無償で譲りたい

テレフォン人生相談
相続関係
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年10月30日(金)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:49歳女性 夫55歳 長女20歳 実家で一人暮らしの母78歳 父は2年前に他界

実家の相続の件で相談。2年ほど前に父が亡くなり、母が一人で暮らしている一軒家は、祖母名義の土地に建っていて、10年前に祖母が亡くなった時に、母の兄と弟が相続した。母が暮らしている家は50年ほど前に父が建てた家で、未登記だけれど固定資産税は払っている。両隣が母の兄を弟の家で、くっついて建っているので、傍から見ると一つの家に見えてしまうかもしれない。祖母が亡くなった時に交わされた遺産分割協議書には、母と父が生きている間は、そこに穏便に住めると書かれてある。ところが最近、母の具合が悪くて入退院をしており、一人暮らしは無理だろうから施設に入ることを考えている。すると一軒家には誰もいなくなってしまう。以前、母の兄嫁が、実家の家を使いたいような話をしていたので、無償で母の兄夫婦か弟夫婦に建物を譲るような契約書を交わした方がいいのか、黙って家財道具を全部出して、そのままにしておいたらいいのか。一番困るのは、雨漏りも酷く、住めないので更地にして返して欲しいと言われること。塩谷崇之弁護士が回答者。無償で借りている土地なので、返す時には原状回復義務がある。得なのは、やはり引き取ってもらうこと。

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
よろしくお願い致します

加藤諦三:
はい 最初に年齢教えてください

相談者:
49歳です

加藤諦三:
49歳 結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー 御主人何歳ですか?

相談者:
55歳です

加藤諦三:
55歳 お子さんは?

相談者:
長女が二十歳で

加藤諦三:
はい

相談者:
私の実家の相続の件なんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
父はあの・・2年ほど前に亡くなりまして

加藤諦三:
はい

相談者:
母が一人で 一軒家に住んでたんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
その一軒家というのがですね

加藤諦三:
はい

相談者:
土地は母の母 ですから私の祖母名義の土地だったんです

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 10年ほど前に その祖母が亡くなった時に

加藤諦三:
はい

相談者:
母の兄と弟が

加藤諦三:
はい

相談者:
連名でその土地を 所有することに あの・・なったんです

加藤諦三:
はい

相談者:
ですから今 その 兄と弟の名義の土地の上に

加藤諦三:
はい

相談者:
母の家が 建ってる状況なんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
母の家は 父が建てたもので

加藤諦三:
はい

相談者:
上物の登記はしてないんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
ずーっと 固定資産税は払っている状況です

加藤諦三:
土地は お母さんのお兄さんと弟の名義だと

相談者:
はい

加藤諦三:
で 家は・・

相談者:
家は・・

加藤諦三:
お母さんの名義になってるの?

相談者:
登記してないんです

加藤諦三:
登記してないんですか?

相談者:
はい 両隣に 兄夫婦の家と 弟夫婦の家があるので

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか 同じ建物のような雰囲気で

加藤諦三:
ああ ああ・・

相談者:
上物の登記をしちゃってるみたいで

加藤諦三:
ああ そうするとお母さんは・・なに?一軒家みたいになってるの?

相談者:
一応 一軒家なんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
くっついて建っているので ちょっと傍から見ると もしかしたら一つの家に見えちゃってるかもなんですけど

加藤諦三:
はいわかりました それで?

相談者:
それで あの 祖母が亡くなって 兄弟みんなで相続に納得したっていうあの・・ハンコとサインをした その司法書士さんの書類の中には

加藤諦三:
はい

相談者:
その 母と父が生きている間は

加藤諦三:
はい

相談者:
穏便にそこに ずっと住めるようになってますっていう 一文は書いてあったんです

加藤諦三:
はい

相談者:
でまぁ それで母も 住んでたんですけど

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと このところ 母も具合が悪いので

加藤諦三:
はい お母さん何歳?

相談者:
78です

加藤諦三:
78歳 はい

相談者:
はい

相談者:
で ちょっとあの・・入退院してたりして

加藤諦三:
はい

相談者:
一人暮らしは もう無理だろうということで

加藤諦三:
はい

相談者:
施設を考えてるんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
そうしますと もう完全に今住んでた 一軒家は 誰もいなくなるので

加藤諦三:
はいはい

相談者:
たぶん以前は 兄・・の嫁がですね

加藤諦三:
はい

相談者:
私共の実家の家を 使いたいような話をしてたので

加藤諦三:
はい

相談者:
たぶん そういうことになるのかなぁと思うんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
そういう時にですね

加藤諦三:
はい

相談者:
私・・は あの・・母がいなくなったら

加藤諦三:
はい

相談者:
黙って家財道具を その全部出して・・そのままでいいのか・・それともその・・無償でその・・兄夫婦と弟夫婦に建物を譲るような なんかこう・・一文を書いた契約書みたいなのを 交わしておいた方がいいのか

加藤諦三:
ただ 今お母さんのそういう物は 名義としては・・ないわけですね?

相談者:
そうなんです

加藤諦三:
実態としては 一軒家として そこにある

相談者:
はい

加藤諦三:
名義上は弟と お兄さんの物になっちゃってるという

相談者:
たぶん・・上物は・・誰かの物になっているのかもしれないんですけど

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
ただちょっと私が不安なのは

加藤諦三:
はい

相談者:
今 その建っている家が 古いので

加藤諦三:
はい

相談者:
結構 雨漏りとかもする部分があってですね

加藤諦三:
はい

相談者:
使えないんじゃないかなと 思うんですよね

加藤諦三:
はいはい

相談者:
で その時に 更地にして返せとか

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
上物を全部 私が取り払ってから

加藤諦三:
うーん

相談者:
返して欲しいようなことを後から言われると ちょっと困るんですけど

加藤諦三:
はいわかりました 今日はスタジオに弁護士の塩谷崇之先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい

塩谷崇之アドバイス

塩谷崇之:
はい こんにちは

相談者:
よろしくお願い致します

塩谷崇之:
はい ちょっといくつか確認したいんですけどね

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんが住んでる家があって

相談者:
はい

塩谷崇之:
その・・まぁ両隣に お母さんのお兄さんと お母さんの弟さん?の家があって

相談者:
はい

塩谷崇之:
それが こう繋がっているような 繋がっていないようなみたいな

相談者:
はいはい

塩谷崇之:
形になっているということですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
で お母さんの家というのは 誰が建てた家なんですか?

相談者:
配偶者 父でございます

塩谷崇之:
お父さんが建てた?

相談者:
はい

塩谷崇之:
もともと 何も建ってなかった所に お父さんが自分の資金で 建てたということなんでしょうかね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー建てたはいいけれども 登記はしてなかったと いうことなんですか?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ふーん この建てた部分といういのはね 完全に その未登記の状態なのか

相談者:
はい

塩谷崇之:
それともね

相談者:
はい

塩谷崇之:
お兄さんとか 弟さんの家の 増築のような形で 登記されているのか その辺りっていうのは分かります?

相談者:
一応 固定資産税では

塩谷崇之:
うん

相談者:
本当に 父の建てた家の分だけを 払ってる形になってるんですけど

塩谷崇之:
うん

相談者:
それと やっぱりその 登記簿の実態とは合わないものなんですかね?

塩谷崇之:
うん だって登記簿の実態と言っても 未登記なわけでしょ

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
うん

相談者:
はい

塩谷崇之:
建物自体が未登記なわけだから

相談者:
はい

塩谷崇之:
登記簿の実態ということを言えば そこは そもそも登記簿上は存在しないことになってるわけですよね

相談者:
はい はい はい

塩谷崇之:
だけど そこに家を建てて 未登記のままになっているっていう可能性は あるんですけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
もう一つの可能性としてはね

相談者:
はい

塩谷崇之:
お兄さんと弟さんの家が まぁその前から建ってたわけですよね

相談者:
そう・・です・・ね はい

塩谷崇之:
ですね だから それを増築したような形で ようはその お兄さんの家の増築分というような形で 登記されてるって可能性もあるんでしょうかね? それはわかんないですか?

相談者:
あ・・ちょっと私は わかんないですね

塩谷崇之:
わからない・・うん ただ固定資産税は

相談者:
ええ

塩谷崇之:
そのお母さんの住んでる お父さんが建てた 家の分だけ 独立して請求が来てるってことになりますね

相談者:
はい はい

塩谷崇之:
それで その家が もともとお父さんの家だったと いうことについては お兄さんや弟さんも

相談者:
納得してます

塩谷崇之:
納得はしてるんですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
で お父さんが亡くなった時に お父さんの相続について 特に遺産分割の協議とかってのは してないんですか?

相談者:
母と私だけなので

塩谷崇之:
ああ そっかそっか

相談者:
ええ 別に財産といってこれと・・もないので

塩谷崇之:
うん じゃあ そのまま特に 協議もせず

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんが住んでいるなら それでいいと

相談者:
そうなんです

塩谷崇之:
ということで そのままになっているわけですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
それからその・・もう一つね そのお婆さんのね

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー 相続・・の時に

相談者:
はい

塩谷崇之:
司法書士さんが書類を作ったと

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー いうことなんですが

相談者:
はい

塩谷崇之:
お婆さん亡くなられたのは何時ですか?

相談者:
10年ぐらい前ですかね・・ええ

塩谷崇之:
10年前

相談者:
はい

塩谷崇之:
で その時には お父さんの建てた建物っていうのは あったんですね その時に

相談者:
はいはい もちろん もう50年近くになりますから

塩谷崇之:
うん

相談者:
はい

塩谷崇之:
で えー その時に

相談者:
はい

塩谷崇之:
司法書士さんが作った書類というのは これは遺産分割協議書でしょうかね?

相談者:
そうです

塩谷崇之:
遺産分割の協議書の中で

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたの ご両親が生きている間は そこに住んでいいと

相談者:
住んでいい

塩谷崇之:
ということになったけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー その建物の 敷地の部分は あなたのお父さんの名義にはならなかったんですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
それは何か事情があったんですかね?

相談者:
祖母が昔から

塩谷崇之:
うん

相談者:
母は嫁に行って 苗字が変わっているので 苗字の変わった人が 土地の 名前に 載るのはまかりならんっていうふうに言ってたんです

塩谷崇之:
なるほど

相談者:
いろいろ 複雑になるから

塩谷崇之:
うん

相談者:
なんとかさんと なんとかさんが 土地の名前になるのは嫌だっていうことで

塩谷崇之:
うん

相談者:
何々家の土地っていうことで

塩谷崇之:
うん

相談者:
絶対 その同じ苗字の者しか継ぐなって話を 母にしてたみたいで

塩谷崇之:
うん

相談者:
母もですから もうずっとその土地については 諦めてたんです

塩谷崇之:
うーん なるほど そうすると じゃあ敷地・・底地の部分は お兄さんと弟さんで取得はするけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
だからといって そこの部分を使っちゃいけないよという事ではなくって

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたのご両親が生きている間は

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこに住んでいていいよと

相談者:
はい

塩谷崇之:
住んでていいよってのは その土地を使っていいよってことですよね

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・で 住んでていいよって 言われている 期間が過ぎた後は どうなるかってことについては 何も書いてないわけですか? そこには

相談者:
ですからまぁ 二人とも死んじゃって その家が空いたら あとは兄夫婦と弟夫婦で 好きなようにしていいっていうことだと 私たちも理解してるんですけど

塩谷崇之:
それはその遺産分割協議書には 書いてあるんですかね?

相談者:
そこまでは書いてないです ただ生きてる間は

塩谷崇之:
うん

相談者:
穏便に住まわせてあげますっていう 文章なだけなんです

塩谷崇之:
なるほどね うん

相談者:
ただ 祖母が亡くなったときに 

塩谷崇之:
うん

相談者:
その 兄の嫁が あなたたちが その・・家出たら 私そこ使いたいのよねーって話しはしてたそうです

塩谷崇之:
うーーん なるほど そうするとね

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー 今どういう権利関係にあるかというと

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんのお兄さん それから

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんの弟さんの土地の上に

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんの家

相談者:
はい

塩谷崇之:
が 建っている状態なので

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
で しかもその家が建っている・・ことについてね 特に えーそこで借地契約とか そういうのは取り交わしてないってことなんですよね?

相談者:
そうです

塩谷崇之:
うん だから本来は そこに家を建てたまま住む権利があるわけじゃないけれども 生きてる間は そこに住んでもいいよというような

相談者:
はい

塩谷崇之:
約束だけが 存在すると

相談者:
そうなんです

塩谷崇之:
はい いうことなんですね

相談者:
はい

塩谷崇之:
うん そうするとね まぁ生きてる間はというのを どういうふうに解釈するかって問題はありますけれども

相談者:
はい

塩谷崇之:
お父さんが亡くなられて

相談者:
はい

塩谷崇之:
お母さんも亡くなられると

相談者:
はい

塩谷崇之:
この・・家についてはね 基本的には家を・・まぁお母さんの財産だとすれば あなたに相続権はあるんでしょうけれども

相談者:
ええ

塩谷崇之:
家を相続する権利があったとしても

相談者:
はい

塩谷崇之:
その敷地を利用する権利がないことになりますので

相談者:
そうですよね

塩谷崇之:
そうすると えー家をね 収去して

相談者:
はい

塩谷崇之:
更地に戻して お兄さんと弟さんに返さなくちゃいけないと

相談者:
はぁ・・

塩谷崇之:
という権利関係にはなってるんですね

相談者:
ああ・・

塩谷崇之:
ただね

相談者:
はい

塩谷崇之:
そこで お兄さんのお嫁さんが

相談者:
はい

塩谷崇之:
その家を欲しいというふうに仰っているんであれば 逆に お兄さんのお嫁さんに それを譲ってしまえばね

相談者:
はい

塩谷崇之:
その 建物を取り壊して更地に戻す義務ってのは 免れられる可能性はありますよね

相談者:
うーん

塩谷崇之:
だからそれは どちらがあなたにとって得なのかってことは 考えた方がいいかもしれないですね

相談者:
うーん できればその 上物を無償で譲るっていう 契約書を交わそうかなって思ってるんですけど

塩谷崇之:
うん

相談者:
その方がいいですよね

塩谷崇之:
まぁそうですね 建物取り壊して更地にするっていうのは やっぱり それなりに費用が係りますんで そのまま譲り渡してしまった方が いいかもしれないですし 交渉の中で 譲り渡すけれども いくらかで買い取って欲しいというような話しができればね 一番いいのかもしれませんけれども

相談者:
それって もしかしたらやっぱり 弁護士さんとかに頼んだ方が いいですかね?

塩谷崇之:
親族間なんで

相談者:
うーん

塩谷崇之:
交渉は難しいかもしれないですね

相談者:
うーん

塩谷崇之:
ただ 今お話伺ってる限りでは

相談者:
はい

塩谷崇之:
そんなに敵対してる・・様子でもないので

相談者:
ええ

塩谷崇之:
まず ご本人で話をしてみてね

相談者:
ええ ええ

塩谷崇之:
じゃあ お母さんが入院したら この家 いらなくなるから

相談者:
うーん

塩谷崇之:
お母さん まだ生きているけれども

相談者:
うーん

塩谷崇之:
お兄さんの方でね

相談者:
うーん

塩谷崇之:
これ買い取ってくれない?と

相談者:
うーん

塩谷崇之:
いうような話をしてみるとか

相談者:
うーん・・それで・・そんなの払えない 黙って荷物だけ持って 出ていってくれってことになったら やっぱりそれに従うしかないですかね?

塩谷崇之:
従うしかないということはないんですけれども

相談者:
うーん

塩谷崇之:
ただ・・あなたにとってはね その方が得だと思うんですよね

相談者:
うーん

塩谷崇之:
だって 中の物を全部出して 建物を壊してっていう その手間が省けるわけじゃないですか

相談者:
はい

塩谷崇之:
仮に ただで引き取ってもらうにしてもね

相談者:
ええ

塩谷崇之:
余計な出費がなくなるという意味では

相談者:
ああ ああ ああ

塩谷崇之:
その方が あなたにとっては得なのかもしれない

相談者:
うーん 確かに

塩谷崇之:
うん で・・

相談者:
そうですね

塩谷崇之:
もう少し 言えばね

相談者:
ええ

塩谷崇之:
えー 荷物運び出すのにも 費用がかかるんで

相談者:
ええ

塩谷崇之:
その引越し費用だけ

相談者:
ええ

塩谷崇之:
負担してもらえないかっていう そこらへんは ざっくばらんに交渉してみても いいんじゃないかなと 思いますけど

相談者:
ああ・・別に私たちはその・・賃貸借契約していたわけではないんですけど やっぱり 本来は更地にして返さなきゃならなくなるわけですか?

塩谷崇之:
うーん そうですね あの・・あなたのお父さんが建てた物なわけですものね

相談者:
はい

塩谷崇之:
うーん それで 土地を 返すということになれば 更地にして返すのが 大原則ですので

相談者:
ああ はい わかりました はは(笑う) すいません

塩谷崇之:
うーん あの・・明らかにですね あなたにとっては 引き取ってもらった方が 得だと思いますんで

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたが これを使いたいっていうなら 話は別ですけよ

相談者:
いやいや いやそれはないです

塩谷崇之:
それはないんでしょ

相談者:
はい

塩谷崇之:
だとすれば 引き取ってもらって

相談者:
はい

塩谷崇之:
原状回復義務ね その更地にして 明け渡すって義務を 免れた方が

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたにとっては得だと思いますんで

相談者:
はい じゃあ やっぱり 引き取ってもらうにあたって ある程度 契約書みたいなのは 交わした方が いいわけですよね

塩谷崇之:
うん

相談者:
今後一切 その・・なんか言ってこないでよって意味も私はあるんですけど

塩谷崇之:
うーん

相談者:
それで やっぱり交わしといた方がいいですかね

塩谷崇之:
そうですね・・で あとまぁ お母さんが生きておられる間は

相談者:
はい

塩谷崇之:
あくまで それは 当事者はお母さんですから

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたが代理人として いろいろ交渉するにしてもね

相談者:
はい

塩谷崇之:
建物の 譲渡の契約などは

相談者:
はい

塩谷崇之:
あなたのお母さんと

相談者:
はい

塩谷崇之:
お兄さんないし その兄嫁との間で するような形になってくると思いますんで

相談者:
はい

塩谷崇之:
わかりました

相談者:
どうもありがとうございます

塩谷崇之:
はい

相談者:
はい

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
いいですか?

相談者:
はい ありがとうございます

加藤諦三:
まぁお母さんが穏便に住んでられるようにというのが主旨ですからね

相談者:
はい

加藤諦三:
その為には こういうようにするのがいいんじゃないかっていう 理屈でいいんじゃないですか

相談者:
わかりました

加藤諦三:
はいどうも 失礼します

相談者:
はい ありがとうございました

管理人のちょっとひと言

特に補足しなければならないようなとこもなく
ツッコミどころは、いくつかありますが
相談者の意図に叶っている回答が

しっかりなされているので、これでいいんじゃ
ないでしょうかね
叔父と伯父でも良かったとか(笑)

文字にするといいですが、言葉で発すると
オジとオジですから、母の兄、母の弟
としか言いようがないですものね(笑)

登記についても、いろんなことが考えられますが
法務局へ行って、確認してくればいいだけ
ちなみに、無償で土地を借りたりすることを

『使用貸借』って言います
で、一般的には、返す時には原状回復
これが当たり前ですから、

万が一、争うようなことがあれば
更地にして下さいって、ことになると思います
なので、塩谷先生のアドバイスは的確かと

そうそう、登記と固定資産税は連動してるとこも
ありますけれど、基本的には別物
こっそり構造物を作れば、しっかり徴収されます

登記も本来は、しなきゃいけませんが
実際は、未登記ということも多いですね
今回のケースは、相続などで揉めそうもないから

いいんですが、古い未登記の建物なんかあると
なかなか、面倒なことになりますので
身に覚えがあれば、早い段階で手続きしましょう

お母さんが施設に入られるのなら
多分、微々たる金額でしょうが
空き家の固定資産税を払うのもどうかと

思いますので、さっさと話し合いをしましょう
それにしても、こういう相談は
人生相談では人気薄

加藤先生なのに、〆の言葉がないのが
残念です

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.