テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2015年12月02日(水)夫の両親と同居中の相談者。近くには母子家庭シングルマザーの義姉が姪と一緒に住んでいる。姪は自分の娘と同じ保育園に通っており、普段のお迎えは相談者がやっている。ご飯を食べさせて、お風呂に入れるのが日課。義姉は7時頃に帰ってくる。「いただきます」「ごちそさま」食事前に手を洗う、ご飯の片づけをする。躾け方の違いか基本的な事をしない姪、注意すると、ふんという感じの時もあり、反抗したり、ワザと泣いたりする。帰ってきた義姉に言いつけたりする。義姉も「そんな事言わなくてもいいのに」「そんなことしなくてもいい」と言い、その影響が娘に向かう。姪は見えないように娘の手をつねったり叩いたり、娘が言ってもいないことを義姉に告げ口したり。このままでは姪が嫌いになりそうと相談者。大原敬子が、母子家庭の姪の心理を解説。姪に対する躾けの仕方をアドバイス。

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:37歳女性 夫35歳 長女4歳 長男2歳 シングルマザーの義姉37歳 姪5歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

柴田理恵:
もしもし テレフォン人生相談です

相談者:
はい お願いします

柴田理恵:
はい お願いします 今日はどういう ご相談ですか?

相談者:
夫の姉と その姪についてお願いします

柴田理恵:
どう・なさったんですか?

相談者:
えーっと 私・同居で

柴田理恵:
はい

相談者:
あの 夫の実家に住んでいるんですけども

柴田理恵:
はい

相談者:
あの・・その姉(義姉)も・・近くに住んでいまして

柴田理恵:
はい

相談者:
えっと 離婚をしてるんです

柴田理恵:
はい

相談者:
で あの・・姪は 保育園児なんですけれども

柴田理恵:
はい

相談者:
その 私の子供も保育園児で

柴田理恵:
はい

相談者:
送り向かえとかを 普段 私が手伝っている状態なんですね

柴田理恵:
はい ああ・・ちょっと整理させて下さい 今あなたは ご主人の ご実家に 住んでらっしゃる?

相談者:
はい

柴田理恵:
で あの・ご実家ってことは お義父さん お義母さんいらっしゃるってことですか?

相談者:
そうですね

柴田理恵:
はい そこに一緒に住んでらっしゃって

相談者:
ええ

柴田理恵:
近所に そのご主人のお姉さんが住んでらっしゃるんですか?

相談者:
はい そうです

柴田理恵:
で そのお姉さんは 離婚なさっているんですね?

相談者:
そうですね

柴田理恵:
うん 離婚なさって 自分の娘さんと一緒に 住んでらっしゃるわけですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ふんふんふん お姉さん おいくつですか?

相談者:
えっと 37です

柴田理恵:
37歳 で保育園に行かれる娘さんってことは 5歳とか・・

相談者:
5歳 はい

柴田理恵:
5歳の・・はい えっと あなたはおいくつですか?

相談者:
37です

柴田理恵:
37・・やっぱ 同い年なんだ

相談者:
そうですね

柴田理恵:
はぁ・・

相談者:
はい

柴田理恵:
旦那さんは おいくつですか?

相談者:
35です

柴田理恵:
はい お子さんは・おいくつですか?

相談者:
長女が4歳

柴田理恵:
4歳 はい

相談者:
えー 長男が 2歳です

柴田理恵:
はい わかりました で その近所に住んでる お姉さんが その・・子供が保育園で 送り迎えを

相談者:
そうです あの・・

柴田理恵:
あなたが なさってるわけですか?

相談者:
お迎えを・・私

柴田理恵:
お迎えを?

相談者:
が やってます で 躾けの考え方とかが やっぱり

柴田理恵:
うんうん

相談者:
違うので

柴田理恵:
はいはい

相談者:
どうしても私は・・厳しく まではいかないんですけども

柴田理恵:
うん

相談者:
基本的な挨拶だとか

柴田理恵:
うん

相談者:
そういう ご飯を食べたら お片付けをするとか

柴田理恵:
うん

相談者:
ということを躾けたいんですが

柴田理恵:
うんうん

相談者:
あの・・向こうはそうではなくって

柴田理恵:
うん

相談者:
で うち・・の方でご飯を食べたり

柴田理恵:
うん

相談者:
お風呂に入って それから家に帰る生活なので

柴田理恵:
ああなるほど じゃあ働いてらっしゃるからね そのお義姉さんが

相談者:
そう・そうですね

柴田理恵:
お義姉さん 何時頃ですか 帰ってくるの?

相談者:
えーそれでも 6・・7時には 帰ってきますね

柴田理恵:
あ はぁはぁはぁはぁはぁ

相談者:
はい

柴田理恵:
それまでの間に あなたが 向こうのお子さん・を・お迎えして お風呂入れて ご飯あげてっていうふうに してるんですか?

相談者:
ごはん・そうですね

柴田理恵:
はいはいはいはい どんな感じなんですか 例えば ご飯食べて いただ・いただきまーすってなった時に

相談者:
あ もう いただきますしないとか

柴田理恵:
うんふん

相談者:
もう食べる前に手を洗わない

柴田理恵:
うーん

相談者:
うーん 下膳を手伝わない

柴田理恵:
うーん

相談者:
えー ごちそう様言わない

柴田理恵:
うんうん

相談者:
うーん まぁ 手で食べたり・・そういうのは まぁ しょうがないとは 思うんですけど

柴田理恵:
うーん

相談者:
ちょっと うーん ど・度が過ぎてるじゃないですけど ちょっと考え方が違うので

柴田理恵:
うーん

相談者:
ストレスというか 自分の子供にしてるのと同じように

柴田理恵:
うん

相談者:
接してあげたいんですが

柴田理恵:
うん

相談者:
そうじゃないので

柴田理恵:
でも ちゃんとやんなきゃダメよって 仰るんでしょ?

相談者:
そうですね

柴田理恵:
うんうん そんだら どうすんの?その向こうの・・あの 姪っ子さんは?

相談者:
ま そうする時もありますし

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか ふーん っていう感じもありますし

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの・・

柴田理恵:
反抗したりしますか?

相談者:
反抗する時も・・

柴田理恵:
「ああ!いやだー」とかって・・うん

相談者:
あー!ありますね あの・わざと泣いたりとか

柴田理恵:
うーん

相談者:
うーん あの ひねくれる

柴田理恵:
うーん

相談者:
とか うーん そういうのあって であの 親が帰ってくると

柴田理恵:
うん

相談者:
もう・・なんだ・・今日こういうことがあって こうだったんだよとか

柴田理恵:
うーん

相談者:
怒られたとか

柴田理恵:
うん

相談者:
うん そういう事を言ったりするので

柴田理恵:
お義姉に言いつけるんだ!

相談者:
うん そうですね

柴田理恵:
うん

相談者:
うふふ

柴田理恵:
そしたら あなたは何か言われるんですか? そのお義姉さんに?

相談者:
ああ もう・・言・わ・れはしないんですけど

柴田理恵:
うん

相談者:
こう遠回しに

柴田理恵:
うん

相談者:
なんか「そんなこと言わなくてもいいのにね」とか

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
「そんなこと しなくていいのよ」とか まぁ しょうがないと言えば しょうがないんですけど

柴田理恵:
うん

相談者:
自分の 子供と一緒にいるので

柴田理恵:
ああ!

相談者:
まぁ 自分の子供の方に行くのが す・凄く嫌で

柴田理恵:
うんうん?どういうことですか?

相談者:
自分の 子供に こう・・なんて言うんですか?えーっと・・

柴田理恵:
影響?影響をす・・するってこと?

相談者:
そうですね 影響・・とか あの・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
ちょっと意地悪しちゃったりとか

柴田理恵:
あーん・・

相談者:
そういうのがあるんで

柴田理恵:
で 意地悪って どんな意地悪するんですか?

相談者:
えー 何とかちゃんが 何とかって言ったんだよっとか 嘘・・言ってないのに 言ったとか

柴田理恵:
あ その・・

相談者:
叩いてないのに 叩いたとか

柴田理恵:
お義姉さんの娘が?

相談者:
そうですね

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
うちの・子が・やった・とか 見てない所で こう手をギューって つねってたりとか

柴田理恵:
はーん・・

相談者:
うーん そういうのがあるんで・・

柴田理恵:
虐めるわけですか?

相談者:
そうですね

柴田理恵:
うーん

相談者:
でも それに対しても親は何も言わないで

柴田理恵:
うん

相談者:
で 私たち夫婦が何か言うと「そんな事しなくてもね」とかなるんで

柴田理恵:
うん・・あ・じゃあご主人も その・・お義姉さんの・・子育てっていうか ああいうのには ちょっと問題あるよな 躾けにはって

相談者:
うん

柴田理恵:
仰るわけですか?

相談者:
まぁ言ってます

柴田理恵:
ふーん

相談者:
そいじゃあ あの 休みの日 ッとかも ご飯とかあんまり作ってないみたいなので

柴田理恵:
ふーん

相談者:
うちに来たりとか・・で あの 今はまだ嫌じゃないんですけども

柴田理恵:
うん

相談者:
私が あの その子のことを 嫌いになってしまいそうで

柴田理恵:
ああ・・ああ そっか

相談者:
それが凄く怖くって この子も勘付き始めてるような気がして

柴田理恵:
うーん そ・・

相談者:
うーん で どう・どう対応したら 自分も あの この子も こうちょっと楽になれるかなぁと

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
義姉を変えるのは無理だと思うので

柴田理恵:
うん

相談者:
はい その そんな義姉に対して

柴田理恵:
うん

相談者:
どう対処したらいいかとか

柴田理恵:
うん

相談者:
姪っ子に対して どう接したらいいかっていうのを 相談したいなぁと

柴田理恵:
ああなるほど わかりました では先生に聞いてみましょう 今日の回答者の先生は 幼児教育研究の 大原敬子先生です よろしくお願いします

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク