不貞行為の償い方

テレフォン人生相談
不貞行為
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年10月21日(水)

パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:36歳女性 夫36歳 子供3人 夫とは20年の付き合い

5日前に携帯を見た夫に不貞行為がバレる。夫は更に1週間前から我慢していた。不倫の相手は好意を持ってくれている50代独身男性で知人の知り合い、1年前に紹介されて知人と一緒に食事をする関係で、1ヶ月ほど前にと2度ほど関係を持ってしまう。家庭を壊す気はなかったが、ずるずると軽率な行動をしてしまった。今は家庭を守りたい一心。主人は離婚は失うものが大き過ぎるということで、離婚は今のところしない方向でいてくれているが、どうしても許せないと言われている。そういう主人の精神面に対して、自分の償いの姿勢をどうしたらいいのだろうか。3日ほど前に夫が相手の男性の家へ行き、話し合いをし慰謝料300万で向こうも承諾する。夫は学生の時からの付き合いで20年になるのに信用を失ってしまい許せない気持ち。大迫恵美子が回答者。非常に難しい問題で特効薬みたいな物はない。

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

今井通子:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
もしもし

今井通子:
はい 今日はどういったご相談ですか

相談者:
5日前にですね 主人から

今井通子:
はい

相談者:
携帯を見て 不貞行為を 私がしてしまい

今井通子:
はい

相談者:
その私が加害者になって その加害者の 私の償いの 精神面のことで相談したいんですけど

今井通子:
あなたはおいくつ?

相談者:
36歳です

今井通子:
はい ご主人は?

相談者:
同い年です

今井通子:
同い年なのね?

相談者:
はい

今井通子:
で お子さんいらっしゃる?

相談者:
はい 3人です

今井通子:
で あなたが不貞行為を行ったってのは事実なのね

相談者:
はい

今井通子:
で それはいつごろのことですか?

相談者:
1ヶ月ほど前です

今井通子:
1ヶ月ほど前に

相談者:
はい

今井通子:
1回だけ?

相談者:
2度

今井通子:
2度

相談者:
はい

今井通子:
どういう関係で?

相談者:
好意を 持っていただいてまして

今井通子:
はい

相談者:
1年ほど前に

今井通子:
はい

相談者:
初めて お食事に行ったりという感じで

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で 相手の方は 何歳ぐらいの方?

相談者:
50代です

今井通子:
50代男性?

相談者:
はい

今井通子:
であの 結婚されてるのかしら?

相談者:
あ してません

今井通子:
あ 独身でらっしゃるの?

相談者:
はい

今井通子:
はい でこの方が好意を持っていると いうことで あなたの方はどうなの?

相談者:
私は

今井通子:
うん

相談者:
もちろん家庭を壊すつもりじゃなく

今井通子:
うん

相談者:
あの軽率な行動で

今井通子:
うん

相談者:
ずるずると来てしまっていたので

今井通子:
ええ

相談者:
はい・・家庭を・・守りたい 一心なんですけど

今井通子:
今はね

相談者:
はい

今井通子:
うん で結局 5日前にご主人が

相談者:
はい

今井通子:
あなたの携帯を見たわけ?

相談者:
もう見たのは

今井通子:
うん

相談者:
その日からは 1週間ほど

今井通子:
うん

相談者:
我慢はしてたみたいなんです 言わずに

今井通子:
うん じゃあ5日前に言われたわけね

相談者:
はいそうです

今井通子:
はい

相談者:
で言ってみろっていう話を

今井通子:
うん

相談者:
して 私はそこで・・全てを

今井通子:
うん

相談者:
話して

今井通子:
うん

相談者:
で 主人は やはり離婚は

今井通子:
うん

相談者:
失うものが大きすぎるということで

今井通子:
うんうん

相談者:
離婚は・・今のところ・・しない方向で・・いてくれてるんですが

今井通子:
はい

相談者:
どうしても許せない・・とも言われますし

今井通子:
うん

相談者:
そういう主人の精神面

今井通子:
うん

相談者:
と・・私の償いの姿勢・・ を今後 どうしていったらいいかと思いまして

今井通子:
で あなたはじゃあもう その・・男性とは別れたっていうか

相談者:
はい

今井通子:
その事をきっぱり言いました?

相談者:
はい あの・・主人が

今井通子:
うん

相談者:
3日ほど前に相手の家へ行きまして

今井通子:
はい

相談者:
話し合いをし 慰謝料ということで それも向こうも承諾し

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
それで ちなみに慰謝料はいくらぐらい?

相談者:
300万

今井通子:
300万

相談者:
はい

今井通子:
で 相手の方は

相談者:
は のみますということで

今井通子:
なるほど

相談者:
はい

今井通子:
で この話は もう そうすると終わったわけね?

相談者:
話し合いは終わってます もうこれ以上は何もないです

今井通子:
なるほど

相談者:
はい ただそこで

今井通子:
うんうん

相談者:
主人の

今井通子:
うん

相談者:
ずっと今まで20年の付き合いで

今井通子:
はい

相談者:
信用を失って・・許せない気持ち

今井通子:
はい

相談者:
で 過ごしている主人も あたしも どうしていいかわからないですし

今井通子:
うーん 今ちらっと20年っておっしゃったんだけど

相談者:
はい

今井通子:
20年って すごい若いとき結婚したの?

相談者:
いえ 違います

今井通子:
例えば学校が一緒で ずっと付き合ってたみたいな?

相談者:
そうです

今井通子:
そうするとご主人としては かなりもうアレですね 奥様愛してたわけだ

相談者:
はい

今井通子:
あなたもだから 本当は

相談者:
はい

今井通子:
ちょっとここでつまずくべきじゃなかったっていうことは思ってら・・

相談者:
もちろんもちろんそうです それだけです

今井通子:
そうですよね

相談者:
はい

今井通子:
うん これってその・・最終的に行ってしまったのはお酒飲んでる時?

相談者:
そうです うんでも・・お酒のせいにすると やっぱり・・違うかなとも思いますし

今井通子:
うん そうですよね

相談者:
はい

今井通子:
あなたって専業主婦?

相談者:
パートをしてます

今井通子:
あ パートをしてらっしゃる

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ パート仲間だったのか この相手は?

相談者:
いえ違います 知人の知り合いです

今井通子:
じゃあ 知ってる人に紹介されたの? その・・

相談者:
そういった形で会いました

今井通子:
で その知人の方も一緒だったのじゃあ?

相談者:
ええその場にはいました

今井通子:
ああなるほど お友達の方と その方も含め みんなで食事したわけ

相談者:
はいそうですね

今井通子:
うん でその後 お友達は抜きで

相談者:
いや・・

今井通子:
2回目の食事をしたの?

相談者:
2回目もいました そういうなんて言うんですか ご飯食べる仲間として

今井通子:
じゃあ その1ヶ月前に

相談者:
はい

今井通子:
make loveしちゃった時っていうのは

相談者:
はい 別れた後です

今井通子:
あ 別れた後っていうのは 知人の方がそこまで一緒だったのね

相談者:
ご飯は一緒ですけど

今井通子:
ご飯・・ご飯は一緒で

相談者:
はいはい

今井通子:
別れた後に

相談者:
はい

今井通子:
誘われた

相談者:
・・そうですね お互いに そうですね

今井通子:
ああなるほど

相談者:
はい

今井通子:
ふんふんふん・・で結局・・じゃぁ・・ガードが甘かったですね

相談者:
はい

今井通子:
うん で今度は えーと ご主人の方は 確かに ずっと信頼してたのに許せない この気持ちはしばらくは収まらないでしょうが、

相談者:
はい

今井通子:
うん あなたとしては今日のご相談は どうやって償ったらいいでしょうってこと?

相談者:
そうです

今井通子:
なるほどわかりました 今日はですね弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います 先生よろしくお願いいたします

相談者:
はい

大迫恵美子アドバイス

大迫恵美子:
もしもし

相談者:
もしもし

大迫恵美子:
はいこんにちは

相談者:
こんにちは

大迫恵美子:
うーんとね その質問はね あのね本当にそれはね 難しい・・まぁ本当に あなたが悩んでるしね

相談者:
はぁ・・

大迫恵美子:
苦しんでるのもわかるんですけど・・おそらくね・・特効薬みたいなものをね 提供できる人は誰もいないんじゃないかと思いますよ まぁこういう事案でね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの 私自身が仕事として関わるときには

相談者:
はい

大迫恵美子:
もう離婚の話なんですよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
でまぁ やっぱりあのお子さんがいる女性は なんとか家庭に戻りたいと

相談者:
はい

大迫恵美子:
いうふうに思うんですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
やはりなかなかね その・・難しい問題ですよね・・・非常にその男性の方がね あの暴力を振ったりとかね その・・まあ・・報復っていう例も見たことがあるんですけど

相談者:
はい、

大迫恵美子:
あなたのご主人はどうですか?

相談者:
ないです

大迫恵美子:
あ それがない

相談者:
ないんです。

大迫恵美子:
うーん

相談者:
ないから・・(すすり泣き)・・(嗚咽)

大迫恵美子:
うーん でもまぁそれは まああなたへの誠意なんじゃないんですか?

相談者:
はい そう思います

大迫恵美子:
うーん

そう○▽※○▽※(泣きながら)

大迫恵美子:
それをね まぁ・・顔を見るのもあなた 辛いんだと思いますけど・・ご主人の気持ちがすっと晴れるようなことは何もないですよ でこのことが あの時間が経ってね あの少しづつ その痛みが薄れていくということはあると思いますけど なかったことにようになるって事も ないんじゃないでしょうか

相談者:
わかってます

大迫恵美子:
うーん そのことと ないようにして欲しいとか また持ち出してとかって言ってね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの相手に対して まぁ責めるような気持ちとか 恨むような気持ちとか そういうのは まぁ持つと思いますけど もってもダメですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
で もしかしたら ご主人のほうもなんとか 今を切り抜けようと思って 努力しているんだと思いますけど・・まぁご主人の方が努力しきれなくなるかもしれない

相談者:
はい・・それが困るんです

大迫恵美子:
うん 困りますよね

相談者:
はい そういうふうにならないように・・・(嗚咽)

大迫恵美子:
うん だから まぁご相談は そういうご相談だということは分かってるんですけど・・さっき言ったように 特効薬みたいなものを私は知りません

今井通子アドバイス

今井通子:
もしもし

相談者:
はい

今井通子:
うん 難しいですね ただね

相談者:
はい

今井通子:
今の話を伺っていると ご主人って本当にあなた愛してるよね

相談者:
はい

今井通子:
じゃないの?

相談者:
・・・はい

今井通子:
本当にあなたを愛しているよね

相談者:
はい

今井通子:
うん 人間って その人愛してたとしたら その人が良いようになることを 望むじゃないですか

相談者:
はい

今井通子:
で あなたもご主人のこと好きなわけでしょ

相談者:
はい

今井通子:
何か不満 あったの?

相談者:
ないです

今井通子:
ご主人とも夜の生活は上手くいってたんでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
で今はどうなってるの?

相談者:
あります

今井通子:
ならば

相談者:
はい

今井通子:
私はですね

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は

相談者:
はい

今井通子:
そうやって めそめそしてるあなたのこと 好きなわけじゃないと思うんだけど

相談者:
普通にしてくれって言います

今井通子:
でしょ

相談者:
はい

今井通子:
多分 ご主人の方も我慢はしてるけど

相談者:
はい

今井通子:
本当に愛してるんだったら

相談者:
はい

今井通子:
その人が失敗したからといって それで一生ね 恨んだりしないと思う 長い間を考えて でもうあなた自身が自分の思いに潰されちゃって

相談者:
はい

今井通子:
で めそめそしたりしてて そうすると家庭の雰囲気悪くなっちゃいますよね

相談者:
はい

今井通子:
うん でそういう状態になったらご主人 もう本当に離婚を考えるようになっちゃうと思う

相談者:
はい

今井通子:
うん それよりも あなたがごめんなさいっていう・・ね

相談者:
はい

今井通子:
申し訳なかったっていう気持ちの分 ちょっと今までよりも愛情を多くして

相談者:
はい

今井通子:
うん 生活をしていけば ご主人も よかった戻ってきてくれたって思うよ

相談者:
はい

今井通子:
うん

大迫恵美子アドバイス②

大迫恵美子:
(あ ちょっといいですか)

大迫恵美子:
あの ちょっといいですか

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのね あなたがね そのお付き合いした 50代の男性・・あのね この人との交際のあり方

相談者:
はい

大迫恵美子:
これはね あの本当にあなたが あの 失敗してると思うんだけれども

相談者:
はい

大迫恵美子:
この50代の男性はおそらくね 女性と・・まあ・・そういう関係を持つような機会をね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの いつも狙っているようなタイプの人ですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
こんなタイプの人にね 簡単に騙されるのは本当に あの大間違いだと思いますよ・・まったくね あの・・つまり女性と こういう機会を持つことだけをね あの1番の目標にして生きているようなタイプの男性だと思いますよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
まぁおそらくその ちやほやされたり注目されたりとかね

相談者:
はい

大迫恵美子:
もうまあ ずっと お付き合いも長いので そういうことがだんだん忘れられてしまっている・・あの・・ご夫婦の仲で そういう外の男性が急に自分に注目してくれて っていう その自分に好意を持ってくれていると すぐわかるような感じで接してくるってことに対してね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あまりにも 無防備ですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
だから これはもう大失敗だけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの・・大失敗だということを あの・・ちゃんとわかってほしいんですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのご主人は今 本当に頑張って・・耐えてくれているし それはたぶん まあね 今井先生がおっしゃるように あなたのことを すごく愛しるからですよ

相談者:
はい

今井通子まとめ

今井通子:
おわかりいただけましたか

相談者:
はい

今井通子:
うん だから・・時々・・ホントにごめんねっていうのは 言ってもいいと思うよ 自分の本当の思いを

相談者:
はい

今井通子:
うん 多分 ご主人は その自分を振っきるためにも あの慰謝料請求までして

相談者:
うん

今井通子:
けじめつけようとしたんだから

相談者:
はい

今井通子:
かなり男気のある いい人なんだと思う

相談者:
はい

今井通子:
うん・・明るい家庭ってのは ちょっと難しいかもしれないけれど

相談者:
はい

今井通子:
普段 もっとニコニコして

相談者:
うん

今井通子:
うん 何かがあったら 笑い転げられるように

相談者:
そういうふうに言ってくれてます

今井通子:
でーしょう

相談者:
はい

今井通子:
うん していってくださいよ

相談者:
はい私は

今井通子:
うん

相談者:
そういう風な

今井通子:
うん

相談者:
姿勢で

今井通子:
うん

相談者:
いた方が

今井通子:
うん

相談者:
いい方向に進むんですかね?

今井通子:
です!

相談者:
はい

今井通子:
うん

大迫恵美子:
で まあ今度のことで余計 あなたのことが好きになったという事は 折に触れて言ったほうがいいと思います

今井通子:
うん

相談者:
もちろん もちろんです

今井通子:
ですね

相談者:
はい

今井通子:
で 人生相談が ご主人のこと すっごい褒めてたって言ったら?

相談者:
そうなんです・・・そんな人いないと思って(泣く)・・・

今井通子:
そういうふうに言うのよ

相談者:
はい

今井通子:
大丈夫?

相談者:
(嗚咽)・・はい・・・わかりました

今井通子:
はーい

相談者:
はいありがとうございます

今井通子:
じゃあ 今後のためにがんばってね

相談者:
はい ありがとうございました

今井通子:
はい失礼しまーす

相談者:
はい

管理人のちょっとひと言

まぁ旦那は正直だし、自分の感情を可能な限り
コントロールできる人で、本当に良かったよねぇ
ただ、こうならないと気付けないっていうのは

残念だし、手遅れって感じです
もちろん、先のことはわからないけど
先日の、不倫が止められない女性よりはいいか

【浮気がやめられない】 

「離婚は、失うものが大き過ぎるということで
今のところ、しない方向でいてくれているんですが
どうしても許せない とも言われている」

許せないかもしれない・・将来にわたって
我慢できるかどうか、確証が持てないところなんか
本当にその通りだと思う

だから、妻へ対する感情を
すぐに、不倫相手の男に対して向けたのは
なかなか素早い行動ですね

それこそ、妻への暴力にならないように
矛先をきちんと変えているし
だからこそ、残念だね

そもそも、旦那に対する気持ちがあるのなら
2度はないよね
回数は関係ないって思うかもしれないけれど

2度目は、はっきり不貞行為を期待してる
バレなければ、3度目、4度目もあったと思う
それでいて、家庭を守りたいとか

おかしな話だ

そもそも、50過ぎの独身男が
既婚者に好意を寄せてるとか
下心ありありじゃない

ほどほどの関係でいたら、後腐れなく
別れられるし、こんな都合のいい相手はいない
今回のように、バレたら慰謝料請求もあるけど

本当に大迫先生の言う通り
大失敗だよ
1年かけて、釣られちゃったんだよ

まあ、これだけちゃんと自分の気持を
話てくれてる旦那だから、正直に気持を
伝えていくしか、方法はないよね

あとは、その気持ちを旦那がどう受け取るか
もう、あなたは受け身でしかない
そうしてしまったのは自分だから

受け入れて、頑張るしかないかな

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.