夫婦の営みがブログに

テレフォン人生相談
夫婦生活
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年10月20日(火)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:49歳女性 5年前に再婚した夫58歳 実子長男26歳・次男21歳 4人暮らし

次男に対し、東南アジアに移住した元夫がFacebookでコンタクトを取ってきた。そこから元夫が、毎日風俗ブログを書いていることを知った次男、内容を読んでショックを受け、独りで耐え切れずにブログのことを教えてくれる。そこに書かれていたのは、自分に対する悪口があることないこと書いてあり、更には元夫と相談者の夫婦の営み・夫婦生活のことまで書かれていた。離婚の理由は経済的DV、家にお金を入れてくれないばかりか、大きな声をあげたり、物を投げたりする。蹴ったり殴ったりはなかった。相談者はパニック発作を起こすようになり、しまいに鬱病を起こしてしまう。環境を変えるため別居していたが、その間もお金を入れてくれかったため、実家に頼ることになる。長男の高校進学を機に離婚をする。しばらくすると鬱病の薬を飲まなくてもいいほど体調がよくなるも、ブログを読んでからDVを受けていた時の感じが蘇ってきて怯えるようになる。恐怖や憎しみ、後悔を感じる相談者。見なければいいのに見てしまうと嘆く。大原敬子が過去への憎しみと指摘。さらに元夫とのアブノーマルなセックスも関わりがあると言う。

加藤諦三氏の〆の言葉「自己憐憫は行き止まりです」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい もしもし

加藤諦三:
はい はい テレフォン人生相談です

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢教えて下さい

相談者:
はい 49歳です

加藤諦三:
49歳 結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー ご主人何歳ですか?

相談者:
58歳・・です

加藤諦三:
58歳 お子さんは?

相談者:
今年 26歳になる男の子と

加藤諦三:
はい

相談者:
次男が 今年21になります

加藤諦三:
はい

相談者:
主人とは再婚です

加藤諦三:
ああそうですか

相談者:
はい

加藤諦三:
で ご主人とは再婚してどのぐらい経つんですか?

相談者:
5年・・目くらいです

加藤諦三:
5年ぐらい・・ああ そうすると この お子さんは あなたのお子さん?

相談者:
はい そうです

加藤諦三:
ご主人の方には お子さんはいないんですか?

相談者:
はい いません

加藤諦三:
ああそうですか

相談者:
はい

加藤諦三:
はいわかりました それで・・えーと 4人で暮らしているんですね?

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
はいわかりました

相談者:
はい

加藤諦三:
で どんな相談ですか?

相談者:
はい 実はですね 私の・・離婚しました元夫がですね

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚した後に 東南アジアに

加藤諦三:
はい

相談者:
あの 移住を・・したようで

加藤諦三:
ええ

相談者:
毎日 あの 風俗ブログ・・というのでしょうか

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうものを あの・・書いていて

加藤諦三:
はい

相談者:
数か月前になりますが

加藤諦三:
はい

相談者:
うちの次男が

加藤諦三:
はい

相談者:
なんかフェイスブックとか そういうもので

加藤諦三:
はい

相談者:
以前 元夫が あの コンタクトしてきて

加藤諦三:
はい

相談者:
・・たので 何か そのブログを見つけてしまって

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと ショックを受けまして それで あの・・私にですね あの 一人で抱えられなかったのだと思うんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
こんなことを あの・・やっているよということで

加藤諦三:
はい

相談者:
教えられまして

加藤諦三:
こんなことやってるよってことを あなたに話したということですね

相談者:
はいそうです そうです

加藤諦三:
はい はい

相談者:
私も 見てみましたら

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・数年前から立ち上げて・・いた ブログみたいで

加藤諦三:
はい

相談者:
読んだら 私の悪口が・・あの・・

加藤諦三:
はい

相談者:
た・・たくさん書いて あったんですね

加藤諦三:
はいはい

相談者:
あの・・結婚生活をしていた間に そういうふうに あの・・思ってたのかなと 思い当たることもあれば

加藤諦三:
はい

相談者:
全く 思い当たらないこともあったりして

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚してた時は あの・・経済DVですとか・・別居してた時期もあったりとかして・・

加藤諦三:
DVって言いました今?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい・・要するに 家庭内暴力があったということ?

相談者:
殴ったりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
あの 蹴ったりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうことはなかったんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
大声をあげたり

加藤諦三:
はいはい

相談者:
物を投げたり

加藤諦三:
はい

相談者:
経済的に 家にお金を入れてくれないとか

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうことがありまして

加藤諦三:
はい

相談者:
で 私はあの・・パニック発作を起こすようになって

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
で 鬱病にもなったので それで・・あの・・環境を変えた方がいいということで

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・主人とはしばらくの間は別居を していたんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
で まぁその間も お金も入れてくれなかったので

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 私の実家の方に

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 頼って生活をするような

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 事を続けていて

加藤諦三:
うん

相談者:
でまあ 結果としては 私の鬱も良くなりませんし 上の息子が 高校に入る時に

加藤諦三:
うん

相談者:
それをきっかけに もう離婚しようということで

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 離婚をしまして

加藤諦三:
うん

相談者:
あの その時に もうちょっと私がDVで

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 萎縮してたもんですから

加藤諦三:
うん

相談者:
家ですとか あの年金ですとか

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうものも あの 一切・・もう・・話し合うのも嫌で

加藤諦三:
うん

相談者:
あの 話し合わなかったような

加藤諦三:
うん

相談者:
感じで・・逃げるように離婚したって感じだったんですけど・・それで 今の主人と

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・息子達も養子縁組をしまして

加藤諦三:
はい

相談者:
今はあの・・少し・・の問題はありますけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
あの その時よりは幸せに 鬱のし・・あの・・薬なんかも飲まずに暮らせるようになっているんですけど

加藤諦三:
あ~ ということはもう・・鬱・・は 治りにくかったけど 今はもう 治ってきたということですね

相談者:
はい あの・・ただ そのブログを見てしまってから

加藤諦三:
うん

相談者:
あの ちょっとパニック発作というか・・フラッシュバックというか・・あの・・物理的には遠い所にいるのに

加藤諦三:
はい

相談者:
まだなんか DVを こう受けてた時の

加藤諦三:
うん

相談者:
あの・・

加藤諦三:
うん

相談者:
あの・・感じが 戻ってくるような

加藤諦三:
そうすると 今・・かなり危機的な状況にある・・ということ?

相談者:
見てしまって・・なんか・・風俗ブログ・・なんですけど

加藤諦三:
はいはい

相談者:
あの それに関与して 昔の 何か私との夫婦の・・

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・生活のことなんかを書いてあったりとか

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
すごく なんかデリカシーがないことをされていると

加藤諦三:
そりゃもちろん デリカシーもへったくれも 無いんでしょうね

相談者:
うーん・・・

加藤諦三:
だって・・その・・昔のあなたの そういう生活を 書いてるわけですからね

相談者:
ええ まぁ今の主人と

加藤諦三:
うん

相談者:
あの・・生活してからは あの・・そういうこともなく・・穏やかにいたんですけれども

加藤諦三:
うん

相談者:
その・・ブログ・・を見てしまったことで

加藤諦三:
うん

相談者:
なんかまた 怯えるようになって 怯えるんだから見なきゃいいのに・・なんか見てしまうという・・

加藤諦三:
うん まあそれはあの・・まぁ単純な話しって言ったら怒られるけど フォローフローズンメモリーって言ってね 人間の恐怖感というのは

相談者:
はい

加藤諦三:
50年経ったって そう消えるもんじゃないんですよ

相談者:
はぁ・・

加藤諦三:
記憶に凍結された恐怖って言ってね

相談者:
はい

加藤諦三:
だから 今日の相談というのは

相談者:
はい

加藤諦三:
ただその・・かつて 結婚してた当時のね

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう 暴言や物を・・投げるこ・・様々なことで・・もの凄い怖い体験をして

相談者:
はい

加藤諦三:
それが 一応再婚で・・なんとか穏やかになったけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
その 元夫の・・風俗ブログを見て そこにあなたの 個人的な 性生活のことまで書かれていて

相談者:
はい

加藤諦三:
で もう一度 あなたの中に その恐怖が 蘇ってきてるっていうことですね

相談者:
はいそうです

加藤諦三:
ですね

相談者:
はい

加藤諦三:
で どうしていいか わからないということですね

相談者:
はい

加藤諦三:
はいわかりました 今日は色々なですね 鬱病その他・・DV・・という 普通の視点よりも もう極めて独創的な視点から 問題をとらえてもらえると思うんですけれども スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは

大原敬子:
あの 今日はちょっと 私聞きたいのはですね

相談者:
はい

大原敬子:
凄く不鮮明な部分と

相談者:
はい

大原敬子:
それから 何を求めているのかなっていうのが ちょっと分からなかったものですから

相談者:
はい

大原敬子:
私が 加藤先生がお話している最中にですね

相談者:
はい

大原敬子:
考えたことは

相談者:
はい

大原敬子:
今 あなたが この今日の電話ですね

相談者:
はい

大原敬子:
電話の意味がですね

相談者:
はい

大原敬子:
元夫の中傷が怖いのか

相談者:
はい

大原敬子:
子供が これを・・この私の生き方をどう見てるのか

相談者:
はい

大原敬子:
という あなたの その元夫と 子供達の関係と

相談者:
はい

大原敬子:
もう一つは 今の夫が これ読んでいたならば

相談者:
はい

大原敬子:
どのようにしようか・・これもありますね もう一つは 自分自身の過去への憎しみですね

相談者:
はい

大原敬子:
の 感情を

相談者:
はい

大原敬子:
自分がもう 抑えられない

相談者:
はい

大原敬子:
過去の憎しみが

相談者:
はい

大原敬子:
その為に 抑えられない整理の仕方

相談者:
はい

大原敬子:
これしか私には浮かばなかったんですけども

相談者:
はい

大原敬子:
この中に入っていますか? 今日の相談内容は?

相談者:
はい 入ってます

大原敬子:
どれですか?

相談者:
・・えっと・・息子のことは コミュニケーションできてますし・・あの・・大丈夫なんですけれども・・やっぱり 憎しみが・・消えないという・・ことだと思っています

大原敬子:
ああ 凄くお強い そうですよね

相談者:
はい

大原敬子:
と申しますのは

相談者:
はい

大原敬子:
その過去の憎しみは ホント憎しみだと思いますよ

相談者:
はい

大原敬子:
思うけれども・・・いいかしらね こういうこと言って・・

相談者:
はい

大原敬子:
・・後悔もないですか?

相談者:
・・ああ・・そうですね・・後悔・・

大原敬子:
うん

相談者:
そうですね・・もうちょっと・・ここで我慢していればな・・と・・あの・・いう思いは・・もったこともあります

大原敬子:
あのね どちらかというと パニックになってね

相談者:
はい

大原敬子:
この今 電話しても とっても物静かな 素敵な女性なんですよ・・でもいったん 自分の感情を抑えきれなくなった時に

相談者:
はい

大原敬子:
男性が驚くほどの 豹変をする方ではないかと思うんですね

相談者:
あ そうかもしれないです

大原敬子:

相談者:
はい

大原敬子:
その時に 豹変するものは 経済的じゃないんですね こういう女性っていうのは

相談者:
はぁ・・

大原敬子:
愛なんですね

相談者:
はい

大原敬子:
愛っていうか 性っていうか

相談者:
はい

大原敬子:
その部分が・・耐え切れずに・・ばあーんって弾けだしてしまって

相談者:
はい

大原敬子:
全部出した後は もぬけの殻で

相談者:
はい

大原敬子:
私 何を怒ったんだろうっていうぐらいの形になる方だと 私は思っているんです

相談者:
ああ そうかもしれないです はい

大原敬子:
そうするとね 私は先ほど あなた怒るかもしれませんけれど

相談者:
はい

大原敬子:
後悔はないですかっていうのは 女性は

相談者:
はい

大原敬子:
DVを受けても二度と見たくない人の場合に

相談者:
はい

大原敬子:
ブログは見ないですよ

相談者:
・・ああ・・

大原敬子:
触れたくないんです もうとにかく顔も見たくない

相談者:
はい

大原敬子:
もう空気も嫌い

相談者:
はい

大原敬子:
だと私は思うんです

相談者:
はい

大原敬子:
それが まず どんな形でお子さん見たのか知りませんけれども

相談者:
はい

大原敬子:
あんたがそれを読むってことは

相談者:
はい

大原敬子:
そして性の問題

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが今回のご主人さま・・別れたご主人さまは 性と・・性 わかります? セックスです

相談者:
はい はい

大原敬子:
それが凄く関わっていたような気がするんですね

相談者:
はぁ・・・

大原敬子:
別れた原因が・・

相談者:
はぁ・・・

大原敬子:
で となると今日のホントの問題は あなたが何故 このような 一見みると 普通の相談ですけども

相談者:
はい

大原敬子:
私からとったら アブノーマルなんです

相談者:
ああ・・・

大原敬子:
・・の性になるかというと あなたの幼児期ですよ きっと

相談者:
ああ はい

大原敬子:

相談者:
ええ

大原敬子:
これは加藤先生ですから伺ってみますね

相談者:
はい

大原敬子:
先生 お願いします

相談者:
はい

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
予想通りの・・もう・・ほ・・ホントに 独創的な視点だったと思います

相談者:
はい

加藤諦三:
それで最後にね

相談者:
はい

加藤諦三:
これは幼児期の・・って先生が仰ったんですけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
つまり あなたさっき 憎しみが消えてないって言いましたよね

相談者:
はい はい

加藤諦三:
それはや・・確かに 一つは 元夫に対する憎しみ・・なんですけども

相談者:
はい

加藤諦三:
それだけではないですよね

相談者:
はい 違いますね

加藤諦三:
そうですね

相談者:
母・・親に対して・・

加藤諦三:
ですよね

相談者:
はい あります

加藤諦三:
ええ

相談者:
はい

加藤諦三:
だから 憎しみが消えてないという事の中に

相談者:
はい

加藤諦三:
そういう・・元夫だけじゃないんですよ

相談者:
うーん はい

加藤諦三:
で結構 厳しい・・あの・・躾けの家だったの?

相談者:
あの 家・・私は一度 あの・・母の不倫で

加藤諦三:
うん

相談者:
母に10歳の時に・・一回捨てられてます そして まぁ母が大きな病気をして

加藤諦三:
はい

相談者:
あの まぁ父とは籍を抜かないまま・・出て行ってしまった・・ので

相談者:
はい

加藤諦三:
行くところがなくなって

相談者:
うん

加藤諦三:
あの・・私が21歳の時に・・母がまた 父の所に戻ってきました

相談者:
はい

加藤諦三:
それから あの 父は早くに他界しまして

相談者:
はい

加藤諦三:
母親・・とは 思い切れない もう 一度捨てられて どう対応していいか判らない母を・・

相談者:
うん

加藤諦三:
見ながら・・生きてきたという・・感じでした

相談者:
うん

加藤諦三:
要するに あなたは お母さんとの関係でね

相談者:
はい

加藤諦三:
満たされない欲求があるんですよね

相談者:
はい

加藤諦三:
実はあなたが・・あなたを・・過去に固執させてる原因は何かというと

相談者:
はい

加藤諦三:
その・・満たされない欲求なんですよ

相談者:
はい

加藤諦三:
だから離婚して

相談者:
はい

加藤諦三:
今 ご主人が良い ご主人なんでしょ?

相談者:
はい

加藤諦三:
でも 更にその・・あなた どんどん退行・・欲求なんですよ

相談者:
たいこう?

加藤諦三:
退行・・あの 退いていく 後ろに

相談者:
ああ はい

加藤諦三:
退行欲求なんです

相談者:
はい

加藤諦三:
で 人は何故そこまで退行させるか 過去に固執するかと 要するに過去のこ・・あの結婚に固執してるわけです あなた

相談者:
はい

加藤諦三:
それは・・

相談者:
はぁ・・

加藤諦三:
さらにその先に満たされない欲求があるからなんですよ

相談者:
ああ・・はぁ・・はい

加藤諦三:
満たされない欲求は人を過去に固執させます

相談者:
ふぅ はい

加藤諦三:
その満たされない欲求っていうのは おそらくその母親との関係なんですよ

相談者:
ああ その通りだと思います はい

加藤諦三:
ですから

相談者:
はい

加藤諦三:
ここにきちんと気が付けば

相談者:
はい

加藤諦三:
何故自分は これまで 過去の夫に 固執するのかっていうのは 自分の中で見えてくるんですよね

相談者:
はい

加藤諦三:
だってもう 固執する必要ないんですけれども

相談者:
そうですね はい

加藤諦三:
これは どんなに辛くても ここは正面から向き合って

相談者:
はい

加藤諦三:
・・・で 乗り越えた人ってのは みんな自分の力で最後乗り越えてるんです

大原敬子:
うん

相談者:
はい・・ふぅ・・

加藤諦三:
でも あなたとにかく これだけの事をね

相談者:
はい

加藤諦三:
正直に全部 話してくれましたから

相談者:
はい

加藤諦三:
先は開けます

相談者:
はい

加藤諦三:
・・・よろしいですか?

相談者:
はい ありがとうございました

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
はい 失礼します

管理人のちょっとひと言

東南アジアに移住した元夫、おそらく50代なのに
仕事はどうしたんだろう?
少なくとも、移住ができるような立場というのは

サラリーマンという可能性は、少ないと思う
移住するのは、定年を迎えた方だったり
仕事に融通が利く人でないと難しい

風俗ブログの立ち上げは数か月前だけど
それに類する仕事をしていたのであれば
パソコン1台あれば、問題ない

そうであるならば、元妻の悪口だったり
夫婦の営みの事を書くのだって、不思議ではないし
人気ブログにしたいなら、そうするだろう

とするならば、夫婦であった頃から
風俗系のサイトとかを、持っていた可能性もあるし
アブノーマルな性生活というのもうなずける

風俗ブログを立ち上げるような元夫ですからね
今は他人になってしまった、元妻のことなど
何の抵抗もないとしても、うなづける

ただこれらは、画像や動画ではないけれど
リベンジポルノに近いような気がするので
海外なんだけど、削除とかできないものだろうか

Facebookで次男が繋がっているわけだし
個人の特定が、でききていて
生活の為にブログとの連携したりしていたら

次男に対して、コンタクトしてくるわけですから
同様に共通の知人にもやってる可能性あります。
とするなら、相談者との性生活がどうだったのか

知られてしまっている可能せいだってあります
画像や動画ほど、誰の目にもというわけでは
ありませんが、削除したって拡散できます

文字にしてしまうと、書いた人の主観ですから
どれだけでも過剰に書けることになります
面白おかしくして、読者を増やすためにね

特に内容が大原先生の言う通り、アブノーマルなら
興味そそられる人も多いでしょう

だからね、この相談
いつもの精神的な解決で終わらすのって
ちょっと違うんじゃないでしょうか?

個人的な、内面として解決されたとしてです
物理的には、いつでも覗けるブログとして
存在し続けるわけですから

それって、いいのかってことです
何等かの手を打つべきことじゃないのか?
それに対するアドバイスが優先事項では?

大原、加藤先生は、法律の専門家じゃないので
こういう回答も、やむなしなんでしょうが
これで、終わるのはやばくないですか?

違う意味で、別の問題が生じることになります
削除させて、二度と書かせないようにしないと

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.