弁護士費用を支払うべきか

テレフォン人生相談
親族問題

今年の初め頃に父が他界すると、母の体調が悪くなり内科に救急車で運ばれること数回。何人もの内科の先生から、どこも悪くないので精神科を薦められて入院することになる。病院では貴重品は預かれないからと一人息子の相談者が預かることになる。すると母は、息子が何かおかしなことをしていると妹である叔母に言い、叔母が弁護士に相談したらと提案する。叔母は金癖が悪いと亡父が生前言っており、よくお金を借りにきており、母も時々仕送りしていた。今でも入院先に来ては、お金を借りていく。その叔母から弁護士費用を立替えたので支払えと言われるが、明細を見せてもらうと、弁護士名や事務所名の部分が切り取られており、また何を相談したのか母にさえ言っていない。約5万円なので払ってもいいのだが、本当に母の為に相談したのか怪しい。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2015年12月8日(火)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:52歳男性 妻54歳 長女23歳独立 長男20歳 次男19歳 今年の始めに父他界 母80歳 叔母(母の妹)75歳前後

加藤諦三氏の〆の言葉「居場所の無い人は、周りの人を引っ掻き回します」

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

加藤諦三:
もしもし

相談者:
もしもし

加藤諦三:
はいテレフォン人生相談です 最初に 年齢を教えてください

相談者:
私52歳

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい結婚してます

加藤諦三:
はい 奥さん何歳ですか?

相談者:
54歳

加藤諦三:
54歳・・お子さんは?

相談者:
3人いまして

加藤諦三:
はい

相談者:
娘が23で

加藤諦三:
はい

相談者:
もう一人暮らししてます

加藤諦三:
はい

相談者:
で 男の子2人で

加藤諦三:
はい

相談者:
20歳の男の子と 19歳の男です

加藤諦三:
はいわかりました でどんな相談ですか?

相談者:
今年・・の初め頃 父が亡くなったんですけれども

加藤諦三:
はい

相談者:
母がちょっと まぁ・・精神的におかしくなって まぁ内科の 先生の方に何回か 救急車とか運ばれまして

加藤諦三:
はい

相談者:
内科の方では特に異常ないって言われまして

加藤諦三:
はい

相談者:
いろんな内科の先生から

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと 精神科の方に

加藤諦三:
はい

相談者:
受けた方がいいですよってこと言われまして

加藤諦三:
はい

相談者:
精神科の方に 入院したんですね・・母が

加藤諦三:
はい

相談者:
で・・入院した時に 病院の方では貴重品等 預かれないんでね

加藤諦三:
はい

相談者:
持ってたんですよバックに入れて

加藤諦三:
はい

相談者:
であの・・その貴重品を 病院から預かってくれっていうんで 私が預かってたんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
母が自分の兄弟に 息子がなんか おかしいことしてるってこと言いまして

加藤諦三:
自分の兄弟って言うのは お母さんのお姉さんですか?

相談者:
妹です

加藤諦三:
あ 妹にね はい

相談者:
はい・・で おかしい事してる・・

加藤諦三:
で妹は な・なん・何歳ぐらいの方ですか?

相談者:
えーっと 母が80なんで・・

加藤諦三:
ええ

相談者:
七十・・

加藤諦三:
はい

相談者:
五前後だと思います

加藤諦三:
で お母さんも妹さんも ごく普通に日常の判断は おかしい判断はしないわけですよね 普通の常識の範囲内・・

相談者:
えっと・・そうですね・・ですけど その妹っていうのは昔から 金癖があんまりよくないっていうのも親から聞いてまして私

加藤諦三:
はい

相談者:
亡くなった父から

加藤諦三:
はい

相談者:
よく 金を借りに来たりとか

加藤諦三:
はい

相談者:
母もしょっちゅう お金を・・送金?・・してたりとか してました・・んで今でも 母が独り暮らししてた時に

加藤諦三:
はい

相談者:
着た時に まぁ 見舞いがてら 看病がてらっていう形で

加藤諦三:
うん

相談者:
お金をもらってたんですな

加藤諦三:
お母さんは かなりお金が・お父さんが死んだ後でも お金が自由になってたわけですね?

相談者:
自由です はい

加藤諦三:
それでその 貴重品っていうのは 具体的に言うとアレですか 通帳とか・・

相談者:
通帳とか 印鑑とか そういう物ですね それを病院に

加藤諦三:
それほどたくさん・・はい

相談者:
預かれない 置いてけないんでってんで

加藤諦三:
はい

相談者:
家に持って帰ってくださいって形で

加藤諦三:
はい

相談者:
私が

加藤諦三:
はい

相談者:
預かったんです

加藤諦三:
はい

相談者:
それで 何かおかしいと 何か狙っていないかということ母が 母の兄弟に言いまして

加藤諦三:
はい

相談者:
あ 私一人っ子なんで

加藤諦三:
はい

相談者:
弁護士にでも相談・・してみれば とか 叔母さんから言われたみたいで

加藤諦三:
はい

相談者:
じゃあ相談してよっていうふうなことを やったみたいなんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
で 実際母が 印鑑を押したりとか 委任状を書いたりとか 弁護士さんに 直接お願いしてはいないんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
叔母さんがまぁ・・何を相談したか わかんないんですけども 弁護士の方に相談しました・・で あの・・

加藤諦三:
で その相談の時には 妹さんのアドバイスで相談したけれども 妹さんは一緒にいたの?

相談者:
いや 母は病院に入ったまんまで 妹が弁護士さんのところへ行って

加藤諦三:
あっ・・

相談者:
話しをしたんですね

加藤諦三:
妹さんが 話をしたということですね

相談者:
そういうことです

加藤諦三:
は・はい

相談者:
母はもう一切 弁護士さんに会ってないんで

加藤諦三:
はい それで・・

相談者:
それで・・

加藤諦三:
その弁護士さんがね 息子がおかしいっていうふうに 言ってるの?

相談者:
いや 弁護士は全然 わけわかんない・そういうことは 一切言われてないんで 私の・・私も会ってないんで

加藤諦三:
はい

相談者:
それで お前の母がね

加藤諦三:
はい

相談者:
やってくれっていうことだから 弁護士に相談したんだって言うんで

加藤諦三:
はい

相談者:
金を払ってくれっていうふうに 言ってきたんですね・・先日

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
まぁ いくらでもないんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
最初 着手金で1万円 前金かなんかで

加藤諦三:
はい

相談者:
あと まぁ 3万いくらかの かかった費用 約・・4万いくら・約5万円ですね

加藤諦三:
はい

相談者:
を払ってくれって言ってきて 先日会ったんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
でまぁ・・叔母さんだから 一応 まぁ母が 言ったか言わないか そんな言った言わないの世界で わかんないんですけども そういう委任状とか何にもないんでね

加藤諦三:
はい

相談者:
頼んだんなら 5万円ぐらいなら払ってもいいかなって思って 何を調べたかとか どこの弁護士とか

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうの ちゃんと持ってきてくださいって そうしたら お金払いますよって 会ったら いわゆる その1万円の

加藤諦三:
はい

相談者:
印紙代とか 通信代とか ちょっとした着手金の やつの 明細が1枚と

加藤諦三:
はい

相談者:
あと 3万いくらかの・・に関しては 何々代金請求しますっていう 3万いくらって書いてあったんですね

加藤諦三:
はい そういう書類があるってことは あの 相談したっていうことは 間違いないんですね?

相談者:
と 思います

加藤諦三:
はい

相談者:
っていうのは その請求書は叔母さんの名前であるんですけど

加藤諦三:
はい

相談者:
その持ってきた時に 下の何々弁護士とか

加藤諦三:
はい

相談者:
何々事務所からっていう そこの部分が切取られてるんですね

加藤諦三:
・・はあ・・

相談者:
事務所の名前が

加藤諦三:
はい

相談者:
だから

加藤諦三:
はい

相談者:
考え方によっては ホントに母のことで相談したのか 違う件の事で

加藤諦三:
ぶふっ(吹き出す)

相談者:
相談した ものを お金を請求してるのか よくその辺がわからないんですよね

加藤諦三:
それで 妹さんは今 なんて言ってるんですか?

相談者:
で その弁護士料を払ってくれと 約5万円

加藤諦三:
その弁護士料払ってくれってい・言うだけ

相談者:
そうです そ・・

加藤諦三:
弁護士の話しによると あなたがおかしいっていうような事ではないんですね?

相談者:
そうです そうそう・・

加藤諦三:
単純にその・・5万円ぐらいのお金を払ってくれというだけの話し

相談者:
あ そういうことです そうです・・母はそれで 最近 あの 老人ホームに入って

加藤諦三:
はい

相談者:
自分が今までやってたことが おかしかったってことが わかってきたんですね

加藤諦三:
お母さんが 自分がやってることを おかしいと分かってきたって どういう意味ですか?

相談者:
今 老人ホームに入ってるんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
今まで 私に貴重品とか 預けなかったんですね

加藤諦三:
はい

相談者:
や・やってること おかしいっていうふうに言いまして

加藤諦三:
はい

相談者:
ですけど 今度 その叔母さんが来るんでね

加藤諦三:
うん

相談者:
逆に 預かっててくださいとか いうふうに言い始めて 私に その大切な物を渡してきたんですね 逆に

加藤諦三:
お母さんが 自分がやってること おかしいっていうことを言ってるのは まぁ大雑把に言うと 息子を信用しない・かったという方・ことが おかしいという意味?

相談者:
そういうこと そういうこと そういうことです 今まで 信用 してなかったんですね

加藤諦三:
ええ

相談者:
特に何をしてたわけじゃないんですけど

加藤諦三:
ええ

相談者:
それを逆に今 信用し始めてきて

加藤諦三:
ええ

相談者:
頼むために連絡してきたんですけど

加藤諦三:
それと もう一つは 妹さんが だんだん信用できなくなってきたっていうことなんですね

相談者:
そういうことです はい

加藤諦三:
それで今日のあなたの相談っていうのは その5万円の部分が まぁ主用なことですね

相談者:
そうですね で 5万円っていうのも 払ってもいいんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
まず私の方で払うべきなのか? 母の方で

加藤諦三:
はい

相談者:
もし払うんであればね ちゃんとした向こうの 事務所なり弁護士の ちゃんとした名前書いた 中味を しっかりこっちに こういうことやったって言うのを伝えてもらいたいんですね

加藤諦三:
はいはい だからその 請求書は別に あなた宛てに来てるわけじゃなくて 妹の・・

相談者:
違います その叔母さん宛に来てます

加藤諦三:
妹さん宛ですよね

相談者:
そいでもう支払ったんです 立替で 叔母さんが

加藤諦三:
あ 叔母さんがね

相談者:
はい

加藤諦三:
で あなたはまだ 払ってないっていうことですね

相談者:
払ってないです はい そのままで・・はい

加藤諦三:
はいわかりました 今日はスタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしているので

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい

大迫恵美子アドバイス

大迫恵美子:
もしもし

相談者:
よろしくお願いします

大迫恵美子:
はぁい えーとですね 弁護士のところに 何かご相談にいらしたとしますよね

相談者:
はぁい はい

大迫恵美子:
それはまぁ 叔母さんがいらしてるわけですから

相談者:
そうです はい

大迫恵美子:
その内容がね 自分の 実の姉のことなんですということで

相談者:
はい

大迫恵美子:
相談しているとしても

相談者:
はい

大迫恵美子:
まぁ弁護士としてはね

相談者:
はい

大迫恵美子:
相談者は叔母さんですので

相談者:
はい

大迫恵美子:
弁護士との契約は 叔母さんと 弁護士との間で えー 結ばれて

相談者:
はい

大迫恵美子:
その契約に従って相談の回答が言われて

相談者:
はい

大迫恵美子:
まぁ普通はその場で 相談料払うと思うんですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
で まぁ叔母さんとしてはその内容がね お姉さんが まぁ いつも心配していることなので

相談者:
はい

大迫恵美子:
代わりに聞いてきてあげたということなので

相談者:
はい そうですね はい

大迫恵美子:
形式的な契約上の代金の支払い義務は自分にあるにしても

相談者:
はい

大迫恵美子:
中身が お母さんのことに関しているのでね

相談者:
はぁい

大迫恵美子:
その分は お母さんが払うべきだと まぁこれはね そんな変なこと言ってるわけではないんですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
そこで お母さんが払う義務があるかどうかはね

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの まず お母さんの依頼があったのかどうか? そしてお母さんがその代金を払う約束をしているのかどうか?

相談者:
口約束みたいな形みたいなんです

大迫恵美子:
うーん それでね

相談者:
はい

大迫恵美子:
そうだとすると 当然その相談の内容が

相談者:
はい

大迫恵美子:
お母さんのところに伝わってないといけないですよね

相談者:
伝わってないです まだ 今は 何をしたかは わかんないって言ってます 母も

大迫恵美子:
そこは問題でね 妹さんに頼んで聞いてきてもらうから 料金は払うからって言ってるのにね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
それは回答を 妹さんが持って帰ってきて

相談者:
ええ

大迫恵美子:
自分に伝えてくれるっていうことが前提ですよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
だからそこがね きちんとできてないんだとすると

相談者:
はい

大迫恵美子:
あの・・お母さんとしたって まぁ払いたくないし まぁ払う・・まぁ義務があるのかどうか難しい・・あの・・微妙な話になりますよね

相談者:
はい はい

大迫恵美子:
だからそこのところをまず あなたが 叔母さんに言うとしたらね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
代わりに あの 払うとか払わないとかっていう話があるとしたら

相談者:
ええ

大迫恵美子:
ちゃんと 中身をね 内容を

相談者:
はい

大迫恵美子:
母に伝えてくれてるんですかって言うことですよね

相談者:
ええ はい

大迫恵美子:
で・・いや 伝えたよとかね

相談者:
はい

大迫恵美子:
ちゃんと言ったよって言っても お金払って う・受けてきた相談ですから

相談者:
はい

大迫恵美子:
一応なんか紙に書くとかしてね 形を整えてもらわないと

相談者:
はい

大迫恵美子:
まぁ お金を出す対象として それでいいのかどうかってわからないですよね

相談者:
そうですね はい

大迫恵美子:
だからちゃんとそういうものをね

相談者:
はい

大迫恵美子:
母に渡してくださいよと

相談者:
はい

大迫恵美子:
まずそこが一つのポイントだと思いますし

相談者:
はい

大迫恵美子:
お母さんとしては 妹さん・・叔母さんに お金を払ってまでも

相談者:
ええ

大迫恵美子:
代わりに相談してきてもらったんだとすると

相談者:
はい

大迫恵美子:
例えばその 紙でね

相談者:
はい

大迫恵美子:
内容を見て

相談者:
はい

大迫恵美子:
分からないことがあったら弁護士に もう一回聞かなきゃいけないと思うんですけど その手がかりとしても ま少なくとも弁護士の名刺だとかね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
そういうものを付けて お母さんに あの 教えないと

相談者:
はい

大迫恵美子:
まぁ代金も払わなきゃいけないような状況まではいってないっていう感じがしますよね

相談者:
ああ・・なるほど はい

大迫恵美子:
まずそれが大前提だと思います 1つ

相談者:
はい

大迫恵美子:
あとですねぇ 1万円と

相談者:
はい

大迫恵美子:
3万円っておっしゃいましたよね

相談者:
はい

大迫恵美子:
1万円はねぇ おそらく相談料だと思いますよ

相談者:
はい

大迫恵美子:
着手金っておっしゃってたけど

相談者:
ええ はい

大迫恵美子:
こんな少ない額の着手金は 考えられないので

相談者:
ああ そうですか はい

大迫恵美子:
おそらく相談料であろうと思います

相談者:
はい

大迫恵美子:
でそうするとね この3万円は相談料ではないんだろうと思います

相談者:
ああ はいはい

大迫恵美子:
だから何か別のことを頼んでると思いますよ

相談者:
ああ そうですか はい

大迫恵美子:
はい でね 弁護士の料金はね

相談者:
はい

大迫恵美子:
もちろん弁護士が自由に決めますので あの・・3万円っていう額・・で なん・どんな あの・・まぁ サービスを提供することになっているのか分かりませんけど 人によってね

相談者:
はぁい

大迫恵美子:
でもまぁ・・おそらく考えられることは この3万円は文書作成料じゃないかなぁという気がします

相談者:
はい

大迫恵美子:
はい そうだとすると 何の文書を作ったのか

相談者:
あ はい

大迫恵美子:
で お話の筋だとね

相談者:
はい

大迫恵美子:
要するにあなたが 貴重品を持って行ってしまっていることが

相談者:
はい

大迫恵美子:
えー おかしいということで弁護士に相談に行ったという話だとすると

相談者:
はい

大迫恵美子:
弁護士が作る文書として考えられるのはね あなた宛てに えー その貴重品を返せとかね 何らかの そういう ものを だったんじゃないのかなぁという気がします

相談者:
ああ・・なるほど

大迫恵美子:
はい

相談者:
一切来てないですけどね 私のとこには

大迫恵美子:
うん

相談者:
はい もうやらないっていうことで はい

大迫恵美子:
それがあなたのところに・・来てないとするとね 一体この・・文書はどこ宛てに作ったものなんだろうということが1つ 気になります

相談者:
はい

大迫恵美子:
もう一つありうるとしたら その・・お母さんが入っていた病院?そこに対して まあ その貴重品を息子に引き取らせたのが問題だというようなことをいうような内容っていうことも考えられないではないですけれどお

相談者:
ああ なるほど はいはいはいはい

大迫恵美子:
少なくともその あなたが 何かおかしいことをしているということを原因にね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
相談に行ったんだとすると その2つぐらいしか考えられないので そうでない文書が作られているとしたらね それは相談の内容が あなたがおかしいという話ではないんじゃないかなという気がします

相談者:
ああ・・なるほど はい

大迫恵美子:
はい あの要するに手順としてあなたがお母さんの ために、相談料 ま 肩代わりしてあげると

相談者:
はい

大迫恵美子:
いうことを求められているわけですけど

相談者:
はい

大迫恵美子:
少なくとも相談料を肩代わりしてあげるというためにはね

相談者:
はい

大迫恵美子:
さっき言ったように きちんとお母さんのところに その相談の結果が伝わってることが前提ですから

相談者:
ああ そうですね はい

大迫恵美子:
ええ それをきちんと 伝えてんのかどうか?

相談者:
はい

大迫恵美子:
それからその 請求されているものの内訳がね

相談者:
はい

大迫恵美子:
単なる相談料ではないと思われますので

相談者:
はい

大迫恵美子:
えーその相談以外にどんなことをね お母さんのためにやってくれているのか

相談者:
はい

大迫恵美子:
そこが明らかにならないと

相談者:
はい

大迫恵美子:
払えないという あなたの態度はね

相談者:
ええ

大迫恵美子:
問題はないことだと思いますよ

相談者:
ああ そうですか

大迫恵美子:
はい

相談者:
はい わかりました

加藤諦三まとめ

加藤諦三:
もしもし

相談者:
はい

加藤諦三:
お母さんも相当 その・・イライラしたり

相談者:
ええ

加藤諦三:
大切にされないことの怒りはあるんですか?

相談者:
そーんなではないんですけども ただ父が亡くなって 一人で生活・・がちょっと からだ的に無理が あるっていうことで

加藤諦三:
ええ

相談者:
まぁ今 介護施設 老人ホームの方に入れたんですけども まぁできれば1人で生活したいって言ってるんですけども

加藤諦三:
ええ

相談者:
実家に我々が入るのが無理な条件がありますしい

加藤諦三:
ええ

相談者:
我々の方に住むのもちょっと無理な条件があるんですね

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
そういったことも・・あるんですけど

加藤諦三:
ええ

相談者:
ええ

加藤諦三:
だから お母さんの側からすればね なんか もうちょっと 私のこと大切にして・・

相談者:
はーい はいはい

加藤諦三:
っていうような気持ちがあるんだろうと思う

相談者:
あります!と思います はいはい

加藤諦三:
と そこら辺の気持ちが この・・

相談者:
ええ

加藤諦三:
妹さんの先導で

相談者:
ええ

加藤諦三:
まあ息子信用できないとか ま思いっきり息子さんの悪口言ってると思いますけどね

相談者:
ああ そうですか はい はい

加藤諦三:
うーん だから まぁ足しげく 出来るだけお母さんのもとに通って お母さんの気持ちがね 少しは安定してくれれば この妹さんの先導には の・乗らなくなるんだと思いますけれどもね

相談者:
ああ そうですか はい わかりました

加藤諦三:
うん まぁいろんなその内科診療してね

相談者:
ええ

加藤諦三:
何の問題もないのにね

相談者:
はい

加藤諦三:
それでもいろいろ からだの実際 その問題が出るっていうことは

相談者:
はい

加藤諦三:
これはやはり心に問題があるって証拠ですからね

相談者:
ああ そうですね はい

加藤諦三:
ですからそこら辺の お母さんの心のケアを きちんとしてください

相談者:
はい わかりました ありがとうございます

加藤諦三:
はいどうも 失礼いたします

相談者:
失礼します

管理人のちょっとひと言

大迫先生のアドバイスは、単純に相談者の行動を肯定しなぞっているだけで・・・大迫先生が悪いわけでなく、質問の答えとしてはそれしかない。
まぁ、普通にそうするだろうということ。

この叔母さん、たまたま自分が使った弁護士からの請求書とか、使うことを思いついたんでしょう。
おそらく、母親の相談内容って、息子に関することだろうから、本当に相談したのだったら、息子に弁護士費用を請求するって、あまりに変。

ちょっと、浅はか過ぎて、笑うしかない。
まぁ、これまでもお金欲しさに、こんなこと繰り返してきたんでしょう。

こんな、どうしようもない叔母さんよりも、母親がどうして、そんな変なことを言い始めたのか、その辺りを考えた方がいい。

加藤先生のまとめもそうなってますよね。
そもそも、叔母さんに付け入る隙を作ってしまった、相談者に問題あり。
相談者か、嫁か、子供が近くにいれば、叔母も近づけなかった。

父親が亡くなって、一緒に住むことを拒んだのかもしれないけれど、それと、頻繁に顔を見せてあげるってことは、違う事。

だから加藤先生に、嫌味を言われちゃう。

まあ息子信用できないとか ま思いっきり息子さんの悪口言ってると思いますけどね

私も、そう思う。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.