不倫関係の女がお金を返さない

テレフォン人生相談
返還請求
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年10月22日(木)

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:46歳男性 既婚妻(年齢不明) 子供3人 不倫相手35歳女性 既婚 子供あり

35歳の既婚女性と2年くらい前の2~3ヶ月の間、不倫関係だった。仕事の営業先で知り合い、当初は旦那さんもいなく子供は生まれたばかりで、生活が大変だと言っており、相談に乗っているうちに情が移っていった。半年ほど経って、知人から。この女性に旦那がいることを聞き、不倫関係を終わらせる。しばらくしてまた女性から連絡があり、旦那がお金を入れてくれなくて生活がやっていけない、愛情もなく子供ができたから一緒になっただけ、離婚したいから、お金を貸して欲しいと言ってきた。最初は自分で決めた道だから頑張らないと、自業自得だと言って一旦突き放したが、再度連絡があり、旦那とは離婚して、あとで必ず返すと言われて、去年は合計40万円、今年は98万円を貸した。ところが最後に貸して欲しいと言ってきたお金を、何日の日に返すと言っていたので、お金がなかったけれど、友人からも少し借りて貸したところ、約束の日になっても返してもらえず、結果的に旦那とも別れていなくて、嘘をつかれた、騙された、こんなのアリかという相談者。塩谷崇之弁護士は、貸した動機が判らないと言う。離婚したら関係を求めるつもりもないと言い張り、子供に情が移っただけというのに、他に理由があるはずだと指摘する。

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

ドリアン助川:
もしもしテレフォン人生相談です

相談者:
よろしくお願いします

ドリアン助川:
今日 どんなご相談でしょうか?

相談者:
ある女性に お金を貸してるので 返してもらえるかと 返してもらえれば請求していいのかな・・関係なんかだと思って あの相手の方のですね

ドリアン助川:
はい

相談者:
それをお聞きしたいですけれど

ドリアン助川:
女性にお金を貸している そしてそれを返してもらえるかどうか

相談者:
はい

ドリアン助川:
で 返してもらったとしてもそれはいいことなのかどうかというあたりですか?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
えーと まずあなたおいくつでしょう?

相談者:
46です

ドリアン助川:
46歳 相手の女性は?

相談者:
35です

ドリアン助川:
35歳 あなたは ご結婚なさってますか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
お子さんは?

相談者:
3人います

ドリアン助川:
3人いらっしゃる?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で 35歳のこの女性というのは どういう関係の方なんでしょうか?

相談者:
以前ちょっと関係があって

ドリアン助川:
はい

相談者:
嘘をつかれていて

ドリアン助川:
はい

相談者:
騙されとったもんで もう終わった人だったんですけど それからしばらくして また連絡が来てって感じです

ドリアン助川:
関係があったというのは あなたが 家庭がありながら この人とも恋愛をしてたということですか?

相談者:
はい 2~3ヶ月の間ですね

ドリアン助川:
2~3ヶ月の間 そういう恋愛関係にあった 要するに不倫関係にあったということですね

相談者:
はい

ドリアン助川:
これいつ頃ですか?

相談者:
えっと2年位前です

ドリアン助川:
2年ぐらい前 で嘘をつかれたというのは?どういうことでしょう?

相談者:
半年ぐらいしてですかね

ドリアン助川:
はい

相談者:
旦那さんがいるのがわかって

ドリアン助川:
はい

相談者:
旦那さんがいないということだったんで

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういう恋愛関係にあった時も そういう気配が何もなかったもので

ドリアン助川:
ええ

相談者:
全部もう信じていて

ドリアン助川:
うーん どういう所でお知り合いになったんですか?

相談者:
仕事上 営業で回るもんで

ドリアン助川:
はい

相談者:
そこでちょっと顔見知りになって それからいろいろ相談を受けるようになって 旦那さんがいないということで いろいろ大変とか いろいろ相談を受けるようになって

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで子供が 私が1番初めに見たときは まだその子がちっちゃかったもので ちょっと気になってしまって

ドリアン助川:
はい

相談者:
で なんかどんどん 情が移っていったというか そんな感じなんです

ドリアン助川:
この2~3カ月というのは その女性の お家に行かれたことはあるんですか?

相談者:
いや おうちには行ったことがないです お家は場所は知ってました はい

ドリアン助川:
そうすると まぁ2人が会う場所というのは ホテルとか

相談者:
いや まぁそれはもう初めだけで あとはもう買い物行ったり ちっちゃい子供も一緒にいたりとかで そんな感じだったんです

ドリアン助川:
ふんふんふん で体の関係もできてしまったということですよね

相談者:
はい

ドリアン助川:
このことは あなたの奥さんは知ってらっしゃるんですか?

相談者:
いや知りません

ドリアン助川:
全く知られてない?

相談者:
と思います

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でも うすうす 感じてたかもしれないけど

ドリアン助川:
まあいずれにしろこの 2~3カ月だったら・・なんでしょう 火遊びという言葉使っていいかどうかわかりませんけれども

相談者:
はい

ドリアン助川:
その時期は 終わったわけですね その相手に旦那がいるということがわかって

相談者:
はい 旦那さんがいるということを知ってたら そういうふうにはしてないんですよ

ドリアン助川:
これはあの 相手の方から そういう告白があったんですか 実は旦那がいるという?

相談者:
いえ 知り合いから聞きました

ドリアン助川:
という事は 知り合いには もうバレてるワケですよね そういう関係だということは

相談者:
そうです

ドリアン助川:
で それで別れようということは あなたの方から言い出したんですか?

相談者:
うんどっちもですね

ドリアン助川:
どっちも?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で これは2年ほど前にそういうことで じゃあお互いにもう別れましょうということで別れたと

相談者:
はい

ドリアン助川:
それでまた 今度お金のことが起きたのは これはどういうことなんでしょうか?

相談者:
それでしばらくして 連絡きたんです ちっちゃい子供が 歩くようになったとか言って連絡きて それで 実はこうこう出て その やっぱり今の感じでやっていけないっていう相談が来て

ドリアン助川:
やっていけないっていうのは 旦那さん働いているのに その家族で生活していけないってことですか?

相談者:
と言いました

ドリアン助川:
でそれは旦那さん お金家に入れてくれないということなんでしょうか?

相談者:
そうですそうです

ドリアン助川:
であなたに 電話がかかってきた

相談者:
はい

ドリアン助川:
で何というふうに

相談者:
もうこのままでやっていけないし 愛情もないから ただ子供ができたってわかって する気もなかった結婚だ・・もう離婚をしたいって もうこのままじゃダメになるって自分も

ドリアン助川:
はい

相談者:
で自分がダメになったら 子供もダメになるって

ドリアン助川:
で今の旦那さんとは もうやっていけないと

相談者:
はい

ドリアン助川:
でお金も足りないと

相談者:
足りないというか

ドリアン助川:
ええ

相談者:
全然入れてくれないって

ドリアン助川:
全然入れてくれない

相談者:
はい

ドリアン助川:
で お金じゃあ出そうかといったのはあなたの方ですか?

相談者:
いや それで私は

ドリアン助川:
はい

相談者:
でも自分の決めた道だよねって言って

ドリアン助川:
うん

相談者:
それ自業自得やろって言って 自分で決めたんだから 子供いるわけだから頑張らんといかんでしょって言ったんです

ドリアン助川:
はい

相談者:
それでちょっと

ドリアン助川:
はい

相談者:
腹立てたみたいな感じで

ドリアン助川:
はい

相談者:
1回突き放したんですけど また連絡が来て 必ず返すから 離婚もするって言われて で離婚したら その手当とかももらうし ちゃんとけじめついたら 毎月少しずつでも返していくからって言われて

ドリアン助川:
はい

相談者:
今まで 助けて行ってたんです

ドリアン助川:
どれぐらいの額 出したんですか?

相談者:
今年のやつが 大体98万とかですね

ドリアン助川:
98万? えー去年も 出したんですか?

相談者:
去年は 40万とかですよね

ドリアン助川:
結構な額を 毎月出されてた?

相談者:
毎月・・はい 支払とか やっぱ子供にかかるお金とか はい

ドリアン助川:
それをあなた自分の家族じゃなくて

相談者:
はい

ドリアン助川:
この方に出してた?

相談者:
信じて貸してたんです

ドリアン助川:
ええ そしたらどうなっちゃったんですか?

相談者:
そしたら最終的には 最後は どうしても必要な金額言われて まぁ5万とか3万だったんですけど

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで 何日の日に 振り込むからってこれはって言われて もうちょっとの間 俺もお金ないから困るよって言って それでもちょっと足りなかったもんで 私あの 友達にちょっとだけ借りて振り込んだんです 何日には振り込むって言われたから まぁそれ振り込んでくれれば間に合うなと思って それが振り込まれてなかったもんで

ドリアン助川:
はい

相談者:
まぁ あとのお金は離婚してから 落ち着いてから返すっていう約束だったんです

ドリアン助川:
で離婚もしてないってことですね

相談者:
してないと思います だから全部騙されたんだな 全部ウソだったんだなぁって言ってることがっと思って

ドリアン助川:
はい

相談者:
こんなのアリなのかなと思って

ドリアン助川:
うーん 返します離婚しますと約束して あなたもお金がそうある方ではないのに まぁ失礼な言い方になりますけれど 貸したお金が 全く返ってこないと で嘘ばっかりついていると どうしたらいいだろうかというところでしょうか?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
このお金を返してもらうためには どうしたらいいのか

相談者:
はい

ドリアン助川:
という具体的な方法も含めてですね

相談者:
はい

ドリアン助川:
解りました では今日の先生に相談してみたいと思います

相談者:
はい

ドリアン助川:
弁護士の塩谷崇之先生です 宜しくお願いします

塩谷崇之アドバイス

塩谷崇之:
はい こんにちは

相談者:
こんにちは よろしくお願いします

塩谷崇之:
あなたはね

相談者:
はい

塩谷崇之:
相手の女性に 合計140万ぐらいですか

相談者:
はい

塩谷崇之:
お金を貸して1度も返してもらってないということですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
お金を・・これは貸したいうことには 間違いないんですか・・つまり 返してもらうという約束はあったんですか?

相談者:
はい 貸してって言ってきますから

塩谷崇之:
うん

相談者:
で ある時はいいけど ない時もあるじゃないですか

塩谷崇之:
うん

相談者:
だから ちょっと厳しいねっていう時もあるんですけど

塩谷崇之:
うん

相談者:
誰も頼る人がいないとか言われると なんか子供のこととかもよく言ってくるから しょうがないなぁと思ったりして 貸しだよと言っていつも貸してたんですけど

塩谷崇之:
いつどういう形でそれを返すという話だったんですか?

相談者:
離婚をしてから 自分も死ぬ気で働くからって それに子供手当てとか母子手当とか入りますよね 4ヶ月に1回

塩谷崇之:
うん

相談者:
その方が今よりも全然余裕があるからって言われて 毎月少しずつでも返していくっていう感じに捉えてたんですよ 今よりは余裕があるだろうなーと思って

塩谷崇之:
あなたはその説明を信じたんですか?

相談者:
うーん 信じてました

塩谷崇之:
離婚が成立したら 経済的に余裕が出てきて お金が返ってくると思ってたという事ですか

相談者:
はい

塩谷崇之:
離婚をしてあなたと一緒になるから お金を貸してっていうそういう話ではないんですね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
いわゆる結婚詐欺みたいなそういう話ではないということですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん それからね えーと そのお金を貸し借りした時期というのは あなたと彼女との間が その不倫の関係にあった まぁ2~3ヶ月そういう関係にあったんですけれども それの後の話なんですかね?

相談者:
もう全部終わった後の話です

塩谷崇之:
全部終わった後の話

相談者:
はい また連絡が来て

塩谷崇之:
じゃああなたの方にはね あなたはそのお金を貸すにあたってね

相談者:
はい

塩谷崇之:
またその女性との関係をね

相談者:
はい

塩谷崇之:
復活させたいとか そういう思惑っていうのあったわけ?

相談者:
いや ないです ただ子供のことが気になって 私は

塩谷崇之:
この子供・・って別にあなたの子供じゃないですよね?

相談者:
はい違います

塩谷崇之:
うーん なんで あなたがそんなに気にしてたの この子供のことを?

相談者:
1番初めに会ったときがまだ 生まれたばっかりだったもんで

塩谷崇之:
うーん どうして あなたがそこまで しようと思ったのかっていうところが その動機が全然理解できないんですけどね

相談者:
はぁ 自分もちょっとわかんないです

塩谷崇之:
うーん・・・で あなたのほうは 自分の家庭があったわけですけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
その家庭・・のほうは 壊すつもりはなかったんですか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん でまぁ その女性は 独身だと思ったからちょっと 火遊びような形で遊んでしまったけれども だんながいることが分かったんで もうそれは終わりにしたわけですよね

相談者:
はい

塩谷崇之:
でそれが終わりになって 特にあなたの方がその関係を また復活させたいという思惑もないのに 140万ものね

相談者:
はい

塩谷崇之:
お金をね 貸すことになった動機というのが そのお子さんがかわいそうだからっていう それだけですか? 何か他にあるでしょ

相談者:
いや まず子供・・が その気になってたんですね やっぱり

塩谷崇之:
その お金をね 貸し借りするようになった後でね

相談者:
はい

塩谷崇之:
その女性に対して

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたの方が関係を迫ったりということは しなかったですか?

相談者:
いや1回もないです

塩谷崇之:
それは1回もない

相談者:
1回しか会ったことがないですそれから

塩谷崇之:
1回しか会ったことない?

相談者:
はい

塩谷崇之:
でお金は どうやって渡してたんですか?

相談者:
お金をもう 振り込んでました

塩谷崇之:
彼女からは電話で連絡が来るんでしたっけ?

相談者:
電話とかメールとか まぁ電話が多いですけど

塩谷崇之:
電話とかメールで連絡が来て 今こういう風に困っているんでと いう具体的な話があったわけですか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
であなたは その女性に直接会うでもなく その言葉を信じて お金を振り込んであげてたってことですか?

相談者:
そうです

塩谷崇之:
うーん

相談者:
それで1回会って話を聞いてと言われて その時会って話はしたんです 充分

塩谷崇之:
うん

相談者:
それでもう信じてたんです

塩谷崇之:
うん どうしても私 理解に苦しむんですけれどね あなたと女性との間でお金の貸し借りだったことが事実であり かつ まぁそれがメールとかで ある程度証拠があるし お金をその振り込んで記録も残っているわけですよね

相談者:
当然残ってます

塩谷崇之:
残ってますよね うん

相談者:
はい

塩谷崇之:
でしかもその お金を渡す動機というのがね

相談者:
はい

塩谷崇之:
特にその女性との間でね 、愛人関係をね 続けたいとか そういう

相談者:
はい

塩谷崇之:
動機に基づくもんでもなかったわけなんですよね

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうだとすればこれは 純粋に貸し借りであるんだとすればね

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたはこの女性に対して

相談者:
はい

塩谷崇之:
返還を求めることは 権利としてはできますよ

相談者:
はい

塩谷崇之:
それから その女性が言っていた話というのはまったくの嘘のデタラメでね その子供が云々とか 夫がどうだとかっていう話は全く作り話で

相談者:
はい

塩谷崇之:
だけどあなたはその女性の話を信じてしまって お金を貸してあげることにしたと そういう話がもし嘘だったら お金を貸さなかったと あなた自身 お金を貸すなかっただろうし

相談者:
はい

塩谷崇之:
一般の人だったら そんな話がウソだったという風に分かっていれば お金を貸すなかったというように言えるような状況がなければね

相談者:
はい

塩谷崇之:
詐欺とは言えないので

相談者:
はい

塩谷崇之:
まぁそういう状況があれば 詐欺だということでね 返還を求めることもできるかもしれないし まあ場合によっては警察に相談に行ってね 自分はこういう風に騙されましたと言う風に被害届を出してもいいかもしれない

相談者:
ああ

塩谷崇之:
ただ 警察の方でそれをね

相談者:
はい

塩谷崇之:
ちゃんと受けてくれるかどうかは分かんないですけれども もしあなたがね完全に騙されていたということであれば そういう対応もできるかもしれないです

相談者:
はい

塩谷崇之:
それとね 請求していいものなのかどうかという質問がありましたんでね これについてはまぁ色々考え方はあると思います

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの法律上は請求できる可能性はありますけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
これをじゃあ その女性が返してくれない時にはね

相談者:
はい

塩谷崇之:
例えばこれを裁判所に持っていってね 話をもっていって 裁判所の力を借りて 相手から返してもらうことができるかどうか

相談者:
はい

塩谷崇之:
法律上はできるかもしれないけれども それをするかどうかというのは

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたのなんていうんでしょうかね 価値観っていうか

相談者:
はい

塩谷崇之:
まぁそういうのにかかわってくるじゃないかなと思います

相談者:
はい

塩谷崇之:
返ってくる可能性は まぁ全くゼロではないですけれども 可能性は決して高くないし 返還請求をするということになると まあ今日お話しいただいたような経緯を裁判所に説明して

相談者:
はい

塩谷崇之:
で 裁判所で判決をもらわないといけないですから まぁご家族がそれを知るところになる可能性もあると思いますんで

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこは慎重になった方がいいかもしれないですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
一応貸したものなんであれば 彼女に対して

相談者:
はいはい

塩谷崇之:
返してくれということを

相談者:
はい

塩谷崇之:
きちんとした形でぶつけた方がいいと思います ただそこで彼女が 返さなかった時に

相談者:
はい

塩谷崇之:
どこまで深追いをするかというのは それはもうあなたの考え方次第ですから

相談者:
戦略はもうちょっとしてですね 一応貸した金はちゃんと返してくれっていうのは1回言おうかなと思っているんです

塩谷崇之:
あの 言おうかっていうのではなくって ホントに返して欲しいと思うのであれば きちんとね

相談者:
はい

塩谷崇之:
文書で 返還を求めると

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういうところからスタートしたほうがいいと思いますけどね

相談者:
わかりました

塩谷崇之:
はい

ドリアン助川まとめ

ドリアン助川:
もしもし

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと あなたにも3人のお子さんがいらっしゃいますよね

相談者:
はい

ドリアン助川:
その相手の女性のお子さんの事考えて 140万ものお金 たった1回会っただけで振り込続けたというのは 気持ちがそっちに行ってたということでもありますよね

相談者:
はい そうですね

ドリアン助川:
ねぇ 今後まぁ その展開によっては お子さん達が 全部知っちゃうこともありえますよね

相談者:
あ そうですね

ドリアン助川:
ね そこんとこも考えてもらいたいというふうに 横で聞いてて思いました

相談者:
はいすいませんどうも

ドリアン助川:
はい失礼します

相談者:
ありがとうございました

管理人のちょっとひと言

今現在、直接会わない理由は、離婚していないから
お金を振込み続けるのは、独身になるのを待ってる
単純に、それだけの理由でしょう

そもそも、不倫関係が終わっているのに
お金を振込む気になったのは、相手が離婚を決意
したと思ったから

どんな常識があるのか知らないけれど
そこに拘りがあるんですよね
相手が、離婚してるかしてないか

そして彼女は、離婚に向けて着々と準備をしている
そう思っていたから、騙された、嘘をつかれた
なんてことを言うわけです

家庭は壊したくないとか、言いながら
妻に悪いとか思ってもいないし、反省もない
そもそも、妻に申し訳ないとも思っていない

「こんなのアリかなと思って」
お前が言うな!って感じですね

まぁ、相手の女性も騙す気満々みたいなので
個人的には、お前が自業自得だって
思ってしまいましたけれど

元々、旦那いないって言ってた相手ですよ
今度は、離婚しようと思ってるとかって
嘘だと、思わなかったんですかね?

そもそも、お金を返してもらう根拠に
母子手当とか子供手当とか4か月に1回入ると
全然余裕があるとか

そんな相手ですよ
それを鵜呑みにしてる相談者も相談者ですが

子供に情が移った?・・・馬鹿じゃないですか
情が移ったのはいいですが、会いたいとも
会おうともしてないでしょ

メールにでも写真が貼付されてましたか?
そんなとってつけた理由、誰が信じるんですかね

申し訳ないけれど、自分の中では、
勝手に騙されてろって思ってます

そんな感じで、とにかく
この人の奥さんや、3人の子供達が可哀想です
なんとかバレて、修羅場にならないかなって

思ってしまいましたよ

きっと彼女は、また連絡してくると思いますから
お金を準備して待っていたらどうですか
今度は、何て言ってくるのかな、知りたいなぁ

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.