声を変えて相談

テレフォン人生相談
男女関係
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年10月26日(月)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:54歳女性バツイチ 息子30歳 娘22歳 3人暮らし 夫は20年前に借金を抱えて蒸発 婚姻期間は10年

20年前、夫に蒸発され借金を抱えた相談者。8年前から年齢を誤魔化し、子供がいることも伝えず付き合ってきた6歳くらい年下の男性。長く付き合うと思っていなかったので、後ろめたくなってくる。年齢は誤魔化しても子供のことは隠せないだろうと言う加藤諦三。大原敬子は、鼻をつまみ、声を変えていると指摘し相談者も認める。小さな賢さは持っているが、大きな無啓作さがある。いろんな顔の優先順位が決められず、整理できていないので、このような状況になる。

加藤諦三氏〆の言葉「自分が自分であることに自信がない。自己同一性の危機。存在感喪失症状と言います」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はい テレフォン人生相談です

相談者:
はい こんにちは

加藤諦三:
こんにちは

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢教えてください

相談者:
54歳です

加藤諦三:
54歳 結婚してます?

相談者:
バツイチです

加藤諦三:
今・・あの・・ひとりで暮らしているんですか?

相談者:
いや えっと 子供2人と3人で暮らしています

加藤諦三:
あ 3人で暮らしている

相談者:
あ はい

加藤諦三:
お子さん何歳ですか?

相談者:
30と22です

加藤諦三:
30と22 男の子女の子は?

相談者:
上が男で下が女

加藤諦三:
何年前 離婚したのは?

相談者:
20年前に蒸発されたんです 借金抱えて

加藤諦三:
うーん で結婚生活は どのぐらい・・何年ぐらい続いたの?

相談者:
10年ですね

加藤諦三:
10年続いた?

相談者:
はい

加藤諦三:
はいわかりました それでどんな相談なんですか?

相談者:
8年前に

加藤諦三:
はい

相談者:
付き合った男性がいて

加藤諦三:
はい

相談者:
で その方と最初に年齢をちょっとごまかして付き合ってたんですね

加藤諦三:
はい 年齢・・えーと8年前っていうと・・ 40・・6歳

相談者:
そうです そうです

加藤諦三:
はい では その・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
46歳を何歳って言ってたの?

相談者:
36歳です

加藤諦三:
36歳って言ってたの はい

相談者:
はい で それが最初は 長くお付き合いするとは思わなかったから

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ そう言ってたんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
それからもう 8年になるんですね

加藤諦三:
うん

相談者:
で だんだんと こう・・後ろめたくなってきまして

加藤諦三:
はい

相談者:
でも言うに言えなくって

加藤諦三:
はい

相談者:
もう向こうの人も もう5・・ 40後半なので・・

加藤諦三:
えーと 40・・40後半?

相談者:
40後半・・はい 30後半から 付き合っていました

加藤諦三:
40後半・・まぁ40・・8~9ということ?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
ということは 今あなたが54歳ですから

相談者:
はい

加藤諦三:
6歳くらい年下って

相談者:
はい はい でそれが言えなくなってきて

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしたらいいのかなーってことと・・

加藤諦三:
言えなくなってきてっていうのは・・どういうことですか?

相談者:
ずーっと・・

加藤諦三:
あの 相手が疑問・・疑問にもちだしたとか そういうこと?

相談者:
全然ないです それが全然ないから かえって・・

加藤諦三:
そうすると今 相手は

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたのことを 54歳ではなくて

相談者:
はい

加藤諦三:
んと・・

相談者:
40・・5だと思って・・44か・・44だと思って

加藤諦三:
・・よん・・よん・・44歳と思ってるわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
と本人・・本人は

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは年下の女性と思っているってことね

相談者:
そう・・そうなんです

加藤諦三:
はい

相談者:
はい で子供いることも言ってないし

加藤諦三:
はい

相談者:
でそれがもうずっと言えないで ここまできちゃって で言わず・・

加藤諦三:
そうするとど・・どのぐらいの程度の付き合いですか? つまり 8年間付き合ってですね

相談者:
はい

加藤諦三:
まぁ年齢の事は隠せるとして・・

相談者:
はい

加藤諦三:
例えば あなたはお子さん2人いるわけですよね

相談者:
はい はい

加藤諦三:
でそういう自分のことを全部 隠しながらの8年間

相談者:
はい そうです

加藤諦三:
というのは

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう内容・・の・・話なんですか?話題が?

相談者:
仕事のことがほとんど 仕事の事は分かっています

加藤諦三:
あなたの仕事っていうのは

相談者:
はい はい 普通に一般事務なんですけど・・会社・・

加藤諦三:
ごく普通の・・あの・・ OLということで

相談者:
はい

加藤諦三:
いいわけ?

相談者:
はい そうです はい

加藤諦三:
その仕事の・・

相談者:
でも会社の・・

加藤諦三:
はい

相談者:
上司とか 職場であった事とか色々 そういう悩みは聞いてもらったり

加藤諦三:
はい

相談者:
後は一緒に あの 休みの日は旅行に行ったり

加藤諦三:
はい

相談者:
買い物に行ったりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
まぁ そんな感じの お付き合いでした

加藤諦三:
うん・・

相談者:
あと・・

加藤諦三:
あの 相手から見るとね・・

相談者:
あと 私はあの・・年老いた母親と

加藤諦三:
はい

相談者:
が 実際いるんですけど 別居なんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
その母親と一緒に住んでるということになっているので

加藤諦三:
はぁ~なるほどね そうすると 実際のあなたとは全然違った自分

相談者:
はい

加藤諦三:
として

相談者:
はい

加藤諦三:
相手と

相談者:
そう そうです

加藤諦三:
話をしてたということね

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると 相手から・・当然結婚の 話しってでておかしくないですね

相談者:
ある・・うん・・うん・・でも言わなかったんです・・言ってこなかったんです・・でもまぁ・・つい最近 まぁそれらしいことを・・あの 濁してきたので・・

加藤諦三:
それらしいことって 例えば どういう言葉ですか?

相談者:
どうする?みたいな感じで

加藤諦三:
あ どうする?ね

相談者:
でも・・だけど私もそれ・・うん・・ちゃんとはっきりした言葉ではないから だから どういう意味?とか意味がわかんないとかごまかして・・

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
はぐらかしてるんです

加藤諦三:
あの・・要するに2人とも

相談者:
うん・・はい

加藤諦三:
真実に直面するのが

相談者:
そうそうそう

加藤諦三:
怖いということですね

相談者:
そう そうですね そうです はい

加藤諦三:
て2人とも何 別れるのが嫌なわけ?

相談者:
そうなんです・・でも・・

加藤諦三:
で・・

相談者:
あんまりもう長いことね 1年1年こう・・ずるずるしても悪いからって気になってきちゃって

加藤諦三:
うん でどうしたらいいか悩んでると

相談者:
そうです そうです

加藤諦三:
はいわかりました 今日はあの スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは お願いします

大原敬子:
いえ あのね

相談者:
はい

大原敬子:
もしかしたら私が今この質問をしたら

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは電話を切る可能性があるんですよ

相談者:
ええ

大原敬子:
ええ

相談者:
ええ

大原敬子:
そこに向かっていきたいと思います

相談者:
はい

大原敬子:
あなた今

相談者:
はい

大原敬子:
声を変えていませんか?

相談者:
はい

大原敬子:
鼻つまんでいませんか?

相談者:
はい

大原敬子:
どっちですか?

相談者:
つまんでます

大原敬子:
でしょ

相談者:
はい

大原敬子:
でも素直ですね ということは今 本気になってくださったのね

相談者:
はい

大原敬子:
これ・・本当に正念場で

相談者:
はい

大原敬子:
土俵に 同じ土俵に上がらない限り

相談者:
はい

大原敬子:
この相談は絶対に乗れないんですね

相談者:
すいません

大原敬子:
という事は あなたが本気だということがわかったということですこれで

相談者:
はあ・・

大原敬子:
つい・・そうなんです

相談者:
はい

大原敬子:
その・・そこにあなたの知恵はあるんですけども

相談者:
はい

大原敬子:
また次向かっていいですか?

相談者:
はい

大原敬子:
あなた自身がな・・なぜこうなってしまったか

相談者:
はい

大原敬子:
小さな賢さはあなたは持っているんです

相談者:
はい

大原敬子:
今みたいに

相談者:
はい

大原敬子:
これはね

相談者:
はい(泣く)

大原敬子:
なるべく・・・どうした?どうしたの?

相談者:
だ 大丈夫です はい

大原敬子:
その・・

相談者:
わかってくれたから・・はい

大原敬子:
そう・・

相談者:
うん

大原敬子:
じゃあ なるべく優しく話します

相談者:
ああ だいじょぶです はいい

大原敬子:
そうですか

相談者:
はい

大原敬子:
あのですね あなたの場合 小さな賢さはあるんです 今みたいな年齢とか

相談者:
うん

大原敬子:
それから 今みたいな声とかね 色んな あの 賢さがあるんです

相談者:
はい

大原敬子:
えっと 大きなね

相談者:
はい

大原敬子:
無計画さがあなたにあるんです

相談者:
はぁ・・

大原敬子:
それが

相談者:
はい

大原敬子:
この人生を作ったんではないかなと あなたの今日の電話だけで思えたことです

相談者:
はい

大原敬子:
となると

相談者:
はい

大原敬子:
私が何 あなたに告げ・・伝えたいかってことです

相談者:
はい

大原敬子:
あなた自身のことなんです

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの中に いくつもの顔をもっているんです

相談者:
はい

大原敬子:
その顔をもっているものを 整理できないんじゃないかと思っているんですね

相談者:
ああ・・

大原敬子:
例えば 熊の顔をもっています あなたには

相談者:
はい

大原敬子:
熊さんね

相談者:
はい

大原敬子:
その熊さんの顔は

相談者:
はい

大原敬子:
今の現実をあなたが 1番知ってるってことを あなたが痛いほどわかっている

相談者:
はい

大原敬子:
でそれは 自分から自ら 捨てることができないことも知っている

相談者:
はい

大原敬子:
次はうさぎさんの顔をもっています

相談者:
はい

大原敬子:
それは 女として甘えたいっていう顔なんです

相談者:
はい はい はい

大原敬子:
その時は 現実の熊さんの顔は捨ててるんです

相談者:
はいはい

大原敬子:
その顔があるんですね

相談者:
はいはい

大原敬子:
次は 今度は蛇の顔をもっているんです

相談者:
はい

大原敬子:
それは あの人も どっかに真実がないんじゃないかと思っていることなんです

相談者:
そうそう そうですそうです はい

大原敬子:
そうでしょ 疑いのものですね 蛇さんの顔をもってます

相談者:
そうですそうです

大原敬子:
次が蝶々の顔をもってるんですよ

相談者:
はい

大原敬子:
この一瞬を

相談者:
はい

大原敬子:
私は私だけの人生を生きたいっていう 虫のいい考えを持っているんです

相談者:
そう そうですそうです

大原敬子:
そうですか

相談者:
はい そうです

大原敬子:
この熊さんと うさぎさんと 蛇さんと 蝶々さんが 常にぐるぐるぐるぐる頭の中でまわっているんです

相談者:
そうです そうなんです はいはい

大原敬子:
でもこのままでいかないことは わかっているんですよね

相談者:
そうなんですそうなんです

大原敬子:
それもそうですか?

相談者:
はい そうです だから多分お電話したんだと思います はい

大原敬子:
そうしましたら あなたは今言った熊さんと 兎さんと 蛇さんと 蝶々さん

相談者:
はい

大原敬子:
この中でどれか1つは絶対に

相談者:
はい

大原敬子:
捨てるって言ったらどれですか? まず

相談者:
はあ・・・悩みますね

大原敬子:
いや 捨てるの

相談者:
捨てるの・・はぁ・・

大原敬子:
頑張って

相談者:
ああ・・

大原敬子:
自分生きたいんでしょ 人生

相談者:
はい

大原敬子:
どれを捨てる?

相談者:
はあ・・蝶々ですね はい

大原敬子:
やっぱり現実を見て 一瞬はもういいということですね

相談者:
はい

大原敬子:
はい 次

相談者:
えー 甘えたい

大原敬子:
甘えたい

相談者:
はい

大原敬子:
ということは

相談者:
はい

大原敬子:
あなた自身は 結婚を考えているということじゃない そしたら

相談者:
考えてるということですか?

大原敬子:
そうでしょう だって

相談者:
ええ・・

大原敬子:
いい?

相談者:
えーっ?

大原敬子:
甘えたい・・だって 結婚するって願望があるから

相談者:
はい

大原敬子:
結婚してしまえば 甘えたいもいらないですよね

相談者:
はいはいはい

大原敬子:
それか 一瞬 楽しみ いらないですよね

相談者:
はいはいはい

大原敬子:
で あなた 蛇を言ってないんですよ

相談者:
はい

大原敬子:
あの人を疑うっていうことを

相談者:
はい

大原敬子:
あなたはしがみついてるわけですよね

相談者:
はいはい

大原敬子:
結婚じゃないそしたら

相談者:
・・ああ・・・

大原敬子:
・・あのね

相談者:
はい

大原敬子:
一生懸命 相談ってわかるんですけども

相談者:
はい

大原敬子:
2つだけ真実があったんです

相談者:
はい

大原敬子:
それは

相談者:
はい

大原敬子:
自分を

相談者:
はい

大原敬子:
相談はするけれども

相談者:
はい

大原敬子:
絶対に 周りに分からないようにして相談をしようという

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの芯の強さ いい意味でも悪くても

相談者:
はい はい

大原敬子:
で もう一つは 最初ちょっと涙声になってましたよね

相談者:
はい

大原敬子:
それほど 苦労なさったんだろうなってことは わかりました

相談者:
はいはい

大原敬子:
それだけ苦労なさる方だったら

相談者:
はい

大原敬子:
多分 30歳と22歳と あなたのお母様ってのは あなたは忘れられないでしょうきっと

相談者:
はい

大原敬子:
もうそういう時は もう絶対時は 忘れないことですよね

相談者:
そうです

大原敬子:
私は これは捨てられないってことです

相談者:
そうです

大原敬子:
として あなたが明確に自分を意識することじゃないですかね

相談者:
ええ

大原敬子:
自分にはいくつもの顔があるってことだけは

相談者:
はい

大原敬子:
せっかくお電話なさったんですから

相談者:
はい

大原敬子:
それだけは頭に入れて欲しいなと思います

相談者:
はい

大原敬子:
先生いかがでしょうか?

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
ええ・・単純に説明すると あなたの場合ね 今 自分が自分であることに自信がない

相談者:
うんうんうん・・

加藤諦三:
自我同一性の危機という

相談者:
はい

加藤諦三:
先ほど 大原先生の言った・・会話との中で

相談者:
はい

加藤諦三:
僕から見ると 嘘ついたところがあるんです

相談者:
ええ

加藤諦三:
大原先生が 何を捨てますかって聞かれたときにですね

相談者:
はいはい

加藤諦三:
まず 蝶々捨てるって言いましたね

相談者:
はい

加藤諦三:
今の瞬間は

相談者:
はい

加藤諦三:
それはそうだと思います

相談者:
はい

加藤諦三:
で あなたが今

相談者:
はい

加藤諦三:
どうしても・・捨てられないものはね

相談者:
はい

加藤諦三:
甘えたいってことですよ

相談者:
うーん

加藤諦三:
で甘えたいってことも 捨てられる方に言いました

相談者:
はい 言いましたね

加藤諦三:
言いましたね

相談者:
はいはい

加藤諦三:
そこがあなた 嘘です

相談者:
ああ ああ ああ・・はい・・・そうかもしれません はい

加藤諦三:
そこを認めてれば全部 解決できます

相談者:
はい

加藤諦三:
だから今僕が その・・自己同一性の危機って言ったのはね

相談者:
はい

加藤諦三:
本当の自分っていうものは あなたは今甘えたい

相談者:
はい

加藤諦三:
その本当の 自分に気がつくことが怖い

相談者:
はい

加藤諦三:
それ・・で今ままで その怖さから目をそむけてきたってことですよ

相談者:
はい

加藤諦三:
そういうことは 本当の自分を言って

相談者:
はい

加藤諦三:
すごく気にしてるようだけどね 年齢

相談者:
うん はい

加藤諦三:
全部本当のことを言って

相談者:
はい

加藤諦三:
ダメになるものはダメにしていけばそれでいいんじゃないですか

相談者:
うーん・・うん・・

加藤諦三:
さっき大原先生が言ったのはね

相談者:
はい

加藤諦三:
いろんな顔があって その いろんな顔が矛盾しているんですよね

相談者:
ああ はいはい

加藤諦三:
だから 優先順位をつけない限り

相談者:
はい

加藤諦三:
解決はつかないですよ

相談者:
うーーん

加藤諦三:
で 今 優先順位ついたでしょ?

相談者:
はい

加藤諦三:
あんたが捨てられない物は何かっていうことの

相談者:
うん うん うん・・

加藤諦三:
そうすると 優先順位に従って生きていけばいいじゃないですか

相談者:
ふーん ・・ そっか・・そうですね・・

加藤諦三:
うん・・忘れないでね

相談者:
やっと 勇気 出てきました うん 勇気出てきました

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱり 1番はまず子供たちなので それを守るためには やっぱりこうであって言うことも 一つのいいアレですし それで駄目でも なるものなら駄目になって

加藤諦三:
うん

相談者:
もう仕方ないというか・・いいというか うん そうですね

加藤諦三:
そうです で今 優先順位付けないで生きているからね

相談者:
はいはい

加藤諦三:
自分が自分であることに自信がないんですよ

相談者:
はい はい

加藤諦三:
だからやっぱり本当の自分に気がつくことは 怖いんです

相談者:
うんうん

加藤諦三:
怖かったんです

相談者:
ね はい 自分

加藤諦三:
もう大丈夫でしょうか?

相談者:
はいはい わかりました

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい ありがとうございます

加藤諦三:
はいどうも失礼します

相談者:
はいありがとうございました 失礼します

管理人のちょっとひと言

夫が蒸発した時、34歳で息子が10歳で娘が2歳
借金と小さな子供を抱えて
苦労しただろうことは、容易に想像できる

ただ、周りのわからないよう、声を変えようという
発想は、結果的に肝心なことは言わない
ということになる、だから嘘がバレる

わからないようにしたから、何でも話せると
思うかもしれないけれど、気持ちは逆に振る
これを言うと、バレるかもしれないってね

だから、言わないでおこうと

これ、そのまんま、付き合ってる人にやってる
自分の本音、本当の部分は隠してしまって
虚実が入り混じった、別人格みたいなのを

作り上げてしまった
そんな曇ったフィルター通すから
相手のこと、ホントのところまで霞んでしまった

こんなとこですよね
だから、正直な自分の気持がわかっていない
別人格が本音じゃないから、そうなるよね

で、あたり前の判断ができなくなってしまった
そんな難しい話じゃないですよ
本当の事を話して、相手がどう思うかで

これからのお付き合いが決まるだけ
別れたくないと思っているから、話すしかない
別れてもいいのなら、黙って去ればいいだけ

結局、話すしかないことだって
最後に気付くからいいけどね

夫が蒸発して、借金抱えてから
本当のこと、言えない環境か状況が
あったのかもしれない

自分や自分の家族を守るために、そうしたんだろう
けれど、恥ずかしいことじゃないし
自分を隠す必要もない

鼻つまんだ声って、聴いてる方は凄く不快だ

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.