ立ち退いて欲しいということを言われたんですよ

加藤諦三:
はい・・あ・・

相談者:
ですけど・・はい

加藤諦三:
3年前に いずれ立退いて欲しいという・・

相談者:
ええ ええ

加藤諦三:
ふうに言われた

相談者:
はいはい

加藤諦三:
わかりました

相談者:
それで・・私・・はい

加藤諦三:
それで 今 もう立退いて欲しいと言われているということですか?

相談者:
ええ ええ それでですね

加藤諦三:
はい

相談者:
私だけじゃなくて もう・・この・・あと 3~4軒ぐらいまだあるんですよ こういう件がね

加藤諦三:
あ・・地主さん そこら辺一帯・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
あ つまり地主さんが・・たくさん・・もう・・持ってるわけですね

相談者:
ええ ええ それで

加藤諦三:
で 借地・・はい

相談者:
私だけじゃなくて あと2~3か所の所も・・それでですね

加藤諦三:
はい

相談者:
家主さんの息子が お母さんが

加藤諦三:
うん

相談者:
家においでって言ってるよってこと言ったんですよ そしたら 裁判かける?って・・おっしゃってるらしいんですよ

加藤諦三:
家主さんの息子というのは その土地をもっている

相談者:
むす・・あの・・方の息子さん

加藤諦三:
息子さんが はい

相談者:
ええ ええ

加藤諦三:
お母さんの方が土地の主なんですか?

相談者:
ええ ええ そう土地の主です お母さんが

加藤諦三:
ああ そうですか

相談者:
ええ ええ

加藤諦三:
それで裁判かけるというのは とにかく すぐに出てかなければ という意味ですか?

相談者:
強制撤去させるの?って言ったから そうだよって言ったもんですから

加藤諦三:
はい

相談者:
私はまた・・隣近所 4~5人いるもんですから

加藤諦三:
はい

相談者:
揃って

加藤諦三:
はい

相談者:
その 土地の主さんのお家に行って 話 しようかね と思うんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
ですけど いろんなの 聞いてみないと分かりませんので

加藤諦三:
はい

相談者:
まぁどういう・・した方がいいんかなぁっと思って・・相談ですけど

加藤諦三:
はいわかりました そうすると今 こういうことですね 3年前にいずれ立ち退いて欲しいというふうに言われた

相談者:
はい

加藤諦三:
で今・・あの・・家主に呼ばれて

相談者:
はい

加藤諦三:
という・・ことですね

相談者:
ええ ええ はい はい

加藤諦三:
そして これは借地料を払ってない

相談者:
はい

加藤諦三:
あの裁判かけて 強制撤去させるってことを

相談者:
うん

加藤諦三:
あの・・言ってるそうです 親は

相談者:
はい そうするとその 裁判かけて強制撤去のまで すぐいくもんでしょうかという相談ですね

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
えー今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク