テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

マドモアゼル愛:
はいどうも こんにちは

相談者:
こんにちは よろしくお願い致します

マドモアゼル愛:
はいどうも えっと どうもこの話しを聞いてて 不自然に・・思ったのは

相談者:
どこが不自然ですかね?

マドモアゼル愛:
うんうん だから僕の感じで

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
当たっている・・正しいかどうか わからないけれどもね

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
例えば無視されて 1日・・2日・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
3日と経っていけば

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こいつ本気だな と思ったら こちらも それなりの態度で・・一体 いつまであんた それやるつもりだよぐらいの

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本音の話をもっていきますよ

相談者:
行きました! いつまで そんなことしてるんやって言いました

マドモアゼル愛:
いやいや それはお母さんの 立場からの話しであって

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本当の話しじゃないよね

相談者:
本当の話?

マドモアゼル愛:
うん・・だって いつまでそんなことやってんだって あくまでも表面の話しじゃない

相談者:
はい

マドモアゼル愛:

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
確かに表面なんだけれども 何故そういうことをするのか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何故 そういう対応を私に続けるのか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこにある怒りは 何なのか? そこにある拒否は何なのか?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それは 私のどういうところに 気にしているのかとか

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いうようなことが 当然・・話し合われなければ おかしくない だって そういう話しに もっていけなければ 母親として 力がないと思わない?

相談者:
じゃあ どういうふうに もっていったらいいんでしょうか?

マドモアゼル愛:
だから また方法論ではなくて まず現実として

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
娘に愛される自信をもっていないことを感じるのよ

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなた自身の中に・・・あなたが娘から たとえ嫌われても 愛されてるという何か核心があれば そこの壁に 容易に割って 話し合う事は3日後 どんな長くても1ヶ月後にはできると思うよ 修羅場を作ってでも・・そこから避けてきたよね そういう話し合いに関しては・・そいで表面的に 私のどこが悪いの的なことは言うかもしれないけれども

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも 何故なのっていうと それは あなたには どういう問題があんのかって事になるよね

相談者:
そうですね はい

マドモアゼル愛:
お母さんは自分を守りながら話してるよね だから・・・そいで もう一方では 自分はもしかしたら 愛されていないかもしれない もっと言えば 娘を愛している自信がないよね 愛してる者が反抗してきたって ぶたれながらでも 相手の顔色を よーく見ている余裕があるはずだよね 母親には

相談者:
あ・・

マドモアゼル愛:
愛してる自信があれば・・・でも 声をかけられないということ自体が もう あなたの存続の危機に陥ってるよね その原因は 愛する自信も 愛されてる自信もないからということ以外 ないじゃないですか

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういう関係を 表面的だけでは 親子として作ってきた それが 何かのきっかけに出てきたんじゃないかなって気は なんとなく感じるのよ

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それから もう一つ 男の人の住所だったんじゃないの? それ違う?・・いや それは関係ない?

相談者:
一応 男の人の個人の名前でした

マドモアゼル愛:
そしたら どういうことが 起きているか ということが シュレッダーをかける前に

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
私でさえ 赤の他人の私でさえ・・もしかしてって気持ちが湧きます

相談者:
ああ・・

マドモアゼル愛:
なぜ 湧かなかったの?・・・そんな大事な人のだったら どっかにノートに書き写すなりしてたって言うのは それは・・一つの 真実だ・・の・・あの推理かもしれないけど 僕はそうは思わないよ・・迷っていたとしたら

相談者:
はい・・

マドモアゼル愛:
わかんないじゃない だからそこら辺に置いていたのかもしれない

相談者:
でも 中味 お菓子だったんです

マドモアゼル愛:
うーーん・・

相談者:
私は 単に・・

マドモアゼル愛:
そういう・・

相談者:
お菓子を注文して・・

マドモアゼル愛:
お菓子だろうが

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
落ち葉一枚であろうが

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それは関係ないことだよ それは・・幾らっていうお菓子の 物の価値の話しをしてるんであって・・あくまでも 誰々さんが送ってくれたお菓子 そのお菓子には どこか旅行へ行った思い出があるとか 何か通づる 彼女でないと 通じない物があるのかもしれない それはわからないけども

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その可能性は あるわけじゃない

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで お母さんにとっては いらない物に シュレッダーにかけて整理する

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ただ一つ 僕から・・見ると 年頃のお嬢さんが ここまで怒る 何か 恋愛関係の 一つ可能性のある住所であって・・でもそれに迷っていて それを一方的に そういう形で・・捨てられてしまう 可能性を奪われてしまったような なにか お母さんに邪魔された 無視されたって思いは・・やっぱあったんでしょうね

相談者:
・・・そうですね

マドモアゼル愛:
それが 一方的に 大事な住所だったら ノートに書き留めてあったはずだとか でもそうしたら ここまで怒る理由にならないわけで そしたら娘さんの奥にある 何か自分にはわかんないけども まずいことをやっちゃたんだ 傷つけちゃったんだという 想像性と思いをもって 娘さんに 和解の道を開かない限りね

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
無理だったんじゃないの やっぱり

相談者:
2年間も経って 大丈夫ですかね今から

マドモアゼル愛:
だからそこがどこまで・・理解できるかってことだよね だから 嫌われることを覚悟で やっぱりお母さんは赤裸々に 自分はこれまで本当の意味で お前に触れてなかったと いうこと でも・・無視されて 2年 無視されて もう あの お前に無視されるなら死に・・死んだ方がましなぐらいの 切実な思いがあれば お嬢さんだって心動かすと思うよ それは

相談者:
・・・はい

マドモアゼル愛:
ね 実際そうなんだよ お母さん お母さんが求めてるのは 本当の娘とのふれあいなのよ これが今回この事件で 教えてくれたんじゃないかなって気がするんだよね だから もう一度本当の お母さんはお母さんで 保育所に預けて 娘をみなくちゃいけない これはこれで立派な 半面 男としての役割果たしてきてね でも そこで捨ててしまったものも もしかしたらあったかもしれないし お嬢さんも勘違いしたものが あったかもしれないし それがホントに心のひだが 触れ合う形がないまま 形だけが無難に優先されてきたので・・こういうきっかけをもって 修復を迫ってきてるんじゃないだろうかなと

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ね だから お母さんもこれだけ気にされて 電話してくださったんだと思うのね

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク