形見分けがもらえない

テレフォン人生相談
親子関係
スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年11月11日(水)

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:37歳女性 母60歳 妹33歳 父2ヶ月前に他界

母親との付き合い方についての相談。2ヶ月前に他界した父の母への生前贈与の手続きを、母から頼まれて手伝った相談者。ところが父の形見分けの時に、親戚のおじさんと母と妹だけで分配する形になり、自分が外されたことに怒りを感じる。母へは住んでいた家と預貯金、おじさんには釣り道具と、手続きを手伝ってもらったので金一封、妹には車。自分も車が欲しいと言ったが、先に妹が欲しいと言っているからゴメンネと言われてそれきり。財産整理で父の負の資産、過疎地の土地や山を整理する手続きを手伝ったのに裏切られた気分、何の見返りもないことに気持ちの整理がつかない。小さい頃、妹を産むにあたり、母の状態が良くなかったので、色々な処を転々と預けられたことや、親の都合で転校させられた事など、自分の居場所を見つけられず、妹と母と父の3人家族に自分がおまけでいる気がしたと感じていた。それを母に言ったところ、大人になってから言われても困ると言われる。回答者の大原敬子は、全部の財産を見せる母親から、信頼と愛を感じると言う。最後に託することがあるから全てを見せていると。

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

ドリアン助川:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
もしもし よろしくお願いします

ドリアン助川:
よろしくお願いします えー今日はどんなご相談でしょうか?

相談者:
母親との付き合い方について お聞きしたいと思ってますけれども

ドリアン助川:
お母様との 付き合い?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと あなた おいくつですか?

相談者:
私は37歳です

ドリアン助川:
37歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
お母様 おいくつでしょう?

相談者:
えー 60歳です

ドリアン助川:
60歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい 今 具体的には どんなことが問題になっているのでしょうか?

相談者:
父が 先日他界しまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
父の その価値のある資産を 生前贈与で

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの 母に 全て相続させたんですけれども

ドリアン助川:
はい

相談者:
母から その父が亡くなってから 形見分けという形で 親戚のおじさんと 母と妹だけで

ドリアン助川:
はい

相談者:
分配しているような形になってまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
で 私はちょっと自分だけが こう外されてしまったことに こう怒りを感じているんですけども

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー ご兄弟は?

相談者:
私と妹が一人です

ドリアン助川:
妹さんは おいくつですか?

相談者:
えっと 33歳です

ドリアン助川:
33歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
この 生前贈与の価値ある物というのは

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー どういう物でしょう?

相談者:
母親と父親が住んでいる自宅と

ドリアン助川:
はい

相談者:
あと クルマと

ドリアン助川:
はい

相談者:
あと 現金ですね

ドリアン助川:
現金・・預貯金ということですね

相談者:
そうですね はい

ドリアン助川:
はい これを

相談者:
はい

ドリアン助川:
自分達子供を無視する形で

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー お母様が どなたにって今 仰ってました?

相談者:
えっと 子供無視というよりも

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの・・父がですね

ドリアン助川:
はい

相談者:
負の遺産もあったものですから

ドリアン助川:
負の遺産?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい どういう物ですか?

相談者:
えっと 具体的に言うと あの

ドリアン助川:
はい

相談者:
過疎地の

ドリアン助川:
はい

相談者:
売れない土地とか山とかですね

ドリアン助川:
はっはっはっはっ

相談者:
はい そういう物がありまして

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それで父が亡くなる前に

ドリアン助川:
はい

相談者:
資産価値のある物だけ

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの 母の口座とか

ドリアン助川:
はい

相談者:
母の名義に全て 移して いたんですけれども

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで 私はその・・父のその負の遺産の方を えー整理するにあたって

ドリアン助川:
ええ

相談者:
色々こう 手助けを したんですね

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの 色々手伝ったり

ドリアン助川:
はい

相談者:
調べものをしたり こう親を役所に連れていったりとかですね

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
そういいうことをしてたんですけれど

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの こういう形で こう・・裏切られたというか・・な・・何の報いもないというような形になってしまって

ドリアン助川:
ご自宅とか

相談者:
はい

ドリアン助川:
クルマとか預貯金が

相談者:
はい

ドリアン助川:
今 どなたに渡ってるという

相談者:
はい えっと 預貯金と自宅は母親です

ドリアン助川:
はい お母さん はい

相談者:
はい そして あの 父親が使っていた趣味の道具は

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの・・おじさんに行きました

ドリアン助川:
趣味の道具?

相談者:
はい

ドリアン助川:
これは どういう物ですか?

相談者:
これは 釣り道具になります

ドリアン助川:
釣り道具は おじさんに行った

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
そして・・あの クルマは妹に行きました

ドリアン助川:
クルマは妹に行った

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

相談者:
で 残りはあの・・父・・の・・その 資産というのは もうないですので

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの もう 分ける物がなくて

ドリアン助川:
過疎地の土地 山っていうのは もう売却してしまったわけですか?

相談者:
処分しました

ドリアン助川:
処分された?

相談者:
はい

ドリアン助川:
これはお金に化けたわけですね?

相談者:
・・親戚にこう・・引き取ってもらったんですね

ドリアン助川:
はっはっはっはっ

相談者:
はい

ドリアン助川:
こういう事は全て 法律に則って正式にやられたわけですか?

相談者:
そうですね 司法書士さんを通じて

ドリアン助川:
通じて

相談者:
手続きをしていただきました

ドリアン助川:
なるほど

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーっと あなた様には 何も来てないと

相談者:
そうですね 私も

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの 私も クルマが欲しいなって 言ったんですけど

ドリアン助川:
ええ

相談者:
クルマは先に 妹が・・あの 欲しいと言ってるから ゴメンネって言われて それでゴメンネって言って それで 何の・・形見分けも・・なく

ドリアン助川:
うん

相談者:
それで 同じように その・・財産整理と手伝ってくれた おじさんの方には

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの 母親は金一封と

ドリアン助川:
はい

相談者:
あと釣り道具を あの・・形見分けしまして

ドリアン助川:
はい

相談者:
で 私としては まぁ それ・・わだかまりはあるんですが

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの まぁ それはしょうがないとは 思うんですが

ドリアン助川:
はい

相談者:
母親がですね

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの 父親が亡くなってから 私の方にこう・・いろいろ手伝って欲しいとか 頼りにするような連絡を いっぱい入れてくるんですね

ドリアン助川:
ええ ええ

相談者:
で 私としては 一生懸命こう 親の手伝いをしても 何のこう・・見返りもないと思うと

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんかこう 利用されているような 気持ちになってしまったり 色々感情が こう気持ちの置き所が 見つからなくて

ドリアン助川:
はい

相談者:
ええ 親とどのように向き合ったらいいかという事で

ドリアン助川:
はい

相談者:
お電話させていただきました

ドリアン助川:
はい お父様がお亡くなりになったのは 何時頃でしょうか?

相談者:
はい ええ 2カ月ほど前になります

ドリアン助川:
2ヶ月前?

相談者:
はい

ドリアン助川:
お母様と あなたの関係なんですけども

相談者:
はい

ドリアン助川:
この問題が勃発するまでは

相談者:
はい

ドリアン助川:
お母さんと あなたの関係は 割と良好だったんでしょうか?

相談者:
良好ではないと思います

ドリアン助川:
良好ではない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー 子供の頃から?

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
うん

相談者:
はい 母親が私を嫌っているというよりも

ドリアン助川:
はい

相談者:
私の方が 凄く母に関して

ドリアン助川:
はい

相談者:
距離感とか わだかまりを感じていることが多かったです

ドリアン助川:
例えば どういうことで?

相談者:
はい 妹が生まれる時に

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの 母親の状態が良く無くて

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それで 私が 半年ぐらいあの 色んな所を転々と預けられたような形になったり

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの 親の都合で幼稚園や保育園や 学校をこう 転校させられるような事があって

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの 居場所が なかなか見つけることが できなかったんですね 家に居ても 妹と母親と あの父親の3人家族に

ドリアン助川:
はい

相談者:
私が おまけでついてるみたいな感じで なんとなくそういう感覚が ありまして

ドリアン助川:
それは 子供の頃からそんな感じがあった?

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
はい

相談者:
で 母親に あの 私がそういう小さい時に あの親の都合で色々振り回されたような形になって

ドリアン助川:
ええ

相談者:
凄く辛かったんだっていう話しをしたんですけど

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの 大人になってから言われても困るって言われて

ドリアン助川:
ええ・・で それは1対1で話をした?

相談者:
しました

ドリアン助川:
うん そうしたら そんなこと言われても困ると

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
うん ええ

相談者:
それに なんかこう 私が不満を言うと

ドリアン助川:
ええ

相談者:
逆襲してくるので

ドリアン助川:
ホウホウ

相談者:
私もなんかこう 母親に本音で喋れなくなってしまって

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの 連絡を ほとんど自分から とらないような状況なんですけれども

ドリアン助川:
お母さん 許せないっていう感じなんですね今

相談者:
そうですね はい

ドリアン助川:
はい わかりました 今日の先生に相談してみたいと思います

相談者:
はい

ドリアン助川:
幼児教育研究の大原敬子先生です よろしくお願いします

大原敬子アドバイス

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ こんにちは よろしくお願いします

大原敬子:
そのお母さん あなたがね もうこんな親イヤだと思ってね

相談者:
はい

大原敬子:
連絡を断ってしまった

相談者:
はい

大原敬子:
でもお母さん 連絡来てるでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
お父様が ご不幸 亡くなった時にね

相談者:
ええ

大原敬子:
あなたのところに 来てるじゃないですか

相談者:
はい 来てます

大原敬子:
あなたは 断ったわって思ってるんですけど

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんは断ってない

相談者:
ああ そうだと思います

大原敬子:
私の 大事な長女なんですよ

相談者:
はい

大原敬子:
ね で次にですね 全部を いい負の財産も全部ですね

相談者:
はい

大原敬子:
あなたに見せるってことは

相談者:
はい

大原敬子:
わかりますか?見せるってことは

相談者:
はい

大原敬子:
あなたに 最後に託することがあるからですよ

相談者:
ああ そうなんですかね

大原敬子:
そしてね

相談者:
うん

大原敬子:
今 あなたが全部 その・・資産を贈与したって言うから 何かしらって思ったんです

相談者:
はい

大原敬子:
そうしましたらね

相談者:
はい

大原敬子:
車とか

相談者:
はい

大原敬子:
釣り道具とか

相談者:
はい

大原敬子:
金一封ですませるってことは

相談者:
はい

大原敬子:
見かたを変えればですよ

相談者:
ええ

大原敬子:
大した価値ないですよね 一番価値があるのは

相談者:
ええ

大原敬子:
家とかそういう物でしょ

相談者:
そうですね

大原敬子:
それは お母さん自身が自分で持ってるわけでしょ

相談者:
はい

大原敬子:
しっかりしてますよね

相談者:
そうですね はい

大原敬子:
となると あなたに恨まれるとか

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが他人であるならば

相談者:
はい

大原敬子:
あなたにも金一封差し上げました おじさんのように

相談者:
ええ

大原敬子:
でも 何も差し上げないってことは

相談者:
ええ

大原敬子:
全部を知ってて 差し上げないってことはあり得ないですから

相談者:
はい

大原敬子:
つまり お母さんの性格は あなたはそれ 分かってるわよね ですよ・・と私は思うんですね

相談者:
それは・・

大原敬子:
この裏関係見ると・・はい

相談者:
ええ ごめんなさい あの 母親が すごく私に甘えてきてるって感じではないんですかね?

大原敬子:
甘えるならば

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんは

相談者:
はい

大原敬子:
家とアレは自分のもんにしてないですよ

相談者:
あ そうですか

大原敬子:
しっかりしてますよ

相談者:
うーーん

大原敬子:
そして

相談者:
はい

大原敬子:
これもし自分が 万が一の場合には

相談者:
はい

大原敬子:
妹にも あの時差し上げました おじさんにも差し上げましたの形はなってるんですね

相談者:
はい

大原敬子:
私は凄いなーと思って 聞いてたんです

相談者:
あ そうですか

大原敬子:
だって いちおうあなた自身が

相談者:
はい

大原敬子:
これで ふくれてったわけですから

相談者:
はい

大原敬子:
資産をね 贈与したんですよって

相談者:
はい

大原敬子:
ということは あなたが思うならば

相談者:
はい

大原敬子:
妹たちも思いますよね おじさんも思いますよね

相談者:
はい

大原敬子:
で 今度 何かあった時の財産は

相談者:
はい

大原敬子:
あなたに来るんじゃないですか?

相談者:
ああ・・まぁ あの母の意思は聞いてないので・・

大原敬子:
聞かない方がいいと思いますけどね

相談者:
はい

大原敬子:
私はね

相談者:
ええ

大原敬子:
お母さんは

相談者:
はい

大原敬子:
非常にしっかりしています

相談者:
はい

大原敬子:
そして 節度を守っています

相談者:
あ そうですか

大原敬子:
何故かと言うと

相談者:
うん

大原敬子:
もう一度 言いますよ

相談者:
はい

大原敬子:
全財産の

相談者:
はい

大原敬子:
有り様を あなたに見せてるんです

相談者:
ああ・・

大原敬子:
そこに私はね・・私はですよ

相談者:
はい

大原敬子:
だから あなたは違うかもしれませんけど こういう見かたで思っていただけますか?

相談者:
はい

大原敬子:
例えば男女間の愛としましょうか

相談者:
はい

大原敬子:
いい?

相談者:
はい

大原敬子:
その時に 彼がね

相談者:
はい

大原敬子:
全部の人が見せたの

相談者:
ええ

大原敬子:
で自分も手続きしました

相談者:
はい

大原敬子:
そして彼に何人かの恋人がいました

相談者:
はい

大原敬子:
その時に はい 今度 もう お手伝いありがとう はい 君には宝石

相談者:
はい

大原敬子:
はい 君には時計 はい 君には車

相談者:
はい

大原敬子:
渡しました

相談者:
はい

大原敬子:
私には 何も貰っていません ね

相談者:
はい

大原敬子:
でも私は あ これで彼は 清算したなと思うんですね なぜならば

相談者:
ええ

大原敬子:
全財産の 一番恥部の物を全部知ってるわけですね私が

相談者:
はい

大原敬子:
どちらが信じるかというと 分割に渡した愛よりも 形にはなってないけれど

相談者:
はい

大原敬子:
私 信用という愛をくれたわけですよね

相談者:
ああ・・はい・・

大原敬子:
私は

相談者:
ちょっと・・はい

大原敬子:
ん?どうぞ

相談者:
あ ちょっと見かたを変えて見た方がいいかもしれない・・いいですね はい

大原敬子:
そうですか 私はね

相談者:
うん

大原敬子:
○▽※のね その車だって全て

相談者:
はい

大原敬子:
形ある物は なくなるんです

相談者:
はい

大原敬子:
その物に執着するよりも

相談者:
はい

大原敬子:
私に 全権委ねてね

相談者:
はい

大原敬子:
この 相続のことを全部 負の財産も全部

相談者:
ええ

大原敬子:
お母さんと一緒にやったって 男女関連で分かると思います

相談者:
はい

大原敬子:
私は そこに

相談者:
はい

大原敬子:
ああ 信用されてるんだなぁと思った時には

相談者:
はい

大原敬子:
あなたを好きですとかね

相談者:
はい

大原敬子:
そんなことよりも 言葉なくして

相談者:
はい

大原敬子:
その行為に 私は嬉しいと思いますね

相談者:
あ そうですか

大原敬子:
どうですか? 男女間だったらわかるでしょ

相談者:
わかります

大原敬子:
はい君には指環

相談者:
はい

大原敬子:
はい君には時計ってのとね どうですか?

相談者:
はい そうですね はい

大原敬子:
男女間だったら分かるでしょ

相談者:
わかります はい

大原敬子:
私は 愛と同じだと思うんですよ

相談者:
ああ・・

大原敬子:
そうすると

相談者:
はい

大原敬子:
今ね

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんが こうしなさい ああしなさい は私は言えませんよね でも

相談者:
はい

大原敬子:
こういう考えで生きてる人もいるんです

相談者:
はい

大原敬子:
私は このあなたのお母さんを

相談者:
はい

大原敬子:
できるだけ長生きしてもらって・・長生きね

相談者:
はい

大原敬子:
で 自分の 4、3歳児の時の 寂しさを あなたの心がですね

相談者:
はい

大原敬子:
軽くなるまで

相談者:
はい

大原敬子:
話しても このお母さんは聞いてくれます 責める事ではなくって

相談者:
はい

大原敬子:
あの時にね お母さんがいなくてね お母さんを追いかけて 夕方ね もうどんどんどんどん お母さーんって言ったのわかってた?とかね

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの 記憶があるでしょ

相談者:
はい

大原敬子:
夕飯で しら・・おじさんの所で食べた時に お母さんは 何故私と一緒に食べてくれないんだろうかって

相談者:
はい

大原敬子:
ぜひ お母さんここに 何故いてくれないんだろうかって 凄くお母さんを責めたの 寂しくってねってことはね

相談者:
はい

大原敬子:
お母さんは 責められる気持ちはなくって

相談者:
ええ

大原敬子:
ああそうか そんなに寂しい思いをしたのかなってことで もっとあなたと心が触れると思います

相談者:
はい 素直に言ってみたいと思います

大原敬子:
どうですか

相談者:
はい

大原敬子:
是非ですね

相談者:
はい

大原敬子:
こうしなさいとは言えないんですけども

相談者:
それは?

大原敬子:
私は あなたは 幸せですよ

相談者:
はい

大原敬子:
このお母さんが 負の財産まで 見させたってことですね

相談者:
はい

大原敬子:
そして一つも あなたにくれなかっという 潔さにですね もの凄い信頼と 愛を感じるんですけども 先生 いかがでしょうか?

ドリアン助川まとめ

ドリアン助川:
あの 見方を変えるという言葉が出たんですけども

相談者:
はい

ドリアン助川:
えっと ちょっと僕はあの・・また別の話しを あの・・最後にしたいと思うんですが

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの・・全く同じような 育ち方をしてるんです私も

相談者:
あ そうですか

ドリアン助川:
小さい時に・・ええ・・で あの私の母なんかは 謝るんですよ今

相談者:
ああ・・

ドリアン助川:
あの頃 あの・・ちょっとこう 手放してしまって 申し訳なかったと

相談者:
はい

ドリアン助川:
でも何で 謝るんだろうと思うの というのは

相談者:
ええ

ドリアン助川:
日本中に いくつも故郷ができたんですよ そのことによって

相談者:
ああ・・

ドリアン助川:
自分が そこ生まれたとこだけじゃなくって

相談者:
はい

ドリアン助川:
群馬行っても故郷 岩手行っても故郷

相談者:
はい

ドリアン助川:
これが うれしいんですね ですから その・・

相談者:
あ・・

ドリアン助川:
苦しいって思う事も 見かた変えると

相談者:
はい

ドリアン助川:
負じゃなくて 正の財産に替わると思うんです

相談者:
そうですよね

ドリアン助川:
ええ

相談者:
うん

ドリアン助川:
見かたも含めて 良き日々をお過ごしくださいと言うしか

相談者:
はい

ドリアン助川:
言いようがないんですけど

相談者:
はい ありがとうございました

管理人のちょっとひと言

大原先生のように、確信をもって言えないですが
ドリアン助川さんのまとめのアドバイスは
バランスがとれてて、いいですね

幼少時におかれた環境も、どう自分で捉えるか
それだけで、負にも正にもなる
そもそも、生前贈与の手続きを取る段階では

特別に、何かを期待していたわけでもないでしょう
純粋に、頼ってきた母親の手伝いをしただけ

形見分けと言っても、母親にとって不必要な物を
過疎地の土地や山と一緒で
処分しただけだと思うのです

車も単純に、先に妹が声をあげただけ
処分を手伝っている時に、アレ頂戴とでも言えば
自分の物になっていたと思うのですが

ちょっと、深読みというか
単に、幼少時の事をほじくり返して
拗ねているだけのように感じます

物事を悪いように考えれば
勝手に悪いように、想像してしまう
なんか一人でジタバタしてるようです

お金が欲しいっていうよりも
お母さんの愛情が欲しいというか
お母さんの愛情を確認したい

自分から連絡を取らないようにするとか
拗ねた子供のようなことはせずに
母親に、自分の思いをそのままぶつけたらどう?

多分、母親には何のわだかまりもないと分かって
びっくりするかもね

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.