統合失調症 接し方

テレフォン人生相談
家族問題
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年10月14日(水)

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:45歳女性 夫と2人暮らし 父84歳(認知症で施設 成年後見人の弁護士が資産管理) 父と離婚した母72歳一人暮らし 妹43歳一人暮らし 弟42歳(統合失調症・ナルシストでグループホームに入所中)

弟についての相談。父は認知症で施設に入っており、母親とは昔から仲が悪くて離婚している。弟は若い頃から統合失調症でナルシスト(相談者談)、病気がだんだんと悪化してきて病院を変わり、1年ほど前からグループホームに入っている。しかしこのグループホームもあと1年程で出て行かなければならない。その時、どう接していいのかわからない。母親と妹は、被害にあっており、うんざりしている。常にではないが、暴力をふるったり、嘘をついたりするとのこと。相続が発生したとしても、お金の管理ができないので何かいいアイデアがないかと思っている。弟は仕事もしていなくて、障害者の年金と父からの仕送りをアテにしている。普段から弟とは接触していない相談者は、あまり事情を把握していないが、母親と妹とは話をしているので、そこからの情報。相談者の言うところのナルシストとは、周りの人を不幸にするということ(意味不明)。弟の嘘をつくというのも、具体的な事例を相談者は知らない。それでも、弟は歪んでいると相談者、父からの仕送りは遅れると、キレたりして、妹の所へ行って、なんとかしろみたいなことを言ったり、お金をせびっても、妹が渡さないので窓ガラスを割ったりして、警察沙汰になることもあったとのこと。坂井眞弁護士が回答者。認知症の父親の財産管理は、弁護士を成年後見人としており、弟も同様に家庭裁判所に成年後見人の申立てをすればいいとアドバイスされる。また兄弟姉妹の扶養義務について、義務はあるが、自分の生活を壊してまで援助する必要はない解説。病気が重いのであれば、福祉で生活保護という手段もある。

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

柴田理恵:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
はい

柴田理恵:
よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願いします

柴田理恵:
今日はどういうご相談ですか

相談者:
弟についてなんですが

柴田理恵:
はい

相談者:
まず 父が

柴田理恵:
はい

相談者:
84歳 認知症です

柴田理恵:
はい

相談者:
施設に入っています

柴田理恵:
はい

相談者:
母が一人暮らし

柴田理恵:
はい

相談者:
72歳

柴田理恵:
はい

相談者:
私は45歳で夫と2人暮らしです

柴田理恵:
45歳で はい

相談者:
妹が43で1人暮らし

柴田理恵:
はい

相談者:
弟が42歳

柴田理恵:
はい

相談者:
独り暮らし

柴田理恵:
はい

相談者:
この弟は 統合失調症であって

柴田理恵:
はあはあ

相談者:
あとナルシストでもあります

柴田理恵:
はい

相談者:
それで・・病気がだんだん悪化してきて

柴田理恵:
うん

相談者:
あの・・病院を変更しまして 今グループホームで暮らしていますけれども

柴田理恵:
うん

相談者:
今後も・・ 1年ぐらいかな

柴田理恵:
うん

相談者:
出ないといけないと決まってますので

柴田理恵:
うーん

相談者:
どう接したらいいのかと思いまして

柴田理恵:
はあ・・・

相談者:
あの母と妹とは あのもう 被害にあってますので うんざりしております

柴田理恵:
被害というのはどういう?

相談者:
気に入らないと暴力をふるったり

柴田理恵:
ふんふんふん

相談者:
その どうしたらいいのかというのと

柴田理恵:
うん

相談者:
あと 将来的に相続が発生したとしても

柴田理恵:
うん

相談者:
弟はお金の管理できないので

柴田理恵:
うん

相談者:
何かいいアイディアはないかと思いまして

柴田理恵:
わかりました えっと 小さい頃から その統合失調症なんですか?

相談者:
えっと 若い頃から ですね

柴田理恵:
ふんふん・・若い頃から・・うんうんうん・・なんというか そういうのって・・病院に治療とかは

相談者:
ええ

柴田理恵:
行ってらしゃるんですか?

相談者:
ええ 病院に行って だんだん悪化したので 病院も変更して っていう状態です

柴田理恵:
今は出てこられて

相談者:
ええ

柴田理恵:
グループホームでお仕事というか・・

相談者:
いえ お仕事もしないで

柴田理恵:
うん

相談者:
実家の お金はアテにしてるというか

柴田理恵:
はあ・・

相談者:
はい・・仕送りもあるということですが あと自分の年金も・・あの・・障害者ですので

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
お話なさいました 弟さんと

相談者:
えっと ほとんど接触してません

柴田理恵:
会話は 成り立たないんですか?

相談者:
いえ あの 相続のときには会うのかもしれませんが

柴田理恵:
うん・・じゃぁ あまり日ごろから アナタも妹さんも そんなに弟さんとは話はしてないって事なんですね

相談者:
そうです

柴田理恵:
話できるような状態ではないっていうことですか?

相談者:
まぁ相続があれば 会うのかもしれませんが・・ええ

柴田理恵:
うん 相続って言っても お父様も施設に入っておられても まだ ご健在だし お母様 72だったらまだまだ若いじゃないですか

相談者:
はい

柴田理恵:
だから・・まぁ まだまだ先の話だと考えてもよろしいですよね

相談者:
ええ 何時になるかわからないんですよね

柴田理恵:
うん うんうんうん で・・その・・例えばね 親子だったらば お正月に一緒にいるとか それ・・

相談者:
はいあの・・父と母昔から仲が悪いですし 離婚してますので

柴田理恵:
あっ!離婚なさってるんですか

相談者:
はい はい

柴田理恵:
ああそうなんですか

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃあ 一家としてのまとまりと言うよりも お母様と妹さんとあなたが割と仲良くしてらっしゃってということですか

相談者:
ああ はい

柴田理恵:
お父様とはあまりお会いになってない?

相談者:
会いません

柴田理恵:
ふんふんふんふんふんふん ああ なるほどね お母さんと弟さんと話してないの?

相談者:
ええ もううんざりしてるということで はい

柴田理恵:
ああ・・これはだから・・でそのまず 今現在 暴力をどうしたらいいかとか そういうことですか?

相談者:
いつも暴力を振るという事ではないんですが

柴田理恵:
うん

相談者:
まあどう接していいのか ナルシストでもありますので

柴田理恵:
うん ナルシストっていうところが ちょっとよくわからないんですけれど

相談者:
やっぱり 周りの人を不幸にするといいますか えー嘘ついたり

柴田理恵:
嘘つくんですか?

相談者:
ええ 嘘をつきますし

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか駆け引きとか好きですね

柴田理恵:
どういう 嘘をつかれるんですか?

相談者:
あの 私自身は あの あまり接触してないんですけれども

柴田理恵:
ええ

相談者:
やっぱり ちょっと歪んでいるといいますか・・・例えば お金を

柴田理恵:
うん

相談者:
父があの 振り込むと言っておいて 振り込まなかった場合に

柴田理恵:
うん

相談者:
怒って それでなんか キレたりとかして そういうことですね

柴田理恵:
嘘は?

相談者:
う・・・私自身はちょっとないんですけれども

柴田理恵:
うん・・・なんかあんまり よくあなた自身が わかってないのに

相談者:
ええ

柴田理恵:
一体何を相談しに・・いらしたのか ちょっと私たちもつかめないですね

相談者:
いえ あの 私と言うよりも 母と妹も困ってまして 弟に対して

柴田理恵:
うん うん うん

相談者:
どのように接して あとどのように相続も したらいいのかというのが

柴田理恵:
うーん・・

相談者:
今後の・・問題なんですけれども

柴田理恵:
はい・・あの・・お父様認知症ですよね

相談者:
ええ

柴田理恵:
今 お父さんの財産は・・お金はどなたが管理してらっしゃるの?

相談者:
弁護士さんというか あの・・

柴田理恵:
ああ 弁護士さん

相談者:
後見人の方が

柴田理恵:
後見人がいらっしゃるんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃあやっぱりその 相続のことが1番 気になってらっしゃるってことですね

相談者:
ええ それと まああの そのうち グループホームを出ないといけないので どのように接するべきかと

柴田理恵:
でも ご病気でも42歳の成人だったらば・・

相談者:
はい

柴田理恵:
グループホームに・・から出られた時には お一人で暮らされることになりますよね

相談者:
ええ なると思うんですが

柴田理恵:
うん・・

相談者:
まぁ どう 接したらいいのか 今まで通り まぁ接触しないで・・良いのか そういう事ですけど

柴田理恵:
うーん・・今までも

相談者:
はい

柴田理恵:
あんまり接してらっしゃらないんですね あなた自身も

相談者:
ええ 接してませんね

柴田理恵:
それはやっぱり暴力ですか

相談者:
それよりも まぁ私自身が忙しかったってこともありますし 両親が不仲なのであんまり近寄りたくないっていうのもありましたし

柴田理恵:
妹さんとも あんまり接してないんですか

相談者:
妹は たまに会いますが 妹の方がまぁ 弟のこと詳しいというか あの

柴田理恵:
ふんふん

相談者:
そのために被害にも 遭っているようです

柴田理恵:
被害が だから暴力とか

相談者:
ええ ええ

柴田理恵:
嘘? お金を妹さんにせびりにくるってことですか?

相談者:
せびるって言うか その 父親からの送金がなかったときに 妹の家に来て なんとかしろみたいな 暴力的になったりとか 欲しいものが手に入らないと 何かカッっとくるみたいで

柴田理恵:
うーん もう一度あの

相談者:
はい

柴田理恵:
今日のご質問は

相談者:
はい

柴田理恵:
あの・・なんでしょうか?

相談者:
はい 統合失調症でナルシストの弟がいるんですが どう接していいのか

柴田理恵:
うん

相談者:
あとまた あの相続が 発生した場合に お金が・・管理が出来ない弟ですが なにか良いアイデアはないかということです

柴田理恵:
解りました では今日の回答者は 弁護士の坂井眞先生です

相談者:
はい

柴田理恵:
先生よろしくお願いします

坂井眞アドバイス

坂井眞:
よろしくお願いします

相談者:
よろしくお願いします

坂井眞:
まあこれまで いろんな長い歴史の中で いろんなことがあったと思うんだけれども

相談者:
はい

坂井眞:
今のところ弟さんグループホームに入っていて

相談者:
はい

坂井眞:
あまり接触がなくて 当面何か・・あの・・すごく困っていることが あるということではないですよね

相談者:
ええ ないです はい

坂井眞:
ええ それで 今特別 何があるわけではないんだけれども

相談者:
ええ

坂井眞:
まぁひとつわかるのは 1年後にはグループホームにいられなくなって出てきちゃうと

相談者:
ええ

坂井眞:
それが あのご心配なのかなと思うんですが

相談者:
ええ

坂井眞:
何かそれ以外に その今日 電話してみようと思われた理由っていうのはありますかね?

相談者:
妹や母が あの被害に遭ってますので

坂井眞:
はい

相談者:
どう食い止めれ・・たらいいものかと思いまして

坂井眞:
ああ なるほど で妹さんとしては 来られちゃうと 断り切れずにいろいろたかられる感じで 無理して払・・渡しちゃったりするんですか お金?

相談者:
いえあの 全く受け付けないで

坂井眞:
うん

相談者:
窓ガラス割られたりとか

坂井眞:
ああ・・・

相談者:
あの・・それで警察沙汰に

坂井眞:
はいはい

相談者:
ってことでですね

坂井眞:
なるほど

相談者:
はい

坂井眞:
で 受け付けないで 渡さないっていうのは僕はそれで正解だと思うんですが

相談者:
はい

坂井眞:
あの いくら自分の兄弟が 大変だって言ったって 払えるのは限度があるので

相談者:
はい

坂井眞:
それは断らなきゃいけないときは断ると

相談者:
はい

坂井眞:
で何かそういう ガラスが割れたとかいうことがあれば それは警察に言うしかないことだと思いますから

相談者:
はい

坂井眞:
あのそれでいいんだと私は思いますが

相談者:
はい

坂井眞:
お母様もやっぱりそういう被害を受けていらっしゃるの?

相談者:
ええ そう思いますね

坂井眞:
具体的には今 最近そういうことがあったということではないのかな そうすると

相談者:
ええ 今のところは あのまぁ 離れてますので

坂井眞:
わかりました じゃあ今のグループホームに入られたのは 何年前なんですか?

相談者:
1年ぐらいですか

坂井眞:
じゃあ あと1年で出ちゃうと

相談者:
はい

坂井眞:
いう感じなんですね それはもともと そういう期限があってと

相談者:
はあ・・はい

坂井眞:
入る前はどんな生活だったんですか?

相談者:
えっと 母と暮らしてたんですが

坂井眞:
ああ・・それは お母さんの家に一緒にいたということですか?

相談者:
はい

坂井眞:
それは長かったですか?

相談者:
ええ そうですね

坂井眞:
生活はどうされてたの?お母さんが支えてたの?

相談者:
そう・・だと思います 障害者ということもありますが

坂井眞:
うん

相談者:
年金とかでやってるんだと思います

坂井眞:
障害者っていうのは弟さんの?

相談者:
ええ それもありますし・・はい

坂井眞:
お母さんも 年金もらってるのかな?

相談者:
あまり わからないんですが・・ええ

坂井眞:
だから あの 2つのご相談のうちの1つの どう接したら良いかっていうのは

相談者:
はい

坂井眞:
接すると言うと抽象的だけども

相談者:
はい

坂井眞:
もっと こう現実的な リアルな話なのかな どうやって生活たてるんだろうとか そういうご心配なんですか

相談者:
まぁそれも そうですね あと お金の管理ができないので どうするんだろうとか 特にあの相続が 発生してしまったら あの・・その何かいいアイデアがないだろうかと思いまして

坂井眞:
じゃあ順を追って お話しますけれども

相談者:
はい

坂井眞:
どう接したら良いかっていうことについては

相談者:
はい

坂井眞:
法律上は その民法に 扶養義務っていうのが定めてあって

相談者:
はい

坂井眞:
で夫婦の扶養義務っていうのは 同じレベルで生活しなさいという またもうちょっと強い扶養義務があるんですが 親子とか夫婦 そういうことじゃない親族間の扶養義務って 民法の877条ってとこにあるんですけど 直系血族と兄弟姉妹 兄弟 姉妹 ですね 互いに扶養する義務があると書いてあるんですよ

相談者:
はい

坂井眞:
だから1つあなたの場合 弟さんだから まあ一応 助けなさいとは書いてあるわけですね

相談者:
はい

坂井眞:
民法上は だけれども それは夫婦でお互いに 同居して協力しなさいというほど強いものじゃなくて

相談者:
ええ

坂井眞:
ある程度自分の生活も立てながら 援助できる範囲でやりましょうと言うような イメージとしては そんなふうに考えてもらうのがいいんですね

相談者:
はい

坂井眞:
で 親子の場合 未成年の子の場合は さっき言ったように強いものだけれども もう弟さんも42歳で成人で 逆にお母さんは もう72歳でだんだん 歳とって衰えてきますよねどうしたって

相談者:
はい

坂井眞:
そこはあの もう成人同士なので そういう意味ではあなたと同じような 直系血族兄弟姉妹というところに入りますからね

相談者:
はい

坂井眞:
えー お母さんが自分の生活を犠牲にしてまで 何かをしなければいけないという話でもないんですよ

相談者:
はい

坂井眞:
あー義務はあるんだけどね

相談者:
はい

坂井眞:
でそれで自分の生活が 壊されてもしょうがないとか そういう話ではないので

相談者:
はい

坂井眞:
そんなに心配しなくてもいいと思います

相談者:
はい

坂井眞:
で えーと 弟さんは弟さんで まぁ基本的にこの国 自分で 自分の生活を立てていかなければいけないっていう

相談者:
ええ

坂井眞:
国だけれども

相談者:
はい

坂井眞:
だけれども本当にそれができない人に対しては 福祉があって えー生活保護って手段もありますからね

相談者:
はい

坂井眞:
えーそれは弟さんの場合 そういう重い病気があるんであれば それはあの堂々と そういう制度利用すべきだと思うんです

相談者:
はい わかりました

坂井眞:
それが 1つですね

相談者:
はい

坂井眞:
それと あとはあの・・まぁ相続・・相続しないにしても お金の管理ができない話っていう

相談者:
はい

坂井眞:
お話がありましたけれども

相談者:
はい

坂井眞:
これについては 今お父さんが成年後見人で弁護士が付いているっていうお話でしたよね

相談者:
はい

坂井眞:
それとおんなじなんですよ

相談者:
はい

坂井眞:
成年後見というのは別に 歳をとらなければいけないというわけではないので

相談者:
はい

坂井眞:
自分でそう言う 自らの生活の管理をする能力が なくなる・・ってしまった場合は それはあの こういう精神的な病気の場合でも 同じですよね

相談者:
はい

坂井眞:
歳とらなければ駄目だってことではないので

相談者:
はい

坂井眞:
本当にお金の管理が出来ないとかという事であれば

相談者:
はい

坂井眞:
成年後見人をつける 申立てをすべきだっていうことになると思いますね

相談者:
ああ 解りました

坂井眞:
あとね もう一つあの相続のこと心配されていますけど

相談者:
はい

坂井眞:
相続って そういう財産管理する能力がないといけないから

相談者:
ええ

坂井眞:
あ・・もしそういう能力が無いんであったら 相続の時には成年後見人を選ばなきゃいけなくなります

相談者:
はい

坂井眞:
で弟さんにも当然にあの 法定相続分というものがあるから これは相続されるべきだし

相談者:
はい

坂井眞:
でそのちゃんと 分ける話ができない 遺産分割の話しができないんだったら 成年後見人を選ばなきゃいけない

相談者:
はい

坂井眞:
で 無事相続した場合に 弟さんが取得したものを 使い方どうしちゃうんだろうっていうのは もう成人同士だから

相談者:
はい

坂井眞:
あなたがあまり心配てもしょうがない と思ったほうがいいですね

相談者:
はい

坂井眞:
で それでもやっぱり兄弟のことで気にかかるっていうんだったら それはちゃんと成年後見人を選任をして

相談者:
はい

坂井眞:
はい今お父さんやってらっしゃるから わかると思うんだけど 財産管理ちゃんとしますでしょ 成年後見人が

相談者:
あ はい

坂井眞:
家庭裁判所の監督を受けて

相談者:
はい

坂井眞:
そういう風にすれば 弟さんが 親から相続を受けて 手に入れた財産を 無駄遣いしないで済む ということになると思います

相談者:
はい

坂井眞:
よろしいですかね

相談者:
はい 解りました ありがとうございます

柴田理恵まとめ

柴田理恵:
よろしいですか

相談者:
はい

柴田理恵:
私も一言

相談者:
はい

柴田理恵:
申し上げてよろしいでしょうか?

相談者:
はい

柴田理恵:
私 あの 今までずっと お聞きしててね あのいちばん思ったのは 今まで疎遠にしててもやっぱり 親子は親子だし

相談者:
はい

柴田理恵:
そこの中でいろいろ知恵も湧いてくるんじゃないかと思うので

相談者:
はい

柴田理恵:
ご自分で 1人やらないで あのお母さんと あなたと妹さんでまず お話になって

相談者:
はい

柴田理恵:
弟・・さんのことをどうしようというのを まず・・心ひとつにしてから あの・・・いろんなことを 始められたらい いんじゃないのかなって思います

相談者:
解りました

柴田理恵:
はい 大丈夫でしょうか

相談者:
どうも ありがとございます

柴田理恵:
はい 失礼します

相談者:
はい 失礼します

柴田理恵:
はい

管理人のちょっとひと言

まるで他人事のようですね
自分だけ、安全圏にいたけれど、どうも違うみたい
そのことに気が付いちゃったから

心配事が、頭をもたげてきたってことですね

あと1年で、グループホームから出てきて
母親や妹が拒絶したら
もしかしたら、自分のとこに来るかもしれないし

扶養義務ってのも、気になるよね
それに父親が、弱ってきたから
相続発生したら、どうなるのか?って思った

そんなとこでしょう
だって、まったく興味ないもんね弟のこと

柴田さんも、そうだけど
もうちょっと、統合失調症のこと学ぼうよ

嘘っていうのは、妄想や幻覚のことでしょ
その位、気が付いて欲しいな
もちろん、暴力もそうだし

ちょっと、わからないのはナルシスト
なんですの?
周りが不幸になるとか、全然具体性がない

こんなんだもん、全く弟をどうしようって
ことじゃなくて、いかに自分に害が及ばない
ようにするかってことですよね

だから、柴田さんの、最後のまとめ
母と妹と3人で話し合っていう件
全然、興味も何もない・・・する気もないか

坂井先生に、最低限のこと聞いて
安心したもんね、お金の管理まで任せたら
もう、自分のとこまで来ない、安泰って感じ

この回は、相談者もだけど
柴田さんが勝野さんにダブって聞こえた
とても残念な回

ちょっと厳しめにコメントするけどさ
どうしたって色眼鏡で見られるからね
同じ色の人達からすれば、大絶賛かもしれないけど

そうでない人からすると、随所に色出されると
敬遠したくなる
どうしても、人選失敗って思うよな

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.