障害を持って生まれてきた子

テレフォン人生相談
子育て
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年11月02日(月)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:34歳女性 夫39歳 4歳・0歳の息子

次男の子育てを前向きにしたいと思い相談の電話をする。下の子には、原因はわからないが、障害又は病気があり、筋肉が弱いということで寝る時には呼吸器を使っている。心臓に穴があいており、将来的には手術が必要、睾丸も一つで、一つ下りてこなかった。他の赤ちゃんに比べて体のサイズも小さくて、今後どういうふうに育っていくのか心配。日常生活は普通通り行えるが、1ヶ月に一回は定期的に受診しており、病気のことを調べられる検査があるということで進めている。成長もゆっくりで、首が座る頃だが、まだ座る気配もなく、原因もわからず説明にも困っている母親=相談者。加藤諦三は疲れているのではと相談者を気にするも、周りの子や人を妬ましく思う自分が嫌だと言う相談者を、受け身ではあるが、軸がある、困難に振り回されない核があると褒める。大原敬子が回答者として、自身の似たような子育ての体験談を語る。

加藤諦三氏の〆の言葉「苦しみの中で、人は成長する」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
よろしくお願いします

加藤諦三:
最初に年齢を教えてください

相談者:
34歳です

加藤諦三:
34歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい結婚します

加藤諦三:
ご主人何歳ですか?

相談者:
39歳です

加藤諦三:
39歳 お子さんは?

相談者:
2人おります

加藤諦三:
上から

相談者:
4歳の男の子です

加藤諦三:
下が?

相談者:
0才の男の子です

加藤諦三:
はいわかりました

相談者:
はい

加藤諦三:
でどんな相談ですか?

相談者:
次男の子育てについて

加藤諦三:
はい

相談者:
前向きに子育てをしたいと思ってまして そのことで相談しました

加藤諦三:
あ はい で・・どういうことが今問題なんですか?

相談者:
えっと 下の子がまだちょっと 原因がわからないんですけれども 障害というか病気がありまして 筋肉が弱いということで夜は呼吸器を使っていたり

加藤諦三:
はい

相談者:
心臓に穴が開いていて まぁ手術が将来的に必要であったりとか あと睾丸が1つしかなくて 1つ下りてないということで

加藤諦三:
はい

相談者:
体のサイズも小さくて いろいろと あの他の赤ちゃんと比べてしまったりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
この子の今後 どういう風に育っていくのかが心配ですし

加藤諦三:
原因がわからないということで もちろんお医者さんに

相談者:
はい

加藤諦三:
今かかっているわけですね

相談者:
はいかかっています

加藤諦三:
で お医者さんのアドバイスはあるわけですよね?

相談者:
まああの 基本的には日常生活は 普通通り行っていいということで 定期的に受診をしています あと検査も 病気のことを調べられる検査があるということで 検査を進めているところなんですけど 今のところはっきりした原因はわからないと

加藤諦三:
つまり原因が分からないというんで 病気かどうかわからないということ?

相談者:
病気かどうか分からないというのもありますし えっとその心臓の穴と睾丸についてはもう異常という風にはわかっていますが 他のあの全身の その筋肉が弱くて酸素が必要とか

加藤諦三:
はい

相談者:
成長がすごくゆっくりで 一般的には首が座る年齢なんですが

加藤諦三:
はい

相談者:
まだ全然首の座る気配がなかったりということの

加藤諦三:
はい

相談者:
そちらの原因は分かっていない・・

加藤諦三:
分かっていない

相談者:
はい なんと説明したらいいのか私もよくわからないんですけど

加藤諦三:
で月に1回お医者さんのところに行かれて

相談者:
はい

加藤諦三:
ま それでアドバイスをして 日常生活に 先程の話だと支障がないという風に

相談者:
そうですね あの夜は呼吸器をつけて寝ておりますけど

加藤諦三:
はい

相談者:
日中は必要ないので 外出もできますし

加藤諦三:
はい

相談者:
まぁ日常生活は いつも通りというか上の子を育てているように 育てても構わない・・ただちょっと風邪をひくと入院の可能性があるといわれているので

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとそこは気をつけてます

加藤諦三:
それで先ほど前向きに 子育てしたいということをおっしゃっていたわけですけれども

相談者:
はいそうですね

加藤諦三:
その子育てですから まぁその子が成長していくことを助けるということですよね?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
あなたが考える前向きにというのは 今アレですか 子育てに疲れちゃったというようなことがあってということ?

相談者:
疲れてというか・・やっぱりどうしても人と比べてしまって

加藤諦三:
うん

相談者:
比べてもしょうがないんですけど

加藤諦三:
うん

相談者:
他の子は やっぱりよく見えてしまって

加藤諦三:
うん

相談者:
なんですか でも座ってたりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
笑顔が可愛かったりとか

加藤諦三:
あの 笑顔が 他の子がよく見えるっていうのは あなたが そう見ちゃってるっていうことはないんですか?

相談者:
そうだと思います それにこの子に対して もう考えてもしょうがないですけど

加藤諦三:
うん

相談者:
健康に産めなくてゴメンネって思います

加藤諦三:
今あなた・・すごい疲れてんじゃない?

相談者:
そう・・かもしれません よくわかりません自分でも

加藤諦三:
なんか もうほんとに 疲れてきて どうしても自分の子供と他の子供を比較しちゃうんですよね

相談者:
そうですね あの・・生まれてから3カ月間入院してて

加藤諦三:
うん

相談者:
毎日面会に 母乳を絞って通っていて

加藤諦三:
うん

相談者:
まあ 上の子の面倒もありますし

加藤諦三:
うん

相談者:
まぁ夫も理解はしてくれているんですけど

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱり 先生が今おっしゃったように疲れてるのかもしれません

加藤諦三:
そうですよね あの疲れるとどうしてもですね 人間って比較しちゃうんですよね

相談者:
そうですね 周りの子が 周りの人が妬ましく思えたりとかもします でもそう思う自分がイヤなんです

加藤諦三:
うんうん

相談者:
あの 前向きに子育てしたいってね

加藤諦三:
はい

相談者:
これだと あなたは疲れているんですよね だけどもそれでも前向きに子育てしたいっていう言葉が出てくるということは 人間前向きじゃなければいけないっていうそういう 意識が強くないのかな

相談者:
ああ そうですね そうだと思います

加藤諦三:
そうですよね

相談者:
はい 生きてるだけで 満点という言葉もありますし そういう風に思いたいって 思うんですけど

加藤諦三:
うーん

相談者:
思えない・・まぁ先生がおっしゃったように前向きに・・ならねばならないと思っているのかもしれません

加藤諦三:
そうなんですよ 前向きであるべきだっていうね

相談者:
特に今回の ことはそうですね 自分にこんなに こう・・人に対する妬みの感情とかが

加藤諦三:
うーん

相談者:
あるっていうのも 今回のこの子のことで気づきましたし

加藤諦三:
すーごいじゃない あのね すっごい受け身なんですけど今

相談者:
はい

加藤諦三:
だけどあなたの中にね しっかり 自分の軸があるですよ

相談者:
軸?

加藤諦三:
うん 困難な時にも困難に振り回されない何か静かな核が自分の中にあるのね

相談者:
うーん

加藤諦三:
だから 他の子がよく見えて 他の子の笑顔がよく見えて なんで私だけがこんなに辛いんだって言わないで 私の妬みってところまではっきり こう・・自覚ができているんですよね 根は強いね

相談者:
あ そうですか

加藤諦三:
うーん

相談者:
ありがとうございます

加藤諦三:
それでね

相談者:
はい

加藤諦三:
今日は

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオにね この方に聞いて駄目だったら 世界中どこに行っても駄目じゃないかなーっていうぐらい

相談者:
ふへへへへ

加藤諦三:
幼児教育研究の

相談者:
はい

加藤諦三:
大原敬子先生がいらしているので 伺ってみてください

相談者:
はいありがとうございます

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは お願いします

大原敬子:
いえ どこから喋っていいのかわからないんですけども

相談者:
はい

大原敬子:
私とあなたが 一緒になって

相談者:
はい

大原敬子:
綺麗事ではなくって 今日一日

相談者:
はい

大原敬子:
明日一日 どう生きていくかってことを 一緒に考えていきたいなって なぜそれを思ったかというと

相談者:
はい

大原敬子:
妬みの中にも自分自身の妬みと お腹を痛めた子供の不憫さで 他人の子供を見る妬みっていうのは違うんですね

相談者:
うーん

大原敬子:
それは 私も自分も

相談者:
ええ

大原敬子:
子供で そういう体験をしたものですから

相談者:
はい

大原敬子:
母親が 我が子に対する子供は

相談者:
はい

大原敬子:
何人いても その子はその子なんですよね

相談者:
うん

大原敬子:
だから ふとあまりにもあなたが のめり込んでしまうと

相談者:
はい

大原敬子:
お兄ちゃんってのがいかなくなってしまうことがあると思うんです

相談者:
うんうん はい

大原敬子:
そのぐらいに 子供に対する想いっていうのは あなたほどではないんですけれども 分かるんです 1番それを感じた時は

相談者:
はい

大原敬子:
子供が入院しましたね

相談者:
はい

大原敬子:
そして あのお世話になった幼稚園に

相談者:
はい

大原敬子:
お礼に行った時に

相談者:
はい

大原敬子:
ああ こんなに他の子は元気なのに なぜうちの子だけは こうなってしまったんだろうと思ったときに

相談者:
はい

大原敬子:
周りが見えなくなったんですね 私の場合は

相談者:
うん

大原敬子:
そして吹っ切れたのは

相談者:
はい

大原敬子:
誰もいない部屋で

相談者:
はい

大原敬子:
初めてです 生まれて初めて ものすごい大声で 足をばたつかせて 泣き叫んだんです もう声が枯れるまで泣きました

相談者:
はい

大原敬子:
で その後・・ふーっとしたときに

相談者:
はい

大原敬子:
あれ?泣いた後 私この後何するんだっけと思ったんです

相談者:
ああ・・

大原敬子:
そしたら 子供は私しか すがる相手がいないわけですよね

相談者:
はい

大原敬子:
私しかやることがないと思ったときに ほんの少しでも立ち上がれたんです

相談者:
はい

大原敬子:
それまではですね 大声で泣くということをやってないと

相談者:
はい

大原敬子:
どうしても 同じ年齢の子を見てしまうと なんで私だけこんな目にあうんだってことになってしまうんですね

相談者:
はい

大原敬子:
で 他のお子さんを見るのが嫌になるですね 辛くて辛くて

相談者:
今 そんなにたくさんではないですけれど 嫌な気持ちはあります

大原敬子:
そうでしょ

相談者:
はい

大原敬子:
それは 我が子が可愛いって気持ちと 我が子をこうしてしまったという不憫さがそうしてるんですよね

相談者:
うん

大原敬子:
だけど現実を受け入れるのは 子供なんですよね

相談者:
そうです

大原敬子:
だって 他の子と比べるってことないですから

相談者:
はい

大原敬子:
そうでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
その時に私がまずやったことです これが参考になるか分かりませんけれども すごく楽になったのは

相談者:
はい

大原敬子:
絶対に笑おうと思ったんです 笑う

相談者:
うん

大原敬子:
笑うとね

相談者:
はい

大原敬子:
子供ってわかるんですね とにかく よく私の祖母もよく言ったんですけれども

相談者:
はい

大原敬子:
子供は 1番の宝は何っていったらね

相談者:
はい

大原敬子:
おいしいお母さんが作った食べ物とお母さんの笑顔って言うんですね

相談者:
うん

大原敬子:
でも こういう時って料理を作る気にならないんです

相談者:
うん

大原敬子:
だから何ができるかって言ったら 笑顔なんですね

相談者:
はい

大原敬子:
で とにかく笑顔で むけました

相談者:
笑顔・・

大原敬子:
はい

相談者:
はい

大原敬子:
次は語りかけました

相談者:
はい

大原敬子:
多分 坊やちゃん まだ小さいと思いますけれども 語りかけって大きいんです そうなのいい子ね もうちょっとねとかってね 常に語りかけるんですね

相談者:
はい

大原敬子:
と子供はね 目をこうしてお母さんの口元と

相談者:
はい

大原敬子:
目をこう・・

相談者:
はい

大原敬子:
泳がせるんです

相談者:
うんうん

大原敬子:
そして初めて 絶対にこの子を 私が守るんだって力は そっから来るんですけれども

相談者:
はい

大原敬子:
泣いてばかり

相談者:
うんうん

大原敬子:
人の妬みばっかしてると その子供自身の存在感が疎ましくなってしまうんです

相談者:
うん

大原敬子:
だから とにかく語りかける

相談者:
語りかける

大原敬子:
はい 次はスキンシップです

相談者:
はい

大原敬子:
子供っていうのはね

相談者:
はい

大原敬子:
ほとんどの子が同じじゃないでしょうかね ここが痛いとかあっちが痛いって時にね

相談者:
はい

大原敬子:
そこに頬を持っていくんです

相談者:
うーん

大原敬子:
そうするとね 痛くないよっていうのがほとんどの子なんです そうすると同じように

相談者:
はい

大原敬子:
この子の場合にオムツを変えたとき おへそのところにチュウをしてあげるとか

相談者:
うん

大原敬子:
とにかく お母さんの口元をですね

相談者:
はい

大原敬子:
その子に触れてあげることなんです

相談者:
へぇー

大原敬子:
もう かわいい かわいい かわいいってことで もう赤ちゃんのね 背中チュウチュウする・・本当に可愛いから もう毎日毎日それやっていると 何かっていうと

相談者:
はい

大原敬子:
その自分がやってる行動の中で勇気をもらえて

相談者:
うんうん

大原敬子:
絶対にこの子を私は育て上げるっていう決意が出るんですね その子を守るにはあなたなんです

相談者:
はい

大原敬子:
その次にドクターなんですよ

相談者:
はい

大原敬子:
病院の医師との関係は

相談者:
はい

大原敬子:
先生に絶対的な信頼関係で

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは心を託すこと

相談者:
はい

大原敬子:
だからあなたがドクターとの関係は

相談者:
はい

大原敬子:
ただこの子を見てもらうんではなくって あなたの胸の苦しさも ドクターに愚痴ではなくってね 話すことなんです そしてそれがあなたにとって元気になる事なんです

相談者:
はい

大原敬子:
元気になってねって 空元気でなくって やることをやってるうちに こんなにこの子はこの瞳で私をすがっているんだって

相談者:
うん

大原敬子:
私が諦めたら もうこの子はないんですよ

相談者:
うん

大原敬子:
あなたが前向きっておっしゃいましたよね

相談者:
はい

大原敬子:
諦めないってことでしょう

相談者:
はい

大原敬子:
その当時は 同じ年頃のお子さんは 絶対に見なかったですね 見れなかった

相談者:
ああ・・

大原敬子:
ところが その大声を出した後です

相談者:
はい

大原敬子:
ドンマイ!何を言っているんだって 自分の子供を自分が愛してどうなるだろうって思った時に その同じ年齢の子と 語り合うこと出来たんです

相談者:
へー

大原敬子:
そして行けるなって思ったんです だから私はあなたに頑張ってとは言わないんですね ただ一緒になって あなたが心から元気になることですよね この子は

相談者:
はい

大原敬子:
不幸とは思ってないってことを忘れちゃいけないです

相談者:
うん

大原敬子:
不幸をお母さんが目がさしているんですよ

相談者:
じゃあ私がこの子をずっと かわいそうとか申し訳ないとか 不幸だなって思って育てたら・・その子は自分のことを・・

大原敬子:
その子にとって失礼です・・そうです不幸と思います

相談者:
うーん

大原敬子:
そしていながら あなたは幸せよって言われても 子供は分からなくなってしまう

相談者:
うん うん うん

大原敬子:
もう絶対に 私の子供は幸せだと思うことです

相談者:
私の子供は幸せ

大原敬子:
あなたが この子を産んで この子は お母さんしかすがる相手はいないんです

相談者:
はい

大原敬子:
だから 大いに泣いて

相談者:
はい

大原敬子:
病院の先生とは本当にあなたが信じていけば 病院の先生の態度はどんどん変わっていきます

相談者:
はい

大原敬子:
子供は不幸せと思っていないということを頭に入れてくださいよ

相談者:
はいわかりました

大原敬子:
本当にね 願いで頑張ってほしいと思いますけど

相談者:
はい

大原敬子:
忘れないで チュウチュウですよ

相談者:
うふふふ

大原敬子:
いい?

大原敬子:
はい いっぱいチュウして・・

相談者:
ホントに可愛くなるから

大原敬子:
はい

相談者:
先生 いかがでしょうか?

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
あの・・今 大原先生がね 私の経験ではと仰いましたけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
一般的な調査を言いますとね

相談者:
はい

加藤諦三:
医者と患者の間で信頼関係があるかないかで

相談者:
はい

加藤諦三:
治療効果ってのは 全然違ってくるっていうのは もうはっきりしてるんです

相談者:
・・そうですか

加藤諦三:
うん だから

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたが信頼しない そうすると子供が信頼しなくなると

相談者:
うん

加藤諦三:
治療効果ってのは もう 半減してきますよ

相談者:
そうですか

加藤諦三:
だから今 大原先生の

相談者:
はい

加藤諦三:
おっしゃったような

相談者:
はい

加藤諦三:
形で信頼関係を築いてください

相談者:
はい わかりました

加藤諦三:
それでね 今いろんな辛いことがあると思うんだけれども

相談者:
はい

加藤諦三:

相談者:
はい

加藤諦三:
この困難が これからの私を救ってくれるんだってことです

相談者:
この子にとっても

加藤諦三:
あなたにとっても

相談者:
はい

加藤諦三:
それが前向きってことです

相談者:
はいわかりました 頑張ってみます

加藤諦三:
よろしいですね

相談者:
はい どうもありがとうございました

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
失礼します

管理人のちょっとひと言

回答者は大原先生が希望だったんですね
すごく嬉しそうです
そうドクターも同じことなんですが

障害によっては、一生のお付き合いになるかも
しれませんし、相性もあります
小さいうちは、どうしても子供への治療だけでなく

親に対して、どう接してくれるのかというのも
とても重要です
この選択を間違えると、結構大変です

専門的な分野になると、難しいかもしれませんが
なるべく、自分達夫婦に合ったドクターと
出会えるといいんですけどね

それにしても、しっかりしたお母さんですね
ただ、気になるのは、旦那は理解してくれている
って言葉なんですけど

子供に障害があったりすると、母親は動転して
どちらかというと感情的になってしまうので
旦那の協力は不可欠だと思います

いみじくもご自分で
「健康に生んであげられなくてゴメンネ」
って言ってますよね

そうすると、自分の中に籠ってしまう人って
多くて、旦那が理解してるのなら
自分の気持を全部話してしまった方がいいです

逃げる旦那も、いるんですが
男性の方が、冷静だったりしますので
・・・ちょっと最近は、違う気がするけど・・・

夫婦で、対応することが基本だと思います
特に、これから検査が進んでいって
不安になることが、多分にあると思います

そんな時、冷静に医者と話し合ったりできるか
どうかっていうのは、大事なことですよ
ここは結構ポイントです

ホントに最初は、大変辛いこともあると思いますが
同じ障害のサークルなんかもあったりしますので
そういうのを、お医者さんとかに教えてもらって

というのも有りです
同じ体験をしてきてる、お母さんは
その存在だけで、安心できますしね

母親としての大原先生の体験談
まるごと同じ事することもないでしょうけど
参考にはなったと思います

あたり前に、子供に接することでもあるかも
しれませんけど、悔しいけど父親より母親
チュウチュウしてあげて下さい(笑)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.