娘から無視され続ける理由

テレフォン人生相談
親子関係
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年11月06日(金)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:58歳女性 夫60歳 娘30歳独身

娘との関係についての相談。2年前にあることをしてから一切娘との会話がない。朝、顔を合わせても挨拶もなく無視される。食事も一緒にとらず、娘は自分で作るか買ってくる。あることとは、家族共有の部屋に娘が色んな私物を置き、散乱していたので、片付けるように言っても片付けないため、勝手に中身を確認して捨てた段ボールがある。そこには期限切れのスナック菓子が2~3個。切れて数日なので整理して置いてあるが、段ボール箱はリサイクル用に整理して処分し、送付状はシュレッダーにかける。仕事から帰ってきた娘がそれを知り激怒。以降、一切口をきかない。勝手にお菓子が送られてくるわけもなく、送り主に連絡をして送ってもらった物だろうから、連絡先はメモに残してあるだろうという勝手な思い込みと、中身がスナック菓子という大した物ではないという判断。マドモアゼル愛がそれを指摘、もしも恋愛関係に悩んでいる相手であり、どうしようかと思って悩んでいるところだったら。赤の他人の自分ですら思いつくのに、どうして思い至らないのか。

加藤諦三氏の〆の言葉「悩みは昨日の出来事ではない」ベラン・ウルフ

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい お願いします

加藤諦三:
テレフォン人生相談です

相談者:
はい よろしくお願いします

加藤諦三:
はい 最初に年齢を教えてください

相談者:
はい私 58歳です

加藤諦三:
58歳 結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えーご主人何歳ですか?

相談者:
60歳です

加藤諦三:
60歳 お子さんは?

相談者:
あ 一人 娘がおります

加藤諦三:
お嬢さん何歳?

相談者:
30・・歳です

加藤諦三:
はい 今もう 家出てるんですか?

相談者:
いえ 一緒に暮らしております

加藤諦三:
一緒に暮らしてる はい わかりました

相談者:
はい

加藤諦三:
で どんな相談ですか?

相談者:
はい あの 娘との関係について・・ご相談です

加藤諦三:
はい で・・お嬢さんとうまくいってないとか そういうこと?

相談者:
はい 2年前から 一切娘と・・会話がないんです

加藤諦三:
かい・・

相談者:
あること・・

加藤諦三:
はい

相談者:
を私がいたしまして

加藤諦三:
例えば 朝 顔を合わせますね

相談者:
はい

加藤諦三:
同じ家に住んでいるわけですね

相談者:
はい

加藤諦三:
朝 顔を合わせても おはようございますも言わないってこと?

相談者:
何にもいいません 私は おはようって声かけますが

加藤諦三:
はい

相談者:
無視です

加藤諦三:
お嬢さんは 無視?

相談者:
はい

加藤諦三:
黙っている?

相談者:
はい

加藤諦三:
で・・食事は一緒にするの?一緒じゃないの?

相談者:
いえ 食事も あの・・あの子は自分で してます

加藤諦三:
食事は一緒にしていないんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃあ・・食事は 主として あなたは ご主人と二人?

相談者:
そうです

加藤諦三:
で お嬢さんは一人?

相談者:
はい

加藤諦三:
お料理 自分のご飯を お嬢さんは 自分で作ってるの?

相談者:
そうです 作ってたり・・買ってきたり

加藤諦三:
ああ なるほどね

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたに作ってもらって 一人で食べてるってわけではないんですね

相談者:
違います

加藤諦三:
うーーん 当然 働いていないのね?

相談者:
いや 働いております

加藤諦三:
あっ 働いているんですか?

相談者:
2年前に あることを私がしまして

加藤諦三:
はい

相談者:
その時に げ・・それに対して怒って それから一切 食事は自分でするし

加藤諦三:
うん

相談者:
洗濯とかも 自分でするって宣言して それからは・・一切会話がないです

加藤諦三:
うん その2年前に

相談者:
はい

加藤諦三:
あることをしてって そのあることって何ですか?

相談者:
あることっていうのは 家では一部屋 家族みんなが ちょっと共通にしてる部屋がありまして

加藤諦三:
はい

相談者:
そこに娘が色んな物を置きまして

加藤諦三:
はい

相談者:
あの・・ちょっと散乱しておりましたんで

加藤諦三:
はい

相談者:
私がそれから・・だいぶ前から片付けるように色々言ったんですけれど

加藤諦三:
うんうん

相談者:
なかなか片付けないもので

加藤諦三:
うん

相談者:
あの・・私が片付けました その時にその・・段ボールの箱が一つありまして

加藤諦三:
はい

相談者:
その箱の・・送り状を・・私はあの・・送り状をシュレッダーをかけて

加藤諦三:
ええ

相談者:
段ボールを あの・・段ボールのリサイクルの所に 整理したんです なら娘・・段ボールの中には あの お菓子 スナックのお菓子 小袋のお菓子が2~3袋入ってました

加藤諦三:
ああ そうですか はい

相談者:
はい そのお菓子は あの 賞味期限が2日か3日過ぎてたんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
それは お菓子なんで捨てないで

加藤諦三:
ええ

相談者:
整理して そこに置いて

加藤諦三:
はい

相談者:
その段ボールの箱を 私が処分したんです

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
で そうしてその送り状・・を あのシュレッダーをかけてしまったんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
で 娘が帰ってきて それを私に 激怒しまして

加藤諦三:
はい

相談者:
それからは一切口をきかない

加藤諦三:
うーん

相談者:
食事も自分でするっていうことなんでが

加藤諦三:
うん うん うん あの・・お嬢さんにとってね

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたから見て まぁ客観的には何の重要なことでもないんですけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
お嬢さんにとって その送り状って・・な・・あの・・何が 重要だったんだと思います?そこまで・・突然怒るってことは で しかもそれが 2~3日で怒りが収まるんじゃなくて 2年間続いてるっていうのは

相談者:
そうなんです それがわからないんで あの・・もしホントにその・・あの・・まったく他人の人が突然娘に そんなお菓子を送ってくるはずないですから

加藤諦三:
はい

相談者:
なにか こちらからアクションかけたから 送ってきたんだと思うんです

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 何かをしたから送ってきたんだから その何かはどこかに メモか何かあるはずやろ?っと

加藤諦三:
はい

相談者:
言ったんですけれども それは・・ないって言うんですね で 私○▽※

加藤諦三:
つまり送った人の

相談者:
はい

加藤諦三:
住所が お嬢さんは知りたかったってこと・・ではないんですか?そうでは・・

相談者:
そう思いますね 住所とか連絡先・・かなと思います

加藤諦三:
で その連絡先が 自分がどっかにメモしてるとか そんなことじゃなくて シュレッダーにかけられちゃったので

相談者:
はい

加藤諦三:
わかんなくなって

相談者:
はい

加藤諦三:
それで おこ・・怒ってるっていうこと?

相談者:
そうだと思います

加藤諦三:
うーん

相談者:
・・・はい

加藤諦三:
お嬢さんと父親との関係はどうなんですか?

相談者:
あの 仲いいです あの小さい時から父親との方が 仲良いのは確かなんです

加藤諦三:
あ 小さい頃から仲良い?

相談者:
小さい頃から あの・・父親・・とは気が合うようなんですよ

加藤諦三:
うん

相談者:
で 仲良いんです

加藤諦三:
うん

相談者:
はい で 私はずっと まぁフルタイムで働いていて

加藤諦三:
うん

相談者:
で 子供は保育所・・学校行く前の歳までは 私の母にみてもらっていたんです

加藤諦三:
うん

相談者:
ええ で学校へ行く歳に フルタイムの仕事を辞めて

加藤諦三:
うん うん

相談者:
なんで 小さい頃は 全て母にみてもらってました

加藤諦三:
うーん はい わかりました 今日はですね

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオに あの洞察については大変深い洞察力のある心についてのエッセイストとしておなじみの マドモアゼル愛先生がいらしているので 伺ってみたいと思います

相談者:
はい お願い致します

マドモアゼル愛アドバイス

マドモアゼル愛:
はいどうも こんにちは

相談者:
こんにちは よろしくお願い致します

マドモアゼル愛:
はいどうも えっと どうもこの話しを聞いてて 不自然に・・思ったのは

相談者:
どこが不自然ですかね?

マドモアゼル愛:
うんうん だから僕の感じで

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
当たっている・・正しいかどうか わからないけれどもね

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
例えば無視されて 1日・・2日・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
3日と経っていけば

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こいつ本気だな と思ったら こちらも それなりの態度で・・一体 いつまであんた それやるつもりだよぐらいの

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本音の話をもっていきますよ

相談者:
行きました! いつまで そんなことしてるんやって言いました

マドモアゼル愛:
いやいや それはお母さんの 立場からの話しであって

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本当の話しじゃないよね

相談者:
本当の話?

マドモアゼル愛:
うん・・だって いつまでそんなことやってんだって あくまでも表面の話しじゃない

相談者:
はい

マドモアゼル愛:

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
確かに表面なんだけれども 何故そういうことをするのか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何故 そういう対応を私に続けるのか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこにある怒りは 何なのか? そこにある拒否は何なのか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それは 私のどういうところに 気にしているのかとか

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いうようなことが 当然・・話し合われなければ おかしくない だって そういう話しに もっていけなければ 母親として 力がないと思わない?

相談者:
じゃあ どういうふうに もっていったらいいんでしょうか?

マドモアゼル愛:
だから また方法論ではなくて まず現実として

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
娘に愛される自信をもっていないことを感じるのよ

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなた自身の中に・・・あなたが娘から たとえ嫌われても 愛されてるという何か核心があれば そこの壁に 容易に割って 話し合う事は3日後 どんな長くても1ヶ月後にはできると思うよ 修羅場を作ってでも・・そこから避けてきたよね そういう話し合いに関しては・・そいで表面的に 私のどこが悪いの的なことは言うかもしれないけれども

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも 何故なのっていうと それは あなたには どういう問題があんのかって事になるよね

相談者:
そうですね はい

マドモアゼル愛:
お母さんは自分を守りながら話してるよね だから・・・そいで もう一方では 自分はもしかしたら 愛されていないかもしれない もっと言えば 娘を愛している自信がないよね 愛してる者が反抗してきたって ぶたれながらでも 相手の顔色を よーく見ている余裕があるはずだよね 母親には

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
愛してる自信があれば・・・でも 声をかけられないということ自体が もう あなたの存続の危機に陥ってるよね その原因は 愛する自信も 愛されてる自信もないからということ以外 ないじゃないですか

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう関係を 表面的だけでは 親子として作ってきた それが 何かのきっかけに出てきたんじゃないかなって気は なんとなく感じるのよ

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それから もう一つ 男の人の住所だったんじゃないの? それ違う?・・いや それは関係ない?

相談者:
一応 男の人の個人の名前でした

マドモアゼル愛:
そしたら どういうことが 起きているか ということが シュレッダーをかける前に

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
私でさえ 赤の他人の私でさえ・・もしかしてって気持ちが湧きます

相談者:
ああ・・

マドモアゼル愛:
なぜ 湧かなかったの?・・・そんな大事な人のだったら どっかにノートに書き写すなりしてたって言うのは それは・・一つの 真実だ・・の・・あの推理かもしれないけど 僕はそうは思わないよ・・迷っていたとしたら

相談者:
はい・・

マドモアゼル愛:
わかんないじゃない だからそこら辺に置いていたのかもしれない

相談者:
でも 中味 お菓子だったんです

マドモアゼル愛:
うーーん・・

相談者:
私は 単に・・

マドモアゼル愛:
そういう・・

相談者:
お菓子を注文して・・

マドモアゼル愛:
お菓子だろうが

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
落ち葉一枚であろうが

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それは関係ないことだよ それは・・幾らっていうお菓子の 物の価値の話しをしてるんであって・・あくまでも 誰々さんが送ってくれたお菓子 そのお菓子には どこか旅行へ行った思い出があるとか 何か通づる 彼女でないと 通じない物があるのかもしれない それはわからないけども

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その可能性は あるわけじゃない

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで お母さんにとっては いらない物に シュレッダーにかけて整理する

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ただ一つ 僕から・・見ると 年頃のお嬢さんが ここまで怒る 何か 恋愛関係の 一つ可能性のある住所であって・・でもそれに迷っていて それを一方的に そういう形で・・捨てられてしまう 可能性を奪われてしまったような なにか お母さんに邪魔された 無視されたって思いは・・やっぱあったんでしょうね

相談者:
・・・そうですね

マドモアゼル愛:
それが 一方的に 大事な住所だったら ノートに書き留めてあったはずだとか でもそうしたら ここまで怒る理由にならないわけで そしたら娘さんの奥にある 何か自分にはわかんないけども まずいことをやっちゃたんだ 傷つけちゃったんだという 想像性と思いをもって 娘さんに 和解の道を開かない限りね

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
無理だったんじゃないの やっぱり

相談者:
2年間も経って 大丈夫ですかね今から

マドモアゼル愛:
だからそこがどこまで・・理解できるかってことだよね だから 嫌われることを覚悟で やっぱりお母さんは赤裸々に 自分はこれまで本当の意味で お前に触れてなかったと いうこと でも・・無視されて 2年 無視されて もう あの お前に無視されるなら死に・・死んだ方がましなぐらいの 切実な思いがあれば お嬢さんだって心動かすと思うよ それは

相談者:
・・・はい

マドモアゼル愛:
ね 実際そうなんだよ お母さん お母さんが求めてるのは 本当の娘とのふれあいなのよ これが今回この事件で 教えてくれたんじゃないかなって気がするんだよね だから もう一度本当の お母さんはお母さんで 保育所に預けて 娘をみなくちゃいけない これはこれで立派な 半面 男としての役割果たしてきてね でも そこで捨ててしまったものも もしかしたらあったかもしれないし お嬢さんも勘違いしたものが あったかもしれないし それがホントに心のひだが 触れ合う形がないまま 形だけが無難に優先されてきたので・・こういうきっかけをもって 修復を迫ってきてるんじゃないだろうかなと

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね だから お母さんもこれだけ気にされて 電話してくださったんだと思うのね

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい

加藤諦三:
あの・・お嬢さんは・・からすると まぁお父さんもお母さんもいて 普通の家のようだけれども

相談者:
はい

加藤諦三:
自分を一人の人間としては 扱ってもらえなかったと

相談者:
うーん

加藤諦三:
それが ずーっと 本当の自分を隠しながら お母さんに接してきたから 長い事不満がね・・溜まってきてた で なんらかの形で だからこれは 出ざるを得ないんですよね

相談者:
はい・・いつかは・・いつかは出てくることが 今回たまたまた 出てきたっていう

加藤諦三:
だから出てきたことは 今回よかったんじゃないですか?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
うん 本当の歩みで コミュニケーションできなかったってことが わかったってことは・・これからこの3人が どうやって行くかって時に 凄い・・凄い事 気付かせてくれたんですよね

相談者:
はい

加藤諦三:
・・・お嬢さんを

相談者:
はい

加藤諦三:
一人の人間として扱っていけば 必ず回復します

相談者:
わかりました やってみます

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい どうも失礼します

相談者:
はい ありがとうございました はい ありがとうございます

管理人のちょっとひと言

犯罪になるかどうかは別として
娘を一人の成人した個人として尊重するのなら
してはいけない2つのことをしています

1つは、片付けないからと言って、勝手に娘の私物を処分したこと

もう1つは、箱を勝手に開けて、中に何があるのかを確認したこと

さらに、自分の勝手な思い込みで、送付状の連絡先が他にメモされているだろうとか
捨てる理由が、中身がスナック菓子だから

あくまでも母親の主観でしかなく、勝手な思い込み

ほぼ間違いなく、この行為は幼少時からずーっと続いてきたことだと思われます

このような扱いを、当時28歳の大人の女性になってまでしてしまったわけです
男女関係云々ではなく、許されざる行為

話しをしてもらえなくて当たり前
娘の中では、そこまでしないと母親が関与してくる
そういう判断ですよね

で、この2年間はそんな行為も収まっていて
母親が、たとえ謝罪してきてもどうでしょう
許して、また同じことを繰り返されるよりは

このままの状態でいることを選択すると思います

いえ、たとえ許したとしても
基本的な思考が、今さら変わるわけもなく
似たようなことを繰り返されるのみ

父親と仲が良いというよりも、母親を避けている
すると自然と会話は父親だけになる
そういう状態が、ずーっと続いてきたのに

これまで直すことすらしなかった
おそらく、自分の子供だからという単純な
理由なんでしょうね

こうい関係性って、いろいろあると思いますが
距離を置く以外、相手の改善は難しいと
思いますけどね

この相談のキーポイントはここでしょう
諦三先生の
「一人の人間として扱っていけば、必ず回復します」

それが、できればね

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.