テレフォン人生相談

加藤諦三&大原敬子のテレフォン人生相談2015年10月26日(月)は、20年前、夫に蒸発され借金を抱えた相談者。8年前から年齢を誤魔化し、子供がいることも伝えず付き合ってきた6歳くらい年下の男性。長く付き合うと思っていなかったので、後ろめたくなってくる。年齢は誤魔化しても子供のことは隠せないだろうと言う加藤諦三。大原敬子は、鼻をつまみ、声を変えていると指摘し相談者も認める。小さな賢さは持っているが、大きな無啓作さがある。いろんな顔の優先順位が決められず、整理できていないので、このような状況になる。
加藤諦三氏〆の言葉「自分が自分であることに自信がない。自己同一性の危機。存在感喪失症状と言います」

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:54歳女性バツイチ 息子30歳 娘22歳 3人暮らし 夫は20年前に借金を抱えて蒸発 婚姻期間は10年

加藤諦三:
もしもし

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です

相談者:
はい こんにちは

加藤諦三:
こんにちは

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢教えてください

相談者:
54歳です

加藤諦三:
54歳 結婚してます?

相談者:
バツイチです

加藤諦三:
今・・あの・・ひとりで暮らしているんですか?

相談者:
いや えっと 子供2人と3人で暮らしています

加藤諦三:
あ 3人で暮らしている

相談者:
あ はい

加藤諦三:
お子さん何歳ですか?

相談者:
30と22です

加藤諦三:
30と22 男の子女の子は?

相談者:
上が男で下が女

加藤諦三:
何年前 離婚したのは?

相談者:
20年前に蒸発されたんです 借金抱えて

加藤諦三:
うーん で結婚生活は どのぐらい・・何年ぐらい続いたの?

相談者:
10年ですね

加藤諦三:
10年続いた?

相談者:
はい

加藤諦三:
はいわかりました それでどんな相談なんですか?

相談者:
8年前に

加藤諦三:
はい

相談者:
付き合った男性がいて

加藤諦三:
はい

相談者:
で その方と最初に年齢をちょっとごまかして付き合ってたんですね

加藤諦三:
はい 年齢・・えーと8年前っていうと・・ 40・・6歳

相談者:
そうです そうです

加藤諦三:
はい では その・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
46歳を何歳って言ってたの?

相談者:
36歳です

加藤諦三:
36歳って言ってたの はい

相談者:
はい で それが最初は 長くお付き合いするとは思わなかったから

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ そう言ってたんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
それからもう 8年になるんですね

加藤諦三:
うん

相談者:
で だんだんと こう・・後ろめたくなってきまして

加藤諦三:
はい

相談者:
でも言うに言えなくって

加藤諦三:
はい

相談者:
もう向こうの人も もう5・・ 40後半なので・・

加藤諦三:
えーと 40・・40後半?

相談者:
40後半・・はい 30後半から 付き合っていました

加藤諦三:
40後半・・まぁ40・・8~9ということ?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
ということは 今あなたが54歳ですから

相談者:
はい

加藤諦三:
6歳くらい年下って

相談者:
はい はい でそれが言えなくなってきて

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしたらいいのかなーってことと・・

加藤諦三:
言えなくなってきてっていうのは・・どういうことですか?

相談者:
ずーっと・・

加藤諦三:
あの 相手が疑問・・疑問にもちだしたとか そういうこと?

相談者:
全然ないです それが全然ないから かえって・・

加藤諦三:
そうすると今 相手は

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたのことを 54歳ではなくて

相談者:
はい

加藤諦三:
んと・・

相談者:
40・・5だと思って・・44か・・44だと思って

加藤諦三:
・・よん・・よん・・44歳と思ってるわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
と本人・・本人は

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは年下の女性と思っているってことね

相談者:
そう・・そうなんです

加藤諦三:
はい

相談者:
はい で子供いることも言ってないし

加藤諦三:
はい

相談者:
でそれがもうずっと言えないで ここまできちゃって で言わず・・

加藤諦三:
そうするとど・・どのぐらいの程度の付き合いですか? つまり 8年間付き合ってですね

相談者:
はい

加藤諦三:
まぁ年齢の事は隠せるとして・・

相談者:
はい

加藤諦三:
例えば あなたはお子さん2人いるわけですよね

相談者:
はい はい

加藤諦三:
でそういう自分のことを全部 隠しながらの8年間

相談者:
はい そうです

加藤諦三:
というのは

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう内容・・の・・話なんですか?話題が?

相談者:
仕事のことがほとんど 仕事の事は分かっています

加藤諦三:
あなたの仕事っていうのは

相談者:
はい はい 普通に一般事務なんですけど・・会社・・

加藤諦三:
ごく普通の・・あの・・ OLということで

相談者:
はい

加藤諦三:
いいわけ?

相談者:
はい そうです はい

加藤諦三:
その仕事の・・

相談者:
でも会社の・・

加藤諦三:
はい

相談者:
上司とか 職場であった事とか色々 そういう悩みは聞いてもらったり

加藤諦三:
はい

相談者:
後は一緒に あの 休みの日は旅行に行ったり

加藤諦三:
はい

相談者:
買い物に行ったりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
まぁ そんな感じの お付き合いでした

加藤諦三:
うん・・

相談者:
あと・・

加藤諦三:
あの 相手から見るとね・・

相談者:
あと 私はあの・・年老いた母親と

加藤諦三:
はい

相談者:
が 実際いるんですけど 別居なんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
その母親と一緒に住んでるということになっているので

加藤諦三:
はぁ~なるほどね そうすると 実際のあなたとは全然違った自分

相談者:
はい

加藤諦三:
として

相談者:
はい

加藤諦三:
相手と

相談者:
そう そうです

加藤諦三:
話をしてたということね

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると 相手から・・当然結婚の 話しってでておかしくないですね

相談者:
ある・・うん・・うん・・でも言わなかったんです・・言ってこなかったんです・・でもまぁ・・つい最近 まぁそれらしいことを・・あの 濁してきたので・・

加藤諦三:
それらしいことって 例えば どういう言葉ですか?

相談者:
どうする?みたいな感じで

加藤諦三:
あ どうする?ね

相談者:
でも・・だけど私もそれ・・うん・・ちゃんとはっきりした言葉ではないから だから どういう意味?とか意味がわかんないとかごまかして・・

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
はぐらかしてるんです

加藤諦三:
あの・・要するに2人とも

相談者:
うん・・はい

加藤諦三:
真実に直面するのが

相談者:
そうそうそう

加藤諦三:
怖いということですね

相談者:
そう そうですね そうです はい

加藤諦三:
て2人とも何 別れるのが嫌なわけ?

相談者:
そうなんです・・でも・・

加藤諦三:
で・・

相談者:
あんまりもう長いことね 1年1年こう・・ずるずるしても悪いからって気になってきちゃって

加藤諦三:
うん でどうしたらいいか悩んでると

相談者:
そうです そうです

加藤諦三:
はいわかりました 今日はあの スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク